インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

 

当時、豪華イケメン俳優陣が参加したヴァンパイア映画。次回作のクイーン・オブ・ザ・ヴァンパイアも8年後に製作されております。元々、アン・ライスと言われる女性が書いた著書からの映画化作品として知られています。アメリカ文学で人気です。詳細は次回作のおまけ記事としてご紹介しております。

作品紹介
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
  • 1994年アメリカ映画
  • 監督:ニール・ジョーダン
  • 製作:スティーヴン・ウーリー、デヴィッド・ゲフィン
  • 出演:トム・クルーズ、ブラッド・ピット、クリスチャン・スレーター、キルスティン・ダンスト、アントニオ・バンデラス、スティーヴン・レイ、タンディ・ニュートン、ドミツィアーナ・ジョルダーノ、ライラ・ヘイ・オーウェン、リー・エメリー、ジョン・マコーネル、ベリナ・ローガン、インドラ・オーヴ、ジャネット・コントミトラス、ロジャー・ロイド=パック、ジョージ・ケリー、モンテ・モンタギュー

<ストーリー>

カリフォルニア州サンフランシスコ。とある建物の一室で、野心的なライターの青年ダニエル・マロイは用意したテープを回し、黒髪の青年紳士ルイへインタビューを始める。 「私はヴァンパイアだ」 ルイは、200年というその驚くべき半生を語り始める。

AmazonPrimeで映画を視聴する
U-NEXTで映画を視聴する

 

登場人物

【ヴァンパイア】

ヨーロッパが起源とされている。レスタトはパリからアメリカへ移住してきたヴァンパイアである。

レスタト・デ・リオンコート

パリの男に殺されヴァンパイアとなっている。フランス人。ピアノが得意。酒場でルイに目を付けており、彼がチンピラから襲われているところに乱入して血を吸いヴァンパイアにしている。ルイがヴァンパイアになってから以降、彼へヴァンパイアとしての生き方を教え、オブザーバー的な役割となった。貴族の血を好む。ルイと行動を共にしていたが、クローディアを殺そうとしているルイを目撃して、クローディアを同族にしている。中盤でルイやクローディアから死体の血を吸わされた後に沼に放たれて殺されそうになったが、生きておりルイらのいる屋敷に戻ったがルイかランタンで火をつけられ全身火傷を負っている。以降は、ニューオリンズのラファイエット墓地近くの廃屋で時代の変化に慣れずに死臭を漂わせながらギリギリで暮らしていた。終盤にダニエルの運転している車の後部座席に潜んでおり、彼の血を吸って蘇っている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=LIm8HfwnmVE

ルイ・ド・ポワント・デュ・ラック

1791年24歳の時にヴァンパイアになっている。当時ニューオーリンズ近郊の農場主だった。屋敷の庭にはジャスミンとバラを植えていた。妻と出産予定の子どもがいたがお産で両方亡くしている。金と屋敷を持っており、娼婦と行動を共にしていた。妻子が死に自暴自棄となって死のうとしていた所にレスタトから目を付けられ血を吸われており、ヴァンパイアにされている。人間の血を吸って殺すのに抵抗があり、当初ニワトリの血を吸っていた。ねずみの血も吸っている。血の渇きに耐え切れずイヴェットの血を吸って殺してしまい、言い逃れのために奴隷たちを解放して自身の屋敷を焼き払っている。以降、母の死体の横で帰らぬ父を待ち泣いているクローディアを発見して血を吸って殺そうとしたがレスタトが同族のヴァンパイアにしている。ルイと別行動をしようとしていたがクローディアが原因でしばらくの間行動を共にしている。後にクローディアがレスタトを殺そうとしたため協力している。レスタトを火あぶりにした後にヨーロッパへクローディアと渡ってアーマンドと出会っているが、アーマンドのしもべであるサンティアゴから棺桶へ箱詰めの刑にされて閉じ込められて壁に埋められている。アーマンドにより棺桶から出されたもののクローディアを殺され地下墓地に火をつけてサンティアゴらヴァンパイアを殺している。1988年にニューオリンズに戻っておりラファイエット墓地近くの廃屋でレスタトと再会している。その後、ダニエルのインタビューを受けている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=sCmYN6TLd8A

ダニエル・マロイ

インタビュアー。ルイを取材し、サンフランシスコのFMラジオで放送する予定としていた。ルイからのインタビュー後に自身もヴァンパイアになりたいと志願していたが断られている。終盤に墓場にいたレスタトが車を運転中に後部座席に潜んでおり、ヴァンパイアが時代に順応するための道具として利用されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=hPfHK9PqKHE

クローディア

父親は帰らず、死んだ母親と一緒に家にいたところをルイに発見されて血を吸って殺されようとしているが、レスタトにヴァンパイアにされているがレスタトの血を限界まで吸おうとしていた。衣装係などの血を吸い人間を殺しまくっている。ルイを父親代わりだと思っており、ルイと一緒の棺で寝るのがお気に入り。以降、レスタトと人間の家族世帯を狙って人間を殺しまくっている。ヴァンパイアになり30年が過ぎて自身の体が大人に成長しない事にコンプレックスを抱いている。途中からレスタトを恨むようになり彼に復讐をして殺そうとしたが結局失敗している。ルイとヨーロッパへ一緒に同族探しをしようと旅に出るため、ヨーロッパの神話や伝説の本を読んで同族の事を予習している。ルイとフランスへ渡ったが、サンティアゴに同族殺しだとし、目を付けられマドレーヌと日光を浴びせられて殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=LIm8HfwnmVE

マドレーヌ

通称:マデリーン。クローディアが血を吸って従者にした女。後にルイの前に紹介されルイから血を吸われてヴァンパイアにされている。最終、サンティアゴらに日光を浴びせられる処刑をされ灰化して死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=OsI3mSgTFnk

アーマンド

フランスのパリに住んでいるヴァンパイア。最年長400年生きている。サンティアゴをしもべとして行動を共にしている。杖を使用している。”ヴァンパイア劇場”の支配人。劇場の地下墓地を根城としている。ルイらを劇場に招待して喜劇を見せている。ルイと共にこれからの時代を生きていく存在としてみており、サンティアゴらの事はクズと見なしており相手にしていない。裏でクローディアを殺すようサンティアゴに指示している。ルイから復讐を受けて地下墓地が火の海となっていた際に逃げ出しており、馬車でルイを助けに来ている。ルイと合流してこれからの時代を共に生きようと口説いたが、ルイからクローディア殺しの指示者と見抜かれており断られている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eW4x-q-eF8g

サンティアゴ

アーマンドのしもべのヴァンパイア。俊敏な奴で現れた当初、道化を装いルイと同じ行動をとったりして挑発している。”ヴァンパイア劇場”の喜劇司会進行役で語りべとして劇場で話していた。ルイらの心を読んで同族殺しのヴァンパイアと疑っている。他のヴァンパイアを率いてクローディアとマドレーヌを日光にさらし処刑し、ルイを棺桶に閉じ込め壁に埋めている。ルイに復讐され鎌で切り殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=EoweIuRz4UQ

【人間たち】

ウォーターフロントの娼婦

ルイが自暴自棄の時に一緒に酒場で行動を共にしている。夜道でレスタトに襲われ死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ihou_f30AYo

イヴェット

ルイの屋敷の召使い。ルイが血の渇きに耐えている時に、彼に近づいたため血を飲まれて殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=7JPLVQEqE60

セント・クレア

未亡人の貴族。愛人に指示を出して夫を殺させた後、奴隷に罪を着せ拷問の末に殺している。白いプードルを2匹飼っている。ルイと一緒に社交会から抜け出している。ルイが血を吸い損ねてプードルの血を吸い殺したためギャーギャー騒いでいたがレスタトに首の骨を折られて死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=U5Uyowtp0Do

セント・クレアの愛人

セント・クレアの指示で夫を殺させられている。レスタトと社交界から抜け出したが血を吸われ殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=U5Uyowtp0Do

ギャンブラー

ウォーターフロントの酒場でルイとポーカーをして負けている。イチャもんをつけてルイに銃を突きつけたが撃ちはしなかった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ihou_f30AYo

バーの女性

ルイが初めて人間の血を吸った相手。レスタトに首から血を吸われており、ルイからはキスをしながら血を吸われている。最終、レスタトから血を吸い尽くされ死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=C51RWfBfvhM

ニューオリンズの娼婦

巨乳。レスタトがニューオリンズで借りた部屋へ連れて来た娼婦の2人組の1人。レスタトが血を致死量すっており、棺桶に掘り込んだりオモチャにして遊んでいた。死ぬ寸前にルイへ命乞いをしていた。レスタトに血を吸い尽くされ死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qsJ6BdQuUxo

広場の女性

クローディアが広場で迷子のフリをして立ち寄ったが、血を吸い殺されたババア。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=yLJ2Qg7kInU

ピアノの先生

クローディアにピアノを教えていたが血を吸われて死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=yLJ2Qg7kInU

人形作家

高級な手製の人形を作っている男。クローディアが人形を買いたいが買えないため血を吸って殺され、人形を奪われている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=yLJ2Qg7kInU

 

 




豆知識

【ヴァンパイアの世界】

  • ヴァンパイアになると本来動くはずもない彫像が動いて見える
  • いかなるヴァンパイアでも同族を殺すとその殺したヴァンパイアは死刑に値するとされる

 

【ヴァンパイアの特徴】

  • 十字架を見ても平気
  • 杭を刺されても意味はない
  • 棺桶は必需品とされる
  • 俊敏に動ける
  • 読心術ができる
  • 人間の死体の血を吸わせると再生能力が弱まる
レスタトの血を吸う癖

レスタトは一晩に2~3人の人間の血を吸うとされる。一番の”狩り場”は社交界である。とりわけ貴族の血に興奮し目がなかった。前菜として若い娘。メインとして金持ちの美少年という順で血を吸う癖がある。

ペスト

ペスト菌による感染症。症状は、発熱、脱力感、頭痛などがある。感染して1-7日後に発症する 。感染者の皮膚が内出血して紫黒色になるため、黒死病とも呼ばれる。

【同族になるための儀式】

人間がバンパイアから致死量になるまで血を吸われた後に、ヴァンパイアの血を吸えば同族のヴァンパイアとなれる。

レスタトの哲学

ヴァンパイアなら鉄の心を持って人間の血を吸えと冷酷さを追及していた。

レスタトがミシシッピ川の沼で生き延びた材料

ワニ、ヘビ、カエル、あらゆる低劣な生物の血とされている。

ドラキュラ伯爵について

トランシルヴェニアの伝説はアイルランド人作家の低俗な作り話とされている。

【Sunrise: A Song of Two Humans】

ルイがアメリカに戻り観ていた映画。1927年に公開されている作品である。

次回作品の紹介を見る>>


他の作品の紹介を見る>>

 





 

コメントを残す