吸血鬼ドラキュラ

吸血鬼ドラキュラ

 

作品紹介
吸血鬼ドラキュラ
  • 1958年イギリス映画
  • 監督:テレンス・フィッシャー
  • 製作:アンソニー・ハインズ
  • 製作総指揮:マイケル・カレラス
  • 出演:ピーター・カッシング、クリストファー・リー、マイケル・ガフ、メリッサ・ストリブリング、ジョン・ヴァン・アイゼン、キャロル・マーシュ、オルガ・ディッキー、ジャニーナ・フェイ、チャールズ・ロイド・パック、マイルス・マルソン、ヴァレリー・ガウント、ジョージ・メリット、ジョージ・ベンソン

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

1885年、ジョナサン・ハーカーは吸血鬼であるドラキュラ伯爵を退治すべく、司書としてトランシルヴァニアのドラキュラ城を訪れるも失敗する。ジョナサンの友人である医師ヴァン・ヘルシング博士により退治される。

AmazonPrimeで映画を視聴する
U-NEXTで映画を視聴する

 

登場人物
ドラキュラ伯爵

500歳以上とされる。ジョナサンをドラキュラ城へ招いている。ジョナサンへ食事を用意している。使用人の親族が不幸となり不在となったため、ジョナサンがドラキュラ城へ到着してすぐ荷物を運んで外から鍵のかかる部屋へジョナサンを案内してあげている。ジョナサンに女吸血鬼を殺された事により、ジョナサンの婚約者ルーシーを付け狙い血を吸いまくって吸血鬼化させている。また、子ども使ってミナをJ・マークス葬儀屋へおびき出し血を吸っている。ミナを使ってホルムウッド家へ自らの棺桶を持ち出し血を吸ったりしたが、最終ドラキュラ城へミナを連れ出し、庭に生き埋めにしながらも城内に逃げ込んだ。ヴァンヘルシング博士と戦い敗北した末に灰になって死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=TLIov4Xv97w

ヴァン・ヘルシング博士

医師。ジョナサンとは友人。吸血鬼ハンター。アーサーより妹ルーシーの婚約者ジョナサンの行方を知るためとドラキュラ城へ彼を助けるために向かっている。途中、ジョナサンが手紙を投函した酒場へ立ち寄りブランデーと夕食を注文している。その後、ドラキュラ城へ向かい、吸血鬼となっているジョナサンを発見し、杭を胸に打ち込み殺した後、帰還してアーサーへ10日前に起きた出来事として報告している。ジョナサンの死体を火葬している。ミナよりルーシーの症状を聞き、吸血鬼の関与を疑って部屋の窓を閉めさせニンニクの花を置くよう指示している。翌日ゲルダの邪魔がありルーシーが死んだという事が判明し、アーサーより疫病神扱いされたため今まで伏せていたジョナサンの日記を渡して弁解をはかっている。ルーシーの死後、吸血鬼であることを確認し胸に杭を打ち込んで殺している。次にミナもドラキュラ伯爵の手にかかっていることが判明したため輸血の手当も含め看病している。最終、ドラキュラ伯爵を追ってドラキュラ城へ向かい格闘の末にドラキュラ伯爵に勝利している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=TLIov4Xv97w

ジョナサン・ハーカー

ヴァン・ヘルシング博士とは友人。婚約者のルーシーがいる。司書としてドラキュラ城を訪れた。常に自身の日記を書いている。ドラキュラの棺を見つけ持参の杭を打ち込むのがドラキュラ伯爵に会う目的である。女吸血鬼に左側の首筋を噛まれながらも、ドラキュラ伯爵を退治しようとしたが、失敗しており自身も吸血鬼となっている。後に訪れたヴァン・ヘルシング博士により胸に杭を打ち込まれ死んでいる。最終、ヴァン・ヘルシング博士により火葬された。尚、女吸血鬼は胸に杭を打ち込み殺している。生前からヴァンヘルシング博士へは死んだら火葬してくれていたと頼んでいた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=TLIov4Xv97w

アーサー・ホルムウッド

ルーシーの兄。ヴァンヘルシング博士に不信感を抱いている。威勢はいいが自ら吸血鬼らへ手を下さないヘタレ。ヴァンヘルシング博士がドラキュラ城から帰還後にジョナサンの報告を受けて「死んでいるが場所や内容は言えない。」と言われたことに対し納得いかなかったため、彼に抗議している。ヴァンヘルシング博士が主治医となり、ルーシーの貧血対策をしたが翌日死んだため彼を疫病神扱いしている。タニアが迷子になりルーシー目撃情報を得たため霊園へ向かいルーシーの遺体が無いことと彼女が吸血鬼になったことを確認している。その後、ヴァンヘルシング博士と一緒にドラキュラ伯爵の行方を追い、妻ミナがドラキュラ伯爵の手にかかっていることを発見している。最終、ドラキュラ伯爵にさらわれた妻ミナをドラキュラ城で救い出している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ZTbY0BgIRMk

ミナ・ホルムウッド

アーサーの妻。ヴァンヘルシング博士が帰還後の話を冷静に聞いている。ヴァンヘルシング博士の指示通り、窓の締め切りとニンニクの花置くことをルーシーの部屋で実施した。ガキが家に訪問しに来てアーサーからの使いでJ・マーク葬儀屋に来いと言われ、ドラキュラ伯爵の罠とも知らずノコノコ行ったが、ドラキュラ伯爵に血を吸われている。その後、アーサーらと合流して再びドラキュラ伯爵捜索のため別れようとお守りの十字架のペンダントをアーサーから受け取った際に気絶しながら左手の平に十字架の火傷を負ってドラキュラ伯爵の関与が判明した。後に屋敷内(ワイン蔵)にドラキュラ伯爵の棺桶を持ち込みドラキュラ伯爵を匿ったが、ドラキュラ城へ連れ去られ庭に生き埋めにされかけている。最終、アーサーが掘り起こし、ドラキュラ伯爵が死んだため解放された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ZTbY0BgIRMk

ルーシー・ホルムウッド

アーサーの妹。ジョナサンの婚約者。10日前から貧血症にて療養中。ジョナサンがドラキュラ城から戻るのを心待ちにしている演技を兄夫婦へ演じていたがすでにドラキュラ伯爵の手にかかっており血を吸われながら徐々に吸血鬼化しかけている。ヴァン・ヘルシング博士の指示により窓を閉め切られニンニクの花を室内に置かれたため12時頃にゲルダを呼びつけ退かさせたが、完全に血を吸い切られたためドラキュラ伯爵に襲われ翌日死んでドクター・セワードに死亡診断されている。吸血鬼化しタニアと散歩していたが人が来たためほったらかして逃げている。吸血鬼化しタニアを2度誘拐しようとしたが2度目にアーサーとヴァンヘルシング博士に発見され、ヴァンヘルシング博士から額に十字架を当てられ火傷を負っている。最終、棺桶で眠っている所をヴァンヘルシング博士により胸に杭を打ち込まれ殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=TLIov4Xv97w&t=69s

タニア・ホルムウッド

アーサーとミナの間に出来た娘。叔母であるルーシーの病気を気にしておりセワード医師に対し「早く治して」と訴えかけていた。その後、吸血鬼化したルーシーにより散歩に行こうと誘われたが人が来たため逃げられ1人迷子になり警官に保護されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BwPKTF9h3jU&t=1620s

女吸血鬼

ジョナサンがドラキュラ城を訪れた際にドラキュラ伯爵に拉致られていると嘘の話をしている。ドラキュラ伯爵が現れるとすぐ逃げている。隙を見てジョナサンへ近づき左側の首に噛みついている。その後、ジョナサンにより棺桶内で寝ている所を胸に杭を打ち込まれ、元の老いた老婆の状態であろう姿で死んでいる。後に老婆の様な遺体をヴァン・ヘルシング博士に発見されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=TLIov4Xv97w

ゲルダ

ホルムウッド家の太った中年家政婦。ルーシーを完全に吸血鬼化するキッカケを作った無能のバカ女。ヴァン・ヘルシング博士を帰るようアーサーの指示通り動いている。タニアの面倒を見たり、ルーシーより依頼された指示どおりに窓を開けたり、ニンニクの花をどけている。また、ミナがドラキュラ伯爵より血を吸われ始めた時に指示されたワイン蔵を絶対に開けるなと言われドラキュラ伯爵の棺桶があるにも関わらず守っている。目の前でミナをドラキュラ伯爵に連れ去られた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BwPKTF9h3jU&t=1620s

ドクター・セワード

ルーシーの往診医。彼女を貧血症と診断しているが回復の兆しがないとミナへ報告している。ルーシーの死亡診断をしている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BwPKTF9h3jU&t=1620s

葬儀屋

J・マークス葬儀屋。住所はフリードリッヒストラッセ49番地。口数の多いハゲ男で、以前に棺桶の保管している部屋にある階段で年寄りが遺体の顔を見に来たが転げ落ちて自身も死んだというしょうもない話をして一人で笑っている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BwPKTF9h3jU&t=1620s

警官

タニアが迷子になっていたため屋敷まで連れてきている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BwPKTF9h3jU&t=1620s

インシュタット通行所の官吏

喘息持ちの官吏。本来許可なく棺桶の送り場所を教えない規則であるが、アーサーに金を積まれ12月1日の記録でクローゼンバーフからカールシュタットへの搬送した事をしゃべっている。ドラキュラ伯爵の馬車とアーサーらの馬車で通行止めのポールをブチ破られている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BwPKTF9h3jU&t=1620s

インガー

酒場の看板娘。ヴァン・ヘルシング博士へ夕食を提供した。ジョナサンより過去にヴァン・ヘルシング博士宛の手紙の投函を依頼され対応している。ヴァン・ヘルシング博士へ隠れてジョナサンの日記を渡している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BwPKTF9h3jU&t=1620s

 

十字架突きつけられてヒューヒュー言っている吸血鬼ルーシーが見物。







 

豆知識
ジョナサン・ハーカーの日記

1885年5月3日にジョナサン・ハーカーはドラキュラ城へ訪れたと記されている。ドラキュラ城の近くで落とされていたとされ、後に酒場の看板娘であるインガーに発見され、酒場を訪れたヴァン・ヘルシング博士の手元へ渡った。

ドラキュラ城について

馬車が乗車拒否する場所に位置しており、辺りに鳥がいないのか鳴き声され聞こえないとされている。

ドラキュラ城近くの酒場

出入口にニンニクの花を飾っている。ドラキュラ伯爵の事を認知している。

【吸血鬼の特徴】

  • 日光に弱く、当たると体が灰になる
  • 日中は棺桶で眠る
  • ニンニクの臭いが嫌い
  • 十字架に弱く火傷する
十字架の効力

吸血鬼や吸血鬼の犠牲となった者の正体を暴く力を有する。

吸血鬼に血を吸われる者の症状

犠牲者は心では血を吸われることを嫌悪するが、その行為を断つことが出来ない。毒物中毒に似ている。血を吸い尽くされついには死に至る。だが通常の死と異なり安眠は訪れず不死者となりこの世をさまよう。

 

【よみがえるドラキュラ伯爵】

1957年にイギリスのハマー・プロが製作した「フランケンシュタインの逆襲」は、1930年代のユニバーサル・スタジオのホラー・クラシックをリメイクし、シリーズ化していく皮切りとなった。

ハマー・プロはこの作品の大きな成功に乗じて、フランケンシュタインと双璧をなすもうひとつの偉大なモンスターも手掛けることを決意した。それがドラキュラ伯爵である。

1958年、シリーズの第1作「吸血鬼ドラキュラ」を製作。主演はヴァン・ヘルシング博士役のピーター・カッシング、ドラキュラ伯爵に起用されたクリストファー・リーはこれで一躍スターにのし上がった。

リーは、この後ハマー・プロ製作の6作品にドラキュラ伯爵役で登場、かつてのドラキュラ役者ベラ・ルゴシの強力なライバルとなった。

しかし、リーは1960年のシリーズ第2作「吸血鬼ドラキュラの花嫁」には出演せず、カッシングがヴァン・ヘルシング役で再び登場。マインスター男爵なる吸血鬼と戦う。

1966年、シリーズ第3作「凶人ドラキュラ」で、やっとリーのドラキュラ伯爵が鮮血を浴びて復活し、アンドリュー・キーア扮する神父と戦う。

シリーズ第4作、1968年の「帰って来たドラキュラ」では、リーの演じるドラキュラ伯爵は無神論者の若者と戦い、巨大な十字架に串刺しとなって滅びる。

1969年「ドラキュラ血の味」はシリーズ第5作。リーのドラキュラ伯爵はロンドンに復活し、自分の弟子を殺した三人の男たちに彼らの息子や娘たちを使って復讐していく。

シリーズ第6作、1970年の「血のエクソシズム ドラキュラ復活」は、舞台はトランシルヴェニアの古城に戻り、リーは美しい女性をめぐってその恋人や自分の下僕と戦う。

1972年の第7作「ドラキュラ’72」では舞台を現代のロンドンに移し、カッシングがヴァン・ヘルシングの子孫としてシリーズに復帰。孫娘のジェシカを守るためリー扮するドラキュラ伯爵と戦う。

1973年、シリーズ第8作「新ドラキュラ 悪魔の儀式」では、リーのドラキュラ伯爵は新種のペスト菌を使って世界の壊滅をもくろむ。それを知ったカッシング扮するヘルシングはドラキュラ伯爵の企みを阻止しようと戦いを挑む。

シリーズの最終作1974年の「ドラゴンVS7人の吸血鬼」はジョン・フォーブス・ロバートスン扮するドラキュラが、中国に渡り、カッシングのヘルシングと、カンフー使いの八人兄弟を相手に戦う。

 


コメントを残す