ターボキッド

ターボキッド

 

どこかダサかっこいい恋愛SF映画。ターボブラストから発する光線を浴びた人間が吹き飛ぶシーンが結構グロい。

作品紹介
ターボキッド
  • 2015年カナダ映画
  • 監督:フランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセル、ヨアン=カール・ウィッセル
  • 製作:アント・ティンプソン
  • 製作総指揮:シェイキッド・ベレンソン、ジェイソン・アイズナー
  • 出演:マンロ・チェンバース、ローレンス・ルブーフ、マイケル・アイアンサイド、エドウィン・ライト、アーロン・ジェフリー、ロマーノ・オルザリ、オルフェ・ラドゥーサー、スティーヴ・レオナール、イヴ・コルベイル、アヌーク・ウィッセル、フランソワ・シマール、ヨアン=カール・ウィッセル、タイラー・ホール、マーティン・パケット、ピエール・シゴアン

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

1997年の荒廃した世界でBMXを乗り回すアホたちの殺し合い映画。

AmazonPrimeで映画を視聴する
U-NEXTで映画を視聴する

 

登場人物
ザ・キッド

”ターボ・ライダー”というアメコミのヒーローに憧れているガキ。カセットテープを聞いている。地下室が寝床。廃品漁りが趣味。自らの安全のためにマイルールを持って行動している。過去にゼウスらに両親を殺されている。修行僧の様な風貌の男から追われている途中で、たまたまターボキッドの装備を発見してターボグローブを手に入れている。普段の武器はナタを使用している。アメコミの見過ぎで当初ロボットが邪悪な存在だと思っていたがアップルと接するうちに段々とそうでない事に気付いていく。アップルが工場内での戦闘で負傷したためバグから教えてもらった”ロボット墓地”へ向かった。終盤にゼウスらと戦い勝利したもののアップルを失ったため荒野を旅しに出かけた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=UyBUYmUnNCw

アップル

家庭用の変態ロボット。ロボットであるが人間と同じように食事をすることが可能。キッドに会って半ば強引にかくれんぼをしないか迫り、ソッコーで腕時計型追跡装置を装着している。友達は死体であった。お気に入りの武器は”ノーム・スティック”。工場内に拉致されデスマッチに参加中にゼウスより銃撃を左胸に受けて生体電気トランスミッターが故障している。生き残るためにバグへヘアバンドを渡して”ロボット墓地”を教えてもらい、キッドと向かっており、首から下の代替え部品を何とか調達できている。終盤にゼウスらと戦って苦戦していたキッドを救い、あらかじめ探しておいたターボグローブをキッドへ渡している。最終、ゼウスにより銃撃を再び胸に受けて起動不可となり墓へ埋葬されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=UyBUYmUnNCw

フレデリック

カウボーイ。バウンティ・ハンターと酒場で焼き印腕相撲をして勝っていた。アームレスラー軍団の王者でありボス。喫煙家。縄張り意識が強く、無計画な行動をよくとる。敵の敷地内で立ちションをしていたところ、奇襲を受けてゼウスらに捕まり、スケトロンにより右手を切断されている。その後、”ロボット墓地”へ行き右手は義手となっている。終盤の戦いではキッドと悪党軍団と戦い、ゼウスより左肩に銃弾を浴びるも生き残っている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=UyBUYmUnNCw

フレデリックの弟

ゼウスらに捕まって殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=owYoh1LECkc

【悪党】

町を仕切っている悪党。処刑した人間を首だけにして木の棒に突き刺しているのが彼らが通った印。人間を殺して飲み水を精製し販売している。工場(オリンパス工業)の貯水場の水を抜いた場所をデスマッチのステージにしており、部下と捕まえた人間で殺し合いをさせている。作中では捕まったアップルを助け出すため単身でキッドが工場へ乗り込み、フレデリックと協力して脱出している。逃げたキッドとフレデリックを追うためバグを捕まえ処刑している。

 

ゼウス

法人用ロボット。製品名:CC1-11。人間を害のなすゴキブリと思っている。過去にキッドの両親へシマ荒らしのレッテルを貼りいちゃもんをつけて、痛めつけた挙句、母親の顔面をゴルフクラブで吹き飛ばして殺している。尚、左目の眼帯はキッドの母と戦った時にボーガンで射貫かれたのが原因。元々は人間の影武者としての役割であったが、自我を持っており、元の所有者の人間より罵倒されたためゴルフクラブで殺している。作中では工場内で銃を発砲し、アップル の胸に的中させ生体電気トランスミッターを破損させている。終盤の戦いでロボットである姿を見せて、口から電気を発し戦っていたがキッドにより”ターボ・メガ・ブラスター”を足元で爆発させられ吹っ飛んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=UyBUYmUnNCw

スケトロン

ゼウスの最強の部下。いつも鉄製のドクロ仮面を被っている。基本的に無言で左腕より回転のこぎりを飛ばして人間を簡単に殺す。過去にゼウスと一緒にキッドの両親を襲撃し、父親を殺している。終盤の戦いでキッドによりパラソルを腹部に突き刺され傘を開かれたため粉々になって死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=UyBUYmUnNCw

【その他】

バグ

女にキンタマを噛まれたアホな酒場のバーテン。キッドの持参物の汚染ネズミとHペンを汚染水とターボライダーの本を物々交換してあげている。廃品漁りをしていたがゼウスらに捕まり、キッドらの居場所を吐かされるために自転車の後輪に腸を巻き付けられ、引きずり出される拷問をうけて死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=8eVUZT_Kzus

バウンティ・ハンター

酒場でフレデリックと焼き印腕相撲をして負けている。通称:鳥男。最終、ゼウスらに捕まりスケトロンの電動ノコギリで殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=owYoh1LECkc




豆知識
世界観

戦争が絶えず、核戦争後である1997年の荒廃した世界が舞台である。酸性雨が大地を枯らし水を汚染している。放射能を浴びてキモい見た目のネズミがいる。全員移動は徒歩かチャリ。

BMXとは

競技用自転車。

 

カセットテープ

 

ザ・キッドがカセットテープで聞いていた曲

【Thunder in Your Heart】:Stan Bush

【ザ・キッドのマイルール】

  • 水を忘れずに
  • 安全地帯の外に出ないこと
  • 常に動ける態勢を
  • 悪そうなやつは避けること
  • 走行中のハグは禁止
  • いつも武器を携帯すること
  • 武器を持っていなければ作る

ゼウスのウンチク

人間の人体における水分量であるが、血液は83%、筋肉は75%である。骨についた筋や軟骨は55%、骨にも25%含まれている。そして脳みそは90%に至る。トータルで人体から水が38リットル取れるとされる。

生体電気トランスミッターの故障

作中ではロボットのアップルが生体電気トランスミッターが故障したため、何度か一時的に機能停止状態となっている。左腕に搭載されているハートの数が減っていくが、残りの活動限界となる示唆とされている。ハートの数が完全に無くなると永遠にシャットダウンされるとし、ロボットの死を迎える。

VHS

ビデオテープである。作中で薪の代わりとして燃やされていた。

ターボライダー

ターボライダーとはアメコミに出てくるヒーローである。

キッドの母からの教え

世界が崩壊した時、夜空はたくさんの人の魂で輝いた。要するに人間が死ぬと夜空の星の1つになると。

【ターボライダーの技】

ターボブラスト

ターボグローブより発せられる光線で、喰らった相手は肉片になる程の威力で吹っ飛ぶ。連続して7発まではビームを発射することが可能。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=foNlVYAoZ7c

【ターボライダーの兵器】

”ターボ・メガ・ブラスター”である。作中では”ロボット墓地”でフレデリックが拾って来ており、時限爆弾として使用しようとしたが誤作動を起こし起爆しなかったためターボブラストで爆破し、使用している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=DXZJ7ZATEnk

【ゲームも出ている】

 





 

コメントを残す