コベナント 幻魔降臨

コベナント 幻魔降臨

 

作品紹介
コベナント 幻魔降臨
  • 2006年ホラー映画
  • 監督:レニー・ハーリン
  • 製作:ゲイリー・ルチェッシ、トム・ローゼンバーグ
  • 製作総指揮:J・S・カーダン、スコット・アインビンダー、キャロル・コッテンブルック、アンドレ・ラマル、ジェームズ・マクウェイド、ロジャー・ミンチェフ
  • 出演:スティーヴン・ストレイト、ローラ・ラムジー、セバスチャン・スタン、トビー・ヘミングウェイ、テイラー・キッチュ、チェイス・クロフォード、カイル・シュミット、ウェンディ・クルーソン、ケネス・ウェルシュ、スティーヴン・マクハティ、ジェシカ・ルーカス、フランク・フォンテイン

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

1692年、マサチューセッツ州イプスウィッチでは、魔女狩りの嵐が吹き荒れていた。 そんな中、特殊な能力を持つ5つの家族が周囲の迫害を恐れ、ある誓約を交わした。それは自分たちの力をお互いに秘密にしておく、もしその誓約を破ると、その一族はすべて滅亡させられてしまうというものであった。 時は流れ現在、名門私立スペンサー高校にその5つの家族の血を引く特殊な力を備える4人の学生がいた。ケイレブ、リード、ポーグ、タイラーの4人だ。 ある日、学校のパーティーの後で学生の死体が発見されたことをきっかけに4人の周囲で不穏な出来事が起こり始め、ついには彼らの一族が守り続けてきた沈黙の誓約が危機にさらされることになる。

AmazonPrimeで観る映画を観る
U-NEXTで観る映画を観る

 

 

登場人物

【魔女の子孫たち】

私立スペンサー高校に通うケイレブ、リード、ポーグ、タイラーの4人は”悪魔の息子”と呼ばれている。野外のレイヴパーティーを警察が嗅ぎつけ追われた際にパワーを4人で使って車を瞬間移動している。

 

ケイレブ・ダンバース

”悪魔の息子”のメンバー内でリーダー。4人のメンバーの中で一番年上であり、来週18歳の誕生日を迎える予定。パワーを使い過ぎて老化している父とその状態を見て酒浸りとなった母を持つ。水泳の自由形が得意。サラと出会い徐々に彼女と親密な仲になっていく。途中よりチェイスからパワーを狙われサラを人質に戦うハメとなった。最終、チェイスと”パットナムの小屋”で戦う傍らで、自らの誕生日と父のパワーを授かり勝利しサラを助け出している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=5rBy8UIskfo

ポーグ・パリー

普段バイクに乗っている。ケイレブの親友。ケイトの事を大事に想っておりチェイスが不審な行動を起こしていたため心配していた。チェイスに襲われバイク事故に遭ってグロスター救急病院へ送られている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=5rBy8UIskfo

リード・ガーウィン

短気な性格。アーロンと”ニッキーの酒場”で絡まれ喧嘩しかけていた。サラという名の祖母がいる。当初、サラの事が好きで声をかけていた。すぐパワーを使う癖があり、ケイレブから何度も注意されている。何だかんだで仲間思いの良い奴でポーグが入院した際に真っ先にチェイスを倒そうと名乗り出ていた。人間は殺さない。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=h9Qv8Ge6Hbg

タイラー・シムズ

小心者。あまり自己主張がなく見せ場がない。リードと仲が良いのか”ニッキーの酒場”で2人でビリヤードを楽しんでいた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=h9Qv8Ge6Hbg

チェイス・コリンズ

転入生。実はパットナム家の末裔である。本名はチェイス・グッドウィン・ポープである。1988年7月14日生まれ。2歳の時に実母に死なれ里親(コリンズ夫妻)がいたが養父の運転ミスで自身だけ生き残っている。311号室が自室。水泳部で自由形が得意。負けず嫌いな性格。成績優秀で莫大な遺産を学校へ寄付している。レイヴパーティーの夜に生徒を1人殺している。最終、ケイレブとパットナムの小屋で戦い敗れたが消息不明となった。尚、冒頭でサラの入浴姿を見ようと霧状に化けた変態男である。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=5rBy8UIskfo

【ダンバース家】

エヴリン・ダンバース

ケイレブの母。酒びたりのアル中。夫ジェームズとは彼が16歳の時に出会っている。ジェームズのようにならないように息子のケイレブにはパワーを使わないよう話し心配している。ケイレブからサラの話を聞き、夫のウィリアムへ息子を助けるためパワーを与えるよう説得した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=_cP2qcdp1OI&t=114s

ウィリアム・ダンバース3世

44歳。死んだ事になっている。1981年ハーバード大学卒業生。ケイレブの父。実際はイプスウィッチの移住時代に建てられた小屋に匿われ、管理人のゴーマンと一緒に暮らしている。毎週ケイレブが薬を買って持参している。最終、ケイレブがチェイスと戦い危機的状況であるとエヴリンから告げられ自らのパワーをケイレブへ与え死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=_cP2qcdp1OI&t=114s

【その他】

サラ・ウェナム

公立高から転入してきた。背中に十字架のタトゥーを入れている。ハーバード大学へ進学したいため転入したとされている。ケイトとは学生寮のルームメイト。ケイトに聞きながらケイレブに近づき関係を深めて行った。”ニッキーの酒場”で大胆にもケイレブをダンスに誘っている。”悪魔の息子”の事がきになったのかスペンサー高校の図書館で過去にあった異教徒に関する著書を調べている。途中からチェイスの野望に巻き込まれ何度か人質にされている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=54vLG5COHRM

ケイト・タニー

サラとは学生寮のルームメイトで友人。ポーグと付き合っている。ポーグがチェイスと親しくなるなと忠告した事をヤキモチを妬いていると勘違いして携帯の着信をとらないようにしていたバカ女。チェイスによりクモの呪いでアナフィラキシーを起こして病院へ搬送されて体中潰瘍がいくつも出来ている。尚、サラにはケイレブと付き合う事を推している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=g5dUWkWkjiI

キラ

アーロンの女。嫌味な奴。冒頭のレイヴパーティーに参加しサラに絡んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=QWivMLwI5Io

アーロン

チンピラ。女の扱が最低な奴。冒頭のレイヴパーティーに参加し、キラがサラに言い掛かりを付けたにも関わらず、かばったケイレブに攻撃的な対応で謝罪を求めた。連れの坊主頭がリードのパワーで嘔吐したため自身の上着にゲロがかかっている。その後”ニッキーの酒場”に現れ、リードらと賭けビリヤードを行い負けて揉めている。学校での水泳後のロッカーでチェイスより小さいペニスだとからかわれ殴りつけたが、殴り返されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=QWivMLwI5Io

キディンズ学長

私立スペンサー高校の学校長。ケイレブを呼び出してチェイスが転入してきた事情と学校からの彼への見方を伝えた上で仲良くするよう話している。次に、チェイスを呼び出しレイヴパーティーで起こった生徒の死亡事件で、被害者の助手席にあったチェイスの学生証を彼自身に心当たりがないか渡して聞いている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=U8BJ8CdYcn0







豆知識
パワーの歴史

そのパワーの起源はナゾで”魔術史”にも載っていない。だが、パワーを持つ者は虐げられてきた。17世紀半ばヨーロッパで魔女狩りを逃れた物がアメリカへ移住した。だが、彼らはマサチューセッツ州でも残虐な迫害を受け子孫たちは沈黙の誓いを立てた。その誓いは300年間彼らの身を守っている。現代でもその中の5家族がマサチューセッツで認知されており4家族は”悪魔の息子”と呼ばれている。残りの1家族はセイラムの魔女狩りで死んだとされている。

パワーとは

13歳になると各世代の長男1人のみ使えるようになる。最終1000倍もの威力が発揮できるとされている。パワーは魅力的であるが、その代償として命を擦り減らしていき、多用すると肉体が急激に老化し、最終抜け殻になるとされる。尚、パワーを人に渡せばその持ち主は死ぬ事になる。

【パワーの使用内容】

  • 念力
  • 瞬間移動
  • 空を飛べる
  • 霧状になれる
  • パワーを使うと感じとることが出来る
  • 一度壊したものを修復できる(車)
  • パワーを同族へ渡すことができる(自身の死と引き換え)
ケイレブの車のナンバー

7UY 011である。

【ニッキーの酒場でサラが作中で流していた曲】

 

パットナム家

ジョン・パットナムを処刑したとされている。彼はクモを使い呪うのを得意としていたと書籍に残されている。過去にパットナム一家を魔女だと魔女狩りで告発した人物の1人にグッディ・ポープおり、夫ジェイコブ・ポープは1692年6月4日に死亡。ヘイガン・ポープという子どもが1693年4月11日に生まれている。グッディは夢の中で悪霊になったパットナムに犯されたと申告しており、後のチェイスの血筋の原因となっている。

【現代小説の著者】

作中の授業で紹介された小説家たち4人である。

 

コーマック・マッカーシー

 

ティム・オブライエン

 

ケント・ハルフ

 

スティーヴン・キング

 




コメントを残す