バタリアン3

バタリアン3

 

青春ゾンビ映画。ジュリーの乳首ピアスが衝撃的な作品。

作品紹介
バタリアン3
  • 1993年アメリカ映画
  • 監督:ブライアン・ユズナ
  • 製作:ゲイリー・シュモーラー、ブライアン・ユズナ
  • 出演:J・トレヴァー・エドモンド、ミンディ・クラーク、ケント・マッコード、サラ・ダグラス、ジェームズ・T・キャラハン、アビゲイル・レンツ、サル・ロペス、ジル・アンドレ、ビリー・ケイン、マイク・モロフ、フォビオ・ウレナ、ピア・レイエス、アンソニー・ヒコックス

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

カートは恋人であるジュリーをバイク事故で亡くしてしまう。カートの父は軍の研究施設で働いており、そこでは死体をゾンビ化させる物質・トライオキシンを兵器として転用する研究を行っていた。その事を知るカートは施設に忍び込み、トライオキシンを使ってジュリーを蘇生させるが、蘇ったジュリーは人を襲い出してしまう……。

登場人物
ジュリー・ウォーカー (ミンディ・クラーク)

カートの彼女。自傷癖を持っていて手の平をライターであぶる行為を冒頭で行っていた。カートと相談して父ジョンのIDカードをクスねて軍基地に乗り込む計画を立てた。得意技はIDカードを舐めて読み取らせる汚い技を持つ。カートと基地内へ侵入しトライオキシンの実験を目撃している。カートの部屋でヤりながら基地実験の死体の話をしたせいでウザがられていたアホ。カートが家出をしてバイク運転中にちょっかいをかけため事故って電柱へ激突し死んでしまう。カートが軍基地に連れて行きトライオキシンで蘇ったが異常な食欲に負けてついには人間を襲っている。バタリアンの特徴としての空腹を和らげる方法として自傷行為を繰り返している。最終、自我が保てなくなりリバーマンを襲ったためカートからも見放され一旦軍基地に捕獲された。だが、リバーマンの暴走によりゾンビだらけの基地内となり、一緒にいたカートもゾンビに噛まれたため焼却され彼と一緒に死ぬ道を選んだ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ATFoZH10W64

カート・レイノルズ

ジョン大佐の息子。バイク乗り。夢はドラマー。ジュリーと父ジョンのIDカードをクスねて軍基地に侵入する計画を立てた。ジュリーと基地内へ侵入しトライオキシンの実験を目撃している。父のジョンよりオクラホマへ配転が決まったので引っ越しをすると告げられたが拒否してジュリーと家を飛び出したが、道中でジュリーが運転中にも関わらず性的ないたずらをしたためハンドル操作を誤り電柱に激突するハメとなった。幸い生き残ったが、ジュリーを死なせている。その後、基地に侵入してトライオキシンをジュリーに使用し逃走する事となった。逃走劇も下水道までとなり、自我を失い見方をも襲い出したジュリーに恐怖したため一旦軍により保護されている。軍基地に戻り父のジョンと和解も束の間、改造リバーマンが暴走して基地内がゾンビだらけとなり、自身もゾンビに右腕を噛まれ、ジュリーと一緒に焼却され死ぬ道を選んだ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=sv2CYR7rQmA

【軍関係者】

軍基地内でトライオキシンを死体に使い、ゾンビ化させて生物兵器として戦争で使おうと考えている。冒頭で実験を行い死体をゾンビ化させたが麻酔弾は失敗に終わっている。

 

ジョン・レイノルズ大佐

米軍基地所属。軍の死体活用班であり研究所長。妻は亡くなっている。蘇生した死体(ゾンビ)を鉄の檻に入れて管理しようと考えている。IDカードを平気で忘れるアホ。シンクレアに基地内の機密保持は最低であると嫌味を言われている。トライオキシンの実験に失敗してオクラホマへ配転となった事を息子のカートに告げ引っ越しの準備の話をしたが拒否されホモ男と言われ決別している。その後、ジュリーを蘇らせるために軍に侵入した息子のカートが事件を起こしたため指揮を執ることとなった。息子を殺さず捕獲するよう部下に指示している。終盤で、息子のカートを下水道で発見し、助け出して軍基地に戻し和解した。最終、リバーマンが基地内で暴走しゾンビが大量発生したためカートも被害を受け息子を助けることが出来ずにペーク大佐と脱出している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=sv2CYR7rQmA

ペーク大佐

本省のミード将軍への連絡係。ジョンの事を信頼している。トライオキシンの開発の経緯を知っている人物。ジョン大佐と協同でゾンビの研究をしている。ゾンビを軍事目的で使用する事を考えている。カートが軍に侵入して事件を起こしたため全国指名手配した。”捕獲班”も召集している。最初はジョンへ指揮権を任せていたが、シンクレアが本省の将軍へ何度も連絡して圧力が働いたのか終盤はシンクレアの指揮に従っている。最終、軍基地内がゾンビだらけとなりジョン大佐と脱出している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ATFoZH10W64

シンクレア・コル

本省が派遣した研究員であり視察員。態度のデカいバカ女。死体に鉄の外骨格をつけて制御可能な兵器に変える研究をしている。銃の腕はそこそこ。ジョンから「中々人道的な案だ。」と嫌味を言われている。トライオキシンの実験失敗を本省のミード将軍へ報告した。その後、ゾンビを機械化するために電動ドライバーで手の一部を改造していた。カートが軍に侵入して事件を起こしたため本省に連絡して”処理班”を呼び、本省の将軍へ許可を取って今後の指揮権を剥奪しようとしたが1度失敗している。再度、将軍へ状況報告して指揮権をジョン大佐より剥奪した。終盤で捕獲したリバーマンを生物兵器に改造したが暴走し、保管してあったトライオキシンのポッドを破壊させ大量にゾンビが沸く原因を作った。改造リバーマンの体を銃で破壊したが、トライオキシンのポッドから出てきたゾンビにより殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=WYGfu4KsJvM

ビールズ博士

ジョン大佐の補佐的役割。カートがジュリーへトライオキシンを使用してゾンビ化させた後の考えられる危険性を助言している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=WYGfu4KsJvM&t=2s

ヒコックス博士

終盤に登場。シンクレアの指示者元で生物兵とし、ゾンビを改良している研究員。銃の扱いがヘタクソ。生物兵器に改造されたリバーマンが暴れ回った際に破損したトライオキシン保管ポッドのゾンビに襲われてい死んでいる。

役者として登場しているが、イギリスの脚本家でヘルレイザー3の脚本も手掛けている人物。

GIF画像なし


【街のチンピラ】

ゲーム好きのチンピラ。コンビニ内のゲームで盛り上がるアホたち。コンビニに入って来たカートらに絡んでいる。当初、空腹で店内の菓子パンをレジを通さず食べ始めたジュリーをおちょくっていた。一旦コンビニから逃走した後は、モゴに変な病気(サントスは狂犬病と決めつけていた)をうつしたと逆恨みし、カートらを下水道まで追ってきている。

 

サントス・モラレス

チンピラのリーダー。カートらに言いがかりをつけて揉めた。店主が仲裁に入るも抑え込んで店主自身の腹に一発銃弾を見舞って銃を奪っている。逃げる際にカートのバイクに銃撃した。下水道でリバーマンを見つけた際にはジュリーの居所を知るため拷問をしている。下水道でジュリーと再会して余裕をこいてたが、別室ですぐ殺され脳みそを喰われて脊椎を引きずり出され死んでいる。最終、ゾンビ化して首だけカートに吹っ飛ばされている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=3ZMR-jU6TAk

モゴ・エントヴァズ

ゲーム好き。当初、ストリートファイター(ゲーム)を店内でプレイしていた。カートらと揉めて仲裁に入って来た店主の隙を見てレジの金を奪っている。店外へ逃げる際にジュリーより右腕を噛みちぎられたため殴り返した。その後、噛まれた腕の傷口が壊疽してゾンビ化している。最終、下水道でアリシアを食い殺している。軍により捕獲された後は体をヒコックス博士によりバラバラにされていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=3ZMR-jU6TAk

アリシア・キッティング

サントスの女。一番常識がある。ゲームに退屈したのか当初サントスへ帰ろうと話すも拒否されている。カートらを追って下水道に来たが、先にモゴの体調が悪いため病院へ行こうとサントスへ話していた。サントスとフェリペがジュリーに殺され逃げようとしたが、ゾンビ化したモゴに最終食い殺されて自身もゾンビ化している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PmAgMMUccFo&t=101s

フェリペ・ヘルナンデス

キック好きの東南アジア顔。カートらと揉め出した際に仲裁に入った店主の銃を奪おうとしていた。銃弾を喰らった店主へ追い打ちで蹴りを一撃くらわせて逃走している。逃走直前にカートのバイクを蹴り倒した。サントスらと下水道へカートらを追ってきたが途中でリバーマンの右足を撃ち抜き、最後はジュリーに襲われ自身もゾンビ化する事となった。軍基地捕獲後は鉄柵に入れられ猿のように飛び跳ねている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PmAgMMUccFo&t=101s

 

【その他】

キャプテン・ピン

コンビニの店主。当初、街のチンピラたちがゲームをして店内でたむろしているのをウザがっていた。店内でカートらとチンピラたちが揉め出したため店外へ誘導したが、隙を見てモゴがレジの金を盗もうとしたために銃で威嚇するもチンピラたちに抑え込まれ自分の腹に一発喰らっている。警報機が鳴り、カートらが逃走するため車に乗り込んだ際に、自ら鍵をカートへ渡し「病院へ連れて行ってくれ!」と言い車に乗り込んだが、すぐ警察が来て発進と同時に降りようとしたが失敗している。途中で、車の後ろの扉を開けて追ってきた警察へ助けを求めたが、頭に銃弾を喰らい死んでいる。尚、死んだ後の死体はジュリーに脳みそを喰われることになった。結果ゾンビ化して警官を一人殺したが、軍が駆け付けて麻酔銃で捕獲されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=WYGfu4KsJvM

リバーマン

川沿いで生活しているホームレス。ジュリーが橋から飛び降りる様子を見ていた。カートらを助けて自らの寝床へ案内して休ませてあげた。無一文のカートへ”謝肉祭のコイン”を渡している。最後までカートらに対して協力してくれた良い奴。フェリペに右足を銃で撃たれている。最後は、ジュリーと逃走するも、ジュリーにより脳みそを喰われ死んでいる。尚、ゾンビ化後は軍隊に捕獲されシンクレアによって生物兵器のプロトタイプとして改造されているも暴走し暴れ回りトライオキシンを破壊してゾンビだらけにした。シンクレアにより銃撃され人体が完全に破壊されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=WYGfu4KsJvM






豆知識
G-17倉庫

軍の基地内にある倉庫で、内部に密閉されたBOXがいくつもあり区域分けをされている。死体を使ったトライオキシンの実験を行ったり、失敗した死体を焼却したりしている。

リバーマンの昔話

昔、南部で3人の男を川が飲むのを見た。こんな暗い夜だった。3人は水面を漂っていた。角を回った。川は突然キバをむき3人を飲み込んだ。3人は2度と現れなかった。

麻酔弾

ゾンビ専用の銃弾で、頭部への命中により冷却効果が発揮され対象のゾンビが一瞬氷って活動停止状態となる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=WYGfu4KsJvM

 





前回作品を見る
次回作品を見る

 

 

コメントを残す