日本住血吸虫

LINEで送る
Pocket


日本住血吸虫

 


日本住血吸虫って知ってるか?

殺人寄生虫と言われています。

 

 

<日本住血吸虫の特徴>

紐状の形の、細長い吸虫。

雌雄異体で、雌は黒褐色で細長く、

雄は雌よりも淡い色で太くて短い。

人間を含む哺乳類の

血管(門脈)内に寄生し、

赤血球を栄養源にする。

血中が卵まみれにされます。

農作業等でミヤイリガイの

体内から出た日本住血吸虫の

幼生セルカリア

が皮膚から哺乳類の体内に侵入。

表面上は皮膚カブレが

起こったようになりますが、

その後、感染した人の手足が

ガリガリになり、

最終的にお腹が出て肝硬変などで

死にます。

 

引用元:https://www.youtube.com/user/MASAYOSHIKUMEGAWA

 

 

【寄生虫対策として】

媒介となるミヤイリ貝は

繁殖力が強く、農家の村民は

火炎放射や石灰など用いたが

中々効果なかったみたい。

 

 

※発見したミヤイリ教授から

その名前をとったみたい。

ちょっと可哀そうやな。

 

ちなみに1965~1985年の間で、

貝の生息・繁殖がしずらい

環境を作るために国は山梨県に

100億円を資金援助したみたやな。

そして、用水路を

コンクリート化して

水の流れを早くした事によって

貝の生活しずらい環境整備に

成功したみたいですね。

 

 

最近話題らしいな。











 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す