ハロウィン

ハロウィン

 

この作品を元に13日の金曜日ができたと言われてますね。

作品紹介
ハロウィン
  • 1978年アメリカ映画
  • 監督:ジョン・カーペンター
  • 製作:デブラ・ヒル
  • 出演:ドナルド・プレザンス、ジェイミー・リー・カーティス、チャールズ・サイファーズ、ナンシー・ルーミス、ナンシー・スティーヴンス、P・J・ソールズ、ブライアン・アンドリュース、カイル・リチャーズ、ブレント・ル・ページ、ジョン・マイケル・グレアム、ピーター・グリフィス、アーサー・マレット、デビッド・カイル、ロバート・ファレン、サンディ・ジョンソン、ウィル・サンディン、トニー・モラン、ニック・キャッスル、ジョージ・オハンロン・Jr

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

1963年ハロウィンの晩、イリノイ州の架空の町ハドンフィールドで6歳のマイケル・マイヤーズが10代の姉ジュディスを理由なく包丁で刺し殺す。それから15年間、マイケルは精神病院に収容される。1978年10月30日、マイケルの精神科医であるサミュエル・ルーミスと看護師のマリオン・チェンバースが裁判所での聴聞にマイケルを連れて行くために精神病院に到着する。ルーミスは聴聞の結果マイケルが二度と同精神病院から解放されないことを望んでいる。しかし、マイケルは彼らの車を盗んで精神病院から逃走した。

AmazonPrimeで映画を視聴する
U-NEXTで映画を視聴する

 

登場人物

【ハドンフィールド高校の学生たち】

11月1日はハドンフィールド高校のダンスパーティーがあるとされる。

 

ローリー・ストロード

トミーのベビーシッターのバイトをしている。父の不動産販売の手伝いでマイヤーズ家の家の鍵を玄関マットの下に頼まれて置いている。学校のダンスパーティーへ気になっている男子のベン・トレイマーを誘うか迷っていた。トミーとハロウィンの夜にカボチャのランタンを一緒に作っているが、友人たちからはその内容を聞かれガール・スカウト”とおちょくられている。リンダから電話をもらい、ウォレス邸へ様子を見に行くも友人らの死体を発見し、犯人であるマイケルからも包丁で左腕を切られ2階より転落するも何とかトミーの家へ逃げ込み、裁縫の縫い針で反撃した。その後、マイケルが再び現れるもすぐにバレるであろうクローゼットに隠れており、案の定バレて追い詰められたがハンガーのワイヤーで目を突いて、落とした包丁で腹を刺し反撃している。マイケルが怯んだ隙に隠れていたトミーとリンジーへ近所のマッケンジー宅へ助けを求めに行くよう指示している。マイケルに襲われて殺されそうになったが、駆け付けたサミュエル医師により助けてもらい一命をとりとめている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ibocS-vqiIw

アニー・ブラケット

リンジーのベビーシッターのバイトをしている。口が軽い女。ポールに更衣室に引き込まれ話をしている。車に乗って目の前を通ったマイケルへ「バカ」と言い一旦停止させている。母親から車を借りてローリーとマリファナドライブしている。リンジーへのベビーシッター内容はポップコーン作りと6時間ホラー映画鑑賞である。ローリーに電話をして、お節介からかベンへローリーが一緒にダンスパーティーへ行きたいと勝手に喋っている。尚、自身はポールとダンスパーティーへ行く予定にしている。ポールを迎えに行こうと車に乗ったが後部座席に潜んでいたマイケルに首を包丁で切られ殺されている。その後、死体はベッドへ移されて頭もとにジュディス・マイヤーズの墓石が設置されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=EgqWJBeOkL8

リンダ

チア部所属。喫煙家。弟がいる。あまり勉強が好きでないためか教科書を学校に全て置きっぱなしにしている。恋人のボブとウォレス邸でイチャイチャしていたが、マイケルに電話線で首を絞め殺されている。その後、死体は物置に入れられている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=j71vktBHYpM

ボブ・シムズ

リンダの彼氏。喫煙家。リンダとウォレス邸の2階でヤった後に1階へビールを取りに行ったが、潜んでいたマイケルによって包丁で腹を刺し殺されている。その後、死体はドアから吊るされている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=pYS3RqW_1iA

【ハドンフィールドの住民たち】

 

トミー・ドイル

近所(ローリー宅から三軒先)のクソガキ。ローリーがベビーシッターで訪問している家のガキ。学校でロニーらにブギーマンの話でおちょくられており、持っていたカボチャを落として潰した。ハロウィンの夜にローリーと一緒にカボチャのランタンを作っている。ブギーマンの事が気になるのか、何度かマイケルを目撃してはローリーへブギーマンとは何かと訪ねていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=pYS3RqW_1iA

リンジー・ウォレス

ホラー映画が好き。犬を飼っている。ベビーシッターであるアニーの声かけには基本無視で不愛想な対応である。両親からは21時に寝かせるように言われていた。アニーがあまりにも手を焼いたため、ローリーに連絡を入れられトミーの家へ行き、一緒に映画を観ている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=pYS3RqW_1iA

 

 

【医療従事者】

1978年10月30日にスミス・グローブにある精神病院へサミュエル医師とマリオン看護師はマイケルの出廷命令が裁判所から下されたため彼を迎えに行っていたが、精神病院から脱走したマイケルを取り逃がしている。

 

サミュエル・ルーミス医師

精神科医。マイケルを冷静に分析しており、彼を危険人物という認識をしている。マイケルを精神病院から退院させたいと思っていない。裁判所からマイケルを出廷させるよう命令を下され、精神病院へ車で迎えに行っていた。彼にソラジンという薬を処方して出廷させる予定であった。マイケルが車を奪って逃げた後に保安官へ連絡しており、ハドンフィールドへ戻って来ると話して自宅付近を張り込んでいる。トミー宅よりトミーとリンジーが叫びながら助けを求めて出てきたためマイケルと思い侵入し、マイケルを発見したがローリーを目の前で襲っていたためすぐに彼へ銃を6発撃っている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=EgqWJBeOkL8

マリオン・チェンバーズ

患者の話が大嫌いな看護師。喫煙家。車を運転している。サミュエル医師と同行してマイケルを裁判所へ出廷させる予定であったが、精神病院を脱走したマイケルに襲われて車外へ逃げている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=QfVQMYvgXuQ

テレンス・ウィン医師

精神病院の医師兼管理責任者。マイケルが脱走した経緯をサミュエル医師により指摘されキレられていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=pYS3RqW_1iA

 

【マイヤーズ家】

15年前の当時ハロウィンの夜に両親は外出しており22時まで帰宅しない状況であった。マイケルの殺人事件以降は誰も住みつかずオバケ屋敷として知られている。マイケルは精神病院を脱走後はマイヤーズ家に再び戻り拠点として活動している。

ジュディス・マイヤーズ

15年前にマイケルに殺された巨乳の姉。墓を掘り起こされ墓石を盗まれている。墓場は18列目の20番。当時、恋人とハロウィンの夜にイチャついていた(おそらく2階でヤっている)。盗まれた墓石は、終盤で殺されたアニーの頭もとに置かれていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=QfVQMYvgXuQ

マイケル・マイヤーズ/ブギーマン

作中ではマイケル=”ブギーマン”と言われている。1963年ハロウィンの夜に当時6歳のマイケルは10代の姉を理由なく包丁で刺し殺して精神病院へ入院させられている異常者。15年後に訪れたサミュエル医師らの公用車を奪い精神病院から脱走している。普段は金物屋で盗んだマスクを被ってナイフを所持している。マイヤーズ家へそのまま向かうも自宅の鍵を所持していたローリーに目を付けて学校や自宅付近をストーカーしていた。リンジーの家の犬とアニーとボブとリンダを殺している。ローリーをウォレス邸で襲うも逃がしており、逃げた先のトミー宅へ押し入って殺そうとするも失敗して数々の反撃を喰らっている。最終、近隣で張り込んでいてトミー宅での異変に気付いたサミュエル医師に発見され、銃撃を喰らった後に2階から落ちたが姿を消している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Z1BG0IYnCS0

【その他】

ジュディスの恋人

ハロウィンの夜にマイヤーズ家でジュディスとイチャついていた。22時のマイヤーズ家の両親が帰るまでに自身も帰ったとされる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=QfVQMYvgXuQ

墓地管理人

サミュエル医師にジュディスの墓場へ案内している。無駄口が多い。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=pYS3RqW_1iA

リー・ブラケット保安官

娘のアニーがいる。喫煙家でパイプを愛用している。金物屋に押し入り泥棒が入り、ナイフとマスクを盗んだため呼ばれている。サミュエル医師によりマイケルの通報をされて対応している。当初、サミュエル医師からマイケルの話を聞かされたが相手にしなかった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=QfVQMYvgXuQ


 



 

豆知識

【ハロウィンのテーマ曲】

監督自身が作曲しています。

ブギーマンとは

子供たちが往々にして信じている、伝説上の、もしくは民間伝承における幽霊に類似した怪物である。

【ハロウィンでの文句】

黒猫と悪鬼 魔女と幽霊

彼等が人間を脅かす日

悪霊が出るハロウィンの夜

お菓子をおくれ さもないと

悪戯するぞ!

ソラジン

作用の強い抗精神薬とされ立てなくなる作用があるとされる。

【ローリーの歌】

あなたを1人占めしたい

そして2人きり

あなたを抱きしめるわ だから側にいて

そして2人きり…

【高校での授業】

”運命”について

ここでは誰もが運命の力に支配されていますね。

サミュエルが言いたかったのは、コリンズがどんなにあがいたとしても結局運命には逆らえず定められた人生を生きるだけでした。つまり、この作家は運命とは現実であり、誰もが立ち向かうべきものとしています。コステインの運命観とは運命を宗教と関連付け、サミュエルは運命を自然の一部だと考えました。そう、運命を具体化したのです。運命とは常に人間の前に立ちはだかる山の如く不動のものであり不変のものだと。

サミュエル医師の車

ナンバー84J207である。

 

墓地管理人の話

15年前にラッセルビルでボウルズという男が夕食を終えてガレージに出たところ、いきなり斧の一撃を喰らった。血だらけで家に戻り妻子にキスをして…

サミュエル医師がマイケルへ行った精神鑑定の結果

6歳のマイケルには理性、良心、知性など人間的なものがまるでなく善悪をも理解しなかったとされる。彼の顔は青白く無表情で暗い瞳は悪魔のそれであったとされる。マイケルの目の奥に邪悪なものを見たためサミュエル医師は彼を8年間研究し7年間監禁した。

トミーの好きな漫画

母親は漫画を嫌うとされているためソファーの下に隠している。「レーザー・マン」、「ニュートロン・マン」、「タランチュラ・マン」などがある。尚、”アーサー王”の本は飽きて嫌いである。

【遊星よりの物体X】

監督のジョン・カーペンターが気に入っている作品。自身でも遊星からの物体Xをリメイクしているほど。作中でもローリーとトミーが観ているTVで放送されている。





 



コメントを残す