リヴァイアサン

リヴァイアサン

 

作品紹介
リヴァイアサン
  • 1989年アメリカ、イタリア合作映画
  • 監督:ジョージ・P・コスマトス
  • 製作:ルイジ・デ・ラウレンティス、オーレリア・デ・ラウレンティス
  • 製作総指揮:ローレンス・ゴードン、チャールズ・ゴードン
  • 出演:ピーター・ウェラー、リチャード・クレンナ、アマンダ・ペイズ、ダニエル・スターン、アーニー・ハドソン、マイケル・カーマイン、リサ・アイルバッハー、ヘクター・エリゾンド、メグ・フォスター、ラリー・ドルギン

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

大西洋水深4800メートルで銀や貴金属の採取をトライ海洋開発会社所属のベック率いる調査隊は極めて危険な任務として遂行していた。第7採掘所87日目に深海でバルト海ロシア艦隊所属の”リヴァイアサン”という船を発見する。バズ・パリッシュの調査により”リヴァイアサン”より金庫を回収するが、その中のウォッカを飲んだ調査隊員に次々と遺伝子変異が起こりバケモノへと変身していく。

登場人物
スティーブン・ベック

トライ海洋開発会社所属の隊長。地質学者であもある。グレン医師がいう事を聞かないため手を焼いている。序盤のトニーの潜水スーツの故障時はパニックになっていた。グレン医師が食事に来た際に会社の規約1412条の”鉱山所属の医師は作業中は常に指令室に待機しないといけない”ので確認するよう注意した。リフト・ロックの調子が悪いので整備をする。その後、パリッシュの体調不良にて作業員と一緒に鉱山採掘の作業をして信頼を取り戻す。その後、ボーマンが死んで死体を診療室で保管していたがパリッシュの死体と同化し始めグレン医師と相談の結果、危険と判断し海に流すことを決断する。その後は、グレン医師が会社本部へ送った心中メッセージを訂正してマーティンと連絡を取るもすぐ救助しない事を不信に思い、別で調べたところ、作業員が全員事故死させた情報を知り裏切られた事を知って、ウィリアムスとジョーンズで海上へ脱出する。バケモノの口めがけ爆弾をフリースローを決め撃退する。最後は、従業員を切り捨ているような裏切り行為を行っていたマーティンをグーパンで殴り飛ばした。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=u4ugObcErgc&t=34s

グレン・トンプソン医師

専門は薬理学。新薬の開発で何人か死亡者を出した過去を持つ。作業員が作業中は医師として異常事態に備え船内待機しないといけない立場であるが不在にしている事が多い。序盤でトニーが潜水スーツのリブリーザーが故障して呼吸ができなくなった事態があった事の報告をベックから受けたが、反省する態度を見せず翌朝の作業もゴルフの先約があると仕事を優先しない舐めた態度をとった。祖母がロシア人。パリッシュがウォッカを飲んでから身体に異常をきたし始めており、皮膚組織を調べたところ遺伝子変異している事を発見する。死んだパリッシュの原因を無線で海軍と交信して、海洋医学やウイルスの最高権威と話をしたが見当がつかなかった。ウィリアムスの記録テープを見返してリヴァイアサンの艦内で海中でも生きて行けるように人体実験をしていたのではないのかと推察をした。終盤では、感染により変異したコッブの状態を診て助からないと思い、脱出用バルブを勝手に作動させ海洋センター本部へ”我々さえ犠牲になれば、この悲惨な変異を人類は何も知る事なく生きるだろう”とメッセージを残して作業員全員を道ずれにしようとした。最終、コッブからの影響か化け物に取り込まれる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=u4ugObcErgc&t=34s

エリザベス・ウィリアムス

当初、銀の採掘作業中にボックス22へイカリを付ける担当だった。宇宙飛行士になるのが夢。艦内をランニングしている事が多い。ベックを慕っている。トライ海洋開発会社の株を購入している。パリッシュの潜水服を点検した際に胸ポケットから深海の蜘蛛の様な生物が飛び出たためパリッシュの枕の裏に仕返しとして忍ばせておいた。海上へはベックと無事生還した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=zeSe5X9ALXg

バズ・パリッシュ(シックスパック)

女好きの変態男。クーキーという金魚を飼っている。寝室の天井に裸体の女のポスターを貼っている。下ネタをちょくちょく言いゲップをしまくる。イタズラ好きでされるのが嫌いな身勝手な性格。深海の蜘蛛の様な生物を自身の潜水スーツの胸ポケットにウィリアムスが点検するのをわかっており驚かせようとワザと入れておいたが、仕返しに枕に忍ばされており激ギレしたアホ。序盤のトニーを救出後にPEPSIを飲みながら前に見た潜水スーツが水圧で中身の人間を圧迫して死んだときの様子を空気を読まずに話した。職務を全うしないグレン医師の事を良く思っていないし、その事を監督しきれていない隊長のベックの事をもっと良く思っていない。ウィリアムスに行ったイタズラが原因で、半日銀の採掘作業をウィリアムスと共にしていたが、途中で海溝の下に落ちて”リヴァイアサン”という沈没船を発見して、勝手に金庫を持ち帰ってくる。持って帰ってきた金庫内のウォッカをボーマンと飲んで身体に異変をきたし始め、発疹が出て8時間後に死ぬ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=6loInvUSYEM

ジャスティン・ジョーンズ

職務を全うしないグレン医師の事を良く思っていないし、その事を監督しきれていない隊長のベックの事をもっと良く思っていない。旭日旗のハチマキがトレードマーク。パリッシュが体調不良で代わりにベック隊長が現場に出て作業をしたため彼を見直した。トニーが同僚ら(パリッシュとボーマン)が死んで平然とパズルをしていたためキレて床にパズルをブチまけた。食事に行ったトニーと仲直りをするために合流するも、その後に変異体に襲われたトニーを発見した際に出入口を封鎖して助けを他の船員に求めた。最終、ベックとウィリアムスで海上へ脱出したが、追ってきたバケモノに対し勇敢に立ち向かうも殺される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=u4ugObcErgc&t=34s

トニー・ロデロ(デジーザス)

序盤の銀の採掘作業帰りに作業スーツが誤作動を起こして加圧器が動かなくなり呼吸ができなくなった。その際に「潜水服が破れる!」と叫んでいた。何とか救出され調査結果、リブリーザーの故障と判明した。その後、グレン医師の診察を受けた。パズルをするのが趣味である。知りもしないスキーの話をするのが好きで、ダシュタートのスキー場は1万6千ヘクタールであると言ってパズルをしていた。食事をするために棚を探っていたら、切断された変異体の足から分離した蛇の様な生物が降ってきて襲われ腹の中を喰いちぎられる。その後、同化したバケモノの姿で発見される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=u4ugObcErgc&t=34s

ブリジット・ボーマン

個人投資家で株式を保有しているのか経済の動きに詳しい。巨乳。パリッシュがくすねたウォッカをお裾分けしてもらい、自身の体にも変異が起こり始める。髪の毛が抜け落ち出して、パリッシュの遺体手首から排膿しているのを見て怖くなり、バスルームで右手首をメスで切って自殺した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=w9I7PBSMBZw

G.P.コッブ

保安係。パリッシュがトニーに潜水スーツで死んだ人間の話をして隊員の空気が悪くなったのでトニーに対してホットコーヒーを入れて飲ませてやった。太った妻とヤクに溺れたガキどもがいる。換気口の騒音点検で換気口内に噛んでいるボーマンの商品であるガムを付けて修理するイカレ野郎。パリッシュとボーマンの融合遺体を海中に遺棄する際に胸を爪で引っ掻かれた。引っ掻かれた胸の傷から変異が始まり最終グレン医師を襲いバケモノと融合する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=u4ugObcErgc&t=34s

マーティン

トライ海洋開発会社の役員。会社の利益重視でベックやグレン医師へビデオ通話主体で対応する。グレン医師がパリッシュの死んだ状況と検査から遺伝子変異した事を報告したが、伝染病の証拠がないと話に取り入らなかった。その際にキューバ沖にハリケーンが発生しており、地上帰還に12時間遅れをとると話した。その後もハリケーンが停滞して48時間地上に上がれないと話不信がられる。結果として、地上へ生還したベックにグーパンされる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=wa1uJbTy6XE

ヘリパイロット

ベックが出した救難信号を元に救助に来た。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=wa1uJbTy6XE

 



 


リヴァイアサン
リヴァイアサン

バルト海ロシア艦隊所属の現役船である。事実上2隻あるが沈没している船は記録上抹消されている。魚雷が命中した爆発が原因で沈没した。金庫内に残っていた船長の記録テープより、船医は熱帯病で病室は満室であるが初めてみる病気であると残っている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=w9I7PBSMBZw&t=27s

【金庫内で発見した物】

・タイメックスの時計

・ロシア紙幣

・ウォッカの入った銀製ボトル

・家族写真

・船長日誌のビデオテープ

・死亡した患者カルテ

・ストレスナビアのウォッカ

 







コメントを残す