ムカデ人間2

ムカデ人間2

 

本作は白黒映画で進行していきます。ゲリでクソが肛門から口へ弾け飛ぶシーンあり。

作品紹介
ムカデ人間2
  • 2011年オランダ・イギリス合作映画
  • 監督:トム・シックス
  • 製作:トム・シックス、イローナ・シックス
  • 出演:ローレンス・R・ハーヴィー、アシュリン・イェニー、マディ・ブラック、ドミニク・ボレリ

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

知的障害を持つ小柄な男マーティンは、ロンドンの地下駐車場で夜間警備員として働きながら、母親とペットであるムカデ1匹と暮らしていた。そんな中、マーティンは『ムカデ人間』のDVDを繰り返し鑑賞している内に自分もムカデ人間を作ってみたいという欲望にかきたてられる。 その結果、マーティンは夜の地下駐車場を訪れた人々を拳銃やバールで気絶させ、拉致して倉庫に監禁。更に映画の出演者の1人で、真ん中を担当していたアシュリン・イェニーを映画のオーディションと偽り倉庫へ連れ込もうとする。 ところが、その計画の進行中にムカデ人間についてまとめたファイルを母親に見られてしまう。幼い頃、父親が彼を性的虐待して逮捕・投獄された事もあり、かねてから息子の存在を疎ましく思っていた母親は激しく罵り、ファイルとペットであるムカデを処分しようとするも、それを見て激昂したマーティンに殺害されてしまう。 歯止めを失った彼の行動はエスカレートしていき、ついには12人もの人間が倉庫に集められる。そして、マーティンは映画のDVDを参考にムカデ人間の製作に取り組んでいく。

登場人物
マーティン

喘息持ちの変態チビデブ男。知的障害者。ロンドンの地下駐車場で夜間警備員として働いている。趣味は”ムカデ人間”の映画DVDを観ながら紙ヤスリでセンズリをかます。紙ヤスリで擦りすぎたのか血尿が便器に出ているシーンがある。バールや拳銃を使用し12人の人間を貸し倉庫に集め、映画の”ムカデ人間”を観ながら医者でもないのに雑な手術を行いムカデ人間を作った。幼少期に父親から性的虐待を受けケツを掘られ過ぎたせいか、寝ながらウンコを漏らすことが度々ある。母親にムカデ人間の本を見られて破られてからキレてバールで母親を殴り殺している。最終、アシュリンから反撃を受けてロートをケツに突っ込まれ、飼っていたムカデを直腸に流し込まれて悶絶していた。尚、昔は3匹の犬を飼っていた。飼っているムカデも好きなのかナメクジを餌として与えているシーンがある。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ckcgPH8oEpA

イアン

彼女とデートをしていたが親父に内緒で借りた車のキーを無くして「ファック、ファック!!」と地下駐車場で叫んでいた。マーティンが見回りに来た際に挑発したため右足を撃たれバールで頭を殴られ気絶したところを貸し倉庫に連れて行かれ”ムカデ人間”にされる。生きが良いためマーティンより度々バールで殴られ黙らされている。前から5番目。結局彼女はマーティンに犯された後に銃殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=kwTyL3PGoos&t=306s

アシュリン・イェニー

“ムカデ人間1”に出演していた女優。潔癖症。映画出演のオーディションでタランティーノ監督に呼び出されたと思ってヒースロー空港に向かったが、マーティンにより拉致され貸し倉庫に連れて行かれた後に手術され”ムカデ人間”の先頭役になった。舌を引き抜かれている。終盤、マーティンの隙を見て反撃し、逃げ出したムカデをロート越しにマーティンのケツの穴に流し込むも最終的にマーティンによりナイフで首を刺され絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=al8Yphr4C6Q

シーブリング

医者。アナルファックが好きな変態オヤジ。診療という名目でマーティンのケツを掘ろうと当初は考えていた。パウルからキャンディという売春婦を紹介され地下駐車場のパウルの車の中で性器をしゃぶらせてマリファナを吸っていた。マーティンに見つかり性器と脳天に銃撃を喰らい絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=idg_mT9sC4U

タランティーノ

映画監督。映画”ムカデ人間”の制作者。地下駐車場でスキンヘッドのボディガードと一緒にマーティンに捕まった。携帯電話を奪われイェニーをおびき出す道具として使用された。いち早く自分や拉致られた他の人間らが”ムカデ人間”にされる事を察知した。無事”ムカデ人間”の一員にされる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=JMb71R9swoA

キャンディ

パウルがシーブリングに紹介した売春婦。シーブリングの性器を車内でしゃぶりついていた。ケツを掘られるのは50ポンドらしい。マーティンに銃で右大腿部を撃ち抜かれた後に、追いかけ回され催涙スプレーを吹きかけ反撃したが、最終的にマーティンに捕まり”ムカデ人間”の一員にされた。先頭から2番目。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=al8Yphr4C6Q

パウル

キャンディの愛液の匂いを嗅いで、「ゴージャスでいい匂いがする!」と車内で絶賛していた。運転座席で見張り役をしていて、シーブリングにキャンディを紹介して後部座席でしゃぶらせていた。マーティンに見つかり、車に近づいてきたマーティンを威嚇するも胸に銃撃を受け、マーティンに捕まり”ムカデ人間”にされてしまう。前から4番目。尚、タイにシーブリング好みの店があるらしい。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ckcgPH8oEpA

マーティンの母

リストカットするのが癖。夫がマーティンの虐待で捕まり、マーティンに対して疎ましく思っている。マーティンが寝ている間に包丁で殺そうとしたが本人はベッドに寝ておらず失敗に終わっている。作中ではマーティンのベッドの下に隠してあった”ムカデ人間”のスクラップ本を見つけビリビリに破いたが、マーティンの逆鱗に触れバールで顔面が粉々になるまで殴りつけられ絶命。食卓に座らされていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=kwTyL3PGoos

ヴァレリー

クラブ帰りのアホ女。黒人の女友達と一緒にいたが、たまたまマーティンの自慰行為を目撃する。マーティンにその後拉致され”ムカデ人間”の一員にされた。後ろから二番目。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=2vDwYhIACDA

マーティン家の上階に住んでいるチンピラ

マーティンの上階に住んでいて爆音でクソみたいな音楽を鳴らしている。うるさい為、ホウキの柄で上階を突くとすぐ訪ねて来てすぐにキレながら殴りかかってくる。母親を殺して直後で気の立っているマーティンにより銃で足を撃たれた後に拉致され、”ムカデ人間”の一員にされてしまう。前から6番目。途中に金槌で歯を叩き割られているシーンあり。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=kwTyL3PGoos&t=94s

 

マーティンが途中で気絶させた妊婦ですが、逃げたけど色々と可哀そう。



豆知識
無能な医者シーブリングの診療

マーティンの家を訪問診療しに来たシーブリングスであるが、マーティンにとってムカデは男根の象徴であると解釈している。ムカデが与える激痛は父親から受けた精神的および性的虐待を意味し、まれに精神障害者や性的虐待の被害者は自身の性器を傷つけます。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=kwTyL3PGoos

クリエイティブ芸能事務所より連絡

連絡先:713-499-0913 イエニーが”ムカデ人間”の映画のオーディションを受けたがっている。

USA芸能事務所より連絡

当初、北村とウイリアムズはロンドンのオーディションに参加できなかったが、後に急遽参加希望をされた。

 

 

次回作の紹介を見る
一作目の紹介を見る








 



 

 

 

ヒドゥン

ヒドゥン

 

作品紹介
ヒドゥン
  • 1987年アメリカ映画
  • 監督:ジャック・ショルダー
  • 製作:ロバート・シェイ、マイケル・メルツアー、ジェラルド・T・オルソン
  • 製作総指揮:スティーヴン・ダイナー、リー・ミュール、デニス・ハリス、ジェフリー・クライン
  • 出演:マイケル・ヌーリー、カイル・マクラクラン、クリス・マイケル、ウィリアム・ボイエット、クローディア・クリスチャン、クラレンス・フェルダー、エド・オロス、ジョン・マッキャン、ラリー・シーダー、リチャード、ブルックス、キャサリン・キャノン

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

 

<ストーリー>

ロス市警刑事トム・ベックは、カーチェイスの末、凶悪殺人犯を逮捕した。しかし、いくら調査しても、犯人のデヴリーズは平凡な常識人であったという証言しか得られない。そのことに混乱しているベックを、ロイド・ギャラガーと名乗るFBI捜査官が訪ねてくる。エリートの若僧への反発から、ベックは犯人が死亡したことを理由に追い返そうとするが、ギャラガーは強引に捜査に介入してくる。ギャラガーは、これは連続した事件で、次の事件がまた起きると言い、そのとおりに同様の凶悪事件が発生し、犯人は射殺された。犯人のミラーは、デヴリーズとはまったく交友はなく、唯一の接点はデヴリーズが死亡した病院で同室だったことだった。疑念を深めるベックに詰問され、ギャラガーはついに一連の事件はすべて同一犯によるものであり、自分も犯人も同じ異星人だと告白する。

登場人物

【ロス市警】

トム・ベック

ロス市警の叩き上げの刑事。妻と娘の3人家族。ギャラガーが語る真実を受けいれられず困惑するが、即席コンビを組み一連の事件を追っているうちに友情が芽生える。ウィリスに銃で撃たれ最終的に病院で死ぬが、アルハーグが乗り移り生き返った。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=L1duoyZOKSE

ロイド・ギャラガー

エイリアンの寄生体。FBI捜査官としてベックの前に現れた。銀色のフェラーリに乗っている。住まいは1DKのアパート。シアトルの連続殺人犯を追い、ロスにやってくる。エリートの生真面目な青年だが、常識がところどころ欠けた浮世離れした面をもつ。実はギャラガー本人はシアトルでの事件を捜査中に、山火事で死亡しており、異星人がギャラガーとは別人の遺体に乗り移ってギャラガーの身分証を利用し、異星人の世界の犯罪者を追跡している。アルタリア星人でラス・アルハークという街に住んでいたとされる。元来の名前はアルハーグ。地球外で作られた強力な光線を発する武器を所持している。ホルト議員に寄生した異星人を火炎放射器で焼き払い、地球外の武器で吹き飛ばし殺した。最終、病院で死んだベックに乗り移っている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=L1duoyZOKSE

ジャック・デヴリーズ

ベックの相棒だった男。元々紳士な人とされている。作中冒頭で銀行強盗を行い殺人を行って黒のフェラーリで逃走していたが警察によって車ごと吹き飛ばされ病院に運ばれ危篤状態となった。1週間前より自宅から姿をくらましていたとされている。2週間前から悪の寄生生物に寄生されていたとされており、犯行は12人殺害、23人傷害、フェラーリ6台窃盗、銀行8行とスーパーマーケット6店で強盗、6人を包丁で切り裂いた。最終、病院に運ばれ、同室内のミラーに寄生生物が寄生して息絶えた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=bl-iB4WAB0o

ジョン・マスターソン

警部補。ベックの事を高く評価している。エドがホルト議員の大統領選に立候補するため護衛役にする話をされて反対し、代わりにウィリスを候補に交渉した。悪の異星人の避難先となった愛犬を通じ寄生され、ギャラガーを懐柔しようとする。皮肉にもこの会話が、ベックがギャラガーを信じるきっかけとなった。ロス市警内を重装備で破壊し尽くした。次はウィリスに寄生している。食い意地の張ったデブで夜中に冷蔵庫を物色していた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=bl-iB4WAB0o

クリフ・ウィリス

1年前からベックの相棒。警察署内にてギャラガーとベックの追撃から逃れたマスターソン警部補に寄生していた異星人に寄生される。目的のホルト議員の元へ向かう最中にベックに邪魔をされたため腹に2発銃弾を撃ち込んだ。最終、ホルト議員に寄生して死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=w-4_6aYPF-E

ブレム

ベックの同僚。二度に渡りベックに仕事を強引に押し付けられる。実は同僚思いの優しい人物。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ro1O3Ql9tok

サンチェス

ベックの同僚。異星人の乗り移ったマスターソン警部補に撃たれる。警察オフィス備え付けのゴミ箱への3ポイントシュートが得意。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=L1duoyZOKSE&t=173s

エド・フリン

管轄の違う警部補。ジョンに優秀なベックをホルト議員の大統領選に立候補した際の護衛役のオファーをしに来た。ジョンから代わりにウィリスをどうかと提案されたが拒否した。終盤の”パーク・プラザ”の演説会でホルス議員の護衛にあたって誘導や現場の指揮をしている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ro1O3Ql9tok

【その他】

ジョナサン・ミラー

デヴリーズの搬送先の病院で同室となった重病人。胃と心臓の病気で重篤状態だったにもかかわらず、異星人に乗り移られた後、超人的な殺戮を繰り広げる。町に出て最初に立ち寄ったレコード店でカセットテープを万引きし、それを咎めた店長を撲殺。店にあった売上金とラジカセ、護身用の小型拳銃を奪い取る。次に車販売店で店長と客を殺害し赤いフェラーリを強奪する。その際、用心棒のエディを射殺し、フェラーリの持ち主になる予定だった客、マイケル・バックレーの財布を奪い、彼の職場であるアンカー貿易のオフィスを探し当て、隠してあった銃器一式を手に入れる。この辺りからジョナサン・ミラーの体は限界が来始めたのか、異星人の触手らしきものが腕からはみ出てくるようになるが、ガムテープで補強して難を逃れる。最後に立ち寄ったストリップバーで、ブレンダというストリッパーに異星人が乗り移ったため死亡した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=bl-iB4WAB0o

ブレンダ・リー

ストリッパー。店の中ではドル札で出来たTバックを履いて見せびらかしていた。追い詰められたミラーの体から脱出した異星人に、新たな宿主として逃げこまれてしまう。凶悪犯ミラーを追ってパトカーで駆け付けた警官隊と壮絶な銃撃戦を行いその後ギャラガー&ベックのコンビにマネキン工場屋上まで追い詰められ最後は自ら屋上より転落し死亡する。若い女性の体に寄生するのは初めてだったらしく、その際異星人は面白がって女性特有の肉体や服装などを色々と試している。車を奪うためチンピラの男を殺している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=bl-iB4WAB0o

ホルト

次期大統領候補。異星人に最終的な逃亡先として狙われる。当初、US子供基金を訪れて国民にパフォーマンスしていた。”パーク・プラザ”の演説会で「大統領になる!」と唐突に発言をしていた。最終、乱入したギャラガーにより火炎放射器で焼かれた後、口から逃げ出た悪の異星人を地球外の武器を使い光線で粉々に吹っ飛ばし殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=D2JD5h82-fo

バーバラ・ベック

ベックの妻。夫が自宅に招いたギャラガーを手料理で饗す。家で娘には絵本を読んであげていた。病院に運ばれた夫の見舞いに来ていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=VwcqMQf9MMk&t=466s

ロイ

ジョン・マスターソン警部補の飼っている犬。悪の異星人にブレンダ経由で寄生される。その後、ジョン・マスターソン警部補を襲い寄生した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=CJD2yJZLKes

キャロル女史

ホルト議員の秘書。”パーク・プラザ”の演説会で司会進行をしている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=D2JD5h82-fo&t=8s






 



豆知識
異星人について

悪と善の異性人が作中で存在する。

【悪】

  • 本体の見た目はナメクジの様な生命体
  • 口から人間から人間へ寄生する
  • 寄生された合図なのか少し舌を出す
  • 人間に寄生している間は無敵
  • 寄生体の人間によってはすぐに劣化する
  • 攻撃的性格で人間をすぐ殺す
  • 音楽はロックが好き
  • 欲しいと思った物は力ずくで奪う
  • 人間以外の生物にも寄生が可能(犬)
  • 異星人の武器による光線でないと死なない事になっている

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=cUHx6LMnl-c

【悪】の異星人は、異星人の世界での犯罪者で、ギャラガーに乗り移っている異星人の妻子を殺害、逃亡の末、地球に来た。デヴリーズの前はアービン、その前はウィリアムに寄生していたとされている。9年前より追われる身となっている。


【善】

  • 本体は光の様な生命体
  • 嘘を付けない
  • 酒に弱い
  • 寄生体が傷つくとそれなりに痛みがある

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ro1O3Ql9tok

人間の本物であるロイドは1か月前に友人のストーンと狩りに行き山火事に巻き込まれ死んでいる。尚、ストーンの死体は発見されていない。ストーン自体がロイドを名乗っている。

異星人の武器

一定時間、光線を照射して物質を粉々に破壊することが出来る。作中では壁や異星人を吹っ飛ばした。人間にはこの光線の効果はない。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ro1O3Ql9tok

 





 

ヘルボーイ

ヘルボーイ

 

この作品クトゥルフ神話に影響されてますね。アメコミのマーベルによる映画化作品です。最近2019年ですが新作品を監督が変更されて出てますね。

作品紹介
ヘルボーイ
  • 2004年アメリカ映画
  • 監督:ギレルモ・デル・トロ
  • 製作:ローレンス・ゴードン、マイク・リチャードソン、ロイド・レヴィン
  • 製作総指揮:パトリック・J・パーマー
  • 出演:ロン・パールマン、セルマ・ブレア、ジェフリー・タンバー、カレル・ローデン、ルパート・エヴァンス、ジョン・ハート

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

1944年、第二次世界大戦における敗色が濃厚であった旧ドイツ軍は、形勢逆転のため「ラグナロク計画」を実行に移そうとしていた。しかしブルーム教授を含むアメリカ軍がこれを阻止、計画の中心人物であったラスプーチンは魔界への入り口に吸い込まれていった。だが、長時間に渡って魔界への入り口を開けていた結果、地上に悪魔の赤ん坊が迷い込む。ブルームは全身が真っ赤なこの赤ん坊を“ヘルボーイ”と名付け、育てる事を決意する。 時は流れ60年後、ヘルボーイは超常現象調査防衛局(BRPD)のエージェントとして超自然的な存在と戦い続けていた。 ある日、博物館に強力な悪魔サマエルが出現。ヘルボーイは苦戦を強いられるもこれを撃退した。 その直後、ブルームは半魚人であるエイブ・サピエンが持つサイコメトリー能力により、ラスプーチンが復活した事を知る。ヘルボーイは事件を調べるうち、自身の出生の秘密と、巨大な右腕の意味を知る。

登場人物

【超常現象調査防衛局(BRPD)メンバー】

※超常現象調査防衛局(BRPD)の拠点はアメリカのニュージャジー州である。

ヘルボーイ

ラスプーチンによって下界に召喚された悪魔。本当の名は”アヌン・ウン・ラーマ”。幼児の姿で現れ、怯えていたところをブルーム教授に保護された。1944年10月9日生まれ。身長205cm、体重159kg、体色は深紅。頭には、目立たぬように削った角の付け根が切り株状に残っている。髪型はチョンマゲである。巨大な右腕は岩石状の物質で出来ており、悪魔との戦闘時にはヘルボーイ最大の武器となる。皮肉屋で嫉妬深く、おまけに短気で気難しいが、優しく、仲間からの信頼は厚い。BRPD所属のエリートエージェントで、悪魔による事件が起きると現場に駆けつけ、悪魔を苦しみから解放する。BRPD基地の奥深くの閉鎖された部屋で、十数匹の猫と一緒に暮らしている。基本的に悪魔とは一人で戦うことを好む。一人で戦うことがヒーローらしいと思っている(エイブ曰く「孤独なヒーローを演じたがっている」)。悪魔との戦闘時には専用の大型拳銃サマリタンを使うが、自らも認める射撃下手であり、弾は殆ど当たらない。凄まじい怪力の持ち主で、厚さが1m以上ある鉄筋コンクリート製の壁を壊し、走行中の大型乗用車を殴って宙に浮かせる。体は頑丈で、数十mの高さから石畳やタイル製の床が大きく陥没するほど叩き付けられてもビクともしない。同僚であるリズに想いを寄せるものの、気持ちを伝えられずにいる。愛称はレッド。マイヤーズとリズが外出デートしていた所を研究所を抜け出して尾行していた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=AO9ybRh79YQ

エリザベス・シャーマン

念動発火を操る事が出来る女性。愛称リズ。”火花(スパーキー)”とも語っている。幼い頃からその特異な体質のせいでいじめや迫害を受けており、心に深い傷を負っている。一見暗い印象を与えるが、内面は明るい。写真撮影が趣味で、ポラロイドカメラを肌身離さず持ち歩いている。念動発火をコントロールできるようになったのはごく最近であり、それ以前は“怒りなどの感情の昂り”や“自身への危害”によって発火能力が暴走していた。念動発火の威力は凄まじく、能力の暴走の際には巨大な精神病院を吹き飛ばしており、ヘルボーイは「何個ビルを吹き飛ばせば分かるんだ」と発言している。ヘルボーイの好意に気付いており、自身もヘルボーイに惹かれるが、上手く気持ちを表現できないでいる。当初はベラミー心の病院 軽症患者病棟に入院していた。病棟では憂鬱の時と怒っている時の静め方を左腕のリストバンドを弾くことで教わったとされている。コーヒーはブラックが好き。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Y037CTrjjdw

エイブ・サピエン

サイコメトリー能力を持つ青い半魚人。ヘルボーイとは「レッド」「ブルー」と呼び合う仲。1944年、聖トリニアン小児病院の秘密の部屋に設置されていたカプセルの中から発見された。ブルーム教授曰く『ユニークな前頭葉』を持っており、そのサイコメトリー能力は高い。サイコメトリー中のエイブに接触すると、彼の頭に浮かんだ映像を一緒に見る事が出来る。性格は温厚で、読書やルービックキューブ(30年かかって2面しか出来ていない)等を好む。名前の由来は彼の入っていたカプセルに貼られていた『イクチオ・サピエン、1865年4月14日』というメモ。この日付はリンカーン大統領が暗殺された日。空気中では呼吸に限界があり、地上における任務の際には、液体を満たした専用の呼吸器を身に付ける。吹き替えではヘルボーイに対してオネエ言葉を使う。劇中で採用されることはなかったがエイブやサマエルのデザイン案の一つにイラストレーターの韮沢靖も参加した。腐った玉子が好物である。作中では地下鉄構内の貯水所内でサマエルと水中戦を行い負傷し、その後は研究所内のメディカルカプセルの中で安静に過ごしている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=kA9vtXbbhVs

トレヴァー・ブルーム・ブルッテンホルム教授

ヘルボーイの育ての親でBRPDのリーダー。ヘルボーイ他の人外の生物が持つ特殊な能力を『ユニーク』と称している。温厚な性格。ヘルボーイの幼稚さにはほとほと呆れながらも、彼を本当の息子のように愛する。オカルト関係の知識量は凄まじく、ヘルボーイや局員たちのよきアドバイザーである。カトリック教徒でもある。冒頭でニューヨークにあるレキシントン癌研究所で検査を受けて癌が全身に転移しており余命6週間であると宣告されていた。ヘルボーイには癌により余命わずかとは隠しており捜査をすすめていたが、クロエネンの死体を持ち帰った後に手掛かりを残す形でラスプーチンらによって殺されてしまう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=cxH90rMTF0M

【FBIメンバー】

トム・マニング

FBI局長。BRPDの関係者だが、ヘルボーイたちの存在が公に取り上げられる度、テレビに出演して存在を否定する役目を帯びている。何かにつけて騒ぎを起こす『化物』であるヘルボーイとBRPDを毛嫌いしており、事ある毎に八つ当たりする。葉巻を嗜む。葉巻にライターで火を点けようとしたヘルボーイを制して「(葉巻は)ライターで点ける物じゃない。マッチで点けるんだ」とマッチで火を点け、ヘルボーイもこれを気に入っていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qv-Xr5VyXpM

ジョン・T・マイヤーズ

自身の死期が近いとわかったブルーム教授がヘルボーイのお目付け役として選んだ、新人捜査官。FBIアカデミーではトップクラスの成績だったらしい(※自称)。伯父と暮らしていたと語り、時に伯父の使っていた言葉を引用する(「相手の短所があるから愛せる。」や「人格や個性は何で決まる?何を選択するかで決まるんだ。出生や環境でなく人生をどう生きるかで。」)。初出勤から数時間程度で様々な超常現象や超常的存在に遭遇するも即座に対応するなど、適応能力に優れる。彼も、吹き替えと字幕ではヘルボーイに対する口調が異なる。字幕では最後まで敬語を使うが、吹き替えでは時にヘルボーイと対等の言葉遣いになる。尚、10歳の時に出来た顎の傷を気にしている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=cxH90rMTF0M

クレイ

FBI職員。ヘルボーイのお目付け役であり、彼の事を熟知する友人でもある。植毛しており、「人形の髪みたいには見えないよな?」とヘルボーイに尋ねている。クロエネンにより地下鉄構内で何度も刺され絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=cxH90rMTF0M

ライム

FBI職員。クレイの死後、代役として登場。モーツァルトの曲を口笛で吹いてヘルボーイの部屋に食事を運んでいた。ヘルボーイがリズとマイヤーズのデートを尾行するために部屋の壁を潰したのを見て「レッドめ、またやったな。」という発言から前々から働いていたと考えられる。モスクワの霊廟に同行してラスプーチンの墓に入れられていたイワンを担ぎ捜査を行っていたが、トラップにかかり命を落とした。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=zT5i936utGo

【ラスプーチン一味】

※廃棄された地下鉄構内のロッカー室を拠点としている。

グリゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチン

ロマノフ王朝のオカルト・アドバイザー。“帝政ロシアの怪僧”として有名な実在の人物。本作のオープニングにて冥界の門を開く儀式を執り行い、7つの龍神オグドル・ヤハドを呼び起こそうとしたが、自らが門の中に吸い込まれ消滅する。数十年後の現代、イルザたちによって再びこの世に呼び戻され、ヘルボーイを利用して世界を破滅させようと暗躍する。現代に復活後は両目が無く義眼をしている。博物館に展示されているディオニウス像の中に隠されていた”1000人の天使の涙から取り出した塩”からサマエルを復活させた。ブルーム教授の説明では1916年に晩餐会に招かれた席で毒を盛られても殴られても銃で撃たれても死なず去勢されて溺れ死んだとされるが生きていたとのことである。最終、ヘルボーイにより折った自らの角を腹部に突き刺されて死ぬも、自らが死ぬと体内に潜ませていた魔物が出てくるというトラップを仕掛けていて発動した。尚、魔物はトムの持参したバルカン65 手榴弾によって爆死した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=GvH0k0nDf5o

カール・ルプレクト・クロエネン

ナチス随一の殺し屋にして、トゥーレ協会の会長。常に防毒マスクを装着している。劇中、一言も言葉を発さず、ラスプーチンとイルザに付き従う。レコードを自らかけるなどクラシック音楽を好む。自虐癖で素顔は瞼や上下の唇を切り取っており、全身の血液は乾いて砂となっている。心臓に位置する部分にはゼンマイのような機械が差し込まれ、急激な運動の際にはそれを巻く。このゼンマイを動かすことによって、身体速度と反射神経を増大させることができる(これにより剣で相手の銃弾を弾き返すことができる)。また、ゼンマイの巻き方によっては仮死状態になることも可能で、この方法を使ってBRPD本部に侵入することに成功し、ヘルボーイの育ての親であるブルッテンホルム教授を殺害した。いくら銃撃されても死なず、痛がる風も見せない。トンファー型の剣を用いて、超人的な身のこなしで敵を切り刻み、銃弾をも弾き返す。愛銃ルガーP08による射撃の腕前は百発百中。1897年、ドイツのミュンヘン生まれ。天使のようなブロンドの髪の毛を持っていた。音楽に非凡な能力を発揮し、声変わりが起きるまでオペラをやり続け、ヨーロッパの首都を巡った。 この時から自身の体を傷つけることに快楽を見出すようになった。その後、自身の肉体に対し嫌悪感が表れる「身体醜形障害」になり、自身の体を極度に醜く感じるようになり、そのため自分のまぶたや唇を切除してしまう。また、自分は不完全だと感じていたクロエネンは潔癖症のような心理状態になり、細菌を防ぐため自分自身の顔に合う防毒マスクを作った。このとき機械の製作に熟達していた。これは機械の精密性こそが自分の足りないものを埋めるものだという信念からのもので、最終理想は生体と機械の融合というものになった。そしてラスプーチンと出会い、彼に傾倒し、彼の最も忠実な愛弟子となる。1931年にシュタール・ヘルム(鉄兜団)に入団、親衛隊として階級を上げる。中佐相当ランクになり、第三帝国に貢献したことにより鉄十字勲章を授与され、トゥーレ協会の会長となった。入団後、フェンシングの動きを会得し”アンフィスバエナ・ストライク”という両刃の剣を使った、接近戦格闘技を開発する。1944年、ヘルボーイ出現のきっかけとなる「ラグナロク計画」に参加。しかし連合軍の介入により計画は失敗、ラスプーチンは異界へ引きずり込まれ、クロエネンは爆散した異界への扉となるポータル装置の破片が胸へと突き刺さり、息絶えたかのように見えたがすぐに姿を消した。失踪後、1956年に歯の治療記録からルーマニアにあった無記名の墓がクロエネンの墓だとわかった。しかし2004年に再び現れ、復活したラスプーチンとともに暗躍し始める。クロエネンの胸にはゼンマイ仕掛けの機械が埋め込まれ、これにより死から甦り、不死身の肉体を得た。最期はヘルボーイとの戦いで落とし穴に落とされ、針山に串刺しになった上に歯車で押しつぶされた。生死は不明。ちなみにこれらの設定の大半が映画で追加されたデル・トロのオリジナル設定であるが、劇中で活かされることはほとんど無かった。デザイナーとしての参加ではないが今作の製作中に日本の漫画家である弐瓶勉が原作コミック版ヘルボーイのクロエネンのイラストを数枚デルトロ監督の依頼によって描いている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=NzUJ8qQifGA

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=cbXaphiKw1Q

イルザ・ハウプシュタイン

ラスプーチンの傍らに仕えるナチスの女性将校。彼によって永遠の若さを与えられており、第二次世界大戦中から現代に至るまで容姿が変化していない。戦闘能力は常人並み。ラスプーチンに対する忠誠には、多分に愛情の要素が含まれている。最後は、ラスプーチンと一緒に魔物の触手に潰され絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=GvH0k0nDf5o

サマエル

復活したラスプーチンが召喚した冥界の悪魔。バチカンのアンビニョン書には”悪の天使でネルガルの息子で猟犬のよみがえり”と記されている。地獄の番犬で”破壊の種”ある。身長2m程度、体重不明。強靭な体躯がその最大の武器である。巨体ながら俊敏に動き、圧倒的な腕力と曲爪で対象を引き裂く。驚異的な耐久力と打たれ強さをもち、ヘルボーイに再三殴られ、叩きつけられても立ち上がってくる。関節も自在に可動し、腕関節を逆に曲げて背後からのヘルボーイのパンチを受け止めたりできる。自身の体長をはるかに超える長い舌は伸縮性に富み、巻きついた対象(生体)を麻痺させる猛毒を分泌する。舌には針が付いており、対象に刺さると自然に剥がれ5秒の間に卵を3つ産み付ける。卵は熱と光に触れるとすぐ死ぬため、卵が孵るには暗くて湿った環境が必要とされるため地下鉄構内の貯水所にて大量に産み落とされていた。サマエルは大量の卵から成り、一体が滅ぼされれば卵からそれに倍するサマエルが孵り、急激に成長して新たなるサマエルの群れとなる。水中でも活動可能。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=AO9ybRh79YQ


Hellboy 3/4 Mask 大人用 男性用 メンズ Teen Superhero アクセサリー クリスマス ハロウィン コスチューム コスプレ 衣装 変装 仮装

 

楽天で購入する

豆知識
ラスプーチン

実在した人物であり奇怪な逸話に彩られた生涯、怪異な容貌から怪僧・怪物などと形容される。ロシア帝国崩壊の一因をつくり、歴史的な人物評は極めて低い反面、その特異なキャラクターから映画や小説など大衆向けフィクションの悪役として非常に人気が高く、彼を題材にした多くの通俗小説や映画が製作されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Itw84ulwBXg

 

もっとラスプーチンする

 

クトゥルフ神話の文献より

宇宙の最も冷たい領域のクリスタル牢で、邪悪な7つの龍神オグドル・ヤハドが目覚めようとしていた。「妖蛆(ようそ)の秘密」87項より。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dBj_QnrzVRw

発見された赤い悪魔の子ども

1944年10月9日スコットランド沖にてナチスが科学技術と妖術を使い、現世と冥界の境界に位置する場所とされる所に建てられたとされるトランダム大修道院の跡地でラスプーチンらが冥界(宇宙)への扉を開いた際に出現した悪魔。後の”ヘルボーイ”である。彼の右手は冥界の扉を開く鍵とされている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=SpXchiMa-sA

トゥーレ協会

ドイツ人の貴族から作られたオカルト結社で1918年に設立された(ゲルマン騎士団より分裂したとされる)。アーリア人しか入会できない条件で、グノーシス主義でもあり、創設者はルドルフ・フォン・ゼボッテンドルフとされている。1937年にヒトラーも加入していたとされる。ロンギヌスの槍(キリストの脇腹を刺した槍)を1938年にヒトラーは手にして無敵になったとされている。対抗策として1943年にルーズベルト大統領が超常現象調査防衛局(BRPD)を設立するに至った。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=6FQRJAjojHE

死者蘇生の呪文

作中のモスクワ霊廟でヘルボーイがイワンを蘇らせる時にペンダントをかざしながら唱えた。”アメマン、ヘデェーレイ、アニモス、ゴルポス”

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qv-Xr5VyXpM&t=18s









ニア・ダーク

ニア・ダーク

 

低予算のヴァンパイア&西部劇映画。

作品紹介
ニア・ダーク
  • 1987年アメリカ映画
  • 監督:キャスリン・ビグロー
  • 製作:スティーヴン・チャールズ・ジャフィ
  • 製作総指揮:エドワード・S・フェルドマン、チャールズ・R・ミーカー
  • 出演:エイドリアン・パスダー、ジェニー・ライト、ランス・ヘンリクセン、ビル・パクストン、ジェニット・ゴールドスタイン、ジュシュア・ミラー、マーシー・リーズ、ティム・トマーソン

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

ある月夜の晩、酒場へと足を運んだカウボーイの青年・ケイリブは、道端でメイと名乗る美しい少女と出会う。だが、実はメイは吸血鬼だった。 メイに噛まれたことで吸血鬼へと変貌してしまったケリブは、止むなくメイとその仲間である吸血鬼達と共に放浪の旅に出ることになる。やがてケイリブはメイと恋に落ちるが、生きる為とはいえどうしても殺人を犯すことが出来ない。 人殺しを厭わないという吸血鬼の掟に従おうとしないケイリブに吸血鬼のリーダーらは激怒、彼を処刑しようと襲い掛かる・・・・。

登場人物
ケイリブ・コルトン

カウボーイ。友達は白い馬。ある夜酒場に出向いた際にソフトクリームを舐めているメイを発見して一目惚れをする。ヴァンパイアとは知らず夜明け前までメイと一緒にいて首を噛まれ自身もヴァンパイアとなる。ヴァンパイア族のメンバーより1週間の試練を与えられるも途中で家に帰ろうとして夜行バスに乗るも失敗に終わった。父ロイの手助けもあり、人間の血を輸血してヴァンパイア化が解除され普通の人間の生活に戻る事ができた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=FGEohBPuEOE

メイ

4年前からヴァンパイアである。夜に一人でソフトクリームを食べているところをケイリブに発見され声をかけられる。テキサスのスウィートウォーターから来たジプシー。ハイウェイ近くのキャンプ場にヴァンパイアメンバーらで当初生活していた。ヴァンパイアとして永遠の命に対し一人で生きている事に不満がある。夜明け前までケイリブの牧場で遊んでいたが中々家に帰してくれないケイリブに対して左の首筋に噛みつき同じヴァンパイアにした。同族となったケイリブが人間を殺して血を吸わないため瀕死となり、自身の血を分け与えた。作中では、ケイリブの事を殺さないようにジェシーらを邪魔した。最終、ケイリブにより輸血してもらいヴァンパイア化が解除された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=1tDNscq6_MQ

ジェス・フッカー/ジェシー

南北戦争時代から生きている。ヴァンパイア一族のリーダー。ケイリブがヴァンパイア化したため1週間の試練(人間を殺し、その血を吸う)を与えた。ダイヤモンドバッグを過去にヒッチハイクして同族にしている。作中では、全ては映像に映ってないが夜にクソガキのヒッチハイカーに遭遇しておりダイヤモンドバッグと一緒に殺している。最終、昼間に走らせていた車の中で燃え尽きて死んだ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=1tDNscq6_MQ

セヴェレン

イカレ野郎。話口調で”ションベン”や”便所”と例える表現が多い。途中立ち寄ったバーで赤いバンダナ男の首をへし折って、”輪拍”を使用しバーテンの男の首を切り裂き殺した。ロイを拉致って、ケイリブを殺そうと追ってきたがトラックもろとも爆破に巻き込まれ絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=FGEohBPuEOE

ダイヤモンドバッグ

何年前かは不明であるが、ジェシーによりヴァンパイア族に引き入れられた。ナイフを扱うのが得意。当初はヒッチハイカーのジェシーを車で拾ったと言っている。全ては映像に映ってないが夜にクソガキのヒッチハイカーに遭遇してジェシーと一緒に殺している。途中立ち寄ったバーの女ウェイターの首をナイフで切り裂きジョッキにビールを注いだ。最終、昼間に走らせていた車の中で燃え尽きて死んだ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=FGEohBPuEOE

ホーマー

生意気なガキ。メイを同族にしたヴァンパイア。ガキの体であるが成人男性以上長く生きている。夜に自転車事故に見せかけて立ち寄ったオッサンの血を吸っているシーンがある。途中立ち寄ったバーではマグナム銃でオッサンを銃殺している。モーテルの自販機でサラと会い気に入ったためジェシーらの部屋に連れて行き一緒にTVを観た。本心では同族のメイをケイリブに奪われたためロイを自分の従者として同族にしたいと思っている。最後は、拉致っていたサラが昼間に車から降りたため、捕まえるためにそのまま追いかけ焼死した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=FGEohBPuEOE

サラ・コルトン

ケイリブの妹。兄想いの優しい少女。兄に本を読んでもらうのが好き。父のロイと一緒に兄ケイリブの捜索をした。途中、”ゴッドスピードモーテル”に泊まっていてホーマーがキッカケでケイリブと再会することになる。一度、自宅に帰宅するもジェシーらに拉致られるがメイにより何とか逃げ延びた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=1tDNscq6_MQ

ロイ・コルトン

ケイリブの父。娘のサラと牧場で牛を飼っている。ケイリブがケイとのデートが終わり明け方に帰宅途中、目の前でキャンピングカーにより誘拐されたため保安官に捜索願いを申し出た。警察だけではアテにならないと感じ、サラと一緒に町に聞き込みを始めることとなる。”ゴッドスピードモーテル”の3号室に泊まっていたが、サラがキッカケでケイリブと再会する。ケイリブを当初病院に連れて行くと言っていたが自身の血を輸血してヴァンパイア化を解除してあげた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=nE_25Sx5w70

イーカース保安官

カンサスのバス停でケイリブ目撃情報があったとロイに報告した。当初はロイが通報後4時間してから現地への到着に時間がかかる無能な警官として出演。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=hQxnVrg2TSQ

 

気付いている方も多いと思うが本作は エイリアン2のキャストの出演が多い。




豆知識
【ヴァンパイアの特徴】

  • 日光で皮膚が焼ける
  • 血を吸わず噛みつけば同族にできる
  • 同族同士で血を吸い合う事で飢えを凌ぐ事ができる
  • 首を切り離せば死ぬ
  • 人間の血を輸血すれば元の人間に戻れる

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=hQxnVrg2TSQ

本作でのバンパイアたちの生活

ジプシー(移民)生活を送っていて町から町へと移動してはシカゴなどで火事を起こしている。作中ではキャンピングカーを燃やしていた。車を盗んでは使用して移動をしている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=hQxnVrg2TSQ

輪伯

乗馬の際、ブーツ・靴のかかとの部分に装着するギザギザの歯車状の金具。歯車の形のものが呼ばれている。









 

13日の金曜日 リメイク

13日の金曜日 リメイク

 

作品紹介
13日の金曜日 リメイク
  • 2009年アメリカ映画
  • 監督:マーカス・ニスペル
  • 製作:マイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ブラッド・フラー、ショーン・S・カニンガム
  • 製作総指揮:ブライアン・ウィッテン、ウォルター・ハマダ、ガイ・ストーデル
  • 出演者:デレク・ミアーズ、ジャレッド・パダレッキ、ダニエル・パナベイカー、トラヴィス・ヴァン・ウィンクル、アーロン・ヨー、アーレン・エスカーペタ、ジュリアナ・ギル、ウィラ・フォード、ライアン・ハンセン、アマンダ・リゲッティ、ナナ・ヴィジター

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

1980年6月13日のジェイソン溺死事件より20年後、ホイットニー達がクリスタルレイクへキャンプに行き失踪する。その1か月後に、兄のクレイとトレント達一行が別々の目的ではあるがクリスタルレイクに訪れ合流。ジェイソンに襲われる。

登場人物
ウェイド

クリスタルレイクにキャンプに来たが目的はマリファナアの草を採りに来た。雑学を色々話して、ピューマがいる話やジェイソンの昔話を披露した。マリファナを探している最中にジェイソンでナタで切り殺される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=i_N1xgGvDc4

アマンダ

リッチーの彼女。テント内でリッチーを待っている間にジェイソンに襲われ寝袋ごと火あぶりにされ殺される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=i_N1xgGvDc4

マイク

ホイットニーの彼氏。ホイットニーとジェイソンハウスへ行きパメラ夫人の首を見つける。その後、すぐに罠(トラバサミ)にかかりジェイソンにナタで突き刺されて絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=i_N1xgGvDc4

リッチー

アマンダの彼氏。ウェイドとマリファナ探しのキャンプに来た。ウェイドが見ているとアマンダから指示され、性交途中にテントの外へ様子を見にいくが、異変に気付き戻ると罠(トラバサミ)に掛かり足を負傷する。すぐにジェイソンが戻りナタを額に突き刺されて絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=i_N1xgGvDc4

ドニー

木の粉砕加工業で働く男。最近出没している灯油泥棒に困っている。マネキンの”ジーナ”で童貞を喪失したと作中で語った。ジェイソンにナタで首を切り落とされ絶命。今作でのホッケーマスクの持ち主。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=i_N1xgGvDc4

ジェイソン

20年前に母(パメラ夫人)が指導員に殺されてから、クリスタルレイクに近寄る人間を殺しまくる殺人マシーンと化していた。ミラー兄妹によって撃破されるも。。。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=i_N1xgGvDc4

クレイ・ミラー

1か月前にクリスタルレイクのキャンプで失踪した妹のホイットニーを探している。妹を捜索の前日に癌の闘病中であった母を亡くしている。最終、ジェイソンハウスに囚われていた妹を助け出し兄妹でジェイソンを撃退してクリスタルレイクに死体を投げ込んだが。。。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=QJkrjfjQslo

ジェンナ

常識のある女。クレイに気がある。トレントの傲慢さにうんざりしている。クレイが妹失踪で探しているのを見て協力してあげた優しい女。ジェイソンハウスでホイットニーを発見し脱出途中でジェイソンに後ろからナタで胸を貫かれ絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=i_N1xgGvDc4

トレント

気の小さい男。クリスタルレイクの別荘を友人達と一緒に休日を過ごすために提供したが小言が多い。友人たちからは金持ち以外ではうんざりされている。ジェンナに気があるがあまり相手にされていない。車でジェイソンから逃げようとしたがブリーを投げ込まれ潰れてしまい、ヒッチハイクをして逃げる途中、ジェイソンに捕まりナタで背中を貫かれ、トラックに突き刺され絶命。ブリーに寝取られた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=QJkrjfjQslo

チューウィ

ルシールというパイプたばこを吸う。クリスタルレイクへ行く途中のコンビニでコンドームを買ったり、ピンポン玉ゲームで汚い靴に入れた酒を飲む奇行をする。別荘の椅子を壊したため修理をトレントと約束し倉庫に工具を取りに行った際にジェイソンにドライバーを喉元に突き刺され絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=i_N1xgGvDc4

ロレンス

黒人。ヒップホップの音楽レーベルを立ち上げる仕事をしている。ジェイソンに斧を投げ飛ばされ背中に突き刺さり絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=i_N1xgGvDc4

ブリー

酒に酔った勢いでラップダンスを踊り、トレントを寝取った。トレントと寝ている間にビデオカメラを流していた変態女。ジェイソンにはバスルームでハンガーのフックに突き刺さされ絶命。トレントが逃げるため車に乗り込んだ際にジェイソンにより2階から車に放り投げられた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=QJkrjfjQslo

チェルシー

ノーランの彼女。ジェットスキー中にノーランの異常を察知して橋の下に隠れていたが、ジェイソンにナタを頭に突き刺されて絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=HLokgLEOSEU

ノーラン

チェルシーの彼氏。トレントのボートを無断で使用し、彼女と水遊びを楽しむ。ボートを操縦中に矢で頭を打ち抜かれ絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=i_N1xgGvDc4

ホイットニー・ミラー

彼氏のマイクと癌の闘病中の母を看護師に預けキャンプに来た。クレイの妹。友人と一緒に遊びに来ていて、友人たちが惨殺された後、ジェイソンハウスに監禁される。パメラの若い時の写真に似ている事からジェイソンは殺害しなかった。後半、兄のクレイに助けられジェイソンを粉砕機で撃破した。。。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=i_N1xgGvDc4

パメラ夫人

物語序盤で1980年6月13日に指導員達を息子(ジェイソン)の溺死の原因として殺しまくっていた異常者。最終的に1人残った女の指導員に首をナタで切り落とされて死んだ。だが、実際にはジェイソンは生きていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=i_N1xgGvDc4

 

 

最後にドッキリありますね。






 

 



1作目の作品を見る
フレディVSジェイソンの紹介へ行く





ハウリング

ハウリング

 

ハウリング(howlling)とは?

意味:狼の遠吠え。吠える。

 

作品紹介
ハウリング
  • 1981年アメリカ映画
  • 監督:ジョー・ダンテ
  • 製作:マイケル・フィネル、ジャック・コンラッド
  • 製作総指揮:ダニエル・H・ブラット、スティーヴン・A・レイン
  • 出演:ディー・ウォレス、デニス・デューガン、クリストファー・ストーン、ベリンダ・バラスキー、ケヴィン・マッカーシー、パトリック・マクニー、ロバート・ピカード、エリザベス・ブルックス

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

女性ニュースキャスターのカレンは、最近続発している猟奇殺人事件の犯人エディにポルノショップへと呼び出された。エディは彼女の目の前で得体の知れないものに姿を変えて襲い掛かってきたが、駆けつけた警官に射殺される。カレンは一命をとりとめたものの、襲われた時の記憶を失っており、仕事にも影響を及ぼすようになる。医者のワグナーの勧めで、夫と共に”コロニー”と呼ばれる保養所へ療養に向かうが、そこは今回の事件の発端になった場所であった。

登場人物

【KDHB局員】

※LAに拠点を置くTV局員たち

カレン・ホワイト

KDHB局の人気ニュースキャスター。ある日突然エディと名乗る変質者からウエスタン通りの電話BOXへ電話が掛かって来たため勇敢にも集合場所のアダルトショップに向かい対面したが、目の前で警官にエディが銃撃されショックでトラウマが残る。ワグナー医師の診察を受け、療養所の”コロニー”を紹介されしばらく生活する事になる。最終、コロニーに潜んでいた狼人間に左肩を噛まれ自らも狼人間となり、実証するためTVで変身したがクリスにより射殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ZFQtaCRzWb0&t=32s

ビル・ニール

カレンの彼氏。番組プロデューサー。カレンにセックスを断られて拗ねた。ヴィーガン。夜に牧場の牛が殺される事件が起こり、コロニーのメンバーで、森へ原因である狼の狩猟に行きウサギを撃ち殺して持ち帰って来た。再び森に入り狼から右腕を噛まれ狼人間となった。最初は彼女のカレンを大事にしていたがマーシャに寝取られる。狼人間になってからはヴィーガンであったが肉を食べるなど嗜好の変化が見られた。最後はコロニーから逃げようとしたカレンの左肩を噛んだが銀の銃弾を顔面に打ちこまれ絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ZFQtaCRzWb0&t=32s

クリス

番組プロデューサー。テリーと付き合っている。当初、不審者のエディからカレンへ掛かって来た電話に対してテリー、シャンツ警部補、クライン刑事と一緒に盗聴していた。カレンがエディに襲われた後に、テリーと一緒にエディの身辺調査に乗り出すが、段々エディが伝説の人獣、狼人間の存在として浮かび上がる。エディの遺体を確認するため早速検死所へ行くが、すでにエディの死体は消えていた。カレンの連絡をもらいコロニーに向かったテリーから、コロニーに狼人間のエディがいる話を聞き、彼女の身の危険を感じ保安官のサムに通報した。本屋の店主から狼男が銀の弾丸でないと死なないと聞き、銃弾を足りない金でやや強引に購入し、コロニーへ向かった。最終、テリーは助けられなかったが、一部の狼人間を殺しカレンと一緒に逃げ延びた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ZFQtaCRzWb0&t=32s

テリー

クリスと付き合っている。クリスと一緒にエディの部屋へ行って番組”内なる獣性”を作るため身辺調査を行った。吠えてきた犬に対して置いていた雑誌を投げつける凶暴な女。クリスと行動を共にするが、エディの正体が段々と狼人間であるとわかってきた。ビルが狼に噛まれた一見でカレンから連絡がありコロニーに出向くが、エディのスケッチからエディがコロニー出身者である事が判明した。その後、コロニーの小屋で狼人間になったTCに襲われ、腕を斧で切り落して逃げるも、最終クリスに狼人間に襲われた事を報告している最中に狼人間になったエディにより噛み殺される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ZFQtaCRzWb0&t=32s

【コロニーメンバー】

※コロニーメンバーは全員狼人間である。

ジョージ・ワグナー

医者。序盤にTV番組に出演して連続殺人事件が多発している事に対しての異常心理を人間の進化に例えて語った。テリーが持ち帰ったエディの絵を見て右脳が発達していると診断した。狼人間が人間を食べずに共存すべきであると考えている。カレンを助けに来たクリスにより自ら銀の銃弾を撃ち込まれに行き絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ZFQtaCRzWb0&t=32s

チャーリー

自分の牧場を持っていて牛を飼っている。夜に牛が死んでいたのを発見し、サムと牛泥棒を捕まえようと見回りをしていた。人間は家畜だと思っている。生死は不明。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ZFQtaCRzWb0&t=37s

ジェリー

ソフト会社で働いている。妻のドナがいる。コロニーで行ったカレンの歓迎会では肉を焼く係をしていた。コロニーのメンバーで狼狩りをしに行く際にビルに銃の扱いを指南した。カレンを助けに来たクリスにより銀の銃弾を撃ち込まれ絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eGoTMRvtVG0

ドナ

ジェリーの妻。カレンに好意を持っており、コロニーを紹介したり一緒にテニスをしたりしている。マーシャの事を”人喰い”と言っている。ワグナーの考え(人間と共存する)に共感している。生死は不明。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ZFQtaCRzWb0&t=37s

アール

老いぼれ。カレンの歓迎会で肉が噛み切れないと一人でぼやいていた。誰かに構って欲しいと「死にたい。」と言い始める。牧場の牛が死んだのはUFOの仕業だと言いコロニーメンバーから小バカにされる。実際は人間を喰う事を望む野獣。生死は不明。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ZFQtaCRzWb0&t=37s

サム

保安官。当初、テニスをしていたカレンに会いに来て夜に狼の声を聞いたカレンに対し、コヨーテが出ると言っていた。その夜にチャーリーの牧場で牛が殺されたため見回りをしていた。途中、クリスよりテリーがコロニーで事件に巻き込まれたと通報したが州警察に連絡すると言うも相手にしなかった。最終、クリスとカレンが車でコロニーを脱出する際に邪魔して銃撃してきたがクリスに銀の銃弾を撃ち込まれ絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ZFQtaCRzWb0&t=32s

TC・クイスト

マーシャの弟。カレンの事を見てニヤニヤして気持ち悪い男である。全裸でカレンの部屋を小屋の外から覗いていた。コロニーの仲間たちからは猟犬的役割とされている。狼人間になってテリーを襲うも右腕を斧で切り落とされた。カレンを助けに来たクリスにより銀の銃弾を撃ち込まれ絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=CrYUbYLbPto&t=29s

マーシャ・クイスト

エロ狼人間。TCは弟。感情的で淫乱な女。レア肉が好き。ビルの撃ち殺したウサギを料理した。ウサギを料理している最中にビルにいきなりキスをする肉食女ぶりを見せるも払いのけられた。ビルが狼人間となった後に、ヤリまくってカレンから寝取った。人間との共存はできないと思っている。最終、コロニーから逃げ出し生き延びている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=CrYUbYLbPto

エディ・クイスト

ハグレ狼人間。元々コロニー出身者。マーシャとTCとは兄弟。女の悲鳴を聞くのが好きな変質者で、カレンをアダルトショップに呼び出してレイプ物のビデオを見せながら自らの変身を見せたが、通報で立ち寄った警官により銃撃を受けた。アパートの27号室に住んでいる。皿洗が嫌い。部屋には獣人のスケッチがいくつも貼られている。警官によりアダルトショップで銃撃後に死体安置所に運ばれたが生き返って脱走した。コロニーに来たテリーを噛み殺し、カレンにより顔面に硫酸をかけられ逃亡されたが、コロニーにテリーを追ってきたクリスを挑発して銀の銃弾の銃撃を受け息絶えた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=uuYyfHeWYTI

 

 

最後のカレンの狼人間化はチワワそのもの。






ちょっと豆知識
コロニーとは?

表向きは療養所。主にセミナーやグループセラピーを行い記憶喪失に効果的であるとされている。本当は、狼人間たちがワグナー博士のもとで、人間社会との融和の試みの実験材料としてコロニーで生活している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ZFQtaCRzWb0&t=37s

【狼人間の特徴】

  • いつでも変身が可能
  • 銀の銃弾が有効
  • 火が有効
  • 腕を切っても刃物で刺しても3日で生き返る
  • 狼人間に噛まれた者も狼人間になる

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=UxF2Xzfs6tk

【心身統一に良いとされる事】

サイエントロジー

L・ロン・ハバードが創始した宗教哲学。

虹彩学

虹彩学とは症状が現れる前に、医師が目から隠れた疾病を“読み取る”、予防・診断の手法です。目は単に心の鏡であるだけでなく、身体をも映し出します。目の色のある部分、すなわち虹彩を“読み取り”診断することで、人体のすべての弱い部分、潜在的傾向、患者の危機と生命力、臓器の状態、その他多くの進行中の病理を発見することができます。



狼男 モンスター 怪物 衣装、コスチューム デラックス 大人男性用 コスプレ 動物

 

楽天で購入する





ジョン・ゲイシー

ジョン・ゲイシー

 

この作品ですが、やたらとゴキブリ&蛆虫が出てくる描写があります。

作品紹介
ジョン・ゲイシー
  • 2003年アメリカ映画
  • 監督:クライヴ・サンダース
  • 製作:ラリー・ラトナー、ティム・スウェイン
  • 出演:マーク・ホルトン、チャーリー・ウェバーアリソン・ラング、アダム・ボールドウィン、トム・ウォルドマン

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

実在の連続殺人鬼、殺人ピエロと言われている”ジョン・ウェイン・ゲイシー”の映画化作品。

登場人物
ジョン・ウェイン・ゲイシー

建設会社社長。シカゴ在住。ボランティア活動として福祉施設へピエロに扮して慰問している。脱税している心臓病持ちのゲイ。当初、母親と妻カレンと双子の娘2人の計5人で生活していた。名前の由来は西部劇の大スター”ジョン・ウェイン”にちなんでその名を授かった。幼少の頃から父親に虐待を受けて育った過去を持つ。黒い車に乗っていて悪ガキどもをバイトとして雇っては陰でレイプしまくっているイカれデブ。夜にウリで立ちんぼをしている少年をシカゴ警察のジャックと名乗って拉致したり、普通に客として買い付けに行ったりしており被害者数は2000件を超えるとされている。中でも殺した少年は床下にそのまま埋めたため、蛆やゴキブリが沸き悪臭に悩まされていたため匂いを防ぐため石灰をまいていた。尚、普段は友人のハルや市会議員のテッドと関係は良好であったとされる。一応、ハルから害虫駆除業者のエディ・ブルームを紹介してもらっているが効果はなかった。最終、潜入捜査官に自宅から逃げ出したトムが事情を聞かれて逮捕された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=EbHANELNCpk

 

今回gif素材が少なくてスマンな。まぁまぁ面白いから一回観てみろ!!





ジョン・ウェイン・ゲイシーとは?
ジョン・ウェイン・ゲイシー
  • 生)1942年3月17日~没)1994年5月10日
  • 出身:アメリカ合衆国・イリノイ州シカゴ
  • 別名:道化師ポゴ、キラー・クラウン
  • ゲイで同性愛者
  • 犯行期間:1972年1月~1978年12月
  • 逮捕日:1978年12月
  • 犠牲者数:33人
  • 罪名:殺人罪
  • 刑罰:薬殺刑(死刑)
  • 死刑直前に言った言葉:「ファック」
  • 最後に刑務所で食べた食事:「エビフライ、フライドポテト、ケンタッキーフライドチキン、苺」

【生前暦】

元々、父親から度重なる虐待を幼少期から受けていた。少年時代はボーイスカウトに入っていたことがあり、資産家の名士でチャリティー活動にも熱心な模範的市民だと思われていたが、アルバイト料の支払いなどの名目で呼び寄せた少年に性的暴行を加えたうえで殺害し、その遺体を自宅地下および近くの川に遺棄していた。自身の同性愛を隠すために殺害したとされている。1972年から1978年のあいだ、少年を含む33名を殺害したことが明らかになっているが実際の被害者は2000人以上とみられる。彼の犯行はアメリカ社会を震撼させた。

もっとゲイシーする

 

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=jdm5WbIle64

1986年スティーヴン・キング製作の『IT(イット)』のペニーワイズがゲイシーの影響を受けているみたいですね。それとこの人は薬殺刑を受け注射された後に18分も生き続けたらいしぃ。

邪悪な ピエロ Men’s コスチューム ハロウィン メンズ コスプレ 衣装 男性 仮装 男性用 イベント パーティ ハロウィーン 学芸会

 

楽天で購入する








芽殖孤虫

芽殖孤虫

 

芽殖孤虫(がしょくこちゅう)って知ってますか?

東京慈恵会医科大学 研究内容より

 

 

 

2021年5月31日に宮崎大学の研究者たちがゲノム解析に成功したらしいですね。

 

 

関連する内容として”芽殖孤虫症”という極めてまれな寄生虫感染症であり、注目すべきは無限に分裂増殖しながら人体を食いつくしていき、搔きむしった皮膚から無数の虫が湧き出てくる異様さにより古くから奇病として恐れられていました。

 

1907年、国内2例目の患者では、筋肉片約3cm²以内に20~25もの蟲囊があり、担当した当時の東大病院の医師は解剖記録では

「無数の大小種々の条虫および囊蟲の湧き出るのを認め、一見慄然(りつぜん)たらしむ」

「全身の至るところに居りて、肺では最も著しい」

「こうなってしまったら蟲を殺すより人間を殺す方が早し」

と記録しています。

医学的にはどうにもならないというサジ投げ宣言に近いものと言えるでしょう。

さらに人体から発見された「芽殖孤虫」は全て幼虫の段階であり、現在に至るまで成虫が発見されていないとのこと。

 

そんな謎と恐怖に包まれた芽殖孤虫の正体とは、いったい何だったのでしょうか?



動物の犠牲で維持されてきた

※寄生虫「芽殖孤虫」に感染すると体内で無分別に増殖して体を喰いつくし皮膚を引っ掻くと無数の虫が湧き出ます。

致死率ほぼ100%のサナダムシの仲間

 

 

芽殖孤虫に感染した典型的な例では、幼虫が皮膚をはじめとする臓器で無分別に増殖します。

 

死後の人体は、皮膚や消化器官、骨、肺、脳など様々な組織が、まるでスポンジの様に穴が開いた状態にまで喰いつくされてしまうのです。

発症者の多くは両生類や爬虫類を食べる習慣があった他、ミジンコなどを多く含む汚染された井戸水を飲んでいたとされていますが、感染経路の詳細は不明。しかも、知られているのは幼虫のみであり、これまでにどんな動物からも成虫は発見されていません。

 

芽殖孤虫の名前の「孤虫」の部分は「孤児の虫」を意味し、成虫が不明である事を示します。

 

現在、芽殖孤虫に対する効果的な治療薬はなく、外科的に取り除く以外対処方法は存在しないのです

 

全てが謎に包まれた寄生虫でしたが、マウスに代々感染させ続けることで40年にわたり寄生体が維持されてました

しかしその症状の奇特さから研究者たちの興味を引き、1981年のベネズエラの症例から分離された虫は、40年にもわたり生きたマウスに感染させ続けることで保存されてきました。

 

そこで今回、宮崎大学・国立科学博物館・東京慈恵会医学大学らの研究者たちは、最新の設備を用いて芽殖孤虫のゲノムを分析し、その正体を探ることにしました。

 

 

結果、意外な事実が判明します。

 



研究結果

 

「芽殖孤虫」は卵を産まず体を分裂させて増える

宮崎大学のプレスリリースより

 

「芽殖孤虫」の成虫はどの動物からも未発見でしたがゲノムを解析すると幼虫状態のまま分裂増殖する可能性が判明

①何かの幼虫ではなく独立種

②現状(幼虫)のまま分裂して増える証拠

【重要度低下】

・受精卵から成長するための遺伝子

・有性生殖の遺伝子

【喪失】

・神経系を作る遺伝子

・体の前後を決める遺伝子

 

 

遺伝子解析を行うにあたり、研究チームはまず、マウス体内で維持されてきた「芽殖孤虫」と日本のシマヘビから採取した「マンソン裂頭条虫(れっとうじょうちゅう)」からDNAを抽出しました。

【マンソン裂頭条虫】

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=xrXGWZZF0lk

 

結果、芽殖孤虫のゲノムは6億5000万塩基対からなり、遺伝子総数は1万8919個であると判明。

※塩基対とは

 

これはヒトのゲノム(30億塩基対)と比べると小さいものの、エキノコックス(約1億500万塩基対)や回虫(2億7000万塩基対)など他の寄生虫よりはかなり大きな値です。

【エキノコックス】

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=J2BcIAlr7BI

【回虫】

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=o1G6DkmYDi4



 

また芽殖孤虫のゲノムはマンソン裂頭条虫(8億塩基対)と似ている部分があったものの、塩基配列およびゲノム数からも明らかに別の生物であると判明します。

 

かつて芽殖孤虫はマンソン裂頭条虫の異常個体であるとする説がありましたが、今回の研究によって完全に否定されました。

 

ですがより興味深い発見は、個々の遺伝子解析によってみえてきました。

芽殖孤虫に含まれる遺伝子を調べた結果、卵から体を作るために必要な「個体発生」にかかわる遺伝子や有性生殖に必要な10個の遺伝子について重要度(選択圧)が低下していることが判明。

 

また神経系を作る遺伝子や体の前後を決める遺伝子(Hox1)など、体の正しい形成に重要な遺伝子のいくつかが失われていることも判明します。

 

この結果は芽殖孤虫は卵を産む成虫段階が存在せず、増殖がもっぱら出芽・分裂という無性生殖に依存していることを示します。

 

そしてこの無性的な増殖が芽殖孤虫の病原性の強さに直結していると考えられます。

ただ興味深いことに芽殖孤虫の全ての虫体が終末的な増殖を起こすわけではありませんでした。


異なる2タイプ

 

 

「芽殖孤虫」は異なる2タイプがあったのです。

 

 

 

形状は2種類。「メデューサ型」と「ワサビ型」。「メデューサ型」は増殖力が強く、機能不明の未知のタンパク質を生産・分泌している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=kXK8cZIRO30

 

※感染経路は未だに不明だが爬虫類・両生類・ミジンコと推定(2021年6月現在)

 

研究チームが、マウスから取り出した虫体を観察していると、あるとき、盛んに出芽・分裂しているものと、出芽がみられない増殖度の遅いものがあることに気付きました。

 

そして増殖度が高いものを「メデューサ型」、低いものを「ワサビ型」と命名します。

 

次に研究チームは、これら2タイプでは何がどう違うかを顕微鏡レベルで調べることにしました。

結果、メデューサ型はワサビ型に比べて動きが活発で、特に発達した液胞を持っていることがわかりました。

 

さらに最新の機器で働いている遺伝子を比較した結果、メデューサ型ではタンパク質分解酵素、がん関連遺伝子の働きが大きく上昇していました。

 

特に発現量がワサビ型の200倍を超える遺伝子には、細胞外基質分解酵素(組織の侵入に使う)、神経伝達物質であるアセチルコリンの分解酵素、そして芽殖孤虫にのみ発見されている機能不明なタンパク質群が発見されました。

これら未知のタンパク質は構造的に、細胞外にて出て働く分泌性タンパク質とよく似ており宿主免疫系に影響を与えると考えられます。

 

現在、芽殖孤虫の感染に対しては有効な治療で薬が存在せず、外科的な摘出手術のみが確実な治療法となっています。

 

しかしゲノムが解析されたことにより、標的とすべき芽殖孤虫の弱点も明らかになり、新薬開発につながると期待されます。





地獄のモーテル

地獄のモーテル

 

作品紹介
地獄のモーテル
  • 1980年アメリカ映画
  • 監督:ケヴィン・コナー
  • 製作:ロバート・ジャッフェ、スティーヴン=チャールズ・ジャッフェ
  • 製作総指揮:ハーブ・ジャッフェ
  • 出演:ロリー・カルホーン、ナンシー・パーソンズ、ポール・リンク、ニナ・アクセルロッド、ウルフマン・ジャック、エレイン・ジョイス、ディック・カーティス、モニーク・サン・ピエール、ロザンヌ・ケイトン、ジョン・ラッツェンバーガー

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

若い娘テリーはある日、国道をオートバイで走行中に事故にあい、重傷を負う。彼女は偶然通りかかったヴィンセントという中年の男に助けられる。彼は妹のアイダと共に“モーテル・ハロー”というモーテルを経営しており、そこで自家製ソーセージやベーコンを製造・販売していた。 だが、彼らの製造する自家製ソーセージ・ベーコンの材料は、自分たちのモーテルに泊まった旅行者だった。彼らはモーテルに泊まった旅行者たちを捕らえて声帯を掻き切り、裏の畑に頭だけ出して埋めてえさを与えて太らせ、“食べごろ”になると“収穫”してソーセージやベーコンに“加工”していた。 そんな中、ヴィンセントはテリーに興味を持ち、アイダは不満を持つ。同じころ、ヴィンセントとアイダの弟で、彼らとは別居している保安官のブルースもまた、テリーに一目ぼれする。兄にテリーを取られたくないブルースは、兄たちが留守の隙をついてテリーをモーテルから連れ出そうとして、見つかってしまう。 ブルースは乱闘の末にヴィンセントを倒し、アイダもまた、畑から逃げてきた犠牲者たちに襲われて死亡する。

登場人物
ヴィンセント・スミス

妹のアイダと弟のブルースがいる。“モーテル・ハロー”の経営者で妹のアイダと同居している。赤いトラクターを運転する事が多い。道路に罠を仕掛け、車やバイク乗車している一般人を事故に見せかけ拉致してベーコンに加工してモーテルで売っている異常者。湖で溺れたテリーを助けたところ、ほぼ全裸のテリーから迫られ結婚の申し入れを行った。その後、テリーに人肉加工をしている事を知らせたが、反対的な態度を取ったため睡眠ガスで眠らされてスライサーにかけた。最終、ブルースがテリーを救出に来たが阻止しようと豚の被り物を被ってチェーンソーで笑いながら暴れ回ったが、ブルースのチェーンソーが腹部に刺さり絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=JSjBYo_BVvE

アイダ・スミス

ヴィンセントの妹。ヴィンセントと同居している。大食いブタ女。カナズチ。肉加工場を覗いていたテリーを口封じのため、湖で浮き輪遊びをしようとテリーを誘い遊びに行ったが持参のカミソリで自らの浮き輪をパンクさせ、どさくさに紛れてテリーを溺れさせた。最終、人間栽培から逃げ出したボリスらにリンチされた後、人間栽培の畑に頭から突っ込まれ息絶えた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=JSjBYo_BVvE

ブルース・スミス

ヴィンセントの弟。郡保安官。11歳の時からヴィンセントらとは別居している。テリーに気があるが相手にされない。テリーとは湖でボートを漕いでデートしたり、夜にパトカーで双眼鏡を使い野外映画の盗み見をして楽しんだ。エロ本をパトカーで読んでいたところをビリー牧師の発見されエロ本を没収された。テリーがヴィンセントと結婚しそうになり辞めさせようとしたが、テリーに当初は聞き入れられなかったが、ヴィンセントの正体がわかっきて異常な行動を目にし、彼女をやっと説得出来た。最終、テリーを守るために実の兄をチェーンソーで格闘の末に殺すことになった。最終、テリーをモーテルから連れ出し逃げ延びた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=JSjBYo_BVvE

テリー

夫のボリスが運転するバイクに乗って道路を走っていたがヴィンセントの罠に掛かり夫と一緒に事故に遭う。一命はとりとめたもののヴィンセントとアイダの看病を受けモーテルに居候する事になる。途中、ヴィンセントからベーコンの燻製をじきに教えるという理由から勝手に加工室に入った事で、アイダに口封じのため湖で浮き輪遊びを提案され溺死をさせられそうになった。尚、浮き輪遊びの時はブラを着けずに白Tシャツを着ており濡れて乳首が丸見えであった。ヴィンセントに2回(バイク事故と湖で溺れた)助けてもらったと勘違いし、自ら抱いてもらう事を懇願するも、ヴィンセントから結婚する事を逆に提案され話に乗る。終盤にヴィンセントが人肉を加工している事を知り、反対したため睡眠ガスで眠らされスライサーにかけられ死にかけたがブルースに助けられ、最終、ブルースと逃げ延びた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=JSjBYo_BVvE

ボリス・タリンスキー

テリーの元夫。序盤のバイク運転中にヴィンセントの仕掛けたトラバサミを踏んでパンクしてから道の外れにある木に激突して気絶する。ヴィンセントにモーテルへ連れて帰られ、声帯を抜かれ人間栽培となった。ヴィンセントからは死んで墓(偽装された)に埋葬されたとテリーには伝えられた。終盤に人間栽培から抜け出して他の者たちを助けて集団でヴィンセントらを反撃した。最終、ヴィンセントに首を絞められ殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=LOvKFVqpR7E

ビリー牧師

牧師であり、ヴィンセントとテリーの結婚式での仲人を頼まれた。また、路駐してブルースが見ていたエロ本を没収した。TVに出演しており寄付を募っている。グレインビル・ユーレカイズム教会が活動拠点となっている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=3e3__lmf3gk

エディス

SM好きのアホ女。ガイが彼氏。当初ロイ・ロジャースという店を探していたが行先を変更してガイと一緒にモーテルに泊まりに来た。ヴィンセントに”性の楽園”というモーテルの案内冊子を差し出した。ムチを振り回してモーテルの部屋内で暴れ回っていた。ガイの提案でローションを頭からかけてあげた。ヴィンセントらがロープを持って捕まえに来た際に、プレイの一環だと思いそのままブタ縛りで縛られて睡眠ガスで眠らされてしまう。最終、ボリスらに助けられ逃げ出す。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=r6fpS6P16NI

ガイ

SM好きのアホ男。エディスが彼女。ヴィンセントのモーテルを昔から知っている常連でジャーキーを気に入っている。モーテルにヤりに来た。モーテルで泊るやいなや強壮剤がないのにキレていた。動物遊び(SM)が好きでマゾ男。胸毛が濃く、胸毛をシェーバーでプレイ前に事前に剃っている。ヴィンセントらがロープを持って捕まえに来た際に、プレイの一環だと思いそのままブタ縛りで縛られて睡眠ガスで眠らされてしまう。最終、ボリスらに助けられ逃げ出す。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=r6fpS6P16NI

デビー

スキー帰り。スージーとは友人。スキーを教わるために寝た金髪の男が忘れられないらしい。ヴィンセントの罠にかかったスージーが襲われ警察に通報しながら車を運転しながら逃げたが気を失い捕まって人間栽培された。証拠隠滅のため湖に車は沈められた。最終、ボリスらに助けられ逃げ出す。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Ax1Vgvp5Cls

スージー

2日で1500ドルのスキー帰り。デビーとは友人。車を運転していたが、ヴィンセントの仕掛けた牛の張りぼてで道路を塞がれてしまったためどかそうとしたが、潜んでいたヴィンセントによって睡眠ガスで眠らされ捕まって人間栽培された。最終、ボリスらに助けられ逃げ出す。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Ax1Vgvp5Cls

ボブ医師

臨床検査のため、ヴィンセントの飼っている豚の様子を観に来た。病気の豚がいたのでヴィンセントに教えた。ヴィンセントが行っている食肉加工を怪しんでおり夜中に人間栽培の畑に忍び込んでボリスを発見するが、後ろから潜んでいたヴィンセントによりスコップで殴られ、自らも人間栽培の一員となってしまった。最終、ボリスらに助けられ逃げ出す。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dEMFlgbwLRw

 




豆知識

【ヴィンセントが燻製肉を作り始めたキッカケ】

昔は冷蔵庫がなく、祖母が何でも燻製にしたことから始まった。燻製にした材料は鶏、リス、ウナギ、蛙、犬となっていると言っているが、ヴィンセントの考えで人間を燻製にしてハムやベーコンに加工して郡の人々が食べることによって「食料難から人々を救う事を一石二鳥でできる。」と思って始めたのが本音である。

 

ヴィンセントのベーコン

30年前から販売している。ヒッコリー材だけで燻製にした人肉入りのベーコン。防腐剤を使用している。一箱2ドル95セントで売られている。この肉はモーテルから半径160キロ以内でしか売らない。表向きの理由は品質を守り値段を抑えるためとしている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=3e3__lmf3gk&t=154s

人間栽培

ヴィンセントに捕まった人々は声帯を抜かれ、しゃべれなくなった後にモーテルの畑に埋められ首だけ地上に出された状態となる。定期的にエサをやられ、何もない時は頭に布袋を被せられている。最終、殺されたのちに”ヴィンセントの特製燻製ベーコン”として豚と混ぜられ加工されてから売られる。尚、彼らの事故った車は沼に200台沈められている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=c6ik-AA87Uo&t=6s

性の楽園

ヴィンセントのモーテルの案内冊子。エディスとガイがモーテルにSM目的で泊りに来て持参した。

 







 

 

 

リトルショップ・オブ・ホラーズ

リトルショップ・オブ・ホラーズ

 

ミュージカル形式のホラー?映画です。題名に”ホラー”と入っていたので観ましたが、個人的には苦手な分類。

作品紹介
リトルショップ・オブ・ホラーズ
  • 1986年アメリカ映画
  • 監督:フランク・オズ
  • 製作:デヴィッド・ゲフィン、ウィリアム・S・ギルモア
  • 出演:リック・モラニス、エレン・グリーン、ヴィンセント・ガーディニア、スティーヴ・マーティン、リーヴァイ・スタッブス、ジェームズ・ベルーシ、ジョン・キャンディ、ビル・マーレイ、クリストファー・ゲスト、ミリアム・マーゴリーズ

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

みなしごのさえないシーモアは、ムシュニク店長に拾われ育てられて以来、恋人の歯医者の暴力から逃れられないオードリーといっしょに花屋で働いている。そのシーモアが、ある日、中華街で奇妙な植物の鉢を買ってきた。それを店先に飾ったところ、客が興味をひかれて押しかけてきた。店長は、その植物を絶対に枯らすな、と命じるが、しかしその植物は、シーモアの血を吸う宇宙植物だった。

登場人物
シーモア・クレルボーン

みなしご。ムシュニク店長に拾われ育てられる。オードリーに気がある。皆既日食の日に宇宙植物(オードリーⅡ)を中国人のやっている植物屋で1ドル95セントで購入した。オードリーが彼氏のオリンから暴力を受けているのを目にしてオードリーⅡよりそそのかされ、オリン暗殺を企ているがオリンが勝手に麻酔薬で死んでしまい遺体を裏路地で斧で切り刻んでオードリーⅡの餌にした。その後、ムシュニクにオリンの遺体処理目撃の件で脅されるも、オードリーⅡによってムシュニクが喰われるのを目の前で目撃してしまう。その後、オードリーⅡを退治して、TV取材などオードリーⅡの事で成功を収めた金でオードリーにプロポーズをしてスキッド・ロウを離れて暮らした。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=mQJagD96X8U

オードリー

椎茸ヘアーのガリ巨乳。スキッド・ロウ(貧困街)から出て暮らしたいと思っている。暴力的でサディストな彼氏オリンからDVを受けており、右目に青アザを作ったり、右腕を骨折させられたり暴力を振るわれている。オリンとは稼ぎが良いため金目当てで付き合っているクズ。尚、オリンと知り合ったのは自身の花屋の給料が安かったためキャバレー”ドブ川”で働いた時に客として知り合った。シーモアに少し気があり”better Homes”という住宅雑誌に載っているような生活をスッキド・ロウから離れてシーモアとするのが夢であると語っている。オリン亡き後、シーモアにプロポーズされ結婚してスキッド・ロウを離れて暮らした。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=YIvpOIUqKKA

オードリー II

宇宙生物の化け物植物。自称:宇宙から来たグリーンのワル。電話も出来て人間の言葉を話せる。栄養源は人間の血液。当初シーモアが皆既日食の夜に中国人のやってる植物屋で購入された。その後、色々なメディアに注目される。途中、オリンとムシュニクの遺体を喰って巨大化している。触手を槍のように壁に突き刺すことが可能。最終、シーモアによってブチ壊した店の電線の電流を流されて爆発した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=GLjook1I0V4

ムシュニク

スキッド・ロウ(貧民街)に店を構える花屋の店長。当初花屋の花が売れなくて店をたたもうとしていたが、シーモアの購入したオードリーⅡを店頭に並べたところ客がドンドン入り繁盛した。従業員思いでオードリーがDVを受けている事を気にしてオリンと別れるよう声をかけている。オリンを斧で切り刻んでいるシーモアを目撃した。オリン殺害の件でシーモアをゆすりオードリーⅡの鉢を譲り、手入れの仕方を教えた後、シーモアに30~40年間別の場所で過ごしてろと指示したが、オードリーⅡに喰われて死んでしまう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=r46YZJSfxks

オリン・スクリヴェロ

歯科医。仕事以外では革ジャンとバイクに乗っている。笑いガスを常時携帯している。生粋のサディストで小さい時からパチンコで子犬を撃ち、グッピーの水槽に毒を入れ、野良猫の頭をぶち割った過去を持つ。亡き母親もイカれており、数々の子ども(オリン)の悪行を見て「お前は痛みを与える天才だから歯医者におなり。残酷なほど金も稼げる。」と助言した。作中では患者や看護師を殴り飛ばしたり、子供の持っていた人形の首を引き千切ったりしている。また、患者の施術は基本的には麻酔無しで行う。オードリーには「先生と呼べ!」と強要している。診察に来たフリをして暗殺を企んでいたシーモアを治療しようとして麻酔マスクを着けるもとれなくなり事故死してしまう。死んだ後はシーモアによって斧でバラバラにされてオードリーⅡの餌となった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=YoWom0CCRKM

パトリック・マーティン

世界植物興業に勤めている。オードリーⅡに挿し木をして国中の花屋の卸して売り出し全世界の家庭に普及させる提案をシーモアに業務提携としてどうかと申し出た。シーモアの逆鱗に触れ追い返された。何度もシーモアに電話したが繋がらなかったらしい。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=zgNiSTN4QoU

ウィンク・ウィルキンソン

スキッド・ロウ・ラジオのラジオDJ。”ウインクのヘーンな世界”という番組の司会をしていて、聴取者を呼んでヘーンな物を自慢させている。基本一人で勝手にしゃべっている。オードリーⅡで有名になったシーモアを招待して植物とスキッド・ロウ花店の紹介をしてくれた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=a3UcOUwK4Mk

アーサー・デントン

生粋のマゾ変態野郎。月曜に会った男の紹介でオリンの歯医者に治療を受けに来た。オリンの意図に反して歯科治療を痛がったり不快に思わなかったため治療途中で帰らされた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=XB7R0ZxNgC4

最初の客

潰れかけらムシュニクの花屋にシーモアⅡを置いたところすぐに来店した客。バラを100ドル分購入してくれた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=nOBJ7Wq48Bk

歯科医の看護師

オリンに殴られている看護師。予約受付もこなす。定時で帰る。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=XB7R0ZxNgC4

 

つーか、オリンの歯医者受診してる患者マゾばっかりやろ。他の歯医者へ行け!!w






豆知識

【スキッドロウ(貧民街)について】

貧しい者が住むスラム街。タクシーは乗車拒否して食い物が不味い。ヤク中が雪の中をさまよう。住んでいる者たちは金持ちにアゴで使われて使い走りに荷物運びをしている。昼食は屋台のホットドッグを食べ、給料は蚊の涙程しかもらっていない者ばかり。だいたい8時~17時まで働いている者ばかりである。

 



一応この作品も1960年にでた作品のリメイクとなっています。