ブラッド

ブラッド

 

ヒルズ・ハブ・アイズ”と同じ”血祭り”レーベル作品です。他に”ホステル”シリーズもこのレーベル作品です。

”血祭”レーベルとは、流血シーンなど、過激な表現が含まれている作品とされているシリーズです。

 

復讐系吸血鬼映画であるが、特に人間と吸血鬼の見た目に大きな違いは見られない。

作品紹介
ブラッド
  • 2007年アメリカ映画
  • 監督:セバスチャン・グティエレス
  • 製作:グレッグ・シャピロ
  • 製作総指揮:カーステン・ロレンツ、ロブ・タパート、ジョー・ドレイク、ネイサン・カヘイン
  • 出演:ルーシー・リュー、マイケル・チクリス、カーラ・グギーノ、ジェームズ・ダーシー、マリリン・マンソン、サミーア・アーム・ストロング、マコ岩松、ロバート・フォスター、マーゴ・ハーシュマン、ジュリオ・オスカー、アラン・リッチ、キャメロン・リチャードソン

<ストーリー>

カルト集団の関係者・トリシアが何者かに惨殺された。過去にトリシアを取材したことがあったLAウィークリーの記者セイディーは、トリシアの偽の電話番号を同僚のイーサンに調べてもらい、ある廃墟にたどり着くが、不審な気配を察知してイーサンのアパートを訪れたところを、何者かに拉致される。気が付くとセイディーは室内の椅子に縛られており、そばにはカルト教団のメンバーであるビショップと、ポー、イヴがいた。セイディーはビショップにイーサンの死体を見せられ、パニックに陥る。セイディーの首をイヴは掻き切ると、そこからあふれ出る血を啜った。 その後、ロサンゼルスの検死所で目を覚ましたセイディーは外へ出るが、自分の姿が鏡に映らないことに気付く。同じころ、トリシアの父であるローリンズ刑事も、カルト集団を追っていた。そして、ローリンズ刑事はセイディーと出会い、カルト集団を壊滅させるために手を組む。

AmazonPrimeで映画を視聴する
U-NEXTで映画を視聴する

 

登場人物

【LAウィークリー】

”LAウィークリー”とはアメリカのLAに会社を構える編集社。

セイディー・ブレイク

雑誌記者。LAウィークリーの雑誌の表紙を飾ったため社内で褒められていた。記事内容としてはカルト音楽を聴く若者の分析や豚の血のカクテルについてを書いている。母親と妹を大事にしいており、社内の人間とは付き合いは良くないが、家族とは食事に行ったり家族孝行をしている。高校を卒業したての妹を3日間メキシコへ連れて行こうとしていた。イーサンから社内で吸血鬼のサイトの存在を知らされているが当初は気にもしていなかった。過去、トリシアを街頭インタビューしていた。イーサンが無断欠勤していたため心配して”アラパホー987”を訪れて死体を発見している。イーサンの自宅へその後向かったがロークが待ち構えておりさらわれてビショップの根城へ連れて行かれている。ビショップの根城では左の頸動脈と右肩をイヴの十字架型の小型鍵爪を使用して切り裂かれビショップから血を吸われ殺されている。その後、死体を警察に発見されて”ロサンゼルス検死所(遺体安置所)”に運ばれたが吸血鬼として生き返っている。吸血鬼になったあとの渇きからかホームレスたちの寝床へ行き、人間を殺した後に血を吸っている。母親へ公衆電話から救いの電話をかけたが、妹にイタズラだとされ切られており、陸橋からハイウェイへ投身自殺を図りトラックに轢かれたが、失敗してアーチュロに保護されており断髪している。復讐のため吸血鬼たちを次々とボーガンで撃ち殺している。途中、”リプリー”という酒場に向かうもイヴと偽名を使用して情報収集をしている。ビショップを追う最中、クライド刑事と”リプリー”で合流しており、当初は勘違いされてトリシア殺しの犯人と思われて2発銃弾を喰らっているが、次第に協力関係となっている。テイラーの情報でビショップが”クレスト”の廃屋にいると知り、クライド刑事と一緒に向かっており吸血鬼になったトリシアを発見するも彼女をボーガンの矢で射ぬいて殺している。終盤にビショップから気絶させられて宙吊りにされた挙句、右首の頸動脈を切られて血を抜かれた状態となり弱っていたが、死んだかに思われたクライド刑事に助けてもらい解放されている。ビショップとクライド刑事が対峙して揉み合っている最中に隙を見てボーガンの矢を拾いビショップの胸に突き刺して彼を殺している。ビショップを殺した後に、クライド刑事へ自身へボーガンの矢を刺して殺せと言い放ったが生かされている。最終、死んだフリをして遺体安置所へ運ばれていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=07pDQA1AJXk

イーサン・ミルズ

セイディーの同僚。ブラジルのポルノやレスリングを観るのが好き。トリシアのインタビューを元に、彼女から聞いた嘘と思われる電話番号をネットで検索し、”今夜が摂食の時”サイトへ辿り着いている。住所はコリアタウンの”アラパホー987”を見つけ出し、彼らのパーティーに当日参加したが、血を吸われ殺された後に生首だけを袋に入れられセイディーの前にビショップから差し出されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=07pDQA1AJXk

【警察関係者】

クライド・ローリンズ刑事

娘のトリシアがいる。トリシアが死体で発見されて現場に駆け付けていた。その後、セイディーの死体発見現場にも居合わせている。以降、トリシア殺しの事件と他の事件の関連性を見いだしており、セイディーに辿り着いている。度々、娘のトリシアの悪夢に悩まされている。ドウェインがセイディーの車を盗んで捕まえているが、彼を直接殴ってどこで車を盗んだのか聞き取りして”リプリー”へ向かっている。”リプリー”のバーテンに頼んでセイディーを呼び出し、トリシア絡みの一連の事件について聞き込みをしていた。セイディーから聞きたい情報を聞き出せずに逃げられそうになったため銃を2発発砲してセイディーの背中に命中させている。セイディーから聞いた吸血鬼になったという話を信じて、モーテル”ナイト・ウィンドウ”で背中に命中した銃弾を抜いている。トリシア殺しの犯人はビショップであるとセイディーから告げられ、協力してビショップを殺した後、自身がセィディーを殺すと約束し行動を共にしている。セイディーに手錠をかけたままトイレへ行かせた後に上げれないズボンを上げるのを手伝っている。セイディーからビショップの件が済んだら渡して欲しいとして母親宛の手紙を託されている。テイラーの情報を元に”クレスト”の廃屋へセイディーと向かい、監禁されていた娘トリシアを発見するも彼女から銃弾を浴びている。防弾チョッキを着ていたため生きており、宙吊りとなっていて捕らわれていたセイディーを解放している。終盤でビショップと対峙して揉み合いの末にセイディーから助けてもらっている。ビショップが死んだ後にセイディーから指示されてボウガンの矢を彼女へ突き刺そうとしたが、実際には突き刺さず見逃している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=07pDQA1AJXk

イーストン刑事

クライドより先に通報された現場に着いており、トリシアとケイトリンの死体を発見している。娘が死んで半狂乱になっているクライドを落ち着かせていた。以降、セイディーの死体発見現場やハリソンの死体現場にも居合わせている。途中、娘が死んで傷心しているクライドへ事件に首を突っ込むなと話しているが軽くあしらわれている。ジェニーらの死体を発見して、クライドへ経過報告をしていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=07pDQA1AJXk

【吸血鬼たちとその関係者】

吸血鬼パーティーをネットで暗号化して人間をおびき出して定期的に血を吸って殺している。冒頭でトリシアとケイトリンが餌食となっている。

吸血鬼)

ビショップ

吸血鬼のボス。見た目は30代で金持ちを装っている。セイディーの雑誌記事を読んでいる。セイディーをロークに誘拐させ、根城の屋敷に連れて来させた後、彼女の左の頸動脈をイヴの十字架型の小型鍵爪を使用して切り裂き、そこから血を吸って殺している。セイディーが瀕死の状態である傍でイヴとイチャつきながら3Pをしている。ジェニーを屋敷に連れ込んで血を吸って殺している。最近仲間のロークやイヴが殺されて、警察から追われていると思い逃げている。”リプリー”からポーの携帯へ公衆電話から電話をかけたがセイディーから居場所を知られたくなかったため、テイラーとドウェインを雇いセイディーを拉致ろうと企んでいた。セイディーを捕まえるのをドジったドウェインを”クレスト”の廃屋で殺している。”クレスト”の廃屋で仲間の吸血鬼にしたトリシアを囮としてワザと監禁されたように見せかけクライド刑事とセイディーを消し掛けたが失敗している。セイディーを気絶させ宙吊りにして血を抜いて弱らせていたが、クライド刑事から彼女を解放されている。最終、クライド刑事と揉み合いの最中にボーガンの矢でセイディーから隙を見て胸を貫かれて死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=07pDQA1AJXk

イヴ

年増の妖艶なババア。十字架型の小型鍵爪を携帯している。ビショップがセイディーの血を吸いながら行った3Pに参加している。”レッド・エンジェル”というバーによくいる。”レッド・エンジェル”でセーラー服を来た男をトイレに連れ込み血を吸おうとしていたが、セイディーが乱入して中断した。セイディーに吸血鬼の過去に起こった事やアーチュロについてを語っている。特に抵抗する事なくセイディーにボーガンの矢を射らせて殺されている。死ぬ直前にアーチュロに注意しろとセイディーへ言い残している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=07pDQA1AJXk

ローク

デクノボウ。吸血鬼のパーティーのセキュリティとしての役割を担っている。ケイトリンがパーティーの参加者として訪れた際に地下室へ案内している。イーサンの友人と偽り、イーサンの部屋に訪れたセイディーをさらっている。セイディーが吸血鬼として蘇ってから復讐する吸血鬼第一号としてホテルの310号室で人間の血を吸っているところをボーガンで襲撃され、3階の窓から吹っ飛ばされ外に止まっていた車に落ちている。セイディーからイヴの場所を聞かれ”レッド・エンジェル”というバーにいると答えている。イヴの居場所を吐いた後はボーガンの矢を胸に射られて死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=07pDQA1AJXk

ポー

召し使いのジジイ。ビショップの指示に従い、セイディーの手錠を外したり、屋敷内に招いた客に飲み物を入れて出したりしている。ジェニーの後始末で寝室に訪れたところをセイディーから奇襲を受け揉み合いの末にセイディーからボーガンの矢を射られ死んでいる。途中、隠し持っていたナイフでセイディーの右つま先を突き刺していた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=07pDQA1AJXk

ハリソン

車椅子の金持ちジジイ。美女を拷問する性癖を持った変態。ビショップの居場所を知っており、セイディーから聞き出されている。ビショップの居場所(キニー通り1653)を聞き出された後に、ボーガンの矢をセイディーに射られて殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=07pDQA1AJXk

吸血鬼が雇ったチンピラ)

※普通の人間達である

テイラー

ドウェインと協力して”リプリー”でビショップの聞き取りをしているセイディーへ近づき情報提供するフリをして気絶させ、車のトランクへ入れ拉致っている。途中、セイディーから車を奪われバックされて轢かれており、両足の骨が折れている。セイディーがビショップの居場所を聞いており、”クレスト”の廃屋にいると話している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=07pDQA1AJXk

ドウェイン

車強盗で仮釈放中。セイディーを鉄パイプで後頭部を殴り気絶させた後にテイラーと車のトランクへ彼女を運んだが車のキー探すフリをしてオッパイを触りまくっており、テイラーからキレられていた。セイディーの車とカバンを手に入れ”クレスト”という廃屋へ向かったが、途中警官らに捕まり事情徴収されている。クライドより殴られセイディーの盗んだ車の場所を”リプリーの駐車場であると話していた。最終、”クレスト”の廃屋に向かい、ビショップと合流したが、ヘマをしたためビショップから喉ぼとけを引き千切られ死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=OsEpkSobUas

アーチュロ

元吸血鬼の支配者。”ロサンゼルス検死所(遺体安置所)”から生き返り抜け出したセイディーをストーキングしている。セイディーがハイウェイでの投身自殺に失敗した後に、彼女を保護している。セイディーが回復した際に自作のボーガンと血を彼女へ渡して訓練をさせ、師匠的存在となっている。セイディーに対し、心のままに動き自身の闇を受け入れるよう指南している。セイディーへビショップらを殺すよう指示している。終始よくわからない立ち位置の変なハゲおやじであった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=07pDQA1AJXk

【その他】

ロイド

フレズノ出身。スケベおやじ。バーでコレットから声をかけられ、彼女を買おうとしていたが、横から割って入って来たセイディーに横取りされている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=07pDQA1AJXk

コレット

パリ出身。コールガール。バーでウォッカをストレートで頼んでいた。カウンターの隣で飲んでいたロイドに自身を買わないかと誘っていた。セイディーに500ドルで買われてハリソンの屋敷へ一緒に向かったが、バスルームの罠にかかり宙吊りにされている。ハリソンから拷問を受けかけていたがセイディーにより逃がしてもらい警察に保護されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=07pDQA1AJXk

トリシア・ローリンズ

クライド刑事の娘。ジェイディーのいとこ。父クライドからは仕事が忙しいためあまり相手にされていない。過去にセイディーから雑誌のインタビューを受けているが、警戒心が強くセイディーらに嘘の電話番号を教えている。吸血鬼のパーティーへ行くとセイディーらの取材で話していた。友人のケイトリンに連れられて吸血鬼らのパーティーへ同行しているが、警戒して会場である怪しい家の中には先に入らず車の中でケイトリンを見送っている。ケイトリンが中々車に戻って来なかったため、単身で吸血鬼のパーティー会場へ向かったが地下室でビショップとイヴに血を吸われて痙攣状態のケイトリンを発見している。ロークに追いかけられるもクローゼットドアに隠れていたが、ビショップに見つかって血を吸われ殺されている。ケイトリンの死体と一緒に警察に死体として発見されている。その後、ビショップから吸血鬼にされて終盤に再登場したが、ビショップを父親兼恋人だと洗脳され操られており、助けに来た父クライドへ銃弾を浴びせている。セイディーから追われて最終ボーガンの矢に射貫かれ死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=tD6zjGEhsLU

ケイトリン

トリシアの友人。トリシアを誘い吸血鬼のパーティーへ潜入している。トリシアからパーティーへ行く前に警告されたが好奇心旺盛なのか気にもしていなかった。ロークに案内されて地下のパーティー会場へ向かったがビショップとイヴに血を吸われているところをトリシアに発見されている。左腕を引き千切られ、トリシアの死体と一緒に警察に死体として発見されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=tD6zjGEhsLU

ハンク

安ホテルの受付係。セイディーにロークの居場所を聞かれ当初しらばっくれていたが、力づくで脅され310号室にロークがいると答えている。セイディーをダイアンの娼婦と勘違いされて怒られている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=07pDQA1AJXk

アレックス

サンタバーバラへ大学の友達とパーティーをやるためヒッチハイクで向かっていた。セイディーが途中車で拾っており、血を吸い殺している。マリファナを車内で吸いながら一応、恋人がいたと話していた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=07pDQA1AJXk&t=4035s

ジェニー

プールを全裸で泳ぐ変態女。父親との関係は悪く、母親は再婚してリノへ引っ越している。1分早く生まれた姉がいる。ビショップに口説かれて彼の屋敷へ訪れている。ビショップのナニをワニなみと例えていた。ビショップから”セックスと殺人だけが快楽”というわけのわからない話に納得している。ベッドでビショップから血を吸われて殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=07pDQA1AJXk

バーテンダー

”リプリー”というバーのバーテン。公衆電話を店内に設置しており、セイディーがビショップより受けた電話先として直接向かい聞き取りを受けている。セイディーから100ドルを受け取りビショップの情報提供をしている。クライドが訪れ、セイディーを呼び出すよう指示されており、あらかじめもらっていた連絡先へ電話をして彼女を呼び出している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=07pDQA1AJXk

セイディーの母

セイディーが死んだと聞きつけ”ロサンゼルス検死所(遺体安置所)”へセイディーの妹と駆け付け泣いていた。その後、生き返ったセイディーが公衆電話から自宅へ電話をかけた時にとって泣いていた。夜中に悪夢でうなされていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=07pDQA1AJXk&t=4035s

 

 

バーテンダーとしてマリリン・マンソン本人が出演しているよな。

マリリン・マンソンとは

アメリカ合衆国オハイオ州カントンのミュージシャン。1969年1月5日生まれ。自身の名を冠したロックバンド、マリリン・マンソンのリード・ボーカリスト。芸名は、マリリン・モンローチャールズ・マンソンから取られている。

父親はカトリック教徒であり、母親は米国聖公会の教会員であった。『マリリン・マンソン自伝  – 地獄からの帰還 – 』によると、父方はドイツ人とポーランド人を先祖に持つという。母親の信仰でカントンの教区学校に通い、のちに転校するが、1987年に高校を卒業した。

両親によってカトリックの私立中学校に入学させられ、ハルマゲドンイエス・キリストについて嫌というほど教え込まれた。使用していたノートに、「こんな生活は嫌だ」との一文を何度も繰り返し書き続けたらしく、そのノートを見た親や教師に幾度も殴られたという。その反発から麻薬や煙草に手を出し、さらに入れ墨を入れるなどして素行不良になった結果、退学処分を受けた。それが現在の反キリスト的な歌詞などを書くようになった原因の一つと言われている。周囲には「変態ポルノを見せつけてくる年上の親戚」や、「服を脱がせて囚人ゲームに興じる隣人」、「ベトナム戦争中に秘密部隊に属し、罪のない一般市民を多数殺害した父親」、「地下に自身の異常なマスターベーション専用の部屋を設けていた祖父」など、常軌を逸した人間が多かった。これがボンデージファッションを嫌いになった原因である。それによって受けた形而上的な虐待、迫害から孤独になるも、そこからの現実逃避としてロックに出会ったという。

 

 



 


豆知識
セイディーが飾ったLAウィークリーの雑誌の表紙

”the grateful dead”というアメリカのロックバンドである。1965年にカリフォルニア州パロアルトで結成されたとされる。音楽性は”ゆるさ”を特徴としたルーツ志向で知られた。音楽スタイルはカントリーフォークブルーグラス、ブルース、ロック、即興のジャズサイケデリックスペース・ロックが融合した物で、ライブパフォーマンスでは長いインストルメンタルジャムが特徴であり、彼らの熱狂的なファンは「デッドヘッズ」として知られた。

もっと詳細を見る>>

イーサンの調べていたサイト

”道は血の中に 闇を進め”

”摂食は今夜 始まる”

イーサンの部屋

203号室である。

セイディーの車

ナンバー”5IMT123”である。

【吸血鬼になった時の特徴】

※吸血鬼に変異するには3日かかるとされる。

  • 鏡に自分の姿が映らない
  • 日中でも外を出歩ける
  • 吸血鬼のみに効果のある武器(ボーガン)が存在する
”クレスト”の廃屋

地下に人間を逆さ吊りにして血を集める場所がある。表面上は家畜小屋。

 

 

他の作品紹介を見る>>

 



 



コメントを残す