サスペリア・テルザ・最後の魔女

サスペリア・テルザ・最後の魔女

 

 

サスペリア』、『インフェルノ』に続く、魔女3部作の完結編。主人公のサラはダリオ・アルジェント監督の娘アーシアですね。1作目のサスペリアに登場したフランク・マンデル役のウド・キアを今作で再びヨハネス神父として登場させたのは個人的に良かった。

作品紹介
サスペリア・テルザ・最後の魔女
  • 2007年イタリアとアメリカ合作映画
  • 監督:ダリオ・アルジェント
  • 製作:クラウディオ・アルジェント、ダリオ・アルジェント、マリーナ・ベルルスコーニ、ジュリア・マルレッタ、リー・ウィルソン
  • 製作総指揮:カーク・ダミコ
  • 出演:アーシア・アルジェント、クリスティアン・ソリメーノ、アダム・ジェームズ、モラン・アティアス、ダリア・ニコロディ、ヴァレリア・カヴァッリ、ウド・キア、ロベルト・マディソン、トマーソ・バンフィ、ルーカ・ペスカトール、市川純、パオロ・ステラ、フィリップ・ルロワ、コラリーナ・カタルディ・タッソーニ、シルヴィア・ルビノ

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

絵画修復の技術を学ぶためにアメリカからローマにやってきた研究生のサラ・マンディは、副館長のジゼルと共にヴィテルボ墓地で発掘された箱を調べる内、骨やローブ、短剣などを発見する。それは「涙の母(マーテル・ラクリマルム)」と呼ばれる邪悪な魔女の遺物で、サラたちは世界制覇を企む魔女たちを現代に解き放ってしまう。周囲の人々が魔女たちに殺される中で、サラは亡き母と魔女の三姉妹との因縁を知る。

AmazonPrimeで映画を視聴する
U-NEXTで映画を視聴する

 

登場人物
サラ・マンディ

28歳。アメリカから来た研究生で美術品の修復と考古学を学んでいる。母エリザは魔女でありその能力を受け継いでいる。母エリザがマーテル・サスピリオルム(ため息の母)という魔女に戦いを挑んで両親は幼い頃に死んでいるとされる。腕力が強く電話BOXのコードを引き千切る程の力を有する怪力女でもある。博物館副館長のジゼルに誘われ一緒に”涙の母”の遺物の箱を開封している。古代文字の内容をジゼルが知りたいために古代文字解読書”ミュケナイ語の辞書”を取りに事務所へ一旦戻っているが、その後ジゼルが怪物に殺されている事に気付き裸足で逃げて警察に通報して事情聴取を受けている。ポールが魔女にさらわれた件でマイケルから助けて欲しいと連絡を受けて、現地へ向かう際に駅構内で魔女に出くわして執拗に追われている。途中、駅構内の本屋へ逃げたが警察に追われてピンチであったが、母エリザより消える魔法を使う様にアドバイスをもらい難を逃れている。マイケルに会うために空港の駅からオルテ行きの電車に乗ったが、追ってきたカテリーナを殺してモンテレオーネ行きの電車に乗り換えてヨハネス神父のいる教会へ向かった。ヨハネス神父が殺されたため一旦自宅へ戻るもドア越しから人の気配がしたためマルタの家へ逃げ込んでいる。マルタの教えによって浮遊霊として母エリザの実体を見ることに成功している。マルタを見殺しにして逃げている。生前にマルタより教わったグリエルモの所へ行く途中でマイケルと合流するもすでに魔女に操られている状態だったため火を付けて撃退している。グリエルモの所へ行きラクリマルムの居場所を教わって館へ向かっている。ラクリマルムの館内でエンゾ刑事と合流して”魔女の巣窟”へ潜入している。ラクリマルムの隙をついてヤリで赤い衣類を炎へ投げ込んで無力化した後に汚水にまみれながらもエンゾ刑事と館から逃げのびている。最終、生き残った安堵からか大爆笑している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-vCQwt7q1do

エリザ・マンディ(サラの母)

サラの母で良い魔女。バレリーナ兼神霊治療家でもある。過去にマーテル・サスピリオルム(ため息の母:エレナ・マルコスでもある。)という魔女に戦いを挑んで殺されている。生前に強力な超能力を持っていたとされ、すでに死んでいるが霊体の姿でサラを導いて助けている。マーテル・ラクリマルムが博物館に現れて手下の猿にサラが追われていたためロックされたドアを開けてサラを逃がしている。駅構内の本屋で警察に追われているサラに姿が消えて見える魔法を使うよう指示を出していた。マルタの心霊術によりサラの前に時折姿を現して語りかけていた。最終、燃えたマイケルと一緒に異世界へ消えている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-vCQwt7q1do

マイケル・ピアス

ローマにある古代美術博物館館長。喫煙家。魔術の歴史や神秘の科学に詳しいと知られている。ポールの体調が悪かったため病院へ連れて行っている。サラを博物館へ迎えに行って自宅へ連れ込んでちゃっかりヤっている。ジゼルの事件の翌日に司祭の元へ訪れたがミレージ神父から脳卒中で入院したと告げられて病院へ見舞いに行った後に廊下でミレージ神父から”涙の母”のメモを受け取っている。自宅へ一旦帰るもポールが誘拐されており、警察に相談してもイカれていると思われるだけと判断し、一連の事件が遺品入りの箱に関連付けされるため、単独でヨハネス神父へ対処法を聞きに行こうとするが途中魔女に尾行されて電話相談のみとなっている。その後、魔女に首を切られて死体として操られていたがサラにより火をつけられて焼かれて撃退されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=J4aiF2GF7rg

ポール・ピアス

マイケルの息子。体調が悪くて父マイケルに病院へ連れて行ってもらっている。夜更かししたいと言っていた。ベビーシッターが目を離した隙に魔女らにさらわれている。さらわれた後のベッドには血文字で”息子にまた会いたいのなら沈黙を守れ”と書かれていた。ラクリマルムらによって内臓を喰われ殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=q-J_59NFNUs

 

【警察関係者】

ジゼルが死んだとサラから通報を受けてローマ古代美術博物館へ事情聴取に来ているが、当初サラの話を間に受けていなかった。

 

エンゾ・マルキ刑事

捜査主任。博物館事件後、サラを尾行するよう部下に指示を出している。駅構内でサラを追跡しており、本屋でサラを追い詰めるも姿を消したサラを取り逃がしている。その後、部下に再度サラを駅構内で尾行させているが魔女カテリーナの死体と同僚の死体を発見しただけで取り逃がしている。TVのニュースに出演してサラがジゼルから続く連続殺人に関係しているとして、近づかず見つけ次第殺人課へ連絡するように指名手配者として国民へ呼び掛けている。終盤でサラとラクリマルムの館で合流して魔女たちのいる地下墓地へと潜入したが魔女ら発見され捕まっている。一時的に抵抗をしたが吊るされて拷問を受けたが生きており、汚水にまみれながらもサラと再び合流して逃げ延びた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=YnGOPC7BWNw&t=2113s

リッソーニ刑事

洞察力と思考力のない無能なアホ刑事。サラの博物館での事情聴取時に内容を聞いてサラがイカれてると思っており、鼻で笑って聞いていた。エンゾ刑事よりサラの見張りの指示を受けて行動している。トンチンカンな推理をしてエンゾからはアホ扱いされている。魔女カテリーナはサラが警官殺しをしているのを目撃したために殺された被害者だと思っていた。その後、ローマで私服警官を集めてサラを探すように指示を出していた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=YnGOPC7BWNw&t=2724s

【教会関係者】

ブルスカ司教

オカルト科学の権威。心霊主義の講義をしている。ローマの博物館館長のマイケル宛にヴィテルボ墓地で発見した”涙の母”の遺物を送って調査依頼をしている。遺物の入れ物の蓋を蝋で固めていた。翌日に脳卒中を起こして病院へ入院している。入院する前にメモで涙の母の内容を残していたとされている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=2e2h9yMRUQQ

ヨハネス神父

病気の神父。病気で全身が震えていたが、水溶の薬を20滴マルタにより飲ませてもらっていた。エクソシスト(悪魔祓い)で有名。超常現象にも詳しいとされる。モンテオレーネの教会へ訪れたサラに魔女三姉妹について語った。ヴァレリアに詳細の本を探すよう声をかけようとしたが、ラクリマルムに正気を奪われたヴァレリアに包丁で切り殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-vCQwt7q1do

ミレージ神父

ヴィテルボ墓地でオスカー・デ・ラ・バレー(1815年)という男の棺をブルスカ司教が発見したためカメラ撮影をしている。マイケルが教会へブルスカ司教に会いに訪れたが脳卒中で入院しているため、マイケルと一緒に入院先の病院へ向かっている。病院先でマイケルに遺品入れの箱と棺の主オスカーの話をしている。また、マイケルにブルスカ司教が書いていた魔女についてのメモを渡している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=YnGOPC7BWNw&t=2724s

マルタ・コルッシ

レズビアンの降霊師。能力としては霊と話す事だけはできる。過去にドイツでサラの母エリザと会った事がある。神霊治療家であったエリザに心霊術を教わっている関係。過去の接点からエリザの正体が良き魔女だと知っている。ヨハネス神父の元へ訪れた時にサラと会って話に同席している。サラに心霊術を教えたが、霊と話す以上の能力がないため錬金術師で学者のグリエルモを紹介している。ラクリマルムの手下に押し入られ、ケツから携帯式の槍を突っ込まれた後に口から貫通させられ死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=C9Aayrbi6U8

ヴァレリア

ヨハネス神父の元で使えている子持ちの女。ヨハネス神父の教会へ訪れたサラを一度追い返そうとしたが説得され迎え入れている。ラクリマルムに正気を奪われてしまい、自らの赤子を殺している。最終、ヨハネス神父を包丁で切り殺した後に自らの首を包丁で切って自殺している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=YnGOPC7BWNw&t=2724s

【魔女】

 

涙の母(マーテル・ラクリマルム)

魔女三姉妹の1人。仲間にスキンヘッドの手下と偵察用のサルがいる。基本薄着であり、全裸に赤い衣類一枚しか着ない露出狂。魔女の時代の再来を目論んでいる。博物館でジゼルを殺し、遺品入れの箱を持ち去っている。サラを探し回って殺そうとしていた。マルタの前に現れて、マルタが死ぬ直前に流した涙を舐めている。自らの館の地下の墓地を”魔女の巣窟”として仲間たちと一緒にいたが侵入したサラにより隙をつかれ、魔力の源とされる赤い衣類を槍で火に入れられて魔力を失い、館が崩壊し、ガレキに巻き込まれて仲間と共に死んでいる。最後は正に丸裸状態であった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=8cjaBAZnWbE

カテリーナ(魔女)

空港に居た片言の日本語を話す魔女。ツィモネという男の手下がおり、サラを駅構内で発見するなり追跡の指示を出している。電車内でサラを尾行していた警官を呪い殺している。最終、サラを尾行していたがトイレのドアに何度も頭部を挟まれ死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=JNS7Z_gFUUk

【その他】

グリエルモ・デ・ウィット

錬金術師兼学者。足が不自由で車椅子。科学や神智学や自然法を重んじている。魔術を使うことも可能。TVのニュースでサラが指名手配者とわかっており警戒していた為、訪れたサラに体を麻痺させる変な薬を嗅がせている。人間を分析する装置でサラが自宅を訪ねた経緯と彼女の能力を見定めた。バレリと言われる錬金術師がかつて住んでいた場所を根城としている。サラへバレリの館の情報を元にラクリマルムの居場所を知らせた。最終、魔女の巣窟に捕らえられており、ラクリマルムの手下より拷問を受けて殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=YnGOPC7BWNw&t=2724s

ジュリアン

グリエルモの助手兼世話人。最終、魔女の巣窟に捕らえられており、ラクリマルムの手下より拷問を受けて殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=YnGOPC7BWNw&t=2724s

ジゼル・マレス

博物館副館長。サラと一緒に勝手に司教から館長への郵送物(マーテル・ラクリマルムの遺物)を開封したが、ラクリマルムを復活させてしまい使い魔に口へ金属具を突っ込まれグチャグチャに潰された後、ラクリマルムにより儀式用短剣で腹を裂かれて露出した腸を体にグルグル巻きにされて切り刻まれ殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=9KfGNUdTd3g

エルガ

マルタの恋人。マルタの家に同居しているレズビアン。急に逃げ込んで来たサラを家に入れるのを反対していたがマルタに説得されている。ラクリマルムの手下に押し入られ、左胸にナイフを突き刺された後に両目を拷問器具で潰されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=YnGOPC7BWNw&t=2724s

 

ラクリマルムの館におったホームレスのおっさんの下りはいらんやろwそれと、下級魔女たちですが、ただ濃いメイクして素行の悪いアホ女やろw




 

豆知識
ヴィテルボ墓地

オスカー・デ・ラ・バレー(1815年)という男の棺とが鎖に繋がれて地中に埋もれていた。墓地の反対側に棺は埋葬し直されたとされている。尚、オスカーはアオスタ町に伝わる昔話に出てくる人物だとされており、彼は貴族であり1814年に教会を修復していた者が遺品入れの箱を見つけ、教皇へ届ける任務を請け負ったが、教皇庁へ向かう途中ヴィテルボで病気のため教会で保護されたが6日後に高熱で死んだとされた。死体は秘密の場所へ保管されて、遺品入れの箱は棺に鎖で固定されていると言われていた。

箱に入っていた物(マーテル・ラクリマルムの遺物)

13世紀の短剣。3体の彫像(シーラ、レナジ、サブナック)。古代文字の呪文が刺繍された赤い服。この赤い衣服は”強力な魔力の源”とされている。

マーテルの意味

母神。

【マーテルの呪文】

アシュキャーニ

モーシィー

シュアールティ

ザッ ディアハ バッ

私のローマよ 復活せよ 私のローマ

【マーテル・ラクリマルムの呪文の効果】

  • 母親が川に赤ちゃんを投げ込んでいる
  • 女性が男性の腹をナイフで刺している
  • 奇声を挙げながら男どもが駐車している車を鉄パイプで殴って破壊している
  • 男同士で取っ組み合いの喧嘩をしている
  • 夜の街中で女が堂々と男たちにレイプされている
  • 自殺が多発 2日間で52人
  • 暴力がローマを占拠
  • 殺人や放火 誘拐や破壊
  • 教会へ火を放っている
  • 町に死体が転がってても放置
  • ローマを邪悪な町にするため、魔女共が各地からローマへ”復活の祝い”をしに集まって来ている
ポールの車

ナンバー”CV371KN”である。

司教の言葉

”神の計画は神以外には謎だ”

サラの体重

50キロぐらいとされている。

【黒魔術のシンボル】

Death and rebirth
Slow death
Great Mother
Without name
Spirit of darkness embodied

 

魔女の呪い

目と耳から血を流し、痙攣しながら死ぬ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=JNS7Z_gFUUk

【魔女三姉妹の過去と秘密

かつて1000年以上前、3人の姉妹が黒海の近くで魔術というものを生み出した。3人は放浪を続け村や町に死や破壊をもたらした。後に3人は安住の地へ移ったとされる。”三母神(スリー・マザーズ)”とも言われている。

美術史の本に姉妹の姿が描かれているとされる。

  • 暗黒の母:マーテル・テネブラルム

→アメリカのニューヨークへ移り住んだ

すでに死んでいる。時系列の作品で例えると2作目のインフェルノに登場した魔女。今作ではあまり詳細は語られていないが最年少で一番残虐とされる。

 

  • 涙の母:マーテル・ラクリマルム

→イタリアのローマへ移り住んだ

特徴【最も残酷で最も美しい】とされる。今作で、遺品入れの箱を開いたことにより復活した存在。

 

  • ため息の母:マーテル・サスピリオルム

→ドイツのフライブルクへ移り住んだ

すでに死んでいる存在。時系列の作品で例えると1作目のサスペリアのエレナ・マルコスである。エリザと戦って深手を負わされており、魔力をほとんど失った状態でバレリーナのスージー・バニヨンに殺されている。最年長である。

※魔女三姉妹の住みついた館は苦痛暗黒を世界に広めたとされる。

魔女三姉妹

”復讐の三女神”や”運命の三女神”や”美の三女神”と言われている。

ヨハネス神父の悩み

教会へ月/1度ほどの悪魔祓いの依頼があったのが、ここ数日で過去の依頼数を大幅に更新している。他の教会の神父も同様のありさまであるとされる。

※原因は涙の母。

魔女の望み

人間の混乱や絶望。

マルタの車

ナンバー”CX 80OSF”である。

浮遊霊

古い家には霊たちが所狭しといる。ローマは2700年前からあるし地下には5層の墓地(カタコンベ)が埋もれている。特にローマには大勢いるとされる。作中ではマルタがファンデーションの粉を吹いて、霊の存在を見れる様にしていた。

バレリ

かつて魔女三姉妹のためにニューヨーク、フライブルク、ローマへ館を建てたロンドンの錬金術師。魔女三姉妹の情報を記録として著書に書き残している。ローマに関して”汝の目に見える物は存在しない 見えぬものこそが真実”と記述を残している

魔女の巣窟への入り口

シンボルマークの突起物を順に押し込むと館から巣窟への隠し扉が開く。

【魔女の巣窟でのオブジェ】

以下の内容が石板壁画に書かれてあった

  • POMPONIVS FELIXIACIEARI VSSEVIVOSIBI VIVESINXP

  • IPIKEINITA

【魔女の巣窟内での惨状】

基本的に魔女に操られた人間達のアホな行動。

  • カップルで体に針金を巻いて出血しながらキスをし合っている
  • ウンコを体に塗っている
  • 舌に釘を貫通させている
  • 腸を引きずり出してパスタのように食べている
  • カンナで背中の肉を削いでいる







コメントを残す