フロム・ダスク・ティル・ドーン3

フロム・ダスク・ティル・ドーン3

 

1作目の発端となったストーリーを描いた作品。地獄のサンタニコの誕生秘話が作品で語られる。

作品紹介
フロム・ダスク・ティル・ドーン3
  • 2001年アメリカ映画
  • 監督:P・J・ピース
  • 製作:マイケル・S・マーフィ、ジャンニ・ヌナリ、マイアー・テパー
  • 製作総指揮:ローレンス・ベンダー、ロバート・ロドリゲス、クエンティン・タランティーノ
  • 出演:マルコ・レオナルディ、マイケル・パークス、アラ・セリ、レベッカ・ゲイハート、レニー・ロフティン、ソニア・ブラガ、テムエラ・モリソン、ダニー・トレホ、ジョーダナ・スパイロ

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

1900年代初頭のメキシコで、強盗団の首領であるジョニー・マドリッドの絞首刑が執行されることになる。ところが、執行の瞬間に運良く脱走できたジョニーは、冷酷非情な処刑人の娘で父親に虐待を受けているエスメラルダを救い出すかのようにさらっていく。仲間と合流したジョニーは、新婚の牧師夫妻やパンチョ・ヴィラの革命軍に加わろうとしている作家でジャーナリストのアンブローズ・ビアスの乗る馬車を襲う。その後、ジョニーとエスメラルダは荒野の中の怪しげな宿場に辿り着き、そこで一夜を明かすことにする。ところが、そこは妖艶な女クイクスラが経営する売春宿であり、しかもクイクスラをはじめとする宿の人間は全て吸血鬼だったのである。そこにジョニーが襲った牧師夫妻とビアス、さらにジョニーとエスメラルダを追ってきた処刑人らもやって来て、宿の客と吸血鬼たちの凄まじい殺し合いが始まる。その中で、エスメラルダが処刑人とクイクスラとの間に生まれた娘であることが明らかになる。処刑人はエスメラルダを普通の人間として育てるつもりで厳しく躾けていたのである。クイクスラはエスメラルダを後継者とする儀式を行ない、エスメラルダは「地獄のサンタニコ」(1作目でサルマ・ハエックが演じたキャラクター)として完全に吸血鬼となってしまう。人々が次々と倒されていく中、遂に処刑人も吸血鬼となってしまうが、人間としての最後の力を振り絞って夜明けの陽の光を宿場内に入れ、クイクスラを倒す。そして吸血鬼となったエスメラルダが陽の光に遮られて外に出られなくなっているところをジョニーとビアスは閉じ込める。こうしてジョニーとビアスだけが助かり、ジョニーはビアスとともにパンチョ・ヴィラの革命軍に加わることにする。エピローグとして、実はビアスが既にクイクスラに噛まれて吸血鬼になっていたことが明かされる。

登場人物
アンブロース・ビアス

作家でジャーナリスト。無神論者。アル中で飲んだくれ。銃を撃つしぐさが癖。パンチョ・ヴィラの革命軍に入りたい。プルガトリオの町に立ち寄り、パンチョ・ヴィラの居場所を酒場のバーテンに聞き込みをしている。ティエラネグラへ行けばパンチョ・ヴィラが居ると分かり向かっている。馬車移動の途中、強盗団に襲われたため歩いて売春宿へニューリー夫婦と泊るために訪れている。売春宿では自らのドッペルゲンガー(酒による幻覚か不明)を見ている。売春宿内でヴァンパイアと人間との戦いになった際に、人間のメンバーに対してリーダーシップをとって指揮していた。最終、ジョニーと生き残り一緒にパンチョ・ヴィラの革命軍に加わろうとティエラネグラへ向かった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ADYCwjShW58

キャサリン・リース

ならず者に憧れる男装の少女。馬のケツ顔。プルガトリオの町でアンブロースが居眠りしている間に勝手に彼の銃を拝借して見ていたため、起きたアンブロースの怒りに触れケツを蹴り上げられている。絞首刑されかけたジョニーを逃がす手助けをしている。逃げ延びたジョニーに合流し弟子入りを志願したが軽くあしらわれている。アンブロースの宝物の話をして殺されずに一時的に生かされた。その後、ジョニーより異常な女として墓場で首を吊らされて殺されかける事となったが処刑人らが発見し助けられている。オクラホマで自分の家族全員を殺し、テキサスの叔父夫婦を皆殺しにしたため2つの州で指名手配中である。ヴァンパイアらとの戦いの中で噛まれて死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=X7PJQbazdTw

【強盗団】

洞窟をアジトにしている強盗団。ジョニーがボスだったが、彼が捕まり絞首刑にされると知ったメンバーのチャトがジョニーに代わって次期ボスとなっていた。すぐに戻って来たジョニーがアジトでチャトを銃で撃ち殺している。ボスの私情(女の事)には従わない。

 

ジョニー・マドリッド

強盗団の首領。ドS。靴に仕込みナイフを所持している。プルガトリオの町で捕まり、絞首刑にされる予定であったがキャサリンの援護もあり、その場に居合わせたエスメラルダを連れて運良く逃げ切る。逃げた先の洞窟でホアキンと合流している。処刑人にムチ打ちをされている。エスメラルダの背中の鞭うたれた傷にサボテンの汁を塗っている。当初、エスメラルダにティエラネグラで売春をするよう勧めている。キャサリンがアジトへ付いてきて弟子入りの要望に対して、アンブロースの宝物の情報を聞き馬車を襲っている。その後、エスメラルダと売春宿へ向かいヴァンパイアとの戦いに巻き込まれたが、夜明けになりエスメラルダを売春宿に置き去りにしてアンブロースと逃げ延びている。尚、ヴァンパイア化した仲間のホアキンとそのホアキンに噛まれたジョンを松明の柄の部分を胸に突き刺して殺している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=pis5-xA2wlk

ホアキン

アジトである洞窟でトカゲを焼いて喰おうとしていた。ジョニーが絞首刑から逃げ出して合流した際に、現ボスはチャトであると告げている。チャトがジョニーに殺された後はジョニーをボスとして指示に従っている。アンブロースらの乗っていた馬車を襲っている。ジョニーらと売春宿へ向かい女を買うが、ヴァンパイアであり噛まれて感染している。途中、ジョンと売春宿で喧嘩をする。最終、ヴァンパイア化したがジョニーにより胸に松明の柄を打ち込まれ死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=pis5-xA2wlk

【処刑人家族】

父マウリシオ(人間)と母クイクスラ(ヴァンパイア)の間に産まれた娘エスメラルダ(ヴァンパイアハーフ)がいる。マウリシオは幼い頃にエスメラルダを殺したが、すぐに生き返っている過去がある。絞首刑であったジョニーがエスメラルダを連れ去った際に100ペソで彼女を連れ戻した礼金として募集をかけた。

 

マウリシオ

処刑人。エスメラルダの父。ムチの使用を得意としている。娘を定期的に虐待している。ジョニーに対し、絞首刑前にムチで打った。過去にクイクスラと関係を持ってエスメラルダをもうけた。ヴァンパイアハーフのエスメラルダを人間として育てたいが故に厳しく躾を彼女に対して行っている。エスメラルダを追って売春宿へ部隊で押し入ったがクイクスラと再会しヴァンパイアとの戦いに参加するも最終はエスメラルダに噛まれてヴァンパイア化している。自我を保っていたためにクイクスラが日光で怯んだ隙を見て入口の扉のトラップを作動させ、クイクスラを殺している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=_tmsSPGJm8o

エスメラルダ

19歳。処刑人マウリシオとクイクスラの娘。M女。ヴァンパイアハーフである。父より背中をムチで定期的に打たれている。母親は死んだと父より聞かされていたがクイクスラが実の母である。絞首刑の場からジョニーと逃げた先の売春宿で実の母クイクスラにより見つけられて始祖の祖母と一緒に”地獄のサンタニコ”へと覚醒の儀式をとり行われ完全にヴァンパイアとなる。その後、父のマウリシオに噛みつきヴァンパイア化した後にジョニーと再会したが、最終店に置き去りにされて逃げられている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ZwoH6r9Z1AM&t=120s

【ニューリー夫婦】

ティエラネグラの町で学校を開こうとしている。夫のジョンは妻の遺産と体目当てで1週間前に結婚している。夫ジョンの案で聖書に金を隠しており、金に目がくらんだ欲深い牧師であることが作中後半でわかることとなる。売春宿で夫のジョンはクイクスラに誘惑われて以降、本性が剥き出しの状態で酒を飲んでホールで以前に襲ってきた強盗団を殺している。

 

メアリー・ニューリー

牧師の新妻。プルガトリオの町で聖書の教えを広めるための布教活動を夫ジョンと行っていた。父が死んで遺産が入り大金を手にした。結婚して1週間経つが夫に体を許していない。ヴァンパイア化した黒人と踊りながら噛みつかれ感染している。逃げようとしたジョンらの前にヴァンパイア化した姿で現れ、腹から触手を出して襲ったがジョンによってナタで腹を刺され溶けて死んだ。尚、ジョンが振りかざした聖書に緑色の吐物をブチまけている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=_tmsSPGJm8o

ジョン・ニューリー

牧師。プルガトリオの町で聖書の教えを広めるための布教活動を妻メアリーと行っていた。途中、ジョニー率いる強盗団に襲われ歩いて立ち寄った売春宿で泊まるも、クイクスラの影響もあり段々性格が変貌(元の状態)していく。売春宿で自分の妻のウエディングドレスを奪った強盗団と合流して殺し合いの喧嘩となった。最終、ヴァンパイアに噛まれて感染したホアキンに噛まれるも自ら殺して欲しいと志願してジョニーに杭で殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qrRj2hcMArA

【ヴァンパイア】

ラ・テティーラ・デル・ダイアブロ”悪魔のオッパイ”という売春宿を根城として生活している。

 

クイクスラ

売春宿を経営する妖艶な女。気持ち悪い高笑いをする。血は緑色。昔、マウリシオと関係を持ってエスメラルダを産んでいる。ジョンを誘惑し本性をさらけ出させた。また、エスメラルダが店に現れた時に彼女の背中の傷の血を舐めて記憶を感じとっている。そのままエスメラルダの化粧直しをしており、一度ジョニーより頭を銃で撃たれている。始祖の祖母と一緒にエスメラルダを”地獄のサンタニコ”へと覚醒させる儀式をとり行っている。最終、店から逃げようとしたジョニーとアンブロースを出入口の扉の所まで追いかけたが、日の出により日光を浴びて怯んでいたところをマウリシオにより発見される。トラップを作動させられ串刺しにされたまま日光を浴びて焼け死んだ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qrRj2hcMArA

チャーリー

売春宿のバーテンダー。英語、フランス語、ナワトル語とどんな言葉でも話せる。ジョンの酔った姿を見て喧嘩をすることを勧めている。バーカウンターの足元に出入口を封鎖するトラップのレバーがあり操作している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ADYCwjShW58

ナノ

売春宿にいる馬の番人。腹が減っており、ジョニーらの馬を納屋で喰っていた。マウリシオにムチで顔を引き千切られている。引き千切られた首から下の食道から蛇のような本体が飛び出したが銃殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=_K-nBgfFomo

始祖

ヴァンパイアの始祖であり、クイクスラの母。エスメラルダを1作目で出演した地獄のサンタニコにするための儀式をとりおこなった。エスメラルダに腹を切り開かれ、腹から大量のコウモリを放出している。尚、蛆の湧いた状態で石の棺桶から投げキッスをしながら現れている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BWYSf5Bg0QQ

前作でチャーリーがルーサーに出した酒に入っていた蛆虫が、今作の始祖にたかっていた蛆虫と種類が合致してますよね。。。




豆知識

【アンブロース・ビアスについて】

南北戦争の英雄であり、アウルクリーク橋の一時金や”悪魔の辞典の作家である。晩年、パンチョ・ヴィラ率いる革命軍に参加するためメキシコへ越境したが、そのまま消息を絶ったとされている。

プルガトリオ

作中の冒頭でアンブロースが立ち寄っている町。絞首刑を公開している。

ティエラネグラ

プルガトリオから馬車で1日かかって辿り着く町。危険な町で白人がよく行方不明になるとして知られている。

キャサリンの家族や親せきを殺した理由

自分の家族:飢えで苦しんでいたため楽にしてあげた。叔父家族:元々嫌いだった。

 

 

前回作品を見る