シャイニング 1997年TVドラマ版

シャイニング 1997年TVドラマ版

 

原作者のスティーヴン・キングがスタンリー・キューブリック監督が製作した『シャイニング』を気に入らなかったため自身の脚本でTVドラマで再映像化した作品である。ただし、スタンリー・キューブリック監督が映像化の権利を持っていたため、スティーヴン・キングへ映画化したシャイニングを非難を辞めるのを条件に許可を出しているとされる。

作品自体高い評価を受けてプライムタイム・エミー賞 作品賞 (ミニシリーズ部門)にノミネートされている。

かなりの長編作品である。

作品紹介
シャイニング 1997年TVドラマ版
  • 1997年アメリカのTVドラマ
  • 監督:ミック・ギャリス
  • 原作:スティーヴン・キング
  • 製作総指揮:スティーヴン・キング
  • 製作:マーク・カーライナー
  • 出演:スティーヴン・ウェバー、レベッカ・デモーネイ、コートランド・ミード、メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ、ウィル・ホーネフ、パット・ヒングル、エリオット・グールド、ジョン・ダービン、スタンリー・アンダーソン、ショウニー・スミス、サム・ライミ、スティーヴン・キング、マイケル・オニール、ミゲル・フェラー

<ストーリー>

作家希望でアル中の父ジャックは家族でオーバールック・ホテルに冬の間管理する仕事を請け負うが、ホテル内で巻き起こる悪霊たちとの騒動。(映画版の進行内容とほぼ一緒であるがダニーの成長過程やスティーヴン・キングの見せたかった”シャイニング”の表現が今作でなされている。)

登場人物

【トランス家】

ヴァーモントの東部に住んでいたが、ジャックが問題を起こしたためボールダーへ引っ越している。10月8日からオーバールック・ホテルの職員宿舎に泊って10月末から4月末まで積雪で道路閉鎖期間中のホテルの管理業務を請け負っている。途中、217号室にダニーが侵入した事について、ジャックとウェンディがダニーの目の前で怒鳴り合っている。終盤になると当初亡霊の見えていなかったウェンディも怪現象を目にしている。

ジャック・トランス

トランス家の父。アルコール依存症で禁酒をしてまだ1年経っていない。すぐ癇癪を起す。6年前に実の父を亡くしている。戯曲を書くため冬の期間をオーバールック・ホテルの管理を引き受ける事になる。5か月前にヴァーモントの私立高校の教員として働いていたが成績の悪い学生ジョージから逆恨みされて自家用車をキズつけられたため暴行を加え退職している。また、酔った勢いでダニーの腕を骨折させてしまって罪悪感を持っている。今作中では”ケンタッキー・ウィスキー”や”ジャック・ダニエル”を愛飲している。スチュアートからホテルの屋根に穴が開いているため修理を依頼されており対応しているが、その際にスズメバチの巣を発見している。スズメバチの巣へ殺虫スプレーをかけ右手をスズメバチに刺されて腫れている。スズメバチを殺したかに思っていたが、実際には生きており、後にダニーをスズメバチが襲っていたためハチの巣ごと捕まえて屋外へ出している。古新聞を見るようになり、戯曲を途中から批判覚悟でオーバールック・ホテルの内容に変更して書いている。ダニーのせいにして無線やスノーモービルを破壊している。デルバートに誘われ酒を飲んだ後に、ホレス主催の亡霊たちのいる舞踏会へ参加している。ウィスキーを発見し、飲酒して凶暴化しており妻ウェンディを襲った。妻ウェンディからウィスキーの酒瓶で反撃されて気絶している最中に厨房奥の食糧庫へ閉じ込められた。その後、デルバートらによって開放されており、ウェンディを木槌で襲っている。ウェンディが職員宿舎へ逃げたためドアを木槌で叩き割ったが剃刀で反撃されている。ドアを木槌で叩き割っている最中にディックが現れたため、木槌で叩きのめしている。終盤では正気を失いダニーを前に木槌で暴れ回っている。最終、ホレスとデルバートから操られていたがダニーのテレパシーで自我を取り戻し、ボイラーの除圧をせずにホテルとともに爆発に巻き込まれて死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=NQSoHP7TGVU

ウェンディ・トランス

トランス家の母。自宅で趣味の絵を描いている。昔、ミシガンに小屋を持っていたとされる。ジャックがアルコール依存で息子ダニーへ大怪我を負わせてしまった事を気にしており、ジャックに対しては次に何かあれば離婚をほのめかす話をしている。ダニーと一緒に外へ野菜を買いに行った帰りにダニーへ車のプラモデルを買ってあげている。夫婦仲と家族仲がオーバールック・ホテルに来てから悪くなったためホテルを出ようと何度も考えている。ジャックとの関係が良くなくなり、セックスを誘ったが1度断られるも何とか仲直りしているが、ダニーが217号室から出てきて口紅だらけの状況を見て夫ジャックの虐待と勘違いし、再び喧嘩をしていた。ホテルの窓ふき掃除をしている時にダニーの周りに近づいている装飾庭園(トピアリー)を目撃している。ジャックがいないためコロラド・ラウンジへ包丁を持って向かったが、ウィスキーの置かれたカウンターからジャックが襲ってきて首を絞めたため、ウィスキーの酒瓶でジャックの頭を殴り倒して気絶させた後に、彼を厨房の奥にある食糧庫へ閉じ込めている。その後、食糧庫から抜け出たジャックから木槌で襲われているが木のボールでジャックに反撃しており、彼の眉間を出血させている。ダニーからヒントをもらい、駆け付けたが負傷したディックらとホテルを逃げ出している。10年後にダニーのストヴィントン学校の卒業式に出席している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=rSMoXxIkPLU&t=2698s

ダニエル・アンソニー・トランス(ダニー)

トランス家の長男。7歳。通称:先生。何にでも好奇心旺盛で知能が高い。超能力を持っているガキ(シャイニング)。過去に父ジャックの癇癪で腕の骨を折られている。超能力についての詳細は両親に話していない。赤ん坊の頃から不思議な力を発揮しており、念力で屋内の物を動かしていたとされる。最近では父ジャックと高校のバスケの試合中に興奮してゴールフレームを念力でぶっ壊している。ホット・チョコが好き。豆が嫌い。ディックから”シャイニング”の事を聞いている。ホテルの外でディックと”シャイニング”の力を試したがベッシーのブレーキランプを破壊している。買い物帰りに父ジャックからスズメバチの巣をもらって部屋に飾っている。トイレに鍵をかけて白目を剥いて泡を吹いていた。夜中にスズメバチがハチの巣から多量に現れ襲われている。217号室の女から誘導されており、当初部屋へ向かうもトニーから阻止されている。217号室の近くの消火栓から黒い血の様な物や自分にしか見えない壁に血文字を目撃している。アホなのか父ジャックから注意されたにも関わらず再び217号室へ侵入して女の腐乱死体に襲われて首周りに口紅後をつけられている。父ジャックが飲酒し凶暴化して母ウェンディを襲ったのを目撃し、ウェンディから反撃を喰らって気絶したジャックをウェンディと一緒に厨房奥の食糧庫へ閉じ込めるのに協力している。気の狂ったジャックに追いかけられる中、終盤でトニーからボイラーの除圧をしていなためホテルを吹っ飛ばせるとヒントをもらい、ジャックへテレパシーで語りかけ正気に戻したと同時に別れを告げてホテルから逃げ出している。10年後ストヴィントンの学校を首席で卒業している。卒業式の日に父ジャックの亡霊と再会している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=NQSoHP7TGVU

トニー

ダニーの別人格。犬のぬいぐるみと同じ名前である。成長したダニーの姿で未来からダニーへ色々とアドバイスしている自分自身。宙を浮いたり、鏡の中に現れたり、これから起こるホテルの出来事を見せている。ダニーが217号室へ入ろうとした時注意をしている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=o3-z_KME8sg

【オーバールック・ホテル関係者】

コロラド州ロッキー山脈内のオーバールック・ホテルの亡霊を含む関係者たち。10月8日から5月15日までが冬期休暇期間とされ80㎝の積雪となる。ホテル内では亡霊の仕業だと思われるポルターガイスト現象が頻繁に起こっている。

ディック・ハロラン

調理長。冬の間フロリダ州マイアミで休暇を過ごしている。母の名はサラ。ダニーに一緒にフロリダでシュリンプ料理をしようと誘っていた。テレパシー能力を持っている。過去に祖母も”シャイニング”で一緒にテレパシーだけで会話したこともある。ダニーへ超能力者を”シャイニング”だと教えている。ダニーが”シャイニング”を使用するとよく鼻血を流していた。ホテル滞在中に何かあれば呼べとダニーへ話をしてフロリダ州マイアミへ向かった。マイアミのカフェでダニーに呼ばれ痙攣と鼻血を出している。デンバー行き303便をマイアミ国際空港で乗り過ごしている。日を改めて再度、積雪のデンバーへ向かった。ホテルに到着してすぐにジャックから木槌で叩きのめされて気絶している。ウェンディから介抱されホテルから一緒に逃げ出している。10年後にダニーがストヴィントン学校の卒業式に同席していた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=n1afwhXRqrY

ピート・ワトソン

冬期以外の設備管理者。関節炎を患っている。序盤でボイラー管理のし方をジャックへ教えている。過去にスチュアートに新しいボイラー設備の購入を打診したが断られている。スチュアートの事をケチ野郎だがスキャンダルを揉み消すのが上手い奴だと認めている。ダニーと会った時に自分のカウボーイハットを被せた。ディックからトランス夫婦に厨房内を案内してくれと頼まれ応じている。冬期休暇をローリンズで過ごしている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=NQSoHP7TGVU

スチュアート・アルマン

ホテルの支配人。当初、アルコール依存症のジャックに冬の間ホテル管理をさせることを嫌がっていたが理事会の決議で覆されたためジャックへ八つ当たりしており、厳しい物言いをしている。嫌な奴であるが、ホテル絡みのスキャンダルを揉み消すのが上手い。自身の顔写真に落書きされるくらい嫌われている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=nlgGk8IZAN8&t=73s

ホレス・ダーウェント

過去に潰れかけたオーバールック・ホテルを再建したヤリ手の大富豪。デンヴァー・クロッケーの発案者でもある。後にコロラドから撤退している。デルバートから支配人とされている。「仮面をとれ」と言いスノーモービルをジャックに破壊させ彼を狂わせている。狼のマスクを被ってダニーを脅かせている。ホレス自身が主催の亡霊たちの舞踏会を開いており、参加者の亡霊に狼のマスクを被せて遊んでいた。デルバートと共通の狙いは強烈な光のエネルギーを放つダニーである。ジャックを操り、気を狂わせて暴れさせていた。最終、ボイラーの爆発に巻き込まれホテルごと吹っ飛んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=OWKfoo8jhqc

デルバート・グレイディ

前管理人。酒飲み。バーテンとしてジャックの前に現れて酒を提供して舞踏会へ招待している。去年一人で働いていたが孤独に耐えられずショットガンを口に突っ込んで自殺しており、亡霊としてジャックらの前に度々現れて指示している。ホレスと共通の狙いは強烈な光のエネルギーを放つダニーである。最終、ボイラーの爆発に巻き込まれホテルごと吹っ飛んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=D0rRTXYu1jM&t=3032s

ゲージ・クリード

ホテル内に現れた亡霊の指揮者。スティーヴン・キング本人が演じている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-3J-O7qigIk

217号室の女

ダニーの頭の中に話しかけ217号室へ誘導している。バスルームの浴槽に浸かっていた女の腐乱死体。ダニーが217号室に侵入して発見している。ダニーに発見されてから浴槽から出てきており、「そっちもこっちも男の子♪」と歌いながらダニーを襲っている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=rSMoXxIkPLU&t=2503s

【その他】

ダニエル・エドワーズ医師

サイドワインダーにあるクリニックの医者。ダニーがスズメバチに刺されたため10月21日にウェンディが診てもらうため連れてきている。てんかんを否定している。ダニーの知能が高い事を説明している。ダニーの言うトニーの存在を家庭環境内のストレスではないかと推測している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=rSMoXxIkPLU&t=2698s

ジョージ・ハットフェイールド

成績が悪いストーン・フィントン高校の学生。成績が悪いため弁論チームから外されたが、ジャックを逆恨みして車のの後輪を包丁で突き刺し、パンクさせている。ジャックに現行犯としてつかまっており鼻血が出るまで殴られている。ジャックが教員を辞めるキッカケとなっている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=D0rRTXYu1jM&t=3032s

アル・ショックリー

ジャックの昔の飲み友達で金持ちの息子。オーバールックホテルの理事の1人。断酒会にも参加している。ジャックがオーバールック・ホテルの管理についてスチュアートの反対を押し切って採用している。後日、ジャックから採用についてのお礼の電話を受けている。ヴァーモントを離れる際に酒に手を付けたことを知っている。昔の飲み会の事を思い出したらいつでも電話をしていいとジャックを気遣ってくれている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=D0rRTXYu1jM&t=3032s

ハウイ

ガソリンスタンドの店員。週1回トランス家が車のガソリンを入れに来るとディックが訪れた時に話している。ディックからMFAと言われていた。サム・ライミ本人が出演している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dkQFiRKVIUg

 




豆知識

【スタンリー・キューブリック作品との違い】

  • ジャックは元々狂っていない
  • シャイニングを使用する時に光が現れる
  • スチュアートが嫌味なキャラ
  • グレイディの死の経緯がスチュアートからでなくピートから語られている
  • 庭には装飾庭園(動物にかたどられている)が生け垣でできており、オーバールック・ヘイズと言われる迷路の様に入り組んだ庭は存在しない
  • ホレスが存在する
  • バーテンのロイドが存在しない
  • エレベーターからあふれ出てくる血の描写がない
  • グレイディの双子の娘が現れない
  • ディックがトランス家に直接厨房を案内していない
  • 浴室の女がいる部屋が237号室から217号室に変更されている
  • 一部であるがホテルにいる亡霊たちの詳細が語られている
  • ディックが家でなくマイアミに居る時にダニーから呼び出されている
  • ジャックは斧でなくクロッケーの木槌でダニーらを追いかけている
  • 今作はボイラーの爆破でホテルごと吹っ飛んでいる

PART1

クロッケー

芝生のコートで行われるイギリス発祥の球技。作中ではホレス・ダーウェントの発案したデンヴァー・クロッケーが行われている。特徴は普通のクロッケーの2倍の規模とされる。

クロッケーの詳細を見る>>

ボイラー

1日に1回圧力計を下げないと爆発するとされるホテル内の設備。圧力計の上限は一応160までとされている。調整バルブは錆びついていて使用できないとされている。尚、ボイラー室はネズミ捕りだらけである。

ホテルの設備

電話線は地上であるため冬場は積雪で断線する。他に通信手段としてCB無線がある。

ピートのスチュアートに関しての考え

ケチ野郎と思っているが、スキャンダルを揉み消すのが上手い男だと思っている。

ピートのスキャンダル話

去年の夏に大物弁護士の妻が夫とではなく、若い男の学生とオーバールック・ホテルに泊まったが、3晩目に学生は逃げ出している。弁護士の妻はバスルームでカミソリを使い手首を切って自殺している。スチュアートが揉み消しているとされている。

オーバールック・ホテルの歴史

1909年に建てられたが、途中で潰れかけているオーバールック・ホテルをホレスが救ったとされている。ホレスは第二次大戦後にオーバールック・ホテルを観光の名所にして経営を立て直したとされる。1975年から黒字経営となっているがホレスもコロラドから撤退し、ラスベガスがホテルを買収している。今ではアメリカでも5本の指に入る最高級リゾートホテルとして知られている。西側にパイユート山脈、南側にサンマルコ山脈があり、食堂からロッキー山脈が一望できる。現状の食堂の席数は200席であるが、ホレスのいた時代には400席あったとされる。メインエレベーターは1926年に設置されている。3階にプレジデンシャル・スイートがあり、過去にウィルソン、ハーディング、ルーズヴェルト、ニクソンの4人の大統領が泊まったとされている。また、過去にホレス主催で仮面舞踏会を開催している。30年前の事件として大物ギャングが銃と斧を持った2人組の男に用心棒2人と一緒に殺されている。

ジャックの車

ナンバー”K3Z 297”である。ボルボ。

ディックの車

1959年製のベッシーに乗っている。

トランス家の車

ナンバー”TRI-019”である。

学童保育のエルマー

ダニーに「クソ喰らえ!」と教えている。

サイドワインダー通りの看板

積雪の際に除雪車が来れるまでの地点及び目印とされる。

ドナーパーティー

1846年5月にアメリカの東部からカリフォルニアを目指して出発した開拓民のグループである。 さまざまな事件や誤りのために旅程は大幅に遅れ、1846年 – 1847年の冬をシエラネバダ山脈で雪に閉ざされて過ごすことになり、事実上の遭難状態に陥った。開拓民の一部は生存のため人肉食に及んだ。この一件を指して特に「ドナー隊(遭難)事件」「ドナー隊の悲劇」と呼称されることもある。

ジャックの学生時代

アルバイトであるご婦人の装飾庭園(トピアリー)を手入れしてた。最低1週間に1回は手入れしに行っていた。

シャイニング

超能力の事であるが、この”輝き”の光の強さが能力の大きさとされている。聖書でいうところ”神のお告げ”、科学では”予知能力”とされる。未来の可能性を見ることができる能力とされる。変な物が見えた場合はソッポを向いて10カウントすれば消えるとされる。

厨房内

ガス台が3台、オーブンが6台、電子レンジとダッチオーブンがある。食糧庫、野菜庫、根菜貯蔵庫、肉切り機、フード・プロセッサー、シンクと皿洗い機は2つずつある。大きい冷凍庫が1つ。小さい冷凍庫は3つある。尚、大きい冷凍庫は隙間風でよく開くため外鍵を厳重にしている。

ディックの食料リスト

ハンバーガー55キロ、レッド・チリ60リットル、ラムの脚が3本、ベーコン、ポーク、オヒョウ、豆、コーンと書かれていた。

青ひげ

ヨーロッパ各地に伝わる物語の男性主人公。グリム童話に出てくるとされる。

【ディックの祈り】

神よ あの家族を

特に子供をお守りください

ダニーが6ヶ月の時に撮った写真

ジャックの財布の中の免許証の下に入っている。寝言でダニーが場所を言い当てていた。

家庭内でのキレキャラ

ジャックの父とウェンディの母は家庭内でよくキレるキャラという設定。

PART2

スポイラーのタイトル

断酒会。アルコール依存症患者たちのグループセラピーの事である。週3回800名のメンバーによる集会がある。合言葉があり、”偉大なる力に感謝せよ”である。また断酒会では”正直は金なり”という言葉がある。サイドワインダー教会でも集会をやっており、参加者はジョー、マーク、テレサ、ミッチ、ピーター、ハートウェルがジャック以外でいる。

217号室の鍵

スチュアートの部屋の中に保管されており、2番の札が掛けられている。

REDRUM

逆からよむと”MURDER”(殺人)である。作中ではダニーにだけ見えるように壁に血文字で現れている。

宿帳の名前

ジーン・ハーロウ、ジョーイ・ギャロー、ラナ・ターナー、ジョニー・ストンパナート、ロバート・ウェスコーが記載されている。

【ジャックの歌】

もし寂しい君に

居場所が欲しいなら

ここにおいでよ

ハート・ブレイク・ホテル

【ダニーの歌①】

雪が大好き 雪はきれいだから

雪が大好き 雪はすばらしい

【ダニーの歌②】

マクドナルドさんは

農場持ち

農場には牛がいた

こっちでモーモー

あっちで こっちで

モーモーモー

装飾庭園(トピアリー)

動く植物である。

無線

死んだジャックの父が、ジャックを罵っている。怒り狂ったジャックが木槌で破壊している。

PART3

【In The Midnight Hour】

ディックがマイアミのカフェ内で聞いていた曲。

【In The Mood】

コロラド・ラウンジのジューク・ボックスから流れている曲その1。

【Chattanooga Choo Choo】

コロラド・ラウンジのジューク・ボックスから流れている曲その2。

【One for My Baby】

コロラド・ラウンジのジューク・ボックスから流れている曲その3。

【Boogie Woogie Bugle Boy】

舞踏会で歌われていた曲。

<内容>

彼はシカゴのトランペット吹き

腕は最高だけど招集されて

軍隊へ行って起床ラッパを吹いた

軍隊ラッパはからきし下手で

大尉は彼のためバンドを召集した

それから彼の中隊は毎朝がお祭り騒ぎ

彼のペットがブギーのリズムを鳴らす

取って代わるのはベース・ギターのリズム

中隊は浮かれて起床ラッパで踊り出す

彼はB中隊のブギウギ・ボーイ

エリック・シーガルの著書の言葉

”愛とは決してしらふだと言わないこと”

ジャックの好きなウィスキーの飲み方

ストレートである。

ジャックの言う妻ウェンディが3Bの理由

ブロンド(Blonde)、ビューティフル(Beautiful)、文句(Bull)の頭文字をとった意味である。

MFA

Might・Fine・American”=”最高のアメリカ人”という意味である。

【おまけ】

カットシーン集。ややグロめの亡霊が溶けるシーンがある。





コメントを残す