悪魔のいけにえ

悪魔のいけにえ

 

この映画、トビー・フーパー監督のイカれ一家の映画ですね。

有名なスプラッターもの。

作品紹介
悪魔のいけにえ
  • 1974年アメリカ映画
  • 監督:トビー・フーパー
  • 製作:トビー・フーパー、ルー・ペレイノ
  • 製作総指揮:ジェイ・パースレイ
  • 出演:マリリン・バーンズ、アレン・ダンジガー、ポール・A・パーテイン、ウィリアム・ヴェイル、テリー・マクミン、エドウィン・ニール、ジム・シードウ、ガンナー・ハンセン、ジョン・ドゥガン、ジェリー・グリーン、エド・グイン

引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

<ストーリー>

1973年8月18日最近、墓荒らしが頻発しているテキサス州へサリー率いる5人の若者たちが祖父の墓が無事かどうか確認するために田舎へ車で向かっていた。途中、変なヒッチハイカーを拾ったり異様な街の雰囲気の中、無事祖父の家に辿り着くが、レザーフェイス一家からの襲撃を受け一人また一人とサリー達は血祭りにあげられていく。墓荒らしの犯人はレザーフェイス一家の仕業だった。

 

登場人物
サリー・ハーデスティ

フランクリンの妹でジェリーの恋人。

墓荒らしが頻発していたことから、祖父の墓の無事を確かめるために帰郷を兼ねてテキサス州を訪れる。自分以外の仲間達がレザーフェイスに全員殺害され、自身も追われる中でレイトンの営むガソリンスタンドへ逃げ込むものの、ソーヤー一家に拉致されてグランパに1発だけ金槌で頭を殴られた。隙をみてガラス窓から飛び出す。逃げている途中に追いかけてきたナビンズ・ソーヤーによってカミソリで背中を何度も切り刻まれたがトラックの運転手がたまたま通りかかり助かるも、レザーフェイスによって必要に追いかけられた。たまたま別の車が通り荷台に乗って何とかその場を逃げ切り生き延びた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

フランクリン・ハーデスティ

サリーの兄。

車椅子の障害者。道中でヒッチハイクして車中に招いたナビンズ・ソーヤーのナビンズ・ソーヤーによってカミソリで左腕に切り傷を付けられる。ナビンズ・ソーヤーがつけた血の跡を辿ろうとしたり、サリー達が廃墟へ入った際一人だけ置いてけぼりにされて機嫌を損ねたり、仲間達を探す際に懐中電灯を手放さずサリーと言い争いになったりするなど、精神的に不安定な様子が垣間見える。サリーと共に仲間達を捜索している最中、レザーフェイスに見つかりその場でチェーンソーで切り刻まれる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

ジェリー

サリーの恋人。

ドライブでは運転手を務める。暗くなっても戻って来ないカークとパムを探しにソーヤー邸に足を踏み入れ、冷蔵庫内で凍死したパムを発見し、その直後にレザーフェイスにハンマーで頭を殴り倒され殺害される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

カーク

パムの恋人。

車椅子のフランクリンの世話をしている。車のガソリンが無くなり、たまたま見つけたソーヤー邸でガソリンを分けてもらおうとするが、レザーフェイスにハンマーで撲殺され、最初の犠牲者となる。その後、遺体はパムの目の前でチェーンソーにて切り刻まれる。レザーフェイスがカークをハンマーで撲殺してすぐに扉を強く閉めるシーンが有名。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

パム

カークの恋人。

占い好きで占星術ができる。彼女の占星術は後に起きる災厄を予感してしまった。戻って来ないカークの様子を見にソーヤー邸の中に入ったところ、レザーフェイスが作った不気味な家具などを目撃してしまう。脱走しようとしたところをレザーフェイスに見つかり、フックで吊るされた後、冷蔵庫の中に閉じ込める。一度冷蔵庫より這い出るも、最後はレザーフェイスにより再び冷蔵庫に掘り込まれ死亡。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

レザーフェイス

本名はババ・ソーヤー。ソーヤー一家の四男。

顔に人間の顔面の皮膚を被っている小太りの男。先天性の皮膚病と梅毒を患っており、病気により醜くなった自身の素顔を隠すため人皮のマスクを被っている。チェーンソーやハンマーで侵入者を惨殺し、殺した人間や動物を解剖して家具の材料に利用している。知的障害を患っているため精神年齢は8歳児程度しかなく、家のドアをチェーンソーで破壊してコックに怒られた時は彼に怯えてうずくまるなど、子どものような一面も垣間見える。夕食の支度など一家の家事を担っている。サリーの仲間たちを次々と殺害し、終盤逃げ出したサリーをチェーンソーで追いかけるが、たまたま通りがかったトラックの運転手に反撃(レンチを頭に投げられた)され、右脚をチェーンソーで負傷してしまう。結局サリーを取り逃がしてしまい、最後は朝焼けに照らされ、踊り狂うようにチェーンソーを振り回していた。中でもチェーンソーがお気に入りでモーター音を立てながら人間を切り刻む。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

ヒッチハイカー

本名:ナビンズ・ソーヤー。ソーヤー家の三男。

サリー達が同中ヒッチハイクをしていて拾った男。顔に血の跡のような大きなシミがある。落ち着きがなく、支離滅裂な言動を繰り返している。内容は自身が屠殺場で撮った牛の写真を披露したり、牛の脳ミソでチーズを作るというもの。テキサス州で頻発していた一連の墓荒らしの張本人。ヒッチハイクで通り掛かったサリー達の車に乗せてもらうが、フランクリンが愛用しているナイフで自身の手を切り刻んだり、フランクリンに向けて撮った写真を車内で燃やす等の異常な行動を取ったため、耐えられなくなった一行に無理矢理下車させられた。その際に自身で持っていたカミソリでフランクリンの左手を切り付けた。彼等の車が発進する際、車体に自分の血でメッセージを残していった。最終トラックに轢かれて死ぬ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

コック

本名:レントン・ソーヤー。ソーヤー家の長男。

普段は小さなガソリンスタンドとバーベキュー店を経営している。店の戸締りをして電気代を気にする、レザーフェイスがチェーンソーで家の扉を破壊してしまったことに激怒し説教するなど、他のソーヤー家のメンバーよりも人間くさい描写が存在するものの、彼の店にはバーベキューにされた人間の焼死体があり、それを目撃したサリーは彼も常人ではないことを悟った。レザーフェイスに追われ、自身のガソリンスタンドに逃げ込んだサリーを匿うふりをして彼女をホウキで気絶させた後、ソーヤー邸に拉致した。「どうも殺しは楽しめない」と発言するも、グランパがハンマーでサリーを殴った際には嬉々として囃し立てていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

グランパ

ソーヤー家の父。

124歳。一見するとミイラのように見えるが、ちゃんと生きており口も聞ける。しかし自力では全く動けず、移動の際はソーヤー兄弟に椅子ごと運ばれている。かつては牛を一撃で仕留めるほどの屠殺の名人だったらしく、過去には5分間で60頭もの牛を仕留めたとされる(コック曰く、もっと牛が届いていれば60頭を越していたとのこと)が、現在は異常な高齢のせいで握力がほとんど失われており、ろくにハンマーも握れない。サリーの右手の人差し指をナビンズがカミソリで切って血を吸わせるシーンがある。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

グランマ

ソーヤー家の母。

すでに死んでおりミイラ化している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

 





レザーフェイス フルマスク 大人用 テキサスチェーンソー 悪魔のいけにえ ホラー映画 コスプレ

 

楽天で購入する

 

テキサスチェーンソー レザーフェイス 武器 チェーンソー おもちゃ 工具 ホラー 映画 悪魔のいけにえ サウンド付 ハロウィン グッズ 仮装 コスプレ 小道具

 

楽天で購入する
次の作品紹介を見る