感染

感染

 

当時、ちょっとキモかったホラー作品。作中に出てくるボケたババアの演技が見もの。

作品紹介
感染
  • 2004年日本映画
  • 監督:落合正幸
  • 製作:一瀬隆重
  • 出演:佐藤浩市、高嶋政伸、南果歩、佐野史郎、星野真里、真木よう子、木村多江、羽田美智子、草村礼子、モロ師岡、山崎樹範、谷津勲、山城佑太、三田恵子、江咲亜希子、須賀健太、石橋祐、浅見小四郎、前田昌明、森康子、渡辺航、中村祐樹、高橋健人

<ストーリー>

経営危機に瀕した“中央病院”で、深夜、医療ミスによる死亡事故が発生した。担当の外科医・秋葉医師は、内科の魚住医師の提案で看護婦らと共に隠蔽工作を画策する。そんな中、内臓が溶け出すと言う奇怪な症状の急患が運ばれて来た。どうやら、未知のウイルスに冒されているらしい。現状では自分たちの手に負えないと判断した秋葉は、受け入れを拒否。ところが、研究欲に駆られた赤井医師によって、患者は院内に運び入れられてしまう。果たして、ウイルスは接触した看護婦らに感染し、次々に命を奪っていった。だが、全ては医療ミスを犯した秋葉の心を侵蝕した“罪の意識”と言うウイルスが見せた妄想による彼の凶行だったのである。事件は、翌朝出勤して来た中園医師によって発見された。しかし、その中園もまたウイルスに感染してしまう……。

AmazonPrimeで映画を視聴する
U-NEXTで映画を視聴する

 

登場人物

【医師】

秋葉 清一

外科医。院長と直接連絡をとる給料交渉係。ホスピス患者を抱えている。若い外来患者を診ている。医師魚住と何かと相談する仲である。3号舎の転倒した火傷患者の点滴指示を看護師立花へ伝え間違いをしており、火傷の患者が死んでいる。医師魚住の提案で、火傷の患者が塩化カリウムの投与で死んだ事を知られない対策として1号舎へ移動させてストーブで熱して腐らせている。責任のなすり付け合いの末に火傷の患者を殺した事を認めている。看護師長塩崎から呼ばれ、放置された救急隊からの患者の元へ向かうも先の4号舎で医師赤井と合流し、内臓の溶ける患者を見せられ衛生局に知らせようと提案している。少し目を離した隙に4号舎から内臓が溶ける患者が消えたため、医師赤井から院内を探すよう提案され医師魚住と一緒に巡回している。筋組織が溶けているため、4号舎から内臓の溶ける患者が逃げ出すことはあり得ないと指摘していた。感染した塩崎師長を医師魚住と発見し、4号舎へ運んでいる。その後、自分以外の感染者らに遭遇するも早朝まで逃げ延びており、出勤した中園と合流したが正気でないと判断され警察に通報されている。最後は行方不明と報道されているが、ロッカーに隠れており、そのまま体が溶けて死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=jhApXRvhbHg&t=6s

魚住 晴哉

内科医。6号舎の入院患者対応担当。娘マリをめぐって妻と養育費の事で揉めている。元々、医師赤井が嫌いで中央病院になじめないでいた。6号舎の癌患者から呼び出されて癌の治療薬を出して欲しいとせがまれていた。医師秋葉と何かと相談する仲である。医師秋葉の医療事故に対して対策として死体を暖める提案をしている。塩崎看護師長から呼ばれ医師赤井のいる4号舎へ向かっており、内臓が溶ける患者を見ている。少し目を離した隙に4号舎から内臓が溶ける患者が消えたため、医師赤井から院内を探すよう提案され医師秋葉と一緒に巡回している。感染した塩崎師長を医師魚住と発見し、4号舎へ運んでいる。癌患者の部屋にいた感染者から感染しており、過去に安楽死させた老人の幻覚を見ている。医師秋葉に発見されたが、癌患者がウザかったのか点滴チューブで首を絞め殺そうとしていたが止められている。「奴が心の中に入り込んで、心を殺す」と緑色の液体を顔から噴き出して呟いていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=jhApXRvhbHg&t=6s

赤井 潔

4号舎で寝ていた医師。実際には感染症状が見せている幻覚で現実にはいない存在。今までに見たことがない症例患者として内臓が溶ける患者を医師秋葉に確認させている。医師秋葉と医師魚住に内臓が溶ける患者が感染している未知のウイルスを研究して、公表した後に新しいウイルスの発見者として金をもらうという提案をしている。内臓の溶ける患者にモニターを繋いでおり、以降の患者の様子を観るよう塩崎看護師長へ指示を出している。内臓の溶ける患者の細胞を取り出して別室で診ている。医師秋葉と医師魚住が内臓の溶ける患者がいないと話していた4号舎へ再び現れて、現場に残っていた組織全ての容積の少なさから内臓の溶ける患者が逃げ出した可能性が高いと推理しており、院内を手分けして探そうと提案している。ウイルスに関して共生することを必要としない病原体で、人の細胞は死後数時間死んでいないが、それを利用して肉体を再構成する能力があると仮定すると仮説を説いていた。実際は医師ではなく火傷の患者であったことが終盤で判明している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=jhApXRvhbHg&t=6s

岸田 孝

新人医師の平田を教える先輩医師。5号舎担当。医師平田が外来患者へ縫合を勝手にしたため怒っている。5号舎の空きベッドで寝ていたが、安積が部屋へ入って来て泣いていたので目が覚めており、特に描写はないが安積と肉体関係を持った後に平田から胸を切り刻まれ縫合された後に死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=jhApXRvhbHg&t=6s

平田 俊一

新人小児科医。5号室の患者が左足を骨折したと先輩医の岸田に報告したが「見ればわかる。」と一蹴されている。過去に小児科が務まらずに中央病院へ泣きついて現職に付いている。外科の縫合を勝手にやって医師岸田に怒られている。豚バラ肉をメスで切りつけ縫合の練習をしている。特に描写はないが、感染して医師岸田の胸を切りつけた後に縫合して殺している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=jhApXRvhbHg&t=6s

中園 雪乃

神経科医。外来に来た頭を打った若い患者の対応をしたが、若い患者は長時間待たされた後に両耳から出血を目の前でしたため外来看護師へ医師秋葉を呼ぶよう指示している。脳が委縮してボケたババアの患者を診察して安積へ症状を説明している。翌日の早朝勤務で医師秋葉と会った後に感染しており、色の識別が赤から緑となって混乱していた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=jhApXRvhbHg&t=6s

【看護師】

塩崎 君江

看護師長。医師秋葉へ中央病院の経営ひっ迫状況を相談している。現状の過酷な労働環境に不満を持っている。転倒した3号舎の火傷患者の処置に同席しており、医師秋葉の医療事故を報告すると当初話しているが、医師魚住の説得で中止している。初めに感染しており、監視カメラで救急隊が運んだまま放置された患者を発見して医師秋葉を呼びに行っている。その後、医師赤井と4号舎で合流しており、医師赤井の指示で医師魚住を呼び出しているが疲れていたのかボーっとしており気を失っている。意識を取り戻したが、気が狂ったように動き出し、感染症患者に使用した医療廃棄物箱内の注射器などを素手で触ったまま煮沸消毒しており両手を火傷していた。両手を火傷したまま倒れ、体から緑色の液体が流れ出して内臓が溶け出し感染して4号舎に運び込まれている。「ごめんなさい。」と連呼していた。後で4号舎へ訪れた安積や1号舎にいた立花に感染させている。1号舎の火傷の患者の死体から自らの腕に輸血しており、医師秋葉が訪れた際に「一緒に輪に入りなさい。」と点滴針を向けていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=jhApXRvhbHg&t=6s

安積 まどか

23歳。看護学校を卒業して3ヶ月の新人看護師。幼少期、喘息がヒドくて2年間病院に入院していた。その時の看護師が優しく、看護師としての道を進もうと決意したと語っている。青い石の装飾が施されたヘアゴムを所持している。勢いよく注射針を患者に差し込む癖がある。搬送された感染患者に採血のため注射をしようとしたが、注射針を勢いよく刺し込む度に反応する患者に手間取っている。先輩看護師桐野から採血を中断させられている。医師中園の診察に立ち会っている。夜間に足りてない注射器を勝手に使用し、自らの腕で採血の練習をしようとしていたところを塩崎師長に発見され怒られていた。先輩看護師桐野より3号舎の火傷患者が死んだキカッケは何度もヘタな注射打たれて逃げようとし、転倒したのが原因だと責められていた。5号舎へ逃げ込んで泣いていたが、医師岸田に発見されて肉体関係を持っている。4号舎の感染した塩崎師長から感染させられており、気が狂って自らの体に注射器を刺しているのを先輩看護師桐野に発見されドン引きされていた。先輩看護師桐野が注射器で自傷行為をしているのを止めようとしたが、内臓が溶けて吹き出した体液が先輩看護師桐野にかかっていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=jhApXRvhbHg&t=6s

桐野 優子

安積の先輩にあたる看護師。テキパキ動きハッキリものを言う性格。安積のヘタな採血を見て中断させている。男性患者へ清拭をしている。転倒した火傷の患者の処置の現場に同席しており、医師秋葉の間違った指示で看護師立花に罪がなすり付けられようとしたため医師秋葉の指示が間違いであると指摘している。新人看護師の安積をイジめており、3号舎の転倒した火傷の患者を殺した原因は看護師安積のせいだと本人を責めていた。安積が注射器で自傷行為をしているのをナースステーション内で発見しており、止めようとしたが内臓が溶けて吹き出た体液を頭から被っていた。感染後は、火傷を負って死んだ患者の母親と名乗る老婆の面会対応を深夜にするも、鏡に老婆の姿が映っていないのを見ている。その後、正気でなくなり消毒綿を食べていた。体が溶けて天井を這っている所を医師秋葉に発見されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=jhApXRvhbHg&t=6s

立花 七恵

気の小さい従順な看護師。医師秋葉に気がある。医師平田と一緒に医師岸田の元へ左足を骨折したジジイの入院患者を運び込んだが、見守り不足を指摘されていた。医師秋葉から転倒した火傷の患者の処置をしており、指示通りの点滴をしたが患者が死んだため罪をなすり付けられそうになっていた。考えずに間違った点滴をしてしまった事を後で後悔して泣いていた。火傷の患者の死体を証拠隠滅のためストーブで暖め腐敗させるのを1号舎で見張っていたが、途中ボケたババアの患者が入ってきた為、ババアの落ち着く3号舎へと誘導している。医師秋葉と医師魚住が4号舎へ塩崎師長を運び込んだ際に素手で触ろうとして注意されている。1号舎で塩崎師長に感染させられており、火傷の患者の死体に自らの血を輸血しているのを医師秋葉に発見されていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=jhApXRvhbHg&t=6s

 

 



 


豆知識
救急隊が語る感染者の特徴

推定40代の男性。体温は40°を越える高熱で意識混濁状態。外傷や骨折は見られないが、腕と胸部に黒く滲んだ発疹が見られる。心拍が低下し、発疹が顔面から全身に広がり出している。

中央病院の経営状況

職員への給料支給が3日遅れている。発電機が故障しており、暖房が作動し過ぎている。備品が底をつき始めており、採血、点滴用具、注射器、薬品などあと数セットとなっている。病院の運営がひっ迫しているのを見抜かれており、この2週間で看護師が9人辞めている。看護師の人数が少ないため昼夜通しの勤務となるため入院患者に手が回らず、入院患者を数名強制退院させないとシフト勤務がまわらない状況となっている。院長はいるが途中から連絡がつかなくなっている。

若い外来患者の容体

脳挫傷。脳室内に出血。硬膜外血腫。自発呼吸停止。4号舎に運ばれて入院している。

赤色の理由

脳が作っている色を見せられている。脳からの見せ方である。

全身火傷の患者

全身を包帯でぐるぐる巻きにされて3号舎へ入院させられているが転倒している。秋葉が応急処置をしたが、塩化カルシウムと塩化カリウムを間違えて看護師立花へ指示を出して殺している。

【感染者の特徴】

  • 内臓を含む体が溶け出す
  • 赤色が緑色に見える
  • 自制がきかなくなる
  • 医師赤井が見えるようになる
  • 飛沫感染はせず、罪の意識に感染する

 





他の作品紹介を見る>>

 

コメントを残す