遊星からの物体X(the thing)

LINEで送る
Pocket


遊星からの物体X


今回は

遊星からの物体Xの紹介です。

監督:ジョン・カーペンター

ジョン・Kペー太と違うからな!!

一般的なエイリアン映画ですが、

人間や動物に擬態します。

少し、寄生獣に似ております。

この物語は、

「心理戦」という言い方が

望ましいエイリアン作品では

ないでしょうか?

作品紹介
遊星からの物体X
  • 1982年アメリカ映画
  • 監督:ジョン・カーペンター
  • 脚本:ビル・ランカスター
  • 製作:デイヴィッド・フォスター、ローレンス・ターマン、スチュアート・コーエン
  • 製作総指揮:ウィルバー・スターク
  • 出演者:カート・ラッセル、A・ウィルフォード・ブリムリー、T・K・カーター、デヴィッド・クレノン、キース・デッヴィッド、リチャード・ダイサート、チャールズ・ハラハン、ピーター・マローニー、リチャード・メイサー、ドナルド・モファット、ジョエル・ポリス、トーマス・G・ウェイツ、ノーバート・ウェイサー、ラリー・J・フランコ


 引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

<ストーリー>

約10万年前、宇宙から飛来した円盤が地球に引き寄せられ、大気圏で炎に包まれながら南極へと落下した。1982年、冬の南極大陸。ノルウェー観測隊のヘリが雪原を駆ける1匹の犬を追って、全12名の隊員がいるアメリカ南極観測隊第4基地へ現れた。銃や手榴弾を使い執拗に犬を狙うが失敗し、手違いからヘリは爆発。一人生き残ったノルウェー隊員はなおも逃げる犬を殺そうと銃撃を続ける。その際に基地の隊員が一人負傷したため、隊長のギャリーがそのノルウェー隊員を射殺した。ノルウェー隊に一体何があったのか真相を究明するべく、ノルウェー隊の観測基地へ向かったヘリ操縦士のマクレディらが見つけたものは、焼け落ちた建物、自らの喉を切り裂いた隊員の死体、何かを取り出したと思しき氷塊、そして異様に変形し固まったおぞましい焼死体だった。一行は調査のため、残されていた記録フィルムと焼死体を持ち帰る。生き延びた犬は基地内を徘徊していたため、夜になると犬小屋に入れられた。その途端犬は変形し、グロテスクな姿の「物体(The Thing)」となり、他の犬たちを襲い始めた「物体」は高度な擬態をする化け物だった。人類の運命は。

登場人物
R・J・マクレディ

ヘリの操縦士。冒頭でPCのチェスゲームをしていたがCPUが強く負けたため憂さ晴らしにPCへ酒を注ぎ込んでショートさせた。ノルウェー隊のジョージ発砲事件の真相究明のため、ヘリでコッパーと一緒に様子を観にいった。その後、変死体を持ち帰りブレアに解剖させた。犬の宇宙生物を発見した際には銃で応戦したが、異常事態によりノルウェー基地より持ち帰った記録テープを元に基地より南西に10キロ先にあるUFO発見地点へと向かって調査した。一旦、アメリカ南極観測隊第4基地に戻り、現地での結果報告と南極の寒さから冷凍された宇宙生物がどのようにして再び活動し始めたのかを推測した。ギャリーが血液袋の保管の件で隊長を降りた後の隊を指揮した。その後、血液検査で宇宙生物を特定したり、ブレアに擬態していた宇宙生物を撃退したが、最後はチャイルズと合流し2人で何もせず凍死する道を選んだ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Esy-776wcIo&t=6s

ブレア

医師。コッパーと一緒にマクレディがノルウェー基地より持ち帰った生物の遺体を解剖した。また、犬小屋での宇宙生物を発見し殺した後に解剖した。その際に、生物が擬態する特徴があると語った。また、その後PCで宇宙生物の細胞を解析しており、侵入にて他の生物と同化する確率を75%と割り出し、社会に宇宙生物が到達した場合に2万7千時間後に全世界が同化されると試算した。宇宙生物の同化研究をするにつれ疑心暗鬼となり部屋に籠ったり、犬小屋の犬を全て殺してヘリや雪上車及び無線を破壊した後にPCのサーバーを斧で叩き壊す。マクレディらによって取り押さえられ道具小屋に監禁される。当初の犬に擬態していた宇宙生物と一番接触していた時間が長かったクラークを擬態した宇宙生物でないかと怪しんでいる。どの段階でかは不明であるが同化されており、道具小屋の地下で宇宙船の様な物を基地にある部品を元に作っていた。最終、ギャリーと同化し巨大なバケモノとしてマクレディの前に現れたが、ダイナマイトで吹っ飛ばされた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=3qSbYEbtfoY

ノールス

調理担当のコック。ローラースケートで移動する口数の多い奴。ポップスを大音量でかけるためジョージに注意された。途中、台所のゴミ入れに誰かが古ズボンを捨てたためキレて出てきてズボンを机に投げた。途中、マクレディとウィンドウズの3人で消えたフュークスを探しに外へ出て探索した。フュークスが死んだ確認はできたが、マクレディの小屋の電灯が付いているため再び探索のついていったが暖炉にマクレディの衣類の切れ端を見つけ宇宙生物に擬態されていると勘違いして案内ロープを切って先に基地に戻ってきた。最終、地下の発電所にマクレディらと向かうが宇宙生物に同化されたのか行方不明となった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Esy-776wcIo&t=130s

パーマー

皮肉を言う男。マクレディがノルウェー隊の基地近くへ偵察へ行った際にUFOを発見した話を聞いて信じた。また、その話を神の神話で南米のインカ族を導いたと話した。ウィンドウズが嫌い。フュークスの探索より戻ってきたマクレディにより血液検査の実施で宇宙生物が擬態していると判明して変身。ウィンドウズを襲った後にマクレディにより火炎放射器で焼かれ最後はダイナマイトで吹っ飛ばされた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=VgS6jBjjKo0&t=596s

チャイルズ

犬の宇宙生物を発見した際に火炎放射器で応戦して焼き払った。マクレディがノルウェー隊の基地近くでUFOを発見した話をしたが否定した。血の気が多い。マクレディがフュークスの探索後に戻ってきて部屋に立てこもった際に斧でドアをブチ破った。最後はマクレディと合流するも2人で何もせず凍死する道を選んだ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=m6shktwDwzM

ドクター・コッパー

医師。ノルウェー隊員より銃で撃たれたジョージの右足を縫ってあげた。ノルウェー隊の様子を見に行こうと提案する。マクレディと一緒にノルウェー隊の基地の偵察に行った。一旦、ノルウェー隊の基地より生物の死体を持ち帰りブレアと解剖した。マクレディより擬態する宇宙生物の見分け方をどうするかに対して、血清テスト(全員の血液をとり正常な血液と混ぜる)で見分けられると提案した。宇宙生物と同化したノリスが心停止したため心臓補強器を使用されようとした際にノリスの腹が口の様に開き両腕を食い千切られ絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=JjIXwkX1e48

ヴァンス・ノリス

地表に詳しく、マクレディと一緒にノルウェー基地の近くのUFOの発見現場に向かった。UFOの現場を見て後方散乱という物を地表に押し寄せる現象により10万年はかかったと推測した。宇宙生物に同化され心停止となったためドクター・コッパーにより心臓補強器を使用されようとした際に腹が口の様に開きコッパーの腕を食いちぎった。バケモノに変異してマクレディの持っていた火炎放射器で胴体は焼き払われたが、首が千切れ個体として逃げようとしたがマクレディらに発見され再度火炎放射器で焼き払われた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=8tnnl5x9EA8&t=2s

ジョージ・ベニングス

ノルウェー隊員より銃で撃たれたため、ドクター・コッパーに右足を4針縫ってもらった。ウィンドウズとノルウェー隊基地より持ち帰った生物の遺体を倉庫に運んだが、生きておりウィンドウズが目を離した隙に襲われ絶命する。擬態した宇宙生物はすぐウィンドウズがマクレディらに報告したため、基地の外で見つかりマクレディらによってガソリンに火を付けられ燃やされた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=F7SA-LcQS0g

クラーク

犬の飼育係。ノルウェー隊の犬が宇宙生物の姿に飼育小屋で変化したのを見て隊員たちを呼び寄せた。ブレアより宇宙生物に同化されたと一番に疑われていたが本当は普通の人間だった。キレるとよく刃物を使う。ノリスの心停止のためオペ室にあったメスを拝借しており、マクレディの指示で血液実験の際に持っていたメスでマクレディに襲い掛かろうとしたがマクレディから銃殺される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=VgS6jBjjKo0&t=596s

ギャリー

アメリカ南極観測隊の隊長。元軍の大尉。ノルウェー隊員がジョージに発砲したため銃で撃ち殺した。犬の宇宙生物が犬小屋の犬を襲った際にマクレディに加勢して銃を発砲した。途中、血液検査で疑いが晴れた際にブチギレた。その後、マクレディらとブレアを捜索に向かったが最終、擬態化したブレアによって同化される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Esy-776wcIo&t=67s

フュークス

マクレディを雪上車に呼び出してブレアが宇宙生物の解体後、様子がおかしいため彼の実験室にあったノートを拝借し、その内容を報告した。マクレディに血清テスト前に会った際には、「宇宙生物の同化は体液一滴でも可能なので缶詰の食事の方が良い。」と勧めた。また、血清テストのため実験室に籠っていたが電気がつかなくなり、人影を追って外に出た際にマクレディの衣類の切れ端を発見した。その後原因不明であるが、マクレディらのよって焼死体で発見された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=8tnnl5x9EA8&t=2s

ウィンドウズ

通信担当。アメリカ本部のマクマードへノルウェー隊員の発砲事件を連絡するも通信がここ2週間繋がらずやや諦め気味でイラついている。ブレアによって通信機器を破壊される際に殴られ頭部を負傷する。フュークスの探索より戻ってきたマクレディにより血液検査の中のパーマーが宇宙生物に変身して襲われた。マクレディより同化を阻止するためにトドメとして火炎放射器で焼かれる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Esy-776wcIo&t=67s

ノルウェー隊員(ヘリ操縦士とライフル所持者)

序盤で犬を殺そうとヘリで追っていた。犬の正体が宇宙生物だと知っておりヘリで追跡しながらライフル狙っていたが当たらず、犬がアメリカ南極観測隊第4基地に逃げ込んだため追跡する。基地に着くなり手榴弾を投げようとするも手を滑らせヘリ操縦士が巻き込まれ誤爆死する。ライフルを所持していた隊員は誤射でジョージの右足を撃ち抜いたため、それを見ていたギャリーによって銃で撃ち殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ku7qnh261CY

ノルウェー隊の犬

見た目は犬だが正体は宇宙生物。アメリカ南極観測隊第4基地に逃げ込んだ。クラークにより他の犬らと一緒に飼育小屋に入れられたが、宇宙生物に変身して他の犬を食い荒らした。マクレディらによって発見され銃撃されたため体の一部は天井から逃げたが、残りの部分はチャイルズの火炎放射器で焼かれた。尚、焼かれた部分はブレアに解体され擬態できることが判明した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=F7SA-LcQS0g

 

当時、CGをほぼ使用せずに特殊メイクにこだわった作品として知られている。


遊星からの物体X ファーストコンタクト
  • 2011年アメリカ映画
  • 監督:マティス・ヴァン・ヘイニンゲン・ジュニア
  • 脚本:エリック・ハイセラー
  • 製作:エリック・ニューマン、マーク・エイブラハム
  • 製作総指揮:J・マイルズ・デイル、デビッド・フォスター、ガブリエル・ニーマンド、ローレンス・ターマン
  • 出演者:メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジョエル・エドガートン

 


引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

<ストーリー>

1982年、冬の南極大陸でノルウェー観測隊が氷の下にある巨大な構造物を発見する。古生物学者のケイト・ロイドは、アメリカ人とノルウェー人で構成された国際探査チームに招集され、南極を訪れる。その目的は、発見された巨大宇宙船と地球外生命体の調査だった。 氷漬けの地球外生命体は基地に搬入され、生態を調査されることになる。基地の隊員たちは歴史的大発見に喜んでいたが、その夜に生命体(=「物体」)は氷を破砕して蘇生し、基地外に逃走する。

登場人物
ケイト・ロイド

古脊椎動物学が専門の古生物学者。コロンビアを拠点としている。ハルヴァーソン博士より南極で建造物と検体の掘り出しを一緒にしないか誘われ話に乗る。南極でUFOと宇宙生物の発掘が終えた後に宇宙生物がヘンリックを襲って撃退されてからの宇宙生物とヘンリックの細胞を調べると宇宙生物が他の生物の細胞に擬態する特性がある事をフィンチと発見した。その後、オラフがヘリで出発する前にバスルームで銀歯と何者かの血の跡を発見する。すぐ異変に気付きカーターに戻るようにサインを送るも手遅れとなった。ヘリの事故後に宇宙生物の擬態能力により人間に紛れ込む可能性があるため、墜落したヘリへの早急な救出のための外出やメンバーがバラける事を警告したが、誰も耳を傾けなかった。その後ウォルナーが擬態した宇宙生物だと判明して襲われるもカーターの助けもあり生還する。最終的に宇宙生物に擬態したハルヴァーソン博士を追い詰め手榴弾で撃退したが、いつの間にかカーターも宇宙生物に擬態されているとわかり火炎放射器で焼き殺した。その後はカーターの話を元に80キロ先のロシア基地に雪上車で向かったと思われる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BHnqRoEXu5o&t=11s

サム・カーター

ヘリ操縦士。アメリカのキャバリアーズというバスケチームのファンで成績が気になっていてロイドにどうなっているか聞いたが、ロイドはあまりスポーツを観ないためわからないと返事された。オラフをマクマードの軍病院へ搬送途中にロイドの”戻れ”のサインに気付くも同乗していたグリッグスが宇宙生物に変異して暴れたためヘリごと墜落する。墜落後生還し基地に戻ってきたが宇宙生物かと疑われ監禁された。自力で脱出し元のメンバーと合流するも宇宙生物に擬態化されたウォルナーが暴れ回っていたためロイドらを救出した。救出後、ロイドと行動を供にし、宇宙生物に擬態したハルヴァーソン博士を追い詰め撃退したが、7最後の最後でロイドにピアスをしていない事から擬態した宇宙生物と見抜かれ火炎放射器で焼き殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BHnqRoEXu5o&t=11s

サンダー・ハルヴァーソン博士

ウォルナーとはオスロ時代の同僚で今回UFOと宇宙生物の発見の調査・研究で南極へロイドを連れて行く。歯はセラミック。宇宙生物がヘンリックを襲い、他の調査隊達から殺された後に宇宙生物を解剖した。ジュリエットに擬態した宇宙生物がカールを襲った1件により、フィンチと協力の元、隔離して血液検査で宇宙人を割り出そうと提案したが放火され邪魔された。ウォルナーに擬態した宇宙生物がメンバーを襲っている時に真っ先に逃げたが、後にウォルナーとフィンチの同化した宇宙生物に襲われる。その後、擬態された状態でUFOへと車で移動してUFOを起動させ別の場所へ移ろうとしていたが、追ってきたロイドらによって阻止された。最後はロイドによって口に手榴弾を掘り込まれ爆死した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BHnqRoEXu5o&t=11s

デレク・ジェイムソン

ヘリの副操縦士。持ち帰った氷の中から宇宙生物が出ていくのを目撃し皆に伝えた。ヘリでマクマードの軍病院へオラフを搬送途中にグリッグスが宇宙生物に変異したためヘリごと墜落する。墜落後生還し基地に戻ってきたが宇宙生物かと疑われ監禁された。脱出したがぺダーにより威嚇されたため銃で頭を撃ち抜き殺した。その後ウォルナーに擬態していた宇宙生物が変異して殺そうと銃を発砲するも触手で胸を突き刺され絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=f8zwdxrxSHI

アダム・フィンチ

ハルヴァーソン博士の助手。ロイドと宇宙生物の細胞を調べ擬態能力がある事を発見したが、ヘリの墜落事故後にメンバーにロイドが宇宙生物の特性から人間に紛れ込んでいる可能性があるため注意が必要と警告した際に、自分もロイドと宇宙生物の細胞に擬態能力があることをハッキリ見たと答えなかった。その後、ジュリエットの1件でハルヴァーソン博士とメンバーに血液検査をする予定が放火され邪魔された。その後、監禁していたカーターらが脱出してペダーと対峙して火炎放射器に引火し爆発に巻き込まれたウォルナーが宇宙生物に変異して腹を突き刺された後、同化しバケモノとなった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BHnqRoEXu5o&t=11s

エドヴァルド・ウォルナー

ハルヴァーソン博士のオスロ時代の同僚。南極で地質調査をしている。監禁していたカーターらが脱出してメンバーと対峙後、火炎放射器に引火し爆発を起こした際に負傷したかに思えたが、実は擬態された後の宇宙生物であり、運ばれた先の部屋でジョナスとフィンチとジェイムソンを殺した。結局、フィンチと同化してハルヴァーソン博士をその後襲ったがロイドにより火炎放射器で焼き殺される事となった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BHnqRoEXu5o&t=11s

ジョナス

ウォルナーに擬態してた宇宙生物の腕が単体の虫のように動き回り口より同化されて手遅れになったところをロイドにより火炎放射器で焼き殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=3PRuMx1gqdM

ペダー

冒頭でラースに下ネタジョークを言っていた。監禁していたカーターらと対面するも威嚇したためジェイムソンに頭を撃ち抜かれて死亡。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=3PRuMx1gqdM

ラース

犬の飼育係。ノルウェー語しか話せない。ジュリエットに擬態した宇宙生物を火炎放射器で焼き払った。ロイドには友好的で手榴弾の場所を教えた。監禁したカーターとジェイムソンを探しに外に出たが一旦行方知れずとなる。後に救出隊が来て救出される。元の作品へと繋がる重要人物となる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=3PRuMx1gqdM

グリッグス

ノルウェー基地に行く道中デカい息吹でアダムをウンザリさせた。ヘンリックが宇宙生物に襲われた後に擬態されておりヘリでマクマードの軍病院へ搬送途中に変異してオラフを襲った。墜落したため死んだものと思われる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=wMjVGMpiQRI

ジュリエット

ウォルナーのチームの地質学者。ロイドが宇宙生物の擬態能力のためメンバーを別行動させない警告をしてメンバーが解散した後にコリンがバスルームで血か何かを拭きとる不穏な動きをしていたと報告に来たが、すでに宇宙生物により擬態されておりロイドを密室に車のキーの場所を教えるフリをして襲った。ロイドは逃がしたが、カールを殺し同化してる最中にラースにより火炎放射器で燃やされる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=bQeQZW6R_xg

コリン

通信担当。吹雪のせいか無線が全然通じない。最終、管制室内に立て籠り手首をカミソリで切って自殺した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Kj_57s-8y9w

ヘンリック

2児の父。去年腕を骨折してアルゼンチンでプレート術を受けている。氷から出てきた宇宙生物を捜索中に宇宙生物により体を貫かれ殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=hP7umKV_ea8

オラフ

冒頭でペダーとラースとで謎の発信源を探っていた。その後ヘンリックが宇宙生物に殺されてから体調不良となる。ヘリでマクマードの軍病院へ搬送途中に変異したグリッグスに襲われヘリで墜落死する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BHnqRoEXu5o&t=11s

カール

ウォルナーのチームの地質学者。ロイドがジュリエットに擬態した宇宙生物に襲われて追われている最中に気付かず襲われ死亡。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-JRTeAS2mkk

マティアス

終盤に出演した救助隊員。ウォルナーに要請を受けてきたが、ラースの様子がおかしく、犬に発砲したのを見て異変に気付きラースの指示の元、ヘリを操縦して追いかける。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=SGwVfV69ssk

地球外生命体

10万年前に地球にUFOで飛来した。動物の肉体の複製は出来るが、無機物の複製はできない性質がある。また、低温状態では死なずに冬眠する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BHnqRoEXu5o&t=292s

本作はリメイクではなく、1982年にノルウェー観測隊のヘリが雪原を駆ける1匹の犬を追ってくるまでの「物体」との発見した経緯を作中で描いている。

※UFOのデザインが1982年の作品とは違う。

 




 




 

ちなみに上記映画の元となった作品が1951年に”遊星よりの物体X”とされている。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す