ヘルボーイ2 ゴールデンアーミー

ヘルボーイ2 ゴールデンアーミー

 

この作品は見方を変えると半魚人のエイブ・サピエンとヌアラ王女のラブストーリーともとれる。

作品紹介
ヘルボーイ2 ゴールデンアーミー
  • 2008年アメリカ映画
  • 監督:ギレルモ・デル・トロ
  • 製作:ローレンス・ゴードン、マイク・リチャードソン、ロイド・レヴィン
  • 製作総指揮:クリス・シムズ、マイク・ミニョーラ
  • 出演:ロン・パールマン、セルマ・ブレア、ダグ・ジョーンズ、ジョン・アレクサンダー、セス・マクファーレン、ジェフリー・タンバー、ルーク・ゴス、アンナ・ウォルトン、ロイ・ドートリス、ブライアン・スティール、ジョン・ハート

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

幼少期のヘルボーイは養父であるブルッテンホルム教授から寝る前に物語を聞かされていた。「遠い昔、人間と獣と魔物との戦いがあった。惨状を嘆き哀しむエルフ(妖精)の王バロルは、ゴブリンの鍛冶職人から“疲れを知らぬ無敵の軍隊”ゴールデン・アーミー(黄金軍団)の設立を要請された。ヌアダ王子の進言もあり、王は軍の製造を許可。完成したゴールデン・アーミーを操作するため、王は魔法の王冠を手にした。出撃したゴールデン・アーミーは人間たちを殲滅するが、その強大さに後悔した王は停戦を宣言し、王冠を三つに分けた。その一つを人間に与え、二つは自身が保持した王は、停戦の条件として、人間は街に、魔物は森に住み、停戦は世界の終わりまで守るよう告げる。王子は、強欲な人間を信じられず、民に求められるその日までと去っていった。ゴールデン・アーミーは地中深くに封印され、再び王冠が一つになる日を待っている。」と。現代、ヌアダ王子が王冠を完成させて、ゴールデン・アーミーを復活させようと暗躍する。

登場人物

【超常現象調査防衛局(BRPD)メンバー】

拠点はニュージャージー洲トレントンである。尚、前回いたマイヤースは南極へ左遷されている。

ヘルボーイ

赤い悪魔。本名:アヌン・ウン・ラーマ。コードネーム:レッドと呼ばれている。粗暴で短気。猫が好きで大量に飼っている。リズと同棲するも、彼女の歯ブラシを猫缶に突っ込んでいたためキレられていた。トロールの市場や街中で暴れ回っている。自身の存在を人間に知らせようと車に閉じ込められた赤ん坊を助けたり色々行動するが、人間からは化け物扱いされて認めてはもらえなかった。ヌアダ王子と戦った際に、初戦で魔力を持った槍の刃先を埋め込まれている。結局、死の天使から魔力の槍の刃先は抜いてもらった。ヌアダ王子とは再戦して勝利するも後ろから殺そうと反撃されそうになっていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Nj-vwLTwyaY

エイブラハム・サピエン

半魚人。コードネーム:ブルーと呼ばれている。クラシック音楽が好きで水中で、普段は水中で過ごしている。サイコメトリー能力を持っている。ヨハン・クラウスの事を気に入っている。ヌアラ王女のホレる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=rOS1Wi1wvjg

エリザベス・シャーマン/リズ

自然発火能力を有する。人に顔を見られ注目されるのを嫌う。ヘルボーイとの子(双子)を妊娠している。ヘルボーイの事を最後まで愛していた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=5FyLzUJPlus

トレヴァー・ブルーム・ブルッテンホルム教授

ヘルボーイの育ての親。前作で既に死んでいる。ヘルボーイが幼少の時に語られたゴールデンアーミーの話の記憶として出演。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=8PowTf3uEZs

ヨハン・クラウス

ドイツ人。エクトプラズムの権威とされている。本体はエクトプラズム(霧状)であり実体がない。過去に事故で現在の状態となったと語られている。過去に大切な女性を亡くしている。この特殊スーツはブルーム教授が生前に作った物とされている。行動派で組織に忠実である。部分的にエクトプラズムを操り歯の妖精を操ったり、ゴールデン・アーミーに乗り移る事も可能。最終、ヘルボーイを助けるため独断で彼らとベツムーラへ向かった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=8mbzqkbATeM

トム・マニング

BRPDの監視役。ヘルボーイが派手に動き回るため揉み消すのに手を焼いている。Youtubeに動画投稿されたためイライラしてエイブの事を”フィッシュスティック”(冷凍魚肉)と呼び出している。政府より管理能力を問われストレスで市販の胃薬を購入して飲んでいる。エイブに相談してヘルボーイが出動間際に葉巻を渡す代わりに目立つ行動をしないように交渉していたが失敗し、当局より新しい監視役としてヨハン・クラウスが派遣されることとなった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=5FyLzUJPlus

 

【エルフ軍】

ヌアダ王子とヌアラ王女は双子で片方が傷を負えば、もう片方も同じ箇所に傷を負う運命共同である。エルフの民はゲール語を話す。死ぬと石化して崩れる。

 

ヌアダ王子

エルフの王子。反人類派の考え。剣術や槍術に優れすばしっこい。地下下水道を根城にしている。当初、マンハッタンにあるブラックウッズのオークション会場に現れ、人間との休戦協定を破りベツムーラの王冠(魔法の王冠の一部)を横取りし、闇市でトロールから購入した”歯の妖精”をバラ撒いている。その後、王冠の一部が欲しい為に父バロル王を殺害している。最終、ヌアラ王女を人質にとって王冠の一部を奪い、王冠を完成させゴールデンアーミーを起動させたが、ヘルボーイとの戦いに敗れる。卑怯にも最後は背後からヘルボーイを襲おうとするもヌアラ王女の自害により自らも死んでしまう。尚、普通では抜けない魔法の槍の刃先や森の神のエレメンタルを使用しヘルボーイを途中苦しませている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Qtl6-mDTCCU

ヌアラ王女

サイコメトリー能力がある。人間とは戦いたくないと思っており、ヌアダ王子からベツムーラの王冠を持って逃げ回る事となった。先回りして司祭よりゴールデンアーミーの眠る場所の地図を受け取っている。エイブラハムに気がある。最終、ヘルボーイに敗れたヌアダ王子が背後から襲いかかろうとしたが自害して喰いとめている。最後はエイブラハムに看取られた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=OxZFWn-dE_4

バロル王

”銀の槍”という兵団の王。左腕がない。反戦争派であり、人間とは争いたくないと思っている。ヌアダ王が再び人間を一掃するためゴールデンアーミーを使用しようとしたため止めたが効かなかったために部下の兵士に抹殺指令を出したが返り討ちに合い死んでしまう。その際にベツムーラの王冠をヌアダ王子に奪われる事となった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=OxZFWn-dE_4

ウィンク

ヌアダ王子の友人であり味方。右手が義手。かなりの怪力でヘルボーイにも匹敵する。エルフの王国で兵士を何人か殺している。トロール市場でヘルボーイと戦い右手を粉砕機に挟まれて死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=3MEdIU5NUMQ

侍従

エルフの王国に入る前の門番であり、対象者の携帯している武器を入る前に回収している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Z6ouwfP-PHE

【その他】

フラグルワンプ

スコットランドのトロール。猫を好んで食う。カナリヤを怖がる。見た目は老婆の姿であるが”グラマー”というオーラで人間に化けている。シュフタイン・グラスという特殊なメガネで正体を見ることができる。ヘルボーイよりトロール市場の入り口の扉を開けるよう指示されたが、開けなかったため殴り飛ばされた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=5FyLzUJPlus

市場のトロール

奇形のトロール。トロールのバーバーで顔剃り中にヘルボーイらに”歯の妖精”の事を聞かれている。初めは知らないとシラを切っていたが、ヘルボーイに何度も平手打ちをされてヌアダ王子だと吐いた。尚、子どもを抱いているように見えるが、実際は腹部にできたもう1体の奇形トロールである。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=rOS1Wi1wvjg&t=339s

司教長

トロール市場で地図を売っている。ヌアラ王女が来店した際にバロル王より預かっていた地図を渡している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=rOS1Wi1wvjg&t=339s

【ゴールデンアーミーの眠る地】

北アイルランドのアントリム郡ジャイアンツ・コーズウェイがベツムーラ(ナイトランド)への入り口となっている。

死の天使

死神。ヘルボーイの腹部に刺さった槍の刃を抜くためにゴブリンが紹介してくれた存在。ヘルボーイが近い将来世界に破壊をもたらす存在であると語っている。リズが世界を敵に回してもヘルボーイを救って欲しいと懇願し、刃を抜いてくれた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=aGXIQqclQv0

鍛冶職人のゴブリン

リズらがヘルボーイを助けるために北アイルランドのアントリムへ訪れた際に現れた。光る物が好き。ベツムーラへの行先を先導する代わりにヘルボーイの腹に刺さった槍の刃をもらう条件を提示した。ベツムーラの町は黄金軍団が休んだため死の病が蔓延し、現在はゴブリン1人だけが住んでいる。過去に黄金軍団を作った際に溶鉱炉の火で下半身が溶けてしまった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BWCXWKCdJDA

 








 

豆知識
ゴールデンアーミーとは

ゴブリンの鍛冶職人が作った機械兵。不滅の存在であり、何度破壊しても再生・再起動する。コントロールするためには魔法の王冠が必要とされる。尚、魔法の王冠を破壊すれば機能停止となる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=_iOGaazDh4I&t=17s

ゴールデンアーミーの昔話

1955年12月24日にブルッテンホルム教授より中々寝ないヘルボーイへ話された昔話である。太古の昔では人間と獣と神話の生物は父なる木”エイグリン”の下で一緒に暮らしていたとされている。しかし、人間の心には穴が開いており(欲)、物や力や知識をいくら得てもそれは埋まらなかった。人間はその後、エルフ・オーガー・ゴブリンと戦争をして無数の死を招いた。それを見たバロル王は味方の惨敗を目の当たりにし、絶望していたところへ鍛冶職人のゴブリンがゴールデンアーミーを作ったらどうかと話を持ち掛けて70体の70の軍を作ったとされる。この話を聞いたヘルボーイは”不滅”の軍団の事を”不潔”と解釈している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=_iOGaazDh4I

幼少期のヘルボーイ

”ハウディ・ドゥーディ”という人形劇のTV番組に夢中であった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=8PowTf3uEZs&t=238s

豊穣の女神像

紀元前1万~1万5000年に作られている。シャノン川から30mほど離れた土手で発掘されている。オークション番号が776番である。37万5000ドルで落札されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=CJahdoBwOMU

歯の妖精

本名:カルチャルドン・カルカリア。3世紀、黒い森に棲み、主食はカルシウム、骨、皮膚、内臓も食べるが、最初に好んで歯から食べるとされている。作中ではヌアダ王子がオークション会場でばら撒いた。トロール市場で購入された物であったと後の調査で判明する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=9_sNsOl5uUI

シュフタイン・グラス

特殊なメガネで相手の正体を見ることができる。ヨハン・クラウスが持参し、使用している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=5FyLzUJPlus&t=42s

トロール市場の位置

19世紀オカルト学者のブラディ・ミル・ワーニャがブルックリン橋東側の下に位置している。

精霊/エレメンタル(森の神)

命を与え、破壊するもの。元は豆の様な動く物体であったが水に浸かると成長する。種族の中では最後の1体となっている。ヘルボーイに銃で撃ち殺されている。弱点は頭部の核。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=yzbke-l05-U

ゴールデンアーミーの眠る場所を記した地図

司教長よりヌアラ王女が預かった地図である。中身の地図は白紙であり、筒を転がすことで記された地図が写し出される仕組みとなっている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=rOS1Wi1wvjg&t=339s

ヌアラ王女のお気に入り

テニスンの「イン・メモリアル」

”そばにいて、我が命つきる時 血はよどみ、

筋は痛み、うずき 胸は重く、

命の紡ぎ車が遅くなる時は

そばにいて敏感な肉体が苦悶に破壊され

信念と時を奪われ”

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=6Fd59-9c7V8

【エイブの音楽】

ヴィヴァルディ

「四季」の秋

ヴィヴァルディ

「和声と創意の試み」

バリー・マニロウ

「涙色の微笑み」

Can’t Smile Without You

 

前回作品を見る

 





 


コメントを残す