「オススメ映画」タグアーカイブ

呪怨1 劇場版

呪怨1 劇場版

 

2000年に発売された清水崇監督・脚本によるホラーのビデオ作品を原作とする2003年1月25日に単館系で公開されたホラー映画。

ビデオ版の2作目エピローグで、無人の佐伯家2階に上がりこんで遊んでいた女子高生たちの話は、映画の本作へ受け継がれている。

キャッチコピーは総毛立つ快感

※佐伯家=徳永家は一緒である

ビデオオリジナル版の”呪怨”を見る>>

作品紹介
呪怨
  • 2003年日本映画
  • 監督:清水崇
  • プロデューサー:一瀬隆重
  • 出演:奥菜恵、伊東美咲、上原美佐、市原由衣、尾関優哉、藤貴子、松山タカシ、津田寛治、松田珠理、田中要次、藤井亜紀、柴田かよこ、菊利友佳子、森下能幸、井上博一、本田大輔、小田切理紗、中條佳生里、小林加奈、榊英雄、石倉力、谷津勲、磯村千花子、大國千緒奈、藤真美穂

引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

<ストーリー>

この世に強い怨念を残して死んだ女性・佐伯伽椰子が、その呪いを人々に伝播させるオムニバス形式のドラマである。

AmazonPrimeで映画を視聴する
U-NEXTで映画を視聴する

 

登場人物

【佐伯家】

過去に一家心中事件が起こった戸建て住宅とされる。後に引っ越してきた者や関係者に対し憑りついて殺しまくっている。

詳細を見る>>

佐伯剛雄

佐伯家の父。嫉妬心から妻伽椰子をカッターナイフで切り刻んでいる。徳永勝也に憑りついていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=L76e-6R_i7I

佐伯伽椰子

佐伯家の母。夫の剛雄よりカッターナイフで切り刻まれて袋に入れられている。死体は2階の屋根裏で見つかったとされている。霊体では喉を鳴らす事が多い。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=L76e-6R_i7I

佐伯俊雄

佐伯家の長男。白玉小僧。人間の姿と霊体(白玉=マーとの融合した霊体)の姿を使い分ける。人間の姿では「俊雄ー!!」と自己紹介しているがほぼ猫の鳴き声を発する。作中では5年前に行方不明になったまま見つかっていないとされている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=L76e-6R_i7I

マー

剛雄に殺された黒猫。俊雄とよく一緒に出てくる。

 


【光ヶ丘総合福祉センターの関係者】

旧佐伯家へ引っ越してきた徳永家へ福祉サービスを提供している事業所関係者。

仁科理佳

23歳。大学生でボランティアのヘルパー。大学卒業後は介護福祉士として働いている。徳永家(旧:佐伯家)所属のヘルパーに連絡が繋がらず急遽ボランティアコーディネーターの広橋より業務を押し付けられている。徳永家(旧:佐伯家)へ訪問した際に散らかった部屋を清掃していたが、2階の押し入れで俊雄とマーを発見している。幸枝に襲い掛かる黒い影を目撃している。その後、放心状態のところを広橋に発見され警察へ通報後、保護入院している。以降、大学を卒業してそのまま光ヶ丘総合福祉センターの介護職員として働いていた。最終、伽椰子の霊が完全に憑依したのか過去に起こった伽椰子の映像が見えており、伽椰子と同じような姿で佐伯家の2階天井裏で死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=L76e-6R_i7I

福祉センター事務員

冒頭で広橋に後藤が探していたと報告している。手洗い場で広橋の死体を発見している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-juBal5eFf4

広橋

福祉ボランティアのコーディネーター。徳永家(旧:佐伯家)へ行く予定のヘルパーと連絡がとれなかったためボランティアの理佳に急遽訪問ヘルパー業務を無理に押し付けている。理佳と連絡がとれなくなったため徳永家(旧:佐伯家)へ訪問しており、放心状態の理佳と幸枝の死体を発見して警察へ通報している。最終、職場の手洗い場で福祉センター事務員により死体で発見されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-juBal5eFf4

斎藤

ボケたジジイ。理佳の担当の利用者。俊雄の霊が見えており、あやそうとしていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-juBal5eFf4

【徳永家】

旧佐伯家に移り住んだ家族。移り住んだメンバーとしては幸枝、勝也、和美の3人である。尚、勝也と和美の間には子どもはいない。

徳永幸枝

ボケたババア。基本的には無言。庭に干している布団と畳から分かるように便失禁を繰り返している。理佳が訪れた時にはすでに息子夫婦は2階の屋根裏で死んでおり、独居状態であった。広橋が訪問した時には遺体で発見されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=L76e-6R_i7I

徳永勝也

徳永家の長男。妻和美がいる。忘れっぽい性格。仕事帰りに2階で妻和美がベッドに横たわっており救急車を呼ぼうとしたところ俊雄の霊を発見しており、同じく正気を失い剛雄の霊に憑依されている。妹仁美が訪れているが、まだ自我が残っていたのか危険だとしてすぐに帰している。最終、警察により2階の屋根裏で和美と一緒に死体で発見されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-juBal5eFf4

徳永和美

勝也の妻。専業主婦で姑の幸枝の介護と面倒を見ている。夜な夜な1階を走り回る足音で目を覚ましていたが、ある日2階にいる俊雄の霊に遭遇して正気を失って死んでいる。剛雄の霊に憑依された勝也に2階の屋根裏へ運ばれている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-juBal5eFf4

徳永仁美

徳永家の長女であり勝也の妹。別居してマンションに住んでいる。霊感があるのか徳永家(旧:佐伯家)を訪れた時に耳鳴りをしている。正気を失っている勝也にすぐ追い帰された。その後、母幸枝の介護者である和美に近況がどうかの留守電を入れていた。会社からの帰りに5階のトイレで伽椰子の霊と遭遇しており、トイレ内で落とした熊のキーホルダーを警備員に取りに行かせているが監視モニターに黒い影が映ったため驚いて逃げ帰っている。自宅マンションへ帰宅するも電話から勝也に化けた伽椰子により居場所を突き止められ、ベッドに潜んでいた伽椰子の霊により消されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=L76e-6R_i7I

【遠山家】

過去に佐伯家の事件を担当していた刑事家族。

遠山いづみ

遠山家の長女。お父さん子。幼少期は公園で”天使の国”の夫婦と子どもの絵を描いており、リコーダーを吹いている夢見る小娘であった。高校生になってから高宮沙織、中野千晶、武藤綾乃の3人で佐伯家へ訪れたが気持ち悪かったため逃げ出している。その後、佐伯家に残した3人の霊に憑りつかれて窓ガラスに新聞紙を貼りガムテープで固定している。自宅に来た千春らにあの家(佐伯家)へは近づくなと警告していた。最終、自宅の窓ガラス越しから高宮沙織、中野千晶、武藤綾乃の3人の霊が室内に侵入しており、仏壇の間へ追い詰められたが、仏壇から現れた伽椰子の霊に頭をつかまれ行方不明となっている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-juBal5eFf4

遠山雄治

前職が刑事であり佐伯家の事件を担当していたが退職している。五十嵐刑事に呼ばれて佐伯家の捜査協力をしている。監視モニターのビデオに伽椰子の霊が映っており、単身で徳永家にガソリンを撒いて焼き払おうとしたが失敗して逃げ出している。未来のいづみと逃げる間際に遭遇している。その後、伽椰子の霊に憑り殺されている。いづみの夢の中で死後再開している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-juBal5eFf4

遠山容子

遠山家の母。幼少期に娘のいづみには厳しく風呂掃除をするよう話していた。明らかにおかしな様子から霊に憑りつかれていいると思われる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-juBal5eFf4

【女子高生】

いづみの同級生の友人たち。卒業旅行でいづみの写真が無かったためネガを担任に依頼して写真を現像してもらっている。

千春

カワイイ。不登校になったいづみの家へ心配して訪問している。カワイイ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-juBal5eFf4

美雪

ルーズソックスを履いているギャル。英語教師の関根の発音が変だと話していた。不登校になったいづみの家へ心配して訪問している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-juBal5eFf4

高宮沙織、中野千晶、武藤綾乃

遠山いづみのクラスメイトで17歳の女子高生たち。佐伯家へ侵入して気持ち悪くなった霊感のあるいづみがほったらかして帰ったメンバー。いずれも行方不明となっている。幽霊になっている事から死んでいることがわかる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-juBal5eFf4

【警察関係者】

谷原署の刑事たち。徳永家の事件を調べていた。

中川健一刑事

ベテラン刑事。五十嵐刑事と一緒に行動している。広橋から警察への通報により、徳永家(旧:佐伯家)へ駆けつけている。広橋の情報提供により、勝也の携帯電話へ連絡したところ2階の屋根裏部屋で勝也と和美の死体を発見している。保護入院した理佳の元に行き聞き取り調査をしている。最終、遠山を追った先の徳永家(旧:佐伯家)で伽椰子に憑り殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-juBal5eFf4

五十嵐大介刑事

中川刑事と行動を共にしている。広橋の情報提供により、勝也の携帯電話の番号を入手している。徳永家(旧:佐伯家)の引っ越し前の家の過去を調べている。最終、遠山を追った先の徳永家(旧:佐伯家)で伽椰子に憑り殺されている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-juBal5eFf4

【その他】

露木真理子

大学生で理佳の友人。保護入院となった理佳の面会に来ていた。後に学校教員になっている。担任するクラスの子どもが不登校で困っていた。佐伯家に住んでいる不登校児(俊雄)の元へ向かうも伽椰子の霊に2階の屋根裏へ引きずり込まれ死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-juBal5eFf4

 




豆知識

【キャラクター設定】

劇中で俊雄がミャーとの鳴き声をあげるのは、可愛がっていた黒猫の「マー」を、父親が殺したことが関係しており、虐げられた弱い者同士の霊が惹かれあって、俊雄とマーが一体化したためである。

【怪現象】

  • ポルターガイスト
  • なりすまし電話
  • TV映像や監視モニターへ映り込む
  • 人間を消す
  • 憑りつかれると写真の目が真っ黒になる
  • 憑り殺した幽霊を伽椰子が操ることができる
  • 次元を越えて未来を見せることができる

【呪怨】

強い怨念を抱いたまま死んだモノの呪い。それは死んだモノが生前に接していた場所に蓄積され、「業」となる。その呪いに触れたモノは命を失い、新たな呪いが生まれる。

徳永仁美の会社にいる警備員

伽椰子の霊に憑り殺されている。

徳永仁美のマンション

702号室に住んでいる。

【JKの特徴】

  • 高宮沙織

生年月日:平成3年6月10日 17歳 身長162cm 体重43kg

特徴:金髪で両耳にピアスをしてます

  • 中野千晶

生年月日:平成3年8月8日 17歳 身長157cm 体重47kg

特徴:髪の毛が少し赤いです

  • 武藤綾乃

生年月日:平成3年4月25日 17歳 身長157cm 体重40kg

特徴:左腕にアザがあります

理佳の好きだった相手

大学3年の時に豊島という男子学生に好意を寄せていた。