シャドー

シャドー

 

作中では女性軽視な描写が多い。そして、作中の登場人物はなぜか小説マニアやファンばかり。

作品紹介
シャドー
  • 1982年イタリア映画
  • 監督:ダリオ・アルジェント
  • 製作:クラウデイオ・アルジェント
  • 製作総指揮:サルヴァトーレ・アルジェント
  • 出演:アンソニー・フランシオサ、ジュリアーノ・ジェンマ、ダリア・ニコロディ、クリスチャン・ボロメオ、ジョン・サクソン、ジョン・シュタイナー、キャローラ・スタナーロ、ララ・ウェンデル、ミレッラ・ダンジェロ、ミレッラ・バンティ、エヴァ・ロビンス、ダリオ・アルジェント

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

アメリカのニューヨークに住む人気ミステリー作家ニールが新作『暗闇の祈り』(Tenebrae)のプロモーションのためにイタリアのローマを訪れた頃、『暗闇の祈り』を万引きした若い女性が自宅で何者かに喉を斬られて殺害された。ジェルマニ刑事の訪問を受けたニールは、殺害現場に『暗闇の祈り』が散乱していたこと、殺害の手口が小説と同じことを聞かされ困惑するが、そこへすぐ近くにいると思われる犯人から電話が鳴る。内容はさらなる殺人予告であった。。。

AmazonPrimeで映画を視聴する
U-NEXTで映画を視聴する

 

登場人物
ピーター・ニール

ミステリー作家。”暗闇の祈り”という著書を出している。同権論者でカトリック信者。ニューヨーク在住。出身はロードアイランド。サイクリングを趣味としている。少年時代に付き合っていた彼女を包丁で刺し殺した過去を持っており、罪悪感からか自身の執筆した小説でもその内容を一文として入れている。過去の殺人のトラウマからか眠れないため薬に頼っている。ビジネスパートナーのブルマーから100万ドルの仕事依頼を受けてローマの地へと向かっている。尚、婚約者のジェーンがいるが2ヶ月連絡をとっていないため空港で電話がかかってきており、空港の案内係経由でとっている。取材記者チルダとはニューヨークで10年前に関わったことがあるが詰問取材をラウンジでされていた。ホテルへ着くなり、ジェルマニ刑事からしょうもない事情聴取を受けている。ホテルの管理人へお湯が出ないため確認依頼をしている。TVスタジオでクリスチャーノとの打ち合わせで”暗闇の祈り”の解釈を聞かれていた。その後、マリアが殺されて犯人からの手紙の内容を聞き、犯人捜しをアンとジャンニでしている。クリスチャーノのTVスタジオでの打ち合わせの言葉から、彼が怪しいと考えて電話帳からエウル区の自宅へジャンニと潜入している。ジャンニとクリスチャーノの家の敷地に侵入して、クリスチャーノの頭を斧で割って殺しているが、ジャンニを騙すために自作で後頭部を石で傷つけ犯人に殴られたと主張していた。クリスチャーノの一件で命を狙われているとしてブルマーへパリへ移住したいと申し出たが却下されている。すぐアンにパリのホテルを手配させている。終盤、ジャンニとブルマーとジェーン及びアルティエリ警部を殺した。すぐ駆け付けたジェルマニ刑事とアンの前で全ての犯行を認めており、細工されて血の出る剃刀で首を切って自殺したように見せかけ隙を付いて隠れている。ピーターが死んだため事件現場へ応援を呼ぼうと一旦車へ向かい、戻って来たジェルマニ刑事を斧で殺している。最終、アンが倒した現代アート風のオブジェの一部が腹部を貫通して死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=OkUpGi2N8wo

アン

ピーターの秘書。厚化粧。ピーターとは知り合って6年の仲。ピーターがニューヨークからローマに到着するまで6日かけて彼の部屋を用意している。ピーターの飲み仲間兼愛人関係。自分がホテルに帰宅した時にピーターの部屋の設備確認をして出て行くマリアを見て嫉妬していた。また、ジェーンがニューヨークからローマへ訪れたと知った時には、自らのもらうはずだったプレゼントにイタズラをしたのをジェーンと思っている。クリスチャーノの自宅へ侵入したが頭部を負傷して戻って来たピーターへ一旦ニューヨークへ戻った方が良いのではないかと提案したが却下されている。その後、ピーターの指示もあり、パリのラファエル・ホテルを手配している。ジェーンの電話があり、ジェルマニ刑事らと一緒にジェーンの自宅へ向かったがピーターが一連の犯行の犯人であるとわかってしまう。最終、ピーターから殺されそうになるも偶然ドアに倒れていた現代アート風のオブジェを動かしてしまい、その一部がピーターの腹部に突き刺さり彼を殺すこととなってしまった。最後にギャーギャー喚き散らしていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=OkUpGi2N8wo

ブルマー

編集者。ピーターのビジネスパートナー。最近買った黒いハットがお気に入り。100万ドルの仕事をピーターへ仲介している。ラウンジでピーターに対して詰問取材をしていたチルダへうるさかったため再度アポイントをとるように説得していた。チルダの詰問内容からレズビアンであると気付いていた。”暗闇の祈り”がローマで12週間トップセールスであるとピーターへ報告している。ピーターの婚約者であるジェーンと愛人関係であり、恨まれていたピーターに彼女と待ち合わせていた広場で腹を3度包丁で刺されて死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=OkUpGi2N8wo

ジェーン・マッケロウ

ピーターの婚約者。冒頭で2ヶ月ピーターに相手にされていなかったのか空港にいるピーターへからわざわざ本人の見える電話BOXから電話をして見張っていた。精神に問題があるのかニューヨークの精神分析医が監視していたとされている。車でピーターの泊まっているホテルの前を通過する姿を度々、ピーターやアンに目撃されている。ブルマーの愛人として関係を持っている。ニューヨークからローマのアペニリ通りの貸家に移り住んでいる。ピーターから自宅へ送りつけられている赤いハイヒールのプレゼントに喜んでいた。広場でブルマーとランチの約束のため向かったが、彼が重症を受けている場を目撃し、その場を立ち去っている。ブルマーを殺したのをアンだと思ったのかアンへ電話して、彼女を殺そうと自身の住んでいる住所を伝えて銃を持って待ち構えていたが、窓を割って入って来たピーターにより右腕を斧で切り落され、背中を含め何度も体を切りつけられ死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=OkUpGi2N8wo

ジャンニ

編集者見習い。ブルマーの紹介でピーターの助手として紹介されている。作中では車の運転をすることが多い。ピーターと一緒に連続殺人犯の疑いがあるクリスチャーノの自宅へ潜入している。連続殺人犯のクリスチャーノがピーターに目の前で殺されるのを見てショックを受けていたがアホなのか、肝心の犯人を見てはいなかった。殺人を思い返してピーターを乗せていたにも関わらず暴走運転をして事故りかけている。ピーターがパリへ移動している最中に別行動でクリスチャーノの家へ再度向かっており、帰ろうとして車に戻るも車の後部座席に潜んでいたピーターに首をロープで絞められ死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=kt9jhDM6XqM

【ローマ警察】

ジェルマニ刑事とアルティエリ警部のコンビ。ピーターのホテルやピーターの出演するTVのスタジオに訪れている。”暗闇の祈り”の連続殺人犯に模倣している犯人に注意するようピーターへ警告している。

 

ジェルマニ刑事

ピーターの泊まるホテルに潜んでいた変態刑事。小説マニア。仕事中にスコッチを飲んでいる。エルザ・マンニに事件現場に”暗闇の祈り”の本が置いてあったため、わざわざ著者のピーターの元へ聞き取り調査に来たアホ。クリスチャーノが死んだため、彼の自宅へピーターを呼んで捜査報告と協力依頼ををしている。ブルマーが死んで家政婦より情報提供があったジェーン宅へアンとアルティエリ警部で向かっている。目の前でアルティエリ警部がピーターに殺されて逮捕しようとしたが、ピーターが剃刀を使い自殺したため事件現場へ応援を呼ぼうと一旦車へ向かい、車内でアンに国際警察の情報提供で、過去の少年時代にピーターが彼女を殺していると暴露している。応援を呼んだ後に、事件現場へ再び戻って来たが、隠れていたピーターから斧で背中を切りつけられ殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=OkUpGi2N8wo

アルティエリ警部

ジェルマニ刑事の部下。イヴ・モンタンのファンなのかTVスタジオへ訪れた際に、サインをもらっていた。スペイン語を話すブルマーの家政婦からの聞き取りで、ブルマーは殺される前に愛人と一緒にいたと聞いている。家政婦からブルマーの愛人ジェーンの住所を手紙から確認して、向かったがピーターがアンと間違って斧で背中を切りつけ殺している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=WYBiRn1PVWY

【レズカップル】

同居している。

 

チルダ

ピーターと面識のある記者。ピーターとは以前ニューヨークで関わったことがあり10年来の仲だとされ、空港で合流している。ピーターにラウンジで詰問取材をしていたため、ブルマーから仲裁されている。ブルマーからの仲裁後に母親を紹介するとピーターへ話していた。レズビアン。レストランで逆ナンパしたマリオンが他の男と関係を持つことに苛立っていた。レストランで取り残された後に軽そうな男にナンパされている。自宅に帰ってマリオンをブタと罵って喧嘩した後に、自宅に侵入したクリスチャーノに着替えている所を剃刀で首を切られ殺されている。尚、詰問取材の内容は”暗闇の祈り”は男性至上主義で女性軽視の本であるとレズビアンならではの解釈をしていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=OkUpGi2N8wo

マリオン

チルダのレズ友達。巨乳。レズセックスに不満があり、レストランのゲーセンで逆ナンパしたアホそうな男と1時間限りの肉体関係となって最高だったと言っている。酒を飲み過ぎたのか気持ちが悪いと言っていた。自宅では基本裸にバスタオル。2階が生活スペースである。チルダの死体を発見してパニックとなり逃げだしたところ、後ろからクリスチャーノに背中を剃刀で切られ、倒れたところへ剃刀で首を切りつけられ殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=OkUpGi2N8wo&t=1s

 

【その他】

クリスチャーノ・ベルティ

TVの書評家。ローマのエウル区に住んでいる。ピーターの大ファン。カトリックの信者であるが堕胎も離婚も認めている。実は連続殺人犯であり、”暗闇の祈り”に出てくる連続殺人犯を模倣してエルザを始めとする作中序盤に登場する女を剃刀や斧で殺しまくっては写真を撮っている。犯行後の特徴としてはピーターの泊まっているホテルを突き止めて何度か犯行内容の手紙を玄関扉に置いている。TVスタジオでピーターと一緒に打ち合わせしている際に、ピーターの著書”暗闇の祈り”の事を堕落した人間と社会への影響についての本で、作中での犯人は堕落の一掃が目的なのかと聞いている。ピーターに斧で頭を割られて殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=lSSoOrohpno

エルザ・マンニ

窃盗常習犯。ローマのデパートで”暗闇の祈り”という著書を万引きしていた。過去に窃盗で12回の逮捕歴がある。住所はローマのカメーネ通り14番。防犯の弱いマンションに住んでいる。デパートの従業員に捕まっており、自宅へ来て性交渉しないかを持ち掛けている軽い女。自宅への帰り道に色気づいた浮浪者に襲われているが反撃しながら逃げ切った。自宅内に侵入したクリスチャーノに口へ”暗闇の祈り”の破られたページを突っ込まれ、喉と胸を剃刀で切られ死んでいる。尚、隣人の女性は洗濯機が壊れて困っている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=kt9jhDM6XqM

マリア・アルバレット

14歳。ホテル管理人の娘。小遣いの5000リラを父からねだっている。小遣いをもらう代わりに連絡が入ったピーターの部屋の給湯スイッチを入れている。その後、ブルマーから頼まれタイプライターのスペアを22号室へ持参した。ジャンニに誘われて一緒に遊びに出ている。夜中にバイクで男とドライブをしていたが、性交渉を断ったため途中下車させられている。途中下車後は野犬に襲われて追いかけられており、近くの民家(クリスチャーノの家)へ逃げ込んだが連続殺人犯クリスチャーノの家であった。助けを呼ぼうと電話をかけたが、クリスチャーノに見つかり、逃げ回るも捕まって腹を斧で切りつけられ死んでいる。尚、角の本屋の店員がピーターのファンであると語っていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=kt9jhDM6XqM

浜辺の赤いハイヒールの女

夢の中に幼稚な音楽と共に出てくるエロ女。実はピーターの少年時代に付き合っていた女でピーターが殺している。ビーチでガキどもを挑発していた。両乳を出した為かピーターに左頬をビンタされている。ビンタされてキレたのか、ピーターの脇腹を何度か蹴った後、唾を吐き捨てピーターの頭をハイヒールで踏みつけて、ハイヒールの踵を口に突っ込んでいる。2回目の登場では青年と一緒に現れるも青年が離れた隙に近くの茂みに潜んでいたピーターに腹部を包丁で2度刺されていた。いずれもピーターが過去に彼女を殺した罪悪感からか回想シーンとされている。尚、履いていた赤いハイヒールはピーターに回収されて、後にジェーンへプレゼントとして送りつけられている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=kt9jhDM6XqM

 

 

途中でマリアを追いかけてた犬しつこすぎやろw

 




豆知識

【Tenebre】

ゴブリンの作曲したテーマ曲である。

 

【小説”暗闇の祈り”の一文】

抑えはきかなくなっていた

怒りを静める方法は一つだけ

こうして彼は殺人を始めた

タブーを破る事に罪の意識は感じなかった

不安も恐怖も消え楽になった

憎むべき者たちと彼を苦しめた屈辱感はきれいに一掃された

そのための手段こそ殺人だった

※少年時代に自分の彼女を殺したピーターの心境でもある

ピーターが乗った飛行機

ニューヨークからローマ行840便である。所要時間6時間とされる。

ピーターへの著書の取材

まず下調べに1か月位、執筆に3ヶ月、構成に2ヶ月。実際に3冊続けて書くと2年かかる。

チルダの本の解釈

”暗闇の祈り”という本は女は無力な生贄で、男は力強い英雄であり、女性軽視だと解釈している。

ピーターからアンへのプレゼント

衣類と時計。何者かにズタボロにされていた。ジェルマニ刑事の事情聴取の時に提示し渡している。

ピーターの泊まったホテル

22号室。

ピーターの著書

”暗闇の祈り”以外に”夜明け”という本も出している。

イヴ・モンタン

イタリア出身でフランスで活躍した俳優・シャンソン歌手。意外と低身長らしい。

クリスティ

イギリスの小説家アガサ・クリスティの事。

マクベイン

アメリカの推理小説作家でエド・マクベインの事。

エルザの犯行現場(玄関)に落ちていた手紙

”怒りを静める方法は一つだけ”と小説の一文が残されていた。

ピーターへの電話

”不安も恐怖も消え 楽に”46ページにそうある。

ピーターの室内に落ちていた手紙

”レズビアンに滅びを”とラテン語で書かれていた。

ジェルマニ刑事の読み上げた手紙①

”小娘はかわいそうだがどうしようもなかった”

”腐敗した人間はことごとく殺す”

”最大の腐敗者も”

ジェルマニ刑事の読み上げた手紙②

”ピーター・ニールの妄想について”

”ニールの小説の異常性”

”個人の記録”

”ロードアイランド生まれ”

”カトリック”

”背が高い 会見で目が合うが話しかけず”

連続殺人犯からの手紙の影響

TVニュースで連続殺人犯から”次は犠牲者は最大の堕落者”と手紙に残っていたのを知った街の政治家たちは街を逃げ出したとされる。

コナン・ドイルの本の内容(バスカヴィル家の犬)

”消去法で残ったものは例え信じ難くとも真実だ”

per te jane

意味:ジェーンへ。

 





 

コメントを残す