悪魔のいけにえ3

LINEで送る
Pocket

悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲

 

今作は監督がトビー・フーパーではなくなっており、ニューラインシネマ製作の作品となっています。また、ソーヤー一家の家族構成が大幅に設定変更しているので、2作目の続編といえばそうなんですが、所々で「はぁ?」な内容が多いです。予告動画の湖の神様がチェーンソーをレザーフェイスに渡すシーンもありません。

 

冒頭で解説されていますが、1作目のサリーは1977年に私立の療養所で死んでいます。

あと、1981年にガス室で刑死したW.Eソーヤーってだれやねん。。。

 

作品紹介
悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲
  • 1990年アメリカ映画
  • 監督:ジェフ・バー
  • 製作:ロバート・エンジェルマン
  • 出演:ケイト・ホッジ、ウィリアム・バトラー、ケン・フォリー、R.A.ミハイロフ、ヴィゴ・モーテンセン

引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

<ストーリー>

1作目に逃亡したサリーによってソーヤー一家は捕まり、チェーンソー虐殺事件はW.Eソーヤーの処刑で終わったかにみえたが、肝心のレザー・フェイスは捕まっておらず野放し状態。カリフォルニア州からフロリダ州まで旅行中のミシェルとライアンは、テキサス州のガソリンスタンドに立ち寄った。しかしそこはソーヤー 一家の住処だった。しばらくすると、行く手に人皮マスクをかぶってチェーンソーを振り回すレザー・フェイスとそのファミリーが現れた。

 

※今作ではソーヤー一家の家族構成が変更されています。

登場人物
ミシェル

自分が運転中にも関わらず助手席で音楽をヘッドフォンでガンガンに聴いているライアンと目的地のフロリダ州に着いたら一度独りになりたいためN.Yへ行く予定。フロリダ州に着くまでライアンと今後の事を色々と話をしたがっていたが、ライアンに拒否られる。運転中に不注意でアルマジロを轢く。途中に寄ったガソリンスタンド”ラスト・チャンス”でアルフレッドに絡まれ死にかける。その後、夜道で大型車に狐の死体をフロントガラスに投げ込まれたり、レザーフェイスに襲われるも逃げ延びたが、運転中に血まみれのテックスが道端から急に出てきたために急ハンドルを切り事故る。ベニーの協力もあり助けられる。ベニーと別れた後にライアンと山を移動中にレザーフェイスに見つかり逃げるもライアンがトラバサミに右足を挟まれ助からないと思い放置して逃げた非常な女。山から逃げて近くにあったソーヤー家に入るも罠にかかりテックスに捕まる。テックスにより椅子に縛り付けられ両手に杭を打ち込まれた固定された。目の前でライアンを処刑される。ベニーの奇襲によりソーヤー邸より脱出するも湖でレザーフェイスに捕まりかけ何度も石を顔面に打ちつけて逃れた。最後はアルフレッドから逃げるのを邪魔されるがショットガンで射殺しベニーと無事生還した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

ライアン

医大生。彼女のミシェルが運転中にも関わらず、ガンガンにヘッドフォンで音楽を聴いて空気の読めない男。運転中に不注意でミシェルがアルマジロを轢いたがトドメを刺せなかったため、石でトドメを刺した。ミシェルとガソリンスタンド”ラスト・チャンス”から逃げ延びた後に事故ってから居合わせたベニーと一緒にミシェルを車から助け出した。ベニーと別れたあと山でレザーフェイスに見つかり逃げている途中トラバサミに右足を挟まれ捕まる。最終、両足をフックに引っ掛けられ逆さ宙吊りの状態でハンマーを顔面に落とされる装置をスティーヴに操作され絶命する。カリフォルニアの派手なパンツを履いていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

ベニー

レザーフェイスに対して引けを取らない怪力のバケモノ。2年間毎週末友人と山に来てサバイバルゲームをしながらキャンプをしていた。ミシェルらが事故っていたため助けてくれた。事故でのショック状態であるライアンとミシェルに鎮痛薬を渡し話を聞いてあげて落ち着かせた。ライアンからレザー・フェイスの話をされた際に「軍隊気取りの木こりの一団」だと言った。ミシェルらと別れた後に大型車で現れたティンカーより「救助に来た」と言われたが、ミシェルらの襲われたという証言の内容と荷台に乗っていた荷物が一致したため犯人であると勘付いた。ライフルを組み立てて応戦しようとしたがティンカーに気付かれて車で轢かれそうになる。逃げ延びたがすぐにレザーフェイスに見つかり格闘し、レザーフェイスを一時的に追い詰めるも小型の電動ノコギリで左足を切りつけられ負傷する。途中、死体を始末していたアルフレッドと湖で遭遇しライフルで殴り倒し湖に沈めた。ソーヤー家にライフルで隙を見て銃撃を行い、ティンカーとママを銃殺した。その後、テックスとも格闘し焼き殺して勝利する。終盤、湖内でレザーフェイスと格闘するもチェーンソーに巻き込まれて敗北するも生きており最後はミシェルとテキサスを脱出し生き延びた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

サラ

ベニーがレザーフェイスに襲われてピンチの際に囮となって助けた。負傷しており、1週間前に山へ姉妹で訪れたが負傷した男が道に飛び出してきて車で轢いたかと思い助けるために車を降りたが、山ではレザーフェイスらが人間狩りをしており、そこら中に罠が張り巡らされている状態で姉妹のジーナが捕まって殺されてしまい自分一人になってしまったとベニーに語った。少しイカれており、聞いてもいないのに今までネズミや木の実を食べて生き延びてきたと語った。ベニーからタバコをもらい一服して落ち着きを戻す。ベニーと別れる際にはジッポを渡した。最終、レザーフェイスに見つかり腹をチェーンソーで切り刻まれ絶命する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c&t=210s

【レザーフェイス一家】

※人間狩りをして、人間の肉を食べている一家。グランパとママは性器を切り取っている。

レザーフェイス

ソーヤー家ではママより”ジュニア”と呼ばれている。ガソリンスタンド”ラスト・チャンス”の車庫に収納されていた車に乗っておりミシェルらが夜道で立ち往生している際にチェーンソーで襲った(バックされ一旦轢かれるも車のトランクのみ破壊する)。今作ではチェーンソーが新品になっており、右足に装具を着用している。途中、ミシェルとベニーらの事故現場に出現し、ベニーを襲うもチェーンソーを手放しピンチとなったため、初めて小型の電動ノコギリを使用してベニーの左足を切り付け難を逃れた。途中、サラを見つけチェーンソーで切り殺した。ライアンから奪ったラジカセが気に入っている。ティンカーよりラジカセを火のついたオーブンに掘り込まれた時はキレて強制的にティンカーに素手で取らせた。発達障害なのか音声入力機械で”food”(食べ物)を何度も入力していたところをベニーに見られている。ママ曰く女の扱いがうまいらしく口紅をミシェルの顔面に塗りたくった。最終、湖内でベニーと格闘し勝利するもミシェルより顔面に何度も石をぶつけられ気絶した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

テックス・ソーヤー

本名はエディ。本名で呼ばれる事を嫌う。初めて登場したガソリンスタンド”ラスト・チャンス”ではカウボーイの格好で、ミシェルに絡んでいたアルフレッドに対して善人ぶって「迷惑をかけるな」と注意したがグル。ミシェルを助けた貸しを作ったように見せかけてローンズデールまで便乗したいと申し出たがライアンに拒否られる。その後、アルフレッドの覗きを邪魔してアルフレッドからショットガンを発砲され死んだかに見えたが、実は生きておりミシェルがレザーフェイスから逃げ延びて運転している時に茂みから重症のフリをして出てきて事故らせる原因を作った(常習犯)。ミシェルがソーヤー家に迷い込んだ際に捕まえて椅子に縛り付け両手に杭を打ち込んで固定した。ミシェルがソーヤー家から逃げる際に台所のナイフで左肩を刺され反撃された。ミシェルを追いかけて外へ出るもベニーを発見して斧で格闘するも最後は車から漏れたガソリンに火を付けられ引火し焼死する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

アルフレッド・ソーヤー

食肉工場をクビにされてノイローゼになった。左目が白い。ガソリンスタンド”ラスト・チャンス”で働いている。お気に入りのポルノ写真をハサミで切り裂いて遊んでいる。ドクロの柄の付いたポラロイドカメラでいきなりミシェルを撮影して写真を本来5ドルで売っているが3ドル69セントで売りつけようとしたが拒否られる。車を女に例えて「たっぷりガソリンをぶっ込む。」と卑猥に話した。ミシェルがその後トイレをしている姿を覗き穴から覗いて楽しんでいたところをテックスに邪魔され悪態をつきながらショットガンを発砲した。テンションが上がると銃を発砲しながら意味不明な話をし出す。死体の後始末を任せられており、湖に投げ捨てている。ベニーに湖で対面した時はライフルを向けられ人間狩りの目的を問われた時に「遊びさ。くたばりやがれ!!」とほざいたため、ライフルで殴り飛ばされ湖に沈んだ。生きており、終盤にハンマーでベニーを殴り倒してミシェルの前に登場するも最後は車に積んでいたショットガンでミシェルに撃ち殺される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

ティンカー・ソーヤー

右手が義手。ミシェルとベニーらの事故を救助に来たと嘘を言い発炎筒をそこらに置き散らすが、本当はミシェルの車を襲った大型車に乗っていた犯人。同じ大型車にテックスとレザーフェイスも乗せていたと思われる。ベニーより車の荷台にチェーンソーがあるのを見られミシェルらの証言していた犯人と勘付かれおかしな行動をとったためにベニーを轢き殺そうとした。”テクノロジー”という言葉が好き。器用な一面があり、レザーフェイスにチェーンソーを改造して渡してあげた。ラジカセはゴミと称してオーブンに投げ込んだがレザーフェイスが気に入っていた物であったためレザーフェイスより強制的に素手で火のついたオーブンから再び取り出させられる。最後はベニーにより射殺される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

グランパ

ソーヤー家の祖父。ミイラ化してすでに死んでいる。何故かソーヤー家の人間は殺した人間の血を彼に飲ませている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

ママ

ソーヤー家の母。気管切開後で直接話せないのか電子音声が出る機械を喉に着けている。足が不自由なのか車椅子で移動している。病気でまともに食べ物を飲み込めないのかムセる場面がある。レザーフェイスを可愛がっている。最後はベニーに銃殺されるも「死ぬのはイヤだよ。」と散々人間を殺しまくっておきながら命乞いをして死んだ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

バビ・ソーヤー

ソーヤー家の孫娘。サリーというドクロの人形を持っている。ミシェルが逃げ込んで来た時に、ミシェルの隙を見て左足に杭を突き刺した(杭はサリーに仕込んでいる)。子供部屋は白骨死体だらけという異常ぶり。グランパにミシェルの手から出た血液を飲ませた。人を襲う理由はグランパに人の血液を飲ませないと養えないという訳の分からない理屈を話した。ライアンの処刑を申し出てハンマーの装置を操作してトドメを刺した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

 

 

終盤のベニーとレザーフェイスが湖内で格闘するシーンがモッサリしていてイライラする展開である。


 

前回の作品を見る
次回の作品を見る

 

 

 



 







特別枠

 

VHSのみの作品となりましたので私は観れていません。

悪魔のいけにえ4 レジェンド・オブ・レザーフェイス
  • 1995年アメリカ映画
  • 監督:キム・ヘンケル
  • 製作:デヴィッド・J・スコウ、キム・ヘンケル
  • 製作総指揮:デヴィッド・J・スコウ
  • 出演:レネー・ゼルウィガー、マシュー・マコノヒー、ロバート・ジャックス、トニー・ペレンスキー、ジョー・スティーヴェンス、リサ・ニューメイヤー、タイラー・コーン、ジョン・ハリソン、ジェームズ・ゲイル、マリリン・バーンズ

引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

<ストーリー>

卒業パーティーを抜け出したヒロイン、ジェニーと3人の高校生たちは、テキサス郊外の真っ暗な田舎道で、あの狂気の殺人鬼ファミリーに遭遇する。レザーフェイスが、次々と友人たちを惨殺する。

※実際観てないのでわからん。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す