ムカデ人間2

ムカデ人間2

 

本作は白黒映画で進行していきます。ゲリでクソが肛門から口へ弾け飛ぶシーンあり。

作品紹介
ムカデ人間2
  • 2011年オランダ・イギリス合作映画
  • 監督:トム・シックス
  • 製作:トム・シックス、イローナ・シックス
  • 出演:ローレンス・R・ハーヴィー、アシュリン・イェニー、マディ・ブラック、ドミニク・ボレリ

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

知的障害を持つ小柄な男マーティンは、ロンドンの地下駐車場で夜間警備員として働きながら、母親とペットであるムカデ1匹と暮らしていた。そんな中、マーティンは『ムカデ人間』のDVDを繰り返し鑑賞している内に自分もムカデ人間を作ってみたいという欲望にかきたてられる。 その結果、マーティンは夜の地下駐車場を訪れた人々を拳銃やバールで気絶させ、拉致して倉庫に監禁。更に映画の出演者の1人で、真ん中を担当していたアシュリン・イェニーを映画のオーディションと偽り倉庫へ連れ込もうとする。 ところが、その計画の進行中にムカデ人間についてまとめたファイルを母親に見られてしまう。幼い頃、父親が彼を性的虐待して逮捕・投獄された事もあり、かねてから息子の存在を疎ましく思っていた母親は激しく罵り、ファイルとペットであるムカデを処分しようとするも、それを見て激昂したマーティンに殺害されてしまう。 歯止めを失った彼の行動はエスカレートしていき、ついには12人もの人間が倉庫に集められる。そして、マーティンは映画のDVDを参考にムカデ人間の製作に取り組んでいく。

登場人物
マーティン

喘息持ちの変態チビデブ男。知的障害者。ロンドンの地下駐車場で夜間警備員として働いている。趣味は”ムカデ人間”の映画DVDを観ながら紙ヤスリでセンズリをかます。紙ヤスリで擦りすぎたのか血尿が便器に出ているシーンがある。バールや拳銃を使用し12人の人間を貸し倉庫に集め、映画の”ムカデ人間”を観ながら医者でもないのに雑な手術を行いムカデ人間を作った。幼少期に父親から性的虐待を受けケツを掘られ過ぎたせいか、寝ながらウンコを漏らすことが度々ある。母親にムカデ人間の本を見られて破られてからキレてバールで母親を殴り殺している。最終、アシュリンから反撃を受けてロートをケツに突っ込まれ、飼っていたムカデを直腸に流し込まれて悶絶していた。尚、昔は3匹の犬を飼っていた。飼っているムカデも好きなのかナメクジを餌として与えているシーンがある。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ckcgPH8oEpA

イアン

彼女とデートをしていたが親父に内緒で借りた車のキーを無くして「ファック、ファック!!」と地下駐車場で叫んでいた。マーティンが見回りに来た際に挑発したため右足を撃たれバールで頭を殴られ気絶したところを貸し倉庫に連れて行かれ”ムカデ人間”にされる。生きが良いためマーティンより度々バールで殴られ黙らされている。前から5番目。結局彼女はマーティンに犯された後に銃殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=kwTyL3PGoos&t=306s

アシュリン・イェニー

“ムカデ人間1”に出演していた女優。潔癖症。映画出演のオーディションでタランティーノ監督に呼び出されたと思ってヒースロー空港に向かったが、マーティンにより拉致され貸し倉庫に連れて行かれた後に手術され”ムカデ人間”の先頭役になった。舌を引き抜かれている。終盤、マーティンの隙を見て反撃し、逃げ出したムカデをロート越しにマーティンのケツの穴に流し込むも最終的にマーティンによりナイフで首を刺され絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=al8Yphr4C6Q

シーブリング

医者。アナルファックが好きな変態オヤジ。診療という名目でマーティンのケツを掘ろうと当初は考えていた。パウルからキャンディという売春婦を紹介され地下駐車場のパウルの車の中で性器をしゃぶらせてマリファナを吸っていた。マーティンに見つかり性器と脳天に銃撃を喰らい絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=idg_mT9sC4U

タランティーノ

映画監督。映画”ムカデ人間”の制作者。地下駐車場でスキンヘッドのボディガードと一緒にマーティンに捕まった。携帯電話を奪われイェニーをおびき出す道具として使用された。いち早く自分や拉致られた他の人間らが”ムカデ人間”にされる事を察知した。無事”ムカデ人間”の一員にされる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=JMb71R9swoA

キャンディ

パウルがシーブリングに紹介した売春婦。シーブリングの性器を車内でしゃぶりついていた。ケツを掘られるのは50ポンドらしい。マーティンに銃で右大腿部を撃ち抜かれた後に、追いかけ回され催涙スプレーを吹きかけ反撃したが、最終的にマーティンに捕まり”ムカデ人間”の一員にされた。先頭から2番目。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=al8Yphr4C6Q

パウル

キャンディの愛液の匂いを嗅いで、「ゴージャスでいい匂いがする!」と車内で絶賛していた。運転座席で見張り役をしていて、シーブリングにキャンディを紹介して後部座席でしゃぶらせていた。マーティンに見つかり、車に近づいてきたマーティンを威嚇するも胸に銃撃を受け、マーティンに捕まり”ムカデ人間”にされてしまう。前から4番目。尚、タイにシーブリング好みの店があるらしい。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ckcgPH8oEpA

マーティンの母

リストカットするのが癖。夫がマーティンの虐待で捕まり、マーティンに対して疎ましく思っている。マーティンが寝ている間に包丁で殺そうとしたが本人はベッドに寝ておらず失敗に終わっている。作中ではマーティンのベッドの下に隠してあった”ムカデ人間”のスクラップ本を見つけビリビリに破いたが、マーティンの逆鱗に触れバールで顔面が粉々になるまで殴りつけられ絶命。食卓に座らされていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=kwTyL3PGoos

ヴァレリー

クラブ帰りのアホ女。黒人の女友達と一緒にいたが、たまたまマーティンの自慰行為を目撃する。マーティンにその後拉致され”ムカデ人間”の一員にされた。後ろから二番目。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=2vDwYhIACDA

マーティン家の上階に住んでいるチンピラ

マーティンの上階に住んでいて爆音でクソみたいな音楽を鳴らしている。うるさい為、ホウキの柄で上階を突くとすぐ訪ねて来てすぐにキレながら殴りかかってくる。母親を殺して直後で気の立っているマーティンにより銃で足を撃たれた後に拉致され、”ムカデ人間”の一員にされてしまう。前から6番目。途中に金槌で歯を叩き割られているシーンあり。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=kwTyL3PGoos&t=94s

 

マーティンが途中で気絶させた妊婦ですが、逃げたけど色々と可哀そう。



豆知識
無能な医者シーブリングの診療

マーティンの家を訪問診療しに来たシーブリングスであるが、マーティンにとってムカデは男根の象徴であると解釈している。ムカデが与える激痛は父親から受けた精神的および性的虐待を意味し、まれに精神障害者や性的虐待の被害者は自身の性器を傷つけます。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=kwTyL3PGoos

クリエイティブ芸能事務所より連絡

連絡先:713-499-0913 イエニーが”ムカデ人間”の映画のオーディションを受けたがっている。

USA芸能事務所より連絡

当初、北村とウイリアムズはロンドンのオーディションに参加できなかったが、後に急遽参加希望をされた。

 

 

次回作の紹介を見る
一作目の紹介を見る








 



 

 

 

コメントを残す