永遠に美しく

永遠に美しく

 

コメディ系ホラーですねこれ。

作品紹介
永遠に美しく
  • 1992年アメリカ映画
  • 監督:ロバート・ゼメキス
  • 製作:ロバート・ゼメキス、スティーヴ・スターキー
  • 出演:メリル・ストリープ、ゴールディ・ホーン、ブルース・ウィリス、イザベラ・ロッセリーニ、イアン・オギルビー、ミシェル・ジョンソン、シドニー・ポラック、ジョン・イングル、アダム・ストーク、ナンシー・フィッシュ、アライーナ・リード・ホール、メアリー・エレン・トレイナー、メグ・ウィットナー、ジョナサン・シルヴァーマン、ウィリアム・フランクファーザー、スーザン・ケラーマン、ロン・ステイン

<ストーリー>

落ち目を迎えたかつての人気女優マデリーンのもとに、旧友であるヘレンが訪れ、有名な美容外科医アーネストと婚約したと自慢してくる。ところがアーネストはマデリーンを一目見た時から魅了されており、ヘレンを捨ててマデリーンと結婚してしまう。失意のヘレンは激太りし、7年後には病院送りになる。 それからさらに7年後。50代となり容姿の衰えに悩むマデリーンはヘレンと再会するが、彼女はまるで若返ったかのように美しくなっていた。対抗心を燃やしたマデリーンはエステ会社の社長の紹介で謎の美女リスルに出会い、大金と引き換えに「永遠に美しくなれる」という秘薬を手に入れるが。。。

AmazonPrimeで映画を視聴する
U-NEXTで映画を視聴する

 

登場人物

【夫婦】

カリフォルニア州ロサンゼルスに屋敷を構えている。

マデリーン・アシュトン

舞台女優。友人ヘレンがいる。愛称:マッド。過去に顔の整形手術をしている。ヘレンから過去に何度も彼氏を奪っており、アーネストと結婚している。14年後ヘレンから出版パーティーに招待されたためエステ店に向かって社長のシャガールからリスルを紹介され秘薬を飲んでいる。結婚後、夫アーネストに対して執拗に悪口や嫌がらせや他の男と浮気をしまくったため、アーネストの怒りを買い屋敷の階段から突き落とされて首と右手首の骨が折れてビバリーヒルズ病院へ受診している。自身の肌にペイントをしている最中にヘレンが屋敷を訪れたためショットガンで腹を吹っ飛ばしている。ヘレンとスコップ決闘の末に和解している。アーネストが屋敷を出て行くと言い出したため彼を気絶させリスルの屋敷へ連れて行き秘薬を飲ませようとしたが失敗している。37年後のアーネストの葬儀に参列したが、帰りにスプレー缶につまづいたヘレンと一緒に階段を転げ落ちて体がバラバラになりながらも生きていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=D_A6gdlNh00

アーネスト・メイヴィル

元有名な美容整形外科医。作中で一般患者に対して目頭の整形手術を行っている。元々ヘレンの婚約者であったがマデリーンと結婚している。マデリーンの舞台を見て彼女のファンだとヘレンに話していたが、ヘレンを捨てている。優柔不断な性格で女性からの誘惑に弱く、愛のない結婚生活の辛さを度々酒でごまかすほどに疲れ切って勃起不全にもなっている。マデリーンの浪費癖を支えるために働き通した末に死体修復師へと落ちぶれたが、腕利きの外科医だった経験もあってか死体修復の腕は折り紙付きである。ただし、マデリーンとヘレンほどではないが人間性に問題があり、かつて修復を行った遺体の遺族に対して「修復はペンキのスプレーで行っている」と平然と明かしていた。マデリーンを途中屋敷内で言い争いとなり、階段から突き落として首の骨を折っている。いがみ合っていたマデリーンとヘレンの争いに終始翻弄された上、その争いを経て和解し意気投合した彼女らに自分達の体の修復をこの先もさせる目的で気絶させられてリスルの館へ運ばれる。そしてリスルから秘薬を渡され、飲んで不老不死になるよう強く勧められるも、最終的にはその秘薬がもたらす永遠の人生がただの悪夢でしかないと理解して拒否。追ってきたマデリーンとヘレンからの要求も改めて拒絶し、渡された秘薬も最後まで飲むことなく捨てて2人から逃亡していった。その後は50歳で新たに出会って結婚した妻クレールとの間に息子2人と娘4人も設けて幸せな家庭を築きながら、慈善家として目覚ましい活動にも取り組んで多くの功績を残し、一連の騒動から逃れて37年後に老衰で悔いなく生涯を終える。自然を愛しアウトドアにも趣味を広げている。”メンヴィル結婚相談所”、”メンヴィル女性研究センター”、”メンヴィル断酒の会”を設立している。その葬儀で牧師から「親友の心や子孫達の人生に宿ることにより、真の意味で永遠に生き続ける男」と賛辞を受けた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ErqotNH65_E

【マデリーンの友人兼恋敵】

ヘレン・シャープ

ライター。マデリーンの友人。愛称:ヘル。猫を何匹も飼っている。元婚約者のアーネストや他の男たちも含め過去にマデリーンにとられている。イライラするとハンカチを握り締めるのが癖。マデリーンとアーネストの結婚後復讐を誓い7年経ったが過食症となり家に引きこもり、ブクブク太っている。家賃を払わず家主から立ち退きを喰らったが、そのまま精神病院へ入院させられている。リスルから秘薬をもらい、1985年10月26日に秘薬を飲んだが、飲んだ作用で容姿が若くなり”永遠に若さ”を出版しパーティーを開いている。出版パーティーにマデリーンとアーネストを招待して再会している。アーネストに再会してから彼を誘惑し、マデリーンを殺す計画を立ている。先にアーネストがマデリーンと口論となって階段から突き落としたため、アーネストから相談の電話がかかってきて対処している。その後、アーネストの屋敷に向かい、彼とマデリーンを殺す計画の話をしたが、マデリーンから恨みを買いショットガンで腹部を吹っ飛ばされて腹に風穴が空いている。マデリーンとスコップ決闘の末に和解している。アーネストが屋敷を出て行くと言い出したため彼を気絶させリスルの屋敷へ連れて行き秘薬を飲ませようとしたが失敗している。37年後のアーネストの葬儀に参列したが、一応泣いている。帰りにスプレー缶につまづきマデリーンと一緒に階段を転げ落ちて体がバラバラになりながらも生きていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=sOA84te9mAw

【美容関係者】

シャガール

エステ会社の社長。神出鬼没のオカマ野郎。右目を瞬きするのが癖。マデリーンがアンナに美容に対して金をいとわないが何とかしろと言っているのを聞きリスルの名刺を渡して彼女を紹介している。リスルのパーティーに司会として後日参加している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=_A22Vcis4UY

アンナ

エステ店の女店員。22歳。マデリーンも認めるピチピチ肌の巨乳。マデリーンから無茶なエステメニューを要求をされ困惑していた。社長のシャガールより助けられている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=_A22Vcis4UY

リスル・フォン・ローマン

秘薬売りの女。見た目は20代であるが実年齢は71歳。ラフルール通り1091に住んでいるが定期的に春に移住している。上半身全裸に宝石のネックレスを身に付けるアホ。長髪のムキムキ男を何人かボディガードとして身の回りに置いている。マデリーンらに秘薬を売ったが、売った相手へ秘薬の使用後10年以降は人前から姿を消すことと体を大事にするよう忠告している。彼女の生い立ちや秘薬を手にするに至った経緯は明かされていない。自ら秘薬を求めたマデリーンに対しては高額な代金を要求した一方、彼女らに連れてこられたアーネストには無償で秘薬を提供し、強引に飲ませようとしている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=yqTTejoQVXw

【その他】

ローズ

メイヴィル家の家政婦兼アシスタント。1978年のブロードウェイの楽屋でマデリーンのメイクや身の回りの事をしている。以降、屋敷内の家政婦としてマデリーンとアーネストの面倒を見ている。アーネストにウォッカカクテルを出してあげていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=_A22Vcis4UY

精神科医

ヘレンが婚約者アーネストをマデリーンからとられて、過食症治療をするため入院した精神病院の担当医。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=cgKPNzJWNHk

フランクリン

遺体安置所の従業員。俳優のフェルナンド・リヴァスが溺死したためアーネストを呼んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=_A22Vcis4UY

ビビアン・アダムス

ヘレンの出版パーティーに参加していた女。パーティーでエヴィアン水を頼んでいる。昔、アーネストにおばの死に化粧として見事な整形手術を施してくれたと感謝していた。おばの見事な整形術の秘訣とは何かと聞き、”スプレー・ペンキ”だと聞いて怒って去っていった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=_A22Vcis4UY

ダコタ

マデリーンの浮気相手。マデリーンが急に訪れた時に若い女を連れ込んでセックスをしていた。マデリーンに浮気がバレて喧嘩別れしている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eJ5713FR8fw

医師

ビバリーヒルズ病院の医者。マデリーンが階段から落ちた後に急患として診ている。マデリーンの診察で右手首と右頸部と体温が25°以下で心拍がない状態を診て驚いていた。右手首が3カ所骨折し、脊椎も2カ所折れていると診断している。その後、驚き過ぎて病院内で自身が心肺停止となり、心臓マッサージを受けているところをアーネストに目撃されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=03a-vG6wHDI

女医

ビバリーヒルズ病院の医者。マデリーンが心肺停止していたため、院内の遺体安置室に運んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=_A22Vcis4UY

エルビス

死んだとされたエルビス・プレスリー。リスルのパーティーに参加しており、マスコミの前に姿を現したとシャガールから発表されていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=_A22Vcis4UY

牧師

アーネストの葬儀で彼に対しての別れの言葉を話している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=TrNrYBLslg0

 


 



豆知識
ソング・バード

1978年ブロードウェイでマデリーンが主演として出演しているミュージカル。”渇いた太陽”をミュージカル版にしている。

【ソング・バード】

鏡に何が見える?

何より怖いのは その問いかけ

その答えを考えるだけで

私の魂は震え おののく

鏡に何が見える?

姿のほかに何かが見える

ロマンスが…

すばらしいバラ色のロマンス

そうよ わたしが見える

女優で女 スターで恋人

妹で かわいい女

奴隷で母親

わたしが見える

とても いい女!

処女で色っぽくて 女たちの夢

それが わたし!

それが わたし!

すてきな あなた

あら ほんと?

アイドルで女神 浮気な女

プリマドンナで高貴なプリンセス

これが わたし?嘘みたい!

天使で悪魔

本当よ わたしを信用して

お願い

みんな わたしを見てちょうだい

気まぐれ

わがまま

でも許そう

あなたこそー

夢の女性!

それが わたし!

フェルナンド・リヴァス

俳優。風呂で溺死している。18歳のキューバ娘とセックスをしていたが死んでおり膨れている。

プラズマ・トリートメント(血漿分離)

美容整形の施術方法で半年に1回行うのが決まりである。

ガルボ

グレタ・ガルボの事である。スウェーデン生まれのハリウッド女優。1905年生まれで本名はグレータ・ルヴィーサ・グスタフソン。ハリウッドのサイレント映画やトーキー映画の伝説的スターである。

もっと詳細を見る>>

 

秘薬

飲むと肉体に永遠の若さと不老不死を得られる薬。ただし、指先を切った程度の傷であれば即座に癒えるが、死に至る致命傷だと傷は二度と癒えなくなり、肉体は死んだ状態のまま損傷すら関係なく活動が可能になる。また、長期間が経てば体は蝋人形のように変質してしまい、薬を飲んで37年の月日が経ったマデリーンとヘレンは階段から転落し地面に叩きつけられた際に体がおもちゃの如くバラバラに壊れてしまった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Paex-i9wTrg

ナルコナル

鎮静剤である。アルコールベースの強力なトランキライザーとされる。ヘレンがマデリーンを殺す計画の際に用意した薬品。

マデリーンの車

ナンバー”2HYE305”である。

テレピン油

マツ科の樹木のチップ、あるいはそれらの樹木から得られた松脂を水蒸気蒸留することによって得られる精油のこと。

デス・バレー

カリフォルニア州の砂漠である。

ヘレンの元彼氏ら

アーネスト以外にボビー・オブライエン、スコット・ハンターがいるとされる。

ドン・キホーテ

スペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスの小説。 騎士道物語の読み過ぎで現実と物語の区別がつかなくなった郷士(アロンソ・キハーノ)が、自らを遍歴の騎士と任じ、「ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ」と名乗って冒険の旅に出かける物語である。1605年に出版された前編と、1615年に出版された後編がある。

シエンプレ・ヴィーヴァ

意味:ずっと生きて。スペイン語である。

肌色のペンキ

9番のスプレー・ペンキである。

 

他のゾンビ系作品を見る>>



 



 

 

 

コメントを残す