遊星からの物体X(the thing)

LINEで送る
Pocket


遊星からの物体X


今回は

遊星からの物体Xの紹介です。

監督:ジョン・カーペンター

ジョン・Kペー太と違うからな!!

一般的なエイリアン映画ですが、

人間や動物に擬態します。

少し、寄生獣に似ております。

この物語は、

「心理戦」という言い方が

望ましいエイリアン作品では

ないでしょうか?

 

 

 

<内容>

約10万年前、宇宙から飛来した円盤が

地球に引き寄せられ、

大気圏で炎に包まれ

ながら南極へと落下した。

1982年、冬の南極大陸。

ノルウェー観測隊のヘリが

雪原を駆ける1匹の犬を追って、

全12名の隊員がいる

アメリカ南極観測隊第4基地

へ現れた。

銃や手榴弾を使い執拗に犬を狙うが

失敗し、手違いからヘリは爆発。

一人生き残ったノルウェー隊員は

なおも逃げる犬を殺そうと

銃撃を続ける。

その際に基地の隊員が

一人負傷したため、

隊長のギャリーが

そのノルウェー隊員を射殺した。

ノルウェー隊に一体何があったのか真相を究明するべく、

ノルウェー隊の観測基地へ向かったヘリ操縦士のマクレディらが

見つけたものは、焼け落ちた建物、自らの喉を切り裂いた隊員の死体、

何かを取り出したと思しき氷塊、そして異様に変形し

固まったおぞましい焼死体だった。一行は調査のため、

残されていた記録フィルムと焼死体を持ち帰る。

生き延びた犬は基地内を徘徊していたため、夜になると犬小屋に入れられた。

その途端犬は変形し、グロテスクな姿の「物体(The Thing)」となり、

他の犬たちを襲い始めたが、鳴き声を聞いて駆けつけたマクレディらにより

火炎放射器で焼かれ撃退される。

ノルウェー隊の記録フィルムに映し出されたのは、雪原の巨大なクレーターと、

約10万年前のものと推測される氷の層にある巨大な構造物を調査している

場面だった。

やがて持ち帰った焼死体が動きだし、蘇った「物体」が隊員の一人を襲って

その姿に成り代わった。結局その「物体」は、隊員たちの手で

他の「物体」の死骸と共に外で焼却処分された。

調査の結果、「物体」は取り込んだ生物に同化・擬態して

更に増殖することが可能で、コンピュータの試算により、

もし人類の文明社会にそれが辿り着くと、およそ2万7000時間で全人類が

同化されることが判明する。

それを知った主任生物学者のブレアが誰も基地の外へ出られないようにするため

無線機やヘリ等を破壊してしまい、基地は完全に孤立する。

その環境で隊員たちは誰が「物体」に同化されているか判断出来なくなり、

疑心暗鬼に陥る。

そして知らぬ間に同化されていく隊員たち。

このままでは皆が「物体」と化し、人類の文明社会へと出てしまう。

果たして隊員たちの、そして人類の運命は。

主演:カートラッセルですね。



 

 

 



LINEで送る
Pocket

コメントを残す