はらわた喰い

LINEで送る
Pocket


はらわた喰い

今回は撮り貯めしていたホルモンの店の紹介です。

撮影は2019年の春頃ですが、

大阪市西成区の”きらく”です。

大阪府大阪市西成区萩之茶屋1-9-8

すでにYoutuberの方でも結構取り上げているお店です。

西成区とは?

【解説】

大阪市23区の中で1番のスラム街。通称:愛隣地区、釜ヶ崎とも言われている。大阪の混沌を集約した街。ドヤ街である。日雇い労働者の街でもあり、炊き出しなど三角公園で行われている。日雇い労働者の街なので宿泊所が1泊1500円など激安である。過去に暴動事件が起こったり、現在では違法薬物売買や泥棒市と呼ばれる露店も今も尚水面下で行われている。近年バックパッカーが良く利用され外国人観光客が増えた。また、今宮~今池への商店街は昔は日本人が多く商業を営んでいたが、近年高齢化して前任の日本人が立ち退いた後、韓国人や中国人のカラオケスナックが増えて違う意味で治安が悪くなってきている。昼間から飲める店も多く、昼間から酔っぱらって道路で寝てるオッサンを多々見ることもある。

 

 

 

おばあが一人で切り盛りしていますね。

 

店の外へと漂ってくるホルモンを炊いたクリーミーな匂いがどこか懐かしい。

おばあが店内で大きな鍋で

ホルモンを炊いてます。

メニュー
  • ホルモン皿 120円
  • ホルモン うどん、そば、中華そば 1玉 300円/2玉 350円
  • 酒 330円
  • 焼酎 250円
  • ビール 大 550円/小 380円

ホルモン中華そば 一玉300円と二玉350円があるが、

腹が減っているなら二玉350円がおすすめ。

私はホルモン皿 120円を毎回追いホルモンしてます。

サイドに唐辛子が置いてあるので多めにかけると尚旨い。

ホルモンの中身はおそらくフクがメインですね。

おばあがトロっトロに炊いたホルモン旨いんで是非一度。

 

 

店の中想像通り汚いです。

特徴的な所は瓶ビールを頼むと

グラスがワンカップの入れ物です。

西成らしく風流ですな。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す