キャビン・フィーバー

キャビン・フィーバー

 

感染症系パニックホラーやなこれ。。。

作品紹介
キャビン・フィーバー
  • 2002年アメリカ映画
  • 監督:イーライ・ロス
  • 製作:イーライ・ロス、エヴァン・アストロウスキー、ローレン・モウズ、サム・フローリッチ
  • 製作総指揮:スーザン・ジャクソン
  • 出演:ライダー・ストロング、ジョーダン・ラッド、ジョーイ・カーン、セリーナ・ヴィンセント、ジェームズ・デベロ、アリ・ヴァーヴィーン

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

卒業を間近に控えた5人の学生ポール、カレン、ジェフ、マーシー、バートは、学生生活最後の夏休みを楽しむため、森の奥にある山小屋を借りる。だが、彼らがパーティーを開いている最中に、血だらけの男が突然乱入してくる。5人はパニックになりながらも、なんとか男を追い払ったが、その翌日、カレンの身体の皮膚が膨れ上がり、やがて爛れて血があふれ出てきた。4人はカレンを必死で看病するが、症状はどんどんひどくなっていく。やがて残りの4人も、お互いに他にも誰か感染しているかもしれないという恐怖と疑念を抱き始め、それがパニックを引き起こす。

登場人物

【学生達】

学生最後の夏休みをジェフの車でバニヤン山の山小屋を借りて1週間過ごすため一同で訪れている。この小屋で過ごす計画はジェフの母親からの提案である。途中、伝染病に感染したヘンリーをメンバーらが殺した倫理観から徐々に内輪揉めする事となった。ヘンリーが汚した車内をポールとバートで掃除をしている。

 

ポール

意外と毛深いチビ男。乳首周りが毛で覆われている。冷酷な性格の持ち主。カレンとは中学から知り合いであり、気がある。山小屋に向かう途中、雑貨店へ立ち寄った際に椅子に座っていたデニスに近づき右手に噛みつかれている。湖へジェフらを誘ったがヤりかけてたため断念し、カレンと一緒に湖へ行きキスしている。キャンプファイヤーにカレン目当てで乱入してきたジャスティンに嫉妬していた。ヘンリーが山小屋に来て騒ぎを起こした際には彼に火をつけている。山小屋の近くで民家内の女を覗いていた所を民家の家主により怪しまれ威嚇された。カレンとバートが感染を起こしてジェフがトンズラした後で自暴自棄になったマーシーとヤっている。マーシーとヤった後に感染が怖かったのか消毒するためトイレでリステリンを股間にぶっかけていた。その後、逃げようとして行き着いた貯水池でヘンリーの死体を発見したが手を滑らせ池に落ちている。再び山小屋に戻って来た際にカレンを襲っていた野犬をライフルで撃ち殺し、瀕死のカレンにトドメを刺している。その後、バートと合流し、追って来ているトニーらに奇襲攻撃を行い撃退している。ジェフへ感染源は水であると説明するため走り回っていたが、洞窟でジャスティンの死体を発見した。トニーの車を奪い逃げ出したが鹿を轢き、そのまま銃で撃ち殺している。車が大破したため歩いて近くのヒッピーが集まる広場へ向かったがウィンストンが無線を受けていたのを聞いた取り巻きに襲われるも難を逃れている。そのままヒッチハイクをして病院へ行こうとしたが失敗したため道路に寝そべり、止まったトラックに国立病院まで運んでもらっている。病院でウィンストンの上司である警官より取り調べを受けるが支離滅裂な発言から、警察の判断で貯水池にウィンストンの車で運搬され放置され死んでしまう事になった。後にガキが雑貨屋前でレモネードを売っている原料の水として体液が貯水池より汲み取られることになった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=X_Nn1YiCp_A

カレン

喫煙家。バークレー校卒業予定。男遊びに慣れているバカ女。キスが上手いかで男を試しており湖でポールとキスしている。シャワーマッサージが得意。山小屋の水道水経由で伝染病に感染している。感染後は右大腿部より皮膚病が広がっている。メンバーと話し合って離れの小屋に施錠され閉じ込められる事になった。徐々に発熱しグッタリしていたが野犬と化したドクター・マンボにより体を部分的に食いちぎられている。最終、ポールによりもう助からないと判断されスコップで殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=yvaqm76Q4fY

ジェフ

彼女のマーシーがいる。屁理屈で薄情者の男。車の所有者。小屋に着くなりマーシーとヤりまくっている。ヘンリーの一件で車が大破したためバートと一緒に民家へ助けを求めたが、殺したヘンリーの親戚であったため逃げ帰っている。途中、山小屋内で感染が流行りかけたため怖くなって単身でビールを持ち出し逃げ出している。メンバー内では最後まで感染にかからなかったが小屋を出たところを待ち伏せしていた警官隊らによって一斉射撃を受けて絶命しキャンプファイヤーの薪にされている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=CjbHZr9i9y8

マーシー

ヤリマン女。彼氏のジェフがいる。料理が得意なのかチリ料理を作っている。小屋に着くなりジェフとヤりまくっている。ポールとヤって感染している。伝染病に感染したヘンリーが外で近づいた際にスプレーを顔面へ吹きかけている。山小屋内で伝染病が流行り始めジェフが逃げ出したため自暴自棄となりポールとヤったが伝染病に感染した。外からアンディの撃った銃声を聞き飛び出したものの野犬と化したドクター・マンボに喰い殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=X_Nn1YiCp_A

バート

喫煙家。知能指数の低いデカいガキ。幼女愛好家。手癖の悪い奴で雑貨屋でチョコバーを万引きしようとしたが失敗している。リンゴジュースを買い忘れるドジでもある。ジェフとマーシーが小屋の部屋でやっているのを双眼鏡で覗いていた。立ちションをしたりキャンプファイヤーをしてほったらかしにしたりしている。空気銃でリスを狩るため探していた所、ヘンリーを誤って撃ってしまった。キャンプファイヤー中にカレンの大学の話を聞いてジェフへ1週間ビールだけ飲む賭けを申し出ている。小屋の中で自分の汚いオナニーを飼い犬に手伝ってもらったくだらない話をして他メンバーからドン引きされていた。ヘンリーの一件で車が大破したためジェフと一緒に民家へ助けを求めたが、殺したヘンリーの親戚であったため逃げ帰っている。カレンが伝染病に発症して一番神経質になって焦っていた。車が動くようになってから、自身も伝染病に発症しているのが確認されている。再び雑貨屋へ向かい助けを求めたがアホなデニスにより手を噛みつかれてしまうも逆恨みされトニーにより追われる身となった。山小屋まで逃げ帰りポールと合流した後に、追って来たトニーらを奇襲する作戦を試みるも最終的に追って来たアンディに撃ち殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dqpCfdGAKXc

【Priddy’s General store】

冒頭でポールらが立ち寄った雑貨店。白色と茶色の犬を飼っている。56ドルでポールらにサンドウィッチを売っている。

 

デニス

人の手に噛みつくガキ。トニーの息子。カンフーをしていない間は店前の椅子に座っている。何度も注意されていると作中でのトニーからの発言から他人に噛みつきまくっている事が推測される。「パンケーキ、パンケーキ」と話す。後に助けを求めに戻って来た感染しているバートに噛みついて自らも感染している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=5_MlebauslM

トニー

序盤でデニスがポールの手に噛みついたため注意している。店主の指示でサンドウィッチをポールらに渡している。バートが店のチョコバーを盗んだのを見逃さなかった。再び店に戻って来たバートにデニスが噛みつき伝染病に感染したため逆恨みして仲間を招集してバート狩りを実行するも山小屋へ追い詰めた先で奇襲を受けたアンディの流れ弾で腹を撃たれ、最後は木の枝でポールにトドメを刺され命を落としている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=DpXd3AsaeQY&t=66s

アンディ

トニーから招集されショットガンを持参している。山小屋でバートを見つけ撃ち殺したが、ポールから奇襲を受けトニーの腹部へ誤射している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=DpXd3AsaeQY&t=123s

フェンスター

トニーから招集されバート狩りに参加した。行き着いた山小屋でポールから耳へドライバーを突き刺され死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=DpXd3AsaeQY&t=123s

カドウェル

雑貨屋の店主。ポールらに店内の雑貨の説明をしてあげている。仲のいい黒人の友人らがおりライフルを預かっている。サンドウィッチをポールらに渡すようトニーに指示している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=5_MlebauslM

【その他】

 

ヘンリー

山でウサギ狩りの帰りに未知の細菌に感染した飼い犬の死体を発見し血液感染してしまう。バートにリスと間違えられライフルで右足を撃たれた。バートが病気で気味悪がり止まれと忠告したが、「病気なんだ水をくれ」と言いながら近づき、中々聞かなかったため威嚇射撃を受けて一旦引き返している。夜になり小屋へ再び現れ「医者を呼んで欲しい」と出て来たジェフへ頼んだが追い返されたため、勝手にジェフの車に乗り病院へ行こうとしている。ジェフらに出発できないよう妨害されるも車中で吐血しまくってフロントガラスにブッかけていた。車から降りたがマーシーらに近づいたためスプレーを顔面にかけられポールにより体に火を付けられてた。貯水池で焼死体として後にポールにより発見されている。彼の死に場所が原因で山小屋の水道経由で伝染病の感染が広がる事となった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=X_Nn1YiCp_A

ウィンストン・オルセン

保安官補。ナンパなヤツで女好き。自転車でポールらのいる山小屋へ訪問している。ポールにレッカー車を呼ぶと約束したがレッカー車自体が故障して遅れている事を言い忘れていた。未成年の飲酒を取り締まっていると言いながら未成年と一緒に酒を飲んでいるサボり魔。上司(保安官)から山小屋で殺し合いの事件があり犠牲者2~3名出ていて、皮膚が腐る悪性のウイルスに感染している者が加害者であり、見つけ次第迷わず撃てと指示されているが目の前のポールへ発砲しなかったが、ポールから木の棒で頭を殴られ気絶している。その後、上司よりポールを病院から池に破棄するよう指示され車で運搬している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=y546nG3jCc4

ジャスティン

通称”グリム”。バークレー校(大学)の出身者でありスケート大会で使用していた名である。のぞき屋。ポールらのキャンプファイヤーをのぞいていた。小屋から20分離れた場所にテントを張っていて、テントの外に4000ドル分のマリファナを所持している。ドクター・マンボという犬を飼っている。ポールらにのぞきが見つかりくだらんギャグを話したがイマイチ受けなかった。マリファナを一緒に吸う誘いをポールらにし合流している。雨が降り始めたため一旦テントへ戻っている。小屋へは戻って来なかったが、後に死体として虫が湧いている状態をポールに発見されている。尚、ドクター・マンボのドクターは”博士”という意味である。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=AvgdMmwsdfs

 

ちなみこの作品ですが同じ監督が2016年にリメイク作品作っていますね。




豆知識

【ドライブ中に流れている曲】

 

Priddy's General storeのラインナップ

①手ごろな値段のアンティークであるガラス容器

②南北戦争より前に製造された瓶

③キツネの小便(キツネ狩りに使用される)

尚、シャーリー・テンプルの形をした美品が棚に置いてあったが、体の不自由な夫人が落として割っている。

ケン

カレンの幼馴染で12年前から家族ぐるみの付き合い。小柄の脂ぎったヤツで成績が悪い。一昨日カレンの顔に触って口を突きだしキスを迫ったとされている。

 

”ブライトン・ボウル”

ポールの話した怪談である。

【ブライトン・ボウルが閉鎖した理由】

昔ブライトンという場所にあったボウリング場。TVゲームやビリヤードも設置されていたとされている。誕生日パーティーしたり、よく父親に連れられて行っていた。ある日、強盗事件があり、従業員が銃で脅され口を塞がれ殴られたあと椅子に縛られた。椅子は円形に並べられたので互いの顔がよく見えた。イカれた強盗はハンマーを持ってきて1人ずつ順に頭を吹っ飛ばした。次に消火用の斧を取り出し、警報にもお構いなしで死体の手足を切り落した。辺りは血の海であった。犯人は従業員だった。切り落した手足はレーンの端に置かれピンに向かってイカレた犯人は投げてボーリングをしていた。スキンヘッドの従業員(貸し靴やゲームのコインを渡す係)でいつも笑っていた陽気な男がいたが彼もまた被害者でありボウル返却口で首だけになっても笑っていたとされている。以降、ボウリング場は閉鎖したと父から言われたとされ、新聞やニュースでもこの事件の事は公表された。

グリムの名の由来

”しかめっ面”という意味。バークレー校(大学)の出身者でありスケート大会で使用していた名である。

マーレー

豚の卸業者の名前。

リッキー

車の整備業者の名前。

バークレー校

体育会系の大学で5日間酔っ払い続けたムチャな学生がいたとカレンが作中で話している。カレンはビールだけしか飲ませてもらえなかった。ジャスティンはウィスキーのみしか飲ませてもらえなかった。

カレンのシャワーマッサージ

①ソフト

②ハード

③連続マッサージ

 

と3つのテクを持っているとされる。尚、カレンは初エッチでガッカリしているらしぃ。

【皮膚が腐る悪性のウイルスの特徴】

  • 吐血する 皮膚から出血する
  • 皮膚が腐る
  • 血液感染する
  • 水を欲するようになる
  • 発熱する

 







0:34

0:34

 

作品紹介
0:34
  • 2004年イギリスとドイツの合作映画
  • 監督:クリストファー・スミス
  • 製作総指揮:ロバート・ジョーンズ
  • 出演:フランカ・ポテンテ、ショーン・ハリス、ヴァス・ブラックウッド、ジェレミー・シェフィールド、ポール・ラットレイ、ケリー・スコット

引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

<ストーリー>

深夜0:34の地下鉄最終列車に乗り遅れたケイト(フランカ・ポテンテ)は、駅の出口からも締め出され、無人のホームに取り残される。そのとき無人の列車が到着し、飛び乗るケイト。どれだけ経った頃か、突然列車が停車。彼女が向かった車掌室には運転手の惨殺死体。「何かがいる。この地下鉄に。」

登場人物
ケイト

ドイツ人。中途半端に優しいバカ女。オフィスパーティーで友人のジェマを探していたが、彼女自身は先に帰っている。当初、ジョージ・クルーニーのVIP招待状を持っているジェマと一緒に彼に会ってサインをもらおうとしていたが、ジェマに先に帰られている。ホームレスへ小銭を恵まないケチ女。居眠りをして終電を逃している。たまたま地下鉄が駅内に到着し乗り込んだが、ストーカー男のガイにレイプされかかったが難を逃れている。その後、駅構内でホームレス生活していたジミーと行動を共にするも彼が目の前でクレイグに殺され捕まってしまう。捕まった貯水槽でジョージと合流し逃げ出したが、途中でジョージが殺されるものの最終、クレイグを殺して生き延び、始発の駅で朝を迎えている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=CrEN5zCh3Hc

クレイグ

現れる時は大体ドブネズミと一緒。作中では地下鉄にいる人間を次々と殺している。部屋に置いてあった写真から、当時医者の父と生活していた事が伺える。最終ケイトにより鎖付きフックを喉に突き刺され、通過した地下鉄により引っ掛かった鎖が引き延ばされ、喉の肉ごと剥ぎ飛ばされ死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=nT8c3-0TVQo

ガイ

かわいそうなスケベ野郎。ストーカー気質の素チンレイプ魔。オフィスパーティーでジェマを探していたケイトにコカインを一緒にしないか誘ったが断られている。地下鉄の駅までケイトをストーカーして閉じ込められた地下鉄内でレイプしようとしたが奇形男のクレイグに襲われ背中を負傷している。ジミーにより線路から引きずり上げられたが出血多量で息絶えている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=2FOqgIIQJmw

警備責任者

夜間1人で当直している警備員。クロスワードゲームをやっている。ケイトの緊急呼び出しの呼びかけに当初あまり耳を傾けなかったが負傷したガイを監視カメラで目撃している最中に奇形男のクレイグに首をナイフで切り裂かれ絶命している。死体はクレイグの運転した地下鉄内でジミーにより発見されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=2FOqgIIQJmw

【ホームレスカップル】

地下鉄構内に勝手に住み込んでいるホームレスのヤク中カップル。地下鉄のルールに詳しく、ケイトから50ポンドを支払われ警備室に案内している。夜は地下鉄内は完全に閉鎖され1人しか警備員はいないようである。いくつも閉鎖された駅があると語っている。寒くなってきたため宿泊所へ移りたいが担当者が全然繋がらないらしい。

ジミー

50ポンド男。地下鉄の駅に住んでいるホームレス。嘘であるが、以前に他のホームレスが行方不明になっていると語っている。連れ去られたマンディを探すもみつからずヤクを打って落ち着いている。ケイトとマンディをさらった奇形男のクレイグを捕まえて反撃しようと地下鉄内に乗り込むも、天井から現れたクレイグにより顔面を何度も針の様なもので刺され死んでいる。尚、マンディを元々故郷で自身の母親と一緒に生活させてヤク中からの治療をしようと考えていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=2FOqgIIQJmw

マンディ

駅改札機前でケイトが変なババアに言いがかりをつけられ切符を買えないでいた時に1日パス券を20ポンドで売っている。奇形男のクレイグにより顔面を殴られた後に拉致されオペ室に拘束されていた。その後、クレイグによりオペごっこの末に命乞いをしたが無視され大きなノコギリで体を切り裂かれ死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=nT8c3-0TVQo

レイ

ジミーとマンディの飼っている犬。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=2FOqgIIQJmw

【下水処理業者】

ジョージ

新入り。昔ヤクの売人(マリファナ)をしていて仮釈放中である。娘がいる。カナヅチ。詰まった下水管を見に来ていた。奇形男のクレイグに仕事中に拉致られ貯水槽に放り込まれている。ケイトの作戦により貯水槽内から左肩を負傷しながらも抜け出すもののクレイグと最終的に戦い、善戦するも隙を付かれて壁に貼り着いたノコギリへ左側頭部を突き刺され絶命している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=2FOqgIIQJmw

アーサー

ジョージの教育係。20年のベテラン。ジョージの前はポン引きを先週教育係としてみていたと語っている。色々と下水場の臭い事情などに詳しい。ジョージと下水道を廻っている際に今までに見たことない側道を発見し探検している。探検途中に奇形男のクレイグに襲われている。下水道で死体としてケイトに発見されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=2FOqgIIQJmw

 





豆知識
下水の臭い

チャイナタウンの下水場の臭いはシーフード臭いらしぃ。

ジョージ・クルーニー

アメリカ俳優。フロム・ダスク・ティル・ドーンなどにも出演している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eLG9PO6ldrg

地下鉄の運転手

冒頭でケイトの乗っていた地下鉄の運転手であるがクレイグによって殺されている。

 



岩を噛める”鉄の歯”を持つ軟体動物

ガムブート・キトン

 


アメリカのノースウェスタン大学でガムブート・キトンという生物の研究発表が2021年5月にあったので紹介する。以下。

 

この生物本体の画像を見る>>

 

ガムブート・キトンは、全長36センチの楕円形の形の体をしており、ヒザラガイ(多板鋼)の中では最大種です。

 

赤褐色の体がまるでミートローフに見えることから「さすらうミートローフ(Wandering meatloaf)」という愛称で親しまれています。

 

これまでの研究で、ガムブート・キトンは舌のような細長い突起を持ち、そこに小さくて硬い歯がびっしりと生えていることが知られていました。

これを歯舌(radula)といいます。

食事の際は、歯舌を岩にこすりつけて、藻などを剥ぎ取って食べます。



研究チームは、この頑丈な歯の成分を特定するべく、シンクロトロン光源透過型電子顕微鏡などのハイテク技術を用いて分析。

その結果、歯の中にサンタバーバライトが含まれていたのです。

サンタバーバライトは、2000年イタリア・トスカーナの沿岸部で発見された鉱石。

研究主任のダーク・ジョスター氏は「サンタバーバライトは含水率が高いため、密度が低くても頑丈さを保ちます。ガムブート・キトンは、これを取り込んだことで、重さを増やすことなく歯を強化できたのではないか」と指摘します。

歯舌(radula)/Credit:NORTWESTERN UNIVERSITY

↑こちらはガムブート・キトンの歯舌(radula)の画像で、中央の黒い部分にサンタバーバライトが含まれていました。

また、この画像は歯舌の成長過程を合成したもので、左側が成長初期、右側が成熟期に当たります。



 

ジョスター氏は「サンタバーバライトは、地質学的な標本でさえごく微量しか観察されたことがなく、生物の体内に見つかったのはこれが初めてです」と述べています。

サンタバーバライトを含む歯の拡大イメージ①/Credit:NORTWESTERN UNIVERSITY
サンタバーバライトを含む歯の拡大イメージ②/Credit:NORTWESTERN UNIVERSITY

今回の発見は、ガムブート・キトンの歯が超硬質な理由のほかに、岩を噛んでエサを剥ぎ取るのに耐えうる耐久性の秘密についても明らかにしています。

 

研究チームは今後、歯に含まれる鉱物をもとに、超硬質で耐久性の高い素材の開発を進めていく予定です。

 

ノースウェスタン大学の記事を読む>>

 







エクステ

エクステ

 

作品紹介
エクステ
  • 2007年日本映画
  • 監督:園子温 製作:岡田真、服部紹男
  • 出演:栗山千明、佐藤未来、佐藤めぐみ、つぐみ、山本未來、町本絵里、満島ひかり、永田良輔、夏生ゆうな、光石研、山本浩司、大杉漣、佐久間麻由、田中哲司、蛭子能収、田井中蘭
引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

海辺の美容室「ジル・ド・レエ」で働く美容師の卵・水島優子は一流の美容師になるため、ダンサー志望の同居人である友人・森田由紀と共に日夜励んでいた。そんなある日、実の姉・清美から姪である少女・水島マミを強引に預かることになってしまう。初めはマミを厄介者扱いしていた優子だったが、次第に彼女と心を通わせ合い、姉妹のような関係を築くようになり、初めは実母からの虐待で心を閉ざしていたマミも優子の優しさに触れて心を開き始め、明るい顔を見せるようになった。 その頃、横浜港では巨大コンテナから、膨大な量の髪の毛と少女の遺体が発見される。その遺体は臓器売買の被害者であり、剃り落とされたはずの髪は死後も伸び続けていた。死体安置所に務める山崎ぐんじは無類の髪フェチで、その少女の遺体を持ち帰り、伸び続ける少女の髪でエクステを作り、優子の務める美容室をはじめとする美容室にそのエクステを提供していくが、それには少女の強い怨念が込められていた。

登場人物
水島優子(みずしま ゆうこ)

主人公。美容師の卵。姉からの虐待を受け、かつては荒んでいた。姉から姪であるマミを強引に押し付けられ、当初はマミを厄介者扱いしていたが、かつての自分と同じように姉の清美から虐待を受けてきたマミを不憫に思い、考えを改める。それ以来、マミを妹のように可愛がり、姉妹のような関係を築き上げていく。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eY973jSp-tU&t=90s

水島マミ(みずしま マミ)

もう一人の主人公。清美の娘で、優子の姪。母からの虐待による影響から心を閉ざし、異常に礼儀正しく繊細な性格。母によって強引に叔母である優子の元に預けられ、初めは厄介者扱いされていたが、優子の優しさに触れてからは次第に心を開いていく。優子と姉妹のような関係を築くようになってからは少しずつ明るい顔を見せるようになり、美容師の仕事にも興味を示す。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eY973jSp-tU&t=90s

森田由紀(もりた ゆき)

優子の友人にして同居人。ダンサー志望。優子の姉からマミを強引に預かる事になって戸惑うものの、優しく接するようになる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eY973jSp-tU&t=90s

水島清美(みずしま きよみ)

優子の姉でマミの実母。キャバ嬢。性悪な性格をしており、妹と実の娘に虐待を行っている。中盤で優子の自宅へ押し入り、彼女の服を勝手に持ち出した上、マミを強引に連れ戻した挙句、再びマミへの虐待を行い押し入れに閉じ込めるも、偶然優子の服に紛れて持ち帰っていたエクステの暴走に巻き込まれ、死亡。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eY973jSp-tU&t=90s

杉村佳代(すぎむら かよ)

優子が務める美容院「ジル・ド・レエ」のオーナー。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eY973jSp-tU&t=90s

幸田サチ(こうだ サチ)

優子と同じ美容院で働く美容師。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eY973jSp-tU&t=90s

椎名百合子(しいな ゆりこ)

優子と同じ美容院で働く美容師。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eY973jSp-tU&t=90s

桜井雄太(さくらい ゆうた)

優子と同じ美容院で働く美容師。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eY973jSp-tU&t=90s

近藤(こんどう)

優子と同じ美容院で働く美容師の女性。山崎が安置所の少女の髪で作ったエクステを気に入り、そのエクステをつけて帰宅した後、エクステの呪いによって死亡。その後、遺体は大量の髪に絡まった状態で発見され、後日に開かれた葬儀には優子をはじめとする従業員達も参列した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eY973jSp-tU&t=90s

菅原達夫(すがわら たつお)

刑事。エクステをつけた女性が次々と怪死していく事件について調べている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eY973jSp-tU&t=90s

田村次郎(たむら じろう)

菅原の部下。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eY973jSp-tU&t=90s

山崎ぐんじ(やまさき ぐんじ)

本作の黒幕。普段は警察署の死体安置所に務めている。無類の髪フェチで、あらゆる少女の遺体から髪を切り取り集めていた。序盤で後述の髪が伸びる安置所の少女の死体を持ち出し、彼女から伸び続ける髪を一部切り取り、それをエクステにして各地の美容院に提供し、持ち込んでいた。また、それ以前にも顔見知りの美容院に彼女の髪とは別のエクステも提供していた模様。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eY973jSp-tU&t=90s

安置所の少女(本名不明)

髪が伸びる少女の死体で、怪異の発端にあたる本作のキーパーソン。作中の回想によると臓器売買の被害者であるらしく、麻酔をかけられないまま臓器を抜かれた上、髪を全て剃り落とされて命を落とした。死後、髪を全て剃り落とされた強い怨念から、剃られたはずの髪は伸び続け、傷跡や瞼の裏に舌などと、あらゆる箇所からとてつもない量の髪が生え続けていた。山崎が彼女の髪で作ったエクステは、つけた女性の耳から侵入して相手を操り、彼女の記憶や死の直前がフラッシュバックで脳裏に浮かび上がったり、とてつもない速さで伸びて相手を襲うなどと、彼女の髪で作られたエクステを身につけた女性達(山崎の知人である美容師の女性や近藤、優子が務める美容院の常連客)を次々と惨殺していく。終盤では自らの手で山崎を殺害し、あらゆる箇所から生えて伸び続けていた髪も切られる前の生前の姿に戻り、安らかに成仏した。

 

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=EB3L-yzHCSY






見どころ

【頭皮ツッパリ】

今作でCGを使用し一番気合の入ったシーンである。エクステが壁に貼り着き頭皮を引っ張っている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=EB3L-yzHCSY

 







クロノス

クロノス

 

作品紹介
クロノス
  • 1992年メキシコ映画
  • 監督:ギレルモ・デル・トロ
  • 製作:ベルサ・ナヴァロ、アーサー・H・ゴーソン、アーサー・ゴーソン
  • 出演:フェデリコ・ルッピ、ロン・パールマン、タマラ・サナス、クラウディオ・ブルック、マルガリータ・イザベル、ダニエル・ヒメネス・カチョ

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

1536年、錬金術師のウベルト・フルカネリは宗教裁判所から逃れるためにメキシコへ渡り、総督ご用達の時計師になった。彼はそこで永遠の生命の鍵となるものを作り、それを「クロノス」と名付けた。 時は流れ、400年後の1937年、丸天井が崩れ心臓に一撃を負った男がいた。肌は死人のように白かった。彼は「スオ・テンポーレ(時は永遠なり)」という言葉を残して息絶えた。警察が捜査したが、何も公表されなかった。「クロノス」について触れられているものも何一つなかった。。。 古物商を営む初老の男ヘススは、ある日、売り物の天使像の中から奇妙な金属機械を見つける。彼がそれをいじると、それは時計のように動き出し、中から飛び出した針が彼の手を貫いた。やがてヘススはその針に刺されることに快感を覚え、また血への渇きを抱くようになった。また恋人のメルセデスは彼が若返っていることに気付く。 同じ頃、彼の店にアンヘルという男が訪れ、天使像を買っていく。だが、機械がその中にないことを知ると、アンヘルと彼を操るその伯父のクラウディオはその機械ークロノスーを渡すようヘススに要求した。 ヘススが申し出を断ると、クラウディオはクロノスを奪うようアンヘルに命じる。クラウディオを疎ましく思うアンヘルはヘススを始末することで命令を果たそうとするが、殺されたヘススは火葬場から姿を消す。

登場人物

【グリス一家】

アウロラの両親はいないため、ヘススとメルセデスでアウロラを引き取り面倒をみている。寅年を祝うパーティーに家族で参加して年を越している。

 

ヘスス・グリス

57歳。骨董品屋の主人。ある日店頭に並んでいる天使像の中からクロノスを発見し、間違って作動させてしまい左手を負傷する。その後若返ったためメルセデスを驚かせている。途中、グァルディアらにクロノスを奪われそうになるも上手くあしらっている。次第にクロノスの効果で血を吸う欲求が強まっていき体が変異していく。アンヘルに車ごと崖から落とされ葬儀を行ったり火葬されかけたりしたが逃げ延びた。最終、グァルディアらと戦い生き残るが血の欲求に勝てずアウロラの血を吸おうとしたが、アウロラの一言で正気に戻りクロノスを岩で叩き壊し、アウロラとメルセデスにより自宅のベッドで看取られ死を受け入れた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=JQrfmW8Nwb0

メルセデス・グリス

ヘススの妻。ダンス教室の講師である。マヌエーディットと一緒にタンゴを教えている。夫のヘススが若返ったため驚いていた。夫ヘススが死んで悲しみからかピアノを弾いている。途中、ヘススの葬儀後にヘスス自身が自宅へ電話をしたが、イタズラ電話と思いガチャ切りをしている。最終、夫ヘススの変わり果てた姿を自宅で看取っている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=r87InZfKmG4

アウロラ

ヘススの孫娘。行儀の悪いガキ。言葉を話せない。おじいちゃん子で祖母が口うるさいため嫌いである。天使像の穴からゴキブリが湧き出た際に新聞紙でゴキブリを叩きまくっていた。夜に祖父がクロノスを使用していたため心配してクロノスをクマの人形の中に隠している。自宅に帰って来たヘススを迎え入れ一緒にグァルディアの工場へ忍び込んでクロノスの謎を暴こうとした。ヘススがグァルディアに襲われピンチの際に杖でグァルディアの後頭部を殴りつけて気絶させている。終盤で正気を失ったヘススに対し「おじいちゃん」と発語し、正気を取り戻させた。最終、変わり果てたヘススを自宅のベッドで看取っている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=oBJnyL29FGw

【大富豪の派閥】

デ・ラ・グァルディア

生への執着が強いのか長年クロノスを探し求めている大富豪。フクロウの彫刻を施された杖を持っている(仕込み刀)。生活している所は工場の一角である。持病が進行しており自身の内臓に半分を摘出している。持病に対して今まで化学療法、X線療法、精神療法を試している。部屋は持病のせいなのか抗菌対策で徹底されている。甥のアンヘルを部下の様に使っている。クロノスを知るキッカケとなったのは、ウベルト・フルカネリのノートを40年前に手に入れている。天使像を今まで収集しておりビニール袋に入れてオブジェとして室内に飾っている。ヘススを自宅へ招きクロノスを回収しようとしたが南京錠のダミーを奪ってしまい、アンヘルに依頼しクロノス回収のためヘススを襲わせたが殺すのに失敗している。ヘススが再び自宅に忍び込んだ際に「共に永遠の命を分かち合おう」と提案したが断られている。ヘススがクロノスを渡さないため仕込み刀をヘススの腹に突き刺し襲ったが後ろからアウロラにより後頭部を杖で殴られ気絶している。その後、ヘススに血を吸われ死んだかに思えたがかろうじで生きており、駆け付けたアンヘルにより首の骨を折られ死んでいる。尚、ヘススが生きており再び自宅を訪れる事を予測しており、ウベルト・フルカネリのノートを一部食べている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Ty10mbBjXFg

アンヘル

デ・ラ・グァルディアの甥。口うるさく暴力的な男。叔父グァルディアが死ぬと遺産を相続する代わりに指示に従っている。口笛を吹くのが癖で”We Wish You A Merry Christmas”をヘススの骨董店内で吹いている。アウロラへガムを渡している。鼻を整形手術しようと悩んでいてヘススらに助言をもらっている。グァルディアの指示でヘススの骨董店を荒らしている。ヘススをおびき出すため自らの名刺を置いて帰った。再び、叔父のグァルディアよりヘススを襲ってクロノスを回収する指示が下され、パーティーに潜入してヘススを外へ連れ出し執拗に殴り飛ばした。殴って気を失ったヘススを車ごと崖から落っことしている。グァルディアがヘススに襲われ瀕死の状態を発見したが、足で首の骨を折りトドメを刺している。不意打ちでヘススから杖で鼻を殴られ折られている。最終、グァルディアの工場の屋上からヘススと一緒に飛び降り死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=oBJnyL29FGw

【その他】

ティト

納棺師(のうかんし)。誰も自身の仕事に敬意を示さないと愚痴をこぼしている。ヘススの遺体に対し死化粧と着替えを行っている。納棺したが火葬場へヘススの遺体を入れ損ねている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ft6YuV7J9Sg

ウベルト・フルカネリ

錬金術師。宗教裁判から逃れるため単身でメキシコのベラクルスへ渡って総督ご用達の時計師となっている。彼は永遠の命をもたらす”クロノス”という機械を作って本にラテン語で記している。この”クロノス”を使用して400年後である1937年にある建物が崩れ心臓に一撃を受け死んでいる。最後の言葉は”スオ・テンポーレ(時は永遠なり)”である。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=NNGZkp4x7kc

 




豆知識
クロノス

ウベルト・フルカネリが1536年に作ったとされる。永遠の命をもたらす未知の機械である。ウベルト・フルカネリガ死ぬ直前に自宅にあった天使の置物に隠したとされている。この金色の機械は人間の皮膚に針を打ち込み吸血鬼にする機械でもある。ねじを巻くと起動する。機械の中には赤黒い芋虫の様な生命体が組み込まれ、うごめいている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ki906RRX8vg

【クロノスに刺された後の症状】

  • 患部に痒みを伴う
  • 渇きを伴う
  • 若返る
  • 快感を覚える
  • 日光で肌が焼ける
  • 心臓を負傷させないと死なない
  • 皮膚が大理石の様な白い色になる

【ヘススの歌】

”朝になって お日様が”

”お目めを開けと囁くよ”

ビスカイノ夫人

92歳で亡くなっている。

アウロラの父

ヘススの息子であり、昔タバコが肺がんで死者を増やした噂を聞きタバコを吸っていたヘススのタバコを勝手にトイレに捨てていた。ヘススの健康を気遣っての行動である。

 

 

 

 



 



 

溶解人間

溶解人間

 



作品紹介
溶解人間
  • 1977年アメリカ映画
  • 監督:ウィリアム・サッチス
  • 製作:サミュエル・W・ゲルフマン
  • 製作総指揮:マックス・J・ローゼンバーグ
  • 出演:アレックス・リバー、バー・デベニング、マイロン・ヒーリー、マイケル・オールドレッジ、アン・スウィーニー、ライル・ウィルソン、レインボー・スミス、ジュリー・ドレイゼン、エドウィン・マックス、ドロシー・ラヴ
引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

<ストーリー>

土星探査から帰還した軍人スティーヴ・ウェストは、顔がただれた状態で目をさました。特殊な宇宙線により肉体が変異した彼は、陸軍病院を抜け出して、次々に人間を襲った。ウェストの友人であるテッド・ネルソン博士は、肉体の溶解と反比例して強くなっていく友を追いかけた。

登場人物
スティーヴ・ウェスト

宇宙飛行士。自身を含め乗り組み員3名で土星へ向かうも独りだけ生き残り帰還している。病院で目覚めたが全身が溶けて人間を喰わないと体が維持していけない状態となった。頻回に過去に行った宇宙飛行の記憶がフラッシュバックしている。病院から脱走する際にデブの看護師を殺している。その後、川辺に向かい釣りをしている男を殺している。夜になりレモンを盗もうとしたヘレンとその友人ハロルドも殺した。最終、マットを殺し工場へ逃げ込んだがネルソン博士とニール保安官により追い詰められ、ニール保安官と守衛2人を投げ飛ばし殺している。工場の下で完全に体が溶けて死んでしまった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=lVaPQvEwTXM

【ネルソン夫婦】

パークアベニューに住んでいる。エルシーという猫を飼っている。ペリー将軍からスティーヴの情報を極秘扱いしろと言われていたがネルソン博士が妻ジュディに話しており、後に情報漏洩がバレている。

 

テッド・ネルソン博士

科学者兼医者。スティーヴの友人。病院から取り逃がしたスティーヴの件をペリー将軍に報告するも、ペリー将軍からはすぐ見つけ出すよう命令されている。クッキー好き。無能で何度もスティーヴを追いかけるが捕まえられないでいた。最終、工場へスティーヴを追い詰めるが説得して自我を取り戻したスティーヴと話し合いをしようとしたが、溶けたスティーヴを発見した工場の守衛にスティーヴをかばおうとして撃ち殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=VnspekQcJUM

ジュディ・ネルソン

ネルソン博士の妻。3回目の妊娠中。現在14週目。過去2回の妊娠に関してはいずれも流産している。ネルソン博士から前日クッキーを買うように言われていたが買い忘れていた。ネルソン博士経由でペリー将軍が自宅へ夕食を食べに来た際に、極秘事項であるスティーヴの情報を知っているという事がペリー将軍に判明して逆ギレした挙句ネルソン博士とペリー将軍を家から追い出した。母ヘレンが死んだ報告をニール保安官より連絡を受けて夫ネルソン博士に鎮静剤を打ってもらっている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=lVaPQvEwTXM

【軍関係者】

マイケル・ペリー将軍

国防省所属。離婚歴がある。民間人であるネルソン博士と協力関係となった。ネルソン博士と一緒に病院から脱走したスティーヴを探している。ネルソン博士が姑のヘレンが死んだとの報告を受けて捜索に乗り出した際にネルソン博士の妻の護衛にあたっている。いやしい男でネルソン宅の冷蔵庫からレッグチキンとビールを勝手に拝借して喰っている。スティーヴがネルソン宅に現れ襲われて喰い殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=VnspekQcJUM

Dr.ロリング

医者。宇宙飛行より帰還したスティーヴを診ている。デブの看護師に対しスティーヴへ点滴静脈注射での血液の入れ替えを依頼している。スティーヴの存在を機密扱いにしている。原因不明でスティーヴの全身機能が停止しているためテッド・ネルソン博士へ応援依頼をしている。釣り人の死体を発見した後で、ネルソン博士とペリー将軍と合流したが、ネルソン宅で夕食は一緒に食べずに帰って行った。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=VnspekQcJUM

【その他】

 

サンドラ

川辺でカメラマンに撮影されていたモデル。モデル事務所のハリーと撮影会社の契約が違うかったのかスケベなカメラマンから着ているビスチェを脱ぐように言われ拒否している。結局無理やりカメラマンからビスチェを脱がされ両乳を出してキレている。カメラマンにキレたときに釣り人の死体の手が自身の足に触れ、死体本体を発見する事となった。警察に保護されたがショック状態となっている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=lVaPQvEwTXM

ニール・ブレイク保安官

サンドラにより釣り人の死体が発見され呼び出された保安官。独身。サンドラをパトカーに保護し、訪れたネルソン博士らに協力している。ネルソン博士へ事件の事で何か知らないかと聞いたが明確な返事は返されなかった。その後、ヘレンらの死体を発見してネルソン博士へ報告している。最終、ネルソン博士と合流し、スティーヴを工場に追い詰めたが、スティーヴに投げ飛ばされ電線に感電し焼死してしまう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=lVaPQvEwTXM

キャロル

B級ホラーをよく見ている少女。男友達のガキ共がタバコを吸っているのを目撃している。自身もタバコを吸うもムセた。かくれんぼをしに川辺へ向かった所、全身が溶けたスティーブを発見している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=lVaPQvEwTXM

ハロルド

ヘレンの友人。ヘレンが途中で花かクッキーの土産を持参しようと提案したが、花は葬式感が出てしまうし、妊娠中にクッキーは妊婦の体に悪いと話している。自分の事をジジイと自覚してない。レモンの木までヘレンと一緒に向かったが、番犬に吠えられ怖くなり車に戻ったが後部座席に潜んでいたスティーヴに喰い殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=lVaPQvEwTXM

ヘレン

ジュディの母。娘ジュディと夕食を一緒に食べるため、友人のハロルドと車で遅れながらも娘ジュディの家へ向かっていた。道中レモンの木からレモンを盗んで娘への土産にしようと乞食提案をした。レモンの木までハロルドと一緒に向かったが、番犬に吠えられ怖くなり車に戻ったが後部座席に潜んでいたスティーヴに喰い殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=lVaPQvEwTXM

【ウィンターズ夫婦】

外出から帰宅した夫婦。玄関のドアノブに溶けたスティーヴの粘液が付着していてるのを発見している。夫のマットが先に家に入って状況を見る事になった。

 

ネル・ウィンターズ

マットの妻。モラハラ夫にウンザリしている。夫のヒゲを変だと思っている。戸締りをし忘れた夫から自身のせいにされそうになり直前の夫の行動を指摘した。自宅に先に様子を見に入った夫マットが戻って来ないため続いて入るが、溶けたスティーヴを発見しパニックとなり警察に連絡している。窓からスティーヴに襲われ出刃包丁で左腕を切り落している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=lVaPQvEwTXM

マット・ウィンターズ

妻ネルと外出より自宅に戻ってきたが玄関のドアが開いており、当初妻の施錠忘れを疑ったが、直前で自身の行動を指摘され自宅内を先に見に入っている。映画のタイム覧を外出直前に見に自宅へ戻っており施錠忘れの可能性が高いとされている。自宅内に侵入したスティーヴにより殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=lVaPQvEwTXM

 

 

 

 

つーか、放射線がバチバチに出てるなら防護服くらい着ろよw




豆知識
宇宙船

スコーピオン5という名前である。スティーヴ含め3人の宇宙飛行士が搭乗し土星へ向かっていた。作品終盤ではスコーピオン7という宇宙船が開発され土星へ再び向かっている。

※スティーヴ以外の宇宙飛行士はM・マクマナス、M・ウェルズの2名である。

IMU

IMUとは慣性計測装置のことです。

 

詳しくは>>

 

宇宙飛行士の死体

土星から帰還したが死んだ宇宙飛行士は検査で被爆していることが判明している。後に粒子検出器(ガイガーカウンター)を持ち歩きネルソン博士はスティーヴを探す事となった。

ネルソンの車

TOYOTA車。ナンバーは”769RLN”。

 





 

 

 

イノセント・ブラッド

イノセント・ブラッド

 

作品紹介
イノセント・ブラッド
  • 1992年アメリカ映画
  • 監督:ジョン・ランディス
  • 製作:リー・リッチ、レスリー・ベルツバーグ
  • 製作総指揮:ジョナサン・シャインバーグ
  • 出演:アンヌ・パリロー、アンソニー・ラパーリア、ロバート・ロッジア、ドン・リックルズ、デヴィッド・プローヴァル、チャズ・パルミンテリ、キム・コーツ、トニー・リップ、アンジェラ・バセット、ルイス・ガスマン、レオ・バーメスター、トニー・シリコ、マーシャル・ベル、フランク・オズ、トム・サヴィーニ、サム・ライミ、リアネ・クイグリー、ダリオ・アルジェント

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

悪党だけを狙って血を吸っていた女吸血鬼のマリー。むやみに吸血鬼の数を増やさないために吸血した人間は殺害していたが、マフィアのドンであるサル・マルチェリの血を吸った際、彼がニンニクを好んでいたため、致命傷を負わせられず、彼の護衛に追われる羽目になってしまう。 マリーはマフィアに潜入していた刑事ジョーと出会い、共にマルチェリを始末することになった。だが、二人が警察病院に到着したとき、マルチェリは吸血鬼になってしまっていた。

登場人物
マリー

ヤリマン吸血鬼。悪い男ばかりを狙って血を吸っている。ジョーがタイプである。マフィアであるマルチェリー一家のトニーを最初に殺し、次にドンのサルを殺そうとしたが、途中銃で腹を撃たれたためか殺し損ねてサルを吸血鬼にしてしまった。ジョーと協力してサルらを殺し回るハメとなった。最終、日光を浴びて死のうとしたが、ジョーにより止められホテルへ一緒に泊まって結ばれている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-_wKY-2pP2c

【警察関係者】

ジョー・ジャネーロ

潜入捜査官。離婚している。当初サルの部下に扮してサルのマフィアに3年潜入している。潜入中のマフィアでの役割は盗品の横流しが専門であり、サルがギリーを殺した時のやり取りでムシャクシャしていたのか外で盗聴しながら張り込んでいた警察の車の窓ガラスを破壊している。潜入捜査をしているもののトニーに何度も助けられているためか警察の職でありながら彼の事を慕っている。その帰りにマリーと外で出会っている。マリーによりトニーが殺されたためシンクレアより身の危険が心配され潜入捜査官の任務を外されてしまう。事件を追っている内にサルがマリーに襲われ吸血鬼となってしまい、マリーと一緒に吸血鬼になったサルを殺すため追いかけることとなった。セックスをする時に女に手錠をかける変態警官でもある。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-_wKY-2pP2c

スティーヴ・モラレス

当初、トニーの遺体発見現場に居合わせている。サルが隠れ家で手下によって殺されたとホテルで匿っていたジョーに報告している。サルの死体が警察病院より逃げ出したと通報を受けシェーディーサイドに居合わせてマリーに取り調べをしている。マニーの搬送時にも居合わせている。”メロディラウンジ”というストリップバーへサルを追ってデイヴと一緒に乗り込むもサルらに捕まり拘束されていた。ジョーらが駆け付け助けられた後に警察本部へ事情を連絡している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=wbpoXStCtFY

デイヴ・フリントン

当初、トニーの遺体発見現場に居合わせている。ジョーと仲が良いのか彼と一緒にクリストファー・リー出演の”ドラキュラ”の映画を一緒にホテルで匿っている最中に観ていた。サルの死体が警察病院より逃げ出したと通報を受けシェーディーサイドに居合わせてマリーに取り調べをしている。マニーの搬送時にも居合わせている。”メロディラウンジ”というストリップバーへサルを追ってスティーヴと一緒に乗り込んだが彼らの返り討ちに合い吸血鬼化してしまう。最終、吸血鬼になった状態でジョーに発見され頭部を撃たれ死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=_FLp-UB3_U0

【マフィア】

マルチェリー一家。サル率いる頭の弱い連中。マフィア同士で抗争中である。尚、抗争先のマフィアはガンビーノー一家である。

 

サル・マルチェリー

イタリアマフィア。短気な殺人狂。自称”暗黒街の帝王サル”。序盤でギリーを牡蠣小屋の地下へ呼び出し韓国製トースターでボコボコにした上で射殺している。その後、レニーと話しているマリーを自宅へ連れ帰り一発ヤろうとするが血を吸われ吸血鬼となってしまう。吸血鬼化した後は仲間の血を吸い次々に吸血鬼のマフィアを増やしていった。最後はジョーにより車から漏れたガソリンめがけて火の付いたジッポを投げ込まれ車ごと爆発し、全身が焼けただれながらもジョーらに駆け寄っていたがジョーにより頭部を撃たれ灰となった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-_wKY-2pP2c

トニー

サルの部下。サルの右腕で教育係兼兄貴分。面倒見が良くジョーが潜入捜査官と気付かず彼を子分として色々と教育していた。シナトラの曲が好きである。マフィア同士の戦争中であるため子分のジョーの事を気遣い銃を渡している。一旦ギリーの一件が終り解散した後に車を発進しようとした際にマリーを轢き殺しかけ口論している。そのままマリーを車に乗せ街を見渡せる公園へ連れて行くが血を吸われ殺されている。尚、”ヘイ”と呼ばれるのが嫌いである。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-_wKY-2pP2c

マニー・バーグマン

サルの元部下で現状解雇されている顧問弁護士。ジョー潜入の新聞記事を見て苛立っているサルに対して”マフィア対策法”で逮捕され財産没収されるため財産名義を変更するようにと助言している。吸血鬼になったサルを自宅で匿っていたが、彼に血を吸われ自身も吸血鬼となり病院へ搬送されたが、看護師がカーテンを開けて室内に入った日光で体が崩れ落ちて死んでいる。作中ではジョーを殺そうとしたサルの後頭部をスコップで殴りつけている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=wbpoXStCtFY

レニー

見張り役兼運転手。外でマリーに道を迷っていると声をかけられイチャついていた。サルがマリーに殺されたのを発見している。サルの遺体を見に来たジョーに掴みかかったため殴られている。ジャッコと一緒にマニーの家へ来たジョーを手錠で取り押さえている。港でジョーを処刑しようとした所にマリーが車で現れ怯んだ際にジョーにより右足を撃たれ負傷している。サルの事を肉屋で「ボケてきた」と言ったため、彼にキレられながら噛みつかれ吸血鬼化している。終盤で仲間のレイを吸血鬼化させている。追って来たマリーによりストリップバーの屋上で頭を撃たれ銃殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=WpTpkrDbPvk

レイ

よくガムを噛んでいる。牡蠣小屋と肉屋に同席している。サルとレニーにより吸血鬼にされている。”メロディラウンジ”というストリップバーへジョーが乗り込んできたため上に乗りかかったが銃で頭を撃ち抜かれ死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=wbpoXStCtFY

フランク

序盤でサルにより始末されたギリーの遺体を処理している。牡蠣小屋と肉屋に同席している。サルとレニーにより吸血鬼にされている。追って来たマリーによりストリップバーの屋上で頭を撃たれ銃殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=p8Q_fbxN1T0

ジャッコ

サルの指示によりマスコミのカメラマンを追い払っている。レニーと一緒にマニーの家へ来たジョーを手錠で取り押さえている。港でジョーを処刑しようとした所にマリーが車で現れ轢き飛ばされた後に首の骨を折られ絶命している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=af2nkKsFIq0

トミー

サルに呼ばれストリップバーに訪れたが吸血鬼にされてしまった。隙を付いてマリーを本棚に投げ飛ばしている。その後、マリーに投げ飛ばされた後、すぐに首の骨を折られて死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=4YBNKISp87I&t=96s

ヴィーニー

サルに呼ばれ、トミーと一緒にストリップバーへ訪れたが吸血鬼にされてる。スティーヴを助けに来たジョーより木製バットで後頭部と顔面を殴られ歯をへし折られている。最後はマリーにより首の骨を折られ絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=wbpoXStCtFY

【その他】

ギリー

当初サルらマフィアにより牡蠣小屋へ呼ばれたが遅れて来ている。牡蠣小屋の地下へ連れて行かれサルにより尋問の末射殺されている。元々落ち目のマフィアであるレグートを裏切ってサルのいるマルチェリー一家に仲間入りしているが、裏でこそこそレグートと韓国製トースターをトラックごと乗っ取り売りさばいており自身らの稼ぎにしていたのがバレている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=p8Q_fbxN1T0

シンクレア

くちうるさい弁護士。トニーの遺体発見現場に現れジョーが死の危険にさらされる可能性が高いため彼を潜入捜査より外れるよう説得している。マニーの搬送現場に居合わせて彼にサルを訴えるか聞いている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=4YBNKISp87I

マーシュ

”アモーレモーテル”の従業員。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=4YBNKISp87I

 

この作品ですが”ローマミートカンパニー”のブッチャー役でサム・ライミや医療補助員でダリオ・アルジェントが出演してたりちょっと豪華ですね。






豆知識
歯型の処理

マリーが吸血行為をした際に証拠を残さないために歯型の所(喉元)にショットガンを撃ち込んで隠滅している。マリーのルールその2である。

 

【ヴァンパイアの特徴】

  • 血を吸われると同族になる
  • 首の骨を折ると死ぬ
  • 頭部を破壊すると死ぬ
  • 瞳の色が色々と変わる
  • 日光を浴びると崩れ去る
  • ニンニクが苦手
  • 飛行能力がある
  • 怪力
  • 興奮すると声が変わる
  • 5感が研ぎ澄まされる

 

トースター

韓国製品。現在巷では韓国製の電化製品がウケている。なぜかというと韓国人らは先端技術をすぐ盗むからと説明されている。

マリーのルール

ルールその1:”ごちそう”と遊ぶべからず。

ルールその2:”ごちそうを始末すべし”

マリーが生きていくためのマイルールである。

セイント・ルークス

マリーが服を調達した店である。

レミー・マルタン

ブランデーの事である。

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

【フランク・シナトラ】

作中でトニーの車内で流された曲は”That Old Black Magic”である。

 

サルの自宅で流されていた曲は”I’ve Got You Under My Skin”である。

 

 






サイレントヒル リベレーション

サイレントヒル リベレーション

 

サイレントヒルの続編です。

 



作品紹介
サイレントヒル リベレーション
  • 2012年フランス・アメリカ・カナダの合作映画
  • 監督:マイケル・J・バセット
  • 製作:サミュエル・ハディダ、ローラン・ハディダ、ドン・カーモディ
  • 製作指揮:ヴィクター・ハディダ
  • 出演:アデレイド・クレメンス、キット・ハリントン、ショーン・ビーン、キャリー=アン・モス、マルコム・マクダウェル、マーティン・ドノヴァン、ラダ・ミッチェル、デボラ・カーラ・アンガー、エリン・ピット、ジェファーソン・ブラウン、ミルトン・バーンズ、ヘザー・マークス、ロベルト・カンパネラ、ピーター・アウターブリッジ

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

18歳の誕生日を迎える少女ヘザーは『サイレントヒル』と言う街の悪夢に悩まされながら、父親ハリーと共に各地を転々とし逃げるような生活を続けてきた。 新しい学校への初登校の日、ヘザーは探偵を名乗る男ダグラスから「教団に居場所を教えてしまった。逃げろ。」と警告を受ける。直後にダグラスは殺され、ハリーも「サイレントヒルに来い」との血文字を残し行方不明となる。 ヘザーはハリーを助ける為、同じく転校生の少年ヴィンセントと共に呪われた街サイレントヒルへ向かうのだった。

登場人物
ヘザー・メイソン(シャロン・ダ・シルヴァ)

本作の主人公。近いうちに18歳になる高校生。前作に登場したシャロンと同一人物であるが、幼い頃の記憶が欠如しており、教団と警察に追われるハリーと共に各地を転々とする逃亡生活を過ごしている。そのためか養父ハリー以外に対しては無愛想であり、転校先の高校では「誰とも友達になる気は無い」と宣言した。一方でハリーを非常に慕っている。転校してきた初日に父が教団「ヴァルティエル派」に拉致されてしまい、彼を救うべく同じく転校生のヴィンセントと共にサイレントヒルを訪れる。自分の分身と言えるダークアレッサを自らに還元させ、善悪両方の心を持つ完全な人間となり、アレッサの守護者であるクリーチャー「レッドピラミッド」がクローディアを倒したことで教団との因縁に決着がついた。その後、妻を探す決意をしたハリーと別れ、ヴィンセントと共にトラヴィスをヒッチハイクし、サイレントヒルを去った。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=LslXgqyjRoY

ヴィンセント・クーパー

ヘザーと同日に転校してきた少年。同じ転校生という理由でヘザーと関わりを持とうとし、彼女の依頼でサイレントヒルまで同行する。その正体は教団の指導者、クローディアの息子。アレッサの分身にして悪魔の化身であるヘザーを連れ戻すという任務を与えられていた為、ヘザーを騙してサイレントヒルへ向かわせるよう仕組んでいた。しかし、ヘザーと関わるうちに、彼女が悪魔などでは無いと確信し、教団を裏切ってでも護ろうと決意する。モーテルでミショナリーに襲われた結果、教団に捕らえられ、更正の為、ダークナースによるロボトミー手術をされそうになるが、ヘザーに救出される。その後、ブレスレンの集団に追い詰められた際はヘザーにキスをした直後、自ら囮となってブレスレン達を引き付けた。結局、再び捕まるが、レッドピラミッドがクローディアを倒したため最後まで生き延びる。原作ゲーム『サイレントヒル3』でも同名のキャラクターが登場しているが、見た目以外本作とは年齢も立場もかなり異にしており、ゲームとは違った形で重要なポジションを占めている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Zw8_w4JiIdA

ハリー・メイソン(クリストファー・ダ・シルヴァ)

ヘザーの養父。前作に登場したクリストファーと同一人物であり、行方不明になった妻、ローズとの約束で教団”ヴァルティエル派”からヘザーを護ろうとする。教団の刺客に追われている上、ポートランドで強盗に扮した刺客を殺害した為に殺人事件の容疑者となっており、偽名を使って逃亡生活を送っている。ヘザーの転校初日に教団に誘拐され、ヘザーを誘き寄せる餌として利用される。前作でブラームスの資料館から盗んだ資料をヘザーの為に保管しており、それが今回の事件でヘザーを助けることになる。最後はクローディアが死に、教団が壊滅したため最後まで生き延びるが、ローズを探すためサイレントヒルに残ることを決意し、ヘザーと別れる。因みに、原作『サイレントヒル3』では、ハリーは教団に暗殺されてしまう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=9b4iOhWswYM

クローディア・ウルフ

銀髪のロングヘアーの女性で、カルト教団”ヴァルティエル派”の司祭。前作に登場したクリスタベラの妹であり、ヴィンセントの実母でもある。怪人ミショナリーの正体であり、教団信者らにもその事を隠していたが、「メタトロンの印章」の力でその正体が露になり、怪物へと変貌したその姿を見た信者達に逃げられてしまう。変貌した直後にヘザーを殺害しようとするが、ヘザーを助けに来たレッドピラミッドに倒された。因みに、彼女が従える”ヴァルティエル派”は、前作に登場したクリスタベラ率いる教団とは別物であり、目的も正反対である。ゲーム『サイレントヒル3』ではかつてはアレッサを姉のように慕っていた幼馴染の女性でギレスピー母子とは血縁関係はない。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=5srdWPL15n4

レナード・ウルフ
クローディアの父親で元ヴァルティエル派の指導者。更正のための手術によるものか後頭部と額の右側に大きな傷跡があり、クローディアによって現在は病院に監禁されている。病院に辿り着いたヘザーに幾つかの情報を与えるが、自らの身体にメタトロンの印章を埋め込んだ影響で彼の本性が形となった怪物へと変貌した。ヘザーを連れ去ろうとするが、身体からメタトロンの印章を抜き取られて自壊した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=5srdWPL15n4

ダグラス・カートランド

私立探偵。教団の依頼でヘザーを捜査していた。教団の正体と真意を悟り、ヘザーに情報を与えようとするもミショナリーに殺害される。ゲーム『サイレントヒル3』では全編に渡って活躍する重要なキャラクターだったが、本作では序盤で退場してしまう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=4cWbsrOA3A4

ローズ・ダ・シルヴァ

前作の主人公であり、ヘザーの養母でハリーの妻。前作のラストで、アレッサと協力してクリスタベラ率いる教団を壊滅させたが、異界に取り残されてしまった。本作では異界に取り残された後、レナード(後にクローディア)率いるヴァルティエル派の信者が生き残っている事を知り、彼らからメタトロンの封印の半分を奪い取り、シャロンを現実世界のクリストファーに託したものの、自らは異界に残ったとされる。序盤の回想シーンにのみ登場し、彼女の現況が語られる事はなかった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=bC0ZhhjT7zQ

ダリア・ギレスピー

アレッサの母親でクリスタベラとクローディアの妹。サイレントヒルから出ることは出来ないが、教団の信者からは疎まれ、裏世界の怪物からはアレッサの母親である為に襲われる事も無い、孤独な女性。サイレントヒルでヘザーが最初に出会った人物で、アレッサの生い立ちをヘザーに語った。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=9b4iOhWswYM

アレッサ・ギレスピー

サイレントヒルが異世界に取り込まれた原因となった女性。かつては普通の少女であったが、父無し子という理由だけで魔女の烙印を押され、クリスタベラ率いる教団が救済と称して火炙りにしたため、その憎悪から悪魔と契約し、サイレントヒルを悪夢の世界に変えた。自分の善なる部分をシャロンとして分離させ、現実世界に隠した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=sx_ed04_yWc

ケイブル刑事&サンティーニ刑事

二人組の刑事。ダグラスを殺害した容疑者としてヘザーを疑い、ヘザーの家を訪れるが僅差で逃げられた。その際、教団が残したメッセージと教団のシンボルマークを目撃する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=bC0ZhhjT7zQ

スキ

霧のせいで迷い、サイレントヒルの異世界に取り込まれた女性。マネキンモンスターに捕らわれ、ビニールに包まれていた。ヘザーに救われるが、ダクトの近くでマネキンモンスターに襲われ行方不明となった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=hjPtaozIb9g

トラヴィス・グレイディ

トラックドライバー。ヘザーとヴィンセントのヒッチハイクに応じ、サイレントヒルを去った。原作ゲームシリーズの『サイレントヒル ゼロ』の主人公。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PW1TskUt448&t=41s

【クリーチャー】

アームレスマン

両腕がなく、全身をゴムに包まれ身体をくねらせて移動する人型の怪物。前作にも登場した。ヘザーの転校先の高校に一瞬現れた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=GhQ8XwpjThw

ロビー

レイクサイド遊園地のウサギのマスコットキャラクター。着ぐるみが横たわっているだけだが、口元が血まみれになっている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=5srdWPL15n4

マネキンモンスター

バラバラとなったマネキンの肢体部分が奇妙に組み合わさった蜘蛛のような形状で、複数の頭部がついている。その内の一つは顔が縦に開くようになっており、開かれた顔の内部には人間の様な口があり、更にその口から舌の先端が口になったような器官をとびださせる。人間を捕らえてビニールに包み、人間をマネキン化させた後、自らの体の一部とする習性をもつ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=9b4iOhWswYM

ロボトミーモンスター

ダークナースによるロボトミー手術の結果、脳が剥き出しになり、顔に裂け目の様な口がある痩せ細った人型クリーチャーへと変貌してしまった犠牲者。鋭い爪をもつ。『HC』に登場するラーカーに似ているが、モデルとなったのは『3』に登場したスクレイパーである。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=5srdWPL15n4

レナード

メタトロンの封印を自らの身体に埋め込んだ結果、彼の邪悪な本性が投影された怪物へと変貌したレナード。筋肉が隆起した巨体で、顔も身体も溶けかかった皮膚で覆われ、丸太のような腕を持つ。多少の銃撃には怯まないタフネスさと、鎖を引きちぎる怪力を併せ持つが、体内の紋章を抜き取られると消滅する弱点がある。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=bC0ZhhjT7zQ

狂人

レナードと同じく病院の地下に監禁された人々。ダークナースによるロボトミー手術を受けており、頭部に手術痕がある。檻からヘザーに腕を伸ばしたが、レッドピラミッドによって次々に腕を斬り落とされていった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=bC0ZhhjT7zQ

ブレスレン

「ヴァルティエル派」の狂信者たち。前作の教団兵と同様に、全身を防護服やガスマスクに身を包み、鉄パイプやスタンロッドで武装する。ヘザーがレナードを倒した後、二人が登場しヴィンセントを矯正するため、ダークナースに手術させようとするが、逆にダークナースに惨殺されてしまった。ヘザーを追って遊園地にも大勢で現れ、ヘザーとヴィンセントを包囲するが、一人はヘザーにマスクをはずされて死亡し、残りはダークアレッサに焼殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=bC0ZhhjT7zQ

ダークナース

メスや注射器、肉切り包丁等で武装した看護婦の制服を着た雌の人型クリーチャー。前作に登場したものと性質が違い、光ではなく音に反応して獲物を襲う。病院の手術部屋で無数に待機しており、教団への反逆者をロボトミー手術で矯正させる役割をもつが、制御は難しく、ブレスレン二人を殺害してしまった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ZN2ClchFG1Q

ダークアレッサ

全身を焼かれ、苦しみが憎しみに変わったアレッサから生まれた悪魔。少女時代のアレッサの姿だが肌は真っ白で生気がない。アレッサの憎しみの象徴であり、前作でクリスタベラ率いる教団を壊滅させた。愛情を受けて育ったヘザーに嫉妬しており、現在のヘザーと酷似した姿に変貌し、一つの存在になろうとする。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=9b4iOhWswYM

レッドピラミッド

前作にも登場した、多角錐の兜を被った雄の人型クリーチャー。3メートル程の巨体をもち、怪力と不死身の肉体を併せ持つ。今作ではアレッサを苦しめた教団信者を処刑する死刑執行人でありアレッサの守護騎士である事が判明する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=5srdWPL15n4

ミショナリー

女性型の人型クリーチャー。目玉がなく、頭から額にかけ鋭利な円盤形の刃が刺さり、両腕がP字型の剣という姿をしている。メタトロンの印章の力によってクローディアが変貌した怪物である事が判明し、レッドピラミッドと壮絶な死闘を繰り広げた末、首を両断され死亡する。しかし、エンディングにて再登場するため、復活した可能性もある。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=5srdWPL15n4







 

ニッキューナナ

ニッキューナナ

 

お前らニッキューナナって言うお笑いコンビ知ってるか?

今回はTIKTOKで有名らいしいな。。。

だいたい下ネタです。




人物紹介
ニッキューナナ
  • 所属:マセキ芸能社
  • 内容:峯シンジ(男)&こっちゃん選手(女)が結成したお笑いコンビである
  • 結成の経緯:創価大学落語研究会にて結成しており、2017年4月にマセキ芸能社所属となった
  • お笑いの種類:セクハラ系
  • コンビ名の由来:パズドラ専門用語「+297」からが由来

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=aQafRzXRt3w

【動画紹介】

コント

企画


人物紹介

【峯 シンジ】

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=tcMy4Hi_69k&t=378s

ボケ担当。サッカー選手である香川真司さんの名前からシンジという名を付けたと知られています。

<プロフィール>

  • 本名:峯将人(みね まさと)
  • 生年月日:1993年11月21日
  • 年齢:27歳(2021年11月14日現在)
  • 血液型:A型
  • 出身地:広島県広島市
  • 身長/体重:175㎝/63㎏
  • 学歴:創価大学工学部情報システム工学科卒業
  • 趣味:将棋、ゴルフ、小説を読む、パズル&ドラゴンズ、ワイン
  • 特技:空手、サッカー、卓球、交通誘導、電話にすぐ出る

オカルトマニアでもある。個人Youtubeチャンネル”シンジファイル”も開設している。

【こっちゃん選手】

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=aQafRzXRt3w&t=12s

ツッコミ担当。女なのでツッコマれるのが好きそう。

<プロフィール>

  • 本名:齋藤琴音(さいとう ことね)
  • 生年月日:1994年1月13日
  • 年齢:28歳(2021年11月14日現在)
  • 血液型:B型
  • 出身地:宮城県多賀城市
  • 身長/体重:163㎝/54kg
  • 学歴:創価大学工学部情報システム工学科卒業
  • 趣味:パズル&ドラゴンズ、絵を描くこと、アイドルマスターのライブ鑑賞、アニメを見ること、将棋、乙女ゲーム、APEX
  • 特技:ソフトボール、そろばん、マンガを描くこと

中高の数学教員免許を持っているみたいですね。

 







 

 

 

 

壁の中に誰かがいる

壁の中に誰かがいる

 

ウェス・クレイヴン監督作品。

作品紹介
壁の中に誰かがいる
  • 1991年アメリカ映画
  • 監督:ウェス・クレイヴン
  • 製作:マリアンヌ・マッダレーナ、スチュアート・M・ベッサー
  • 製作総指揮:ウェス・クレイヴン、シェップ・ゴードン
  • 出演:ブランドン・アダムス、エヴェレット・マッギル、ウェンディ・ロビー、A・J・ランガー、ヴィング・レイムス、ショーン・ウェーレン、ビル・コッブス、ケリー・ジョー・ミンター、ジェレミー・ロバーツ、コニー・マリー・ブランツェルトン

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

スラム街育ちの少年フールは母と姉の入院費を稼ごうと必死になっていた矢先、アパートの家主から3倍の家賃を請求されて追い出された。 そこでフールは、姉の友人のリロイとスペンサーとともに家主の家から金貨を盗む計画を企て、スペンサーが下見に出かける。だが、スペンサーはいつまでたっても戻ってこず、フールたちが家主の家へ忍び込むと彼はすでに死体となっていた。 さらに家主の家に探りを入れたフールたちは、1人の少女が家主夫妻によって部屋に監禁されている事を知る。

登場人物

【ウィリアムズ一家】

スラム街のアパートで生活している。金がない。アパートの家賃が払えないためリロイの強盗計画にフールは荷担することになる。癌で病弱の母からはフールは父親替わりであると話されている。

 

ポインデクスター・“フール”・ウィリアムズ

13歳。金のためとはいえ誕生日に強盗に押し入るイカれたガキ。医者になろうと思っている。家族想いでいつかは金持ちになってキャデラックを購入し乗り回したいと思っている。リロイの提案もあり、家主の家へボーイスカウトに変装して入ろうとしたが失敗している。その後、ロビンソン宅へ侵入し金貨を盗み帰るもアリス救出のために再びロビンソン宅へ侵入し家主らを撃退した後にアリスや地下に閉じ込められていた男の子達を解放した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=MQ2PrvpAT-k

ルビー・ウィリアムズ

フールの姉。タロットカードに詳しい。リロイが友人である。終盤でロビンソン宅へスラムのアパートに住む住民団体代表として訪れ不当な家賃請求と子どもをさらったとして抗議した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=unkR5E_rOzQ

メアリー・ウィリアムズ

フールの母。病気(癌)であるが金がないため医者に診てもらえていないでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=HNm0hw-7WUw&t=95s

【ロビンソン一家】

表向きは”ロビンソン葬儀社”を自宅で行っている。自分たちの所有している現アパートの入居者を早く立ち退かせて清潔な分譲マンションに建て替え、清潔な入居者に入れ替えようと考えている。現アパートとスラム街の半分の土地を持っているとされている。金貨のコレクションを保管しているとされている。家の裏側の窓は金網と外付け南京錠で固定している。玄関のドアノブには電流が流れる使用にしている。家の表側の窓は防弾ガラスである。屋内にプリンスという番犬を飼っている。完璧な男の子を探していた。候補の男の子を拉致して気に入らないと体の一部を切り取っては地下室に何人も閉じ込めている。夫婦を装っているが兄妹である。逃げ帰ったフールにより児童虐待で通報され対応している。

 

家主(兄)/エルドン・ロビンソン

イラつくと頭痛が起きる。人肉を喰う異常者。家に侵入したスペンサーを殺している。自宅内で赤外線レーザー付きの銃で何度も発砲するイカレ男。娘のアリスをベルトで叩きまくっている。革製の特製スーツを着て自宅内を発砲しながらウロついている変態。フールを殺そうとして犬のプリンスを銃剣で刺し殺している。フールにより顔面に洗面台の陶器と煙突上からレンガを落とされている。地下室にあったダイナマイトをフールに使用され吹っ飛んで死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=KnXZP5yMlgw

家主の妻(妹)

娘のアリスを監禁して虐待している。リロイの銃殺で汚れた床の血をアリスに拭かせている。フールが自宅に帰り再び戻ってきた際に火かき棒で左足を殴りつけられている。アリスに腹を包丁で刺され壁の中の人間らに地下室へと続く階段へ投げ落とされ、転げ落ちて死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=KnXZP5yMlgw

アリス

当初、家主らの娘という設定。実際はよそから連れて来られている。母親から執拗に虐待を受けている。変な人形を自分で作って持っている。母親に熱湯風呂に浸けられている。最終、包丁で母親を刺している。終盤にフールがダイナマイトでロビンソン宅を爆破して解放されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=MQ2PrvpAT-k

【コソ泥】

強盗の常習者。家主の家への侵入する前に酒屋で泥棒をしている。薬中のウィリーや警察に捕まったワシントンという仲間がいた。

リロイ

ルビーの友人。家賃の払いが3日遅れたため3倍の額の請求が払えず立ち退きとなった。スペンサーと酒屋に入って金を盗んでいたところ家主の住所と金貨の情報を手に入れる。スペンサーと家主の家に侵入して盗もうと企てている。フールと家主の家に戻らないスペンサーを怪しんで入るが家主に見つかり銃で撃ち殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=HNm0hw-7WUw&t=95s

スペンサー

リロイの悪友で泥棒仲間。家主の家にメトロガスの社員のフリをしてメーター確認をしようと侵入に成功したが、地下室でフールにより白髪の死体として発見されている。死体の手には金貨が握られていた。死体の手は犬のプリンスの餌となっている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=waNFoVmg6XY&t=53s

ローチ

家主らが男の子を教育しようと連れて来たが失敗した成れの果て。余計な発言をしたのか家主に舌を切られてしゃべれない。フールが家主により地下室に閉じ込められたが助けている。家主宅を熟知しており、アリスと仲が良い。家主により銃で撃たれ死んでいる。パチンコ玉を武器として使用している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=MQ2PrvpAT-k

【その他】

ブッカー

目利きの鑑定士。フールが家主宅から持って帰った金貨の価値を説明している。終盤でルビーと一緒にロビンソン宅へ抗議に参加している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=HNm0hw-7WUw&t=95s

 

 







豆知識
フールの意味

愚か者。作中では”バカ”という意味もあるが経験がないから何も知らないだけとタロットカードで説明されている。

ロビンソン葬儀社

1896年より開業している。家には裏窓には外側から南京錠が金網に張ってある。代々異常な家系となっていっているとブッカーが語っている。

悪の定義

悪はみざる、聞かざる、言わざると看板が家主の家に置かれている。ロビンソン一家の求める子どもの事を指している。

壁の中の人間達

過去にスラム街から連れて来られた男の子たち。ロビンソン兄妹が”完璧な男の子”を育てようとしたが、失敗し舌や体の一部を切り取って地下に閉じ込められている。見た目はゾンビの様である。

 

ロビンソン一家の金のありか

地下にある死体処理室に金をため込んでいる。