「虫関係」カテゴリーアーカイブ

ネクロノミカン

ネクロノミカン

 

オムニバス映画ですな。クトゥルフ神話のネクロノミコンが主題の映画。

作品紹介
ネクロノミカン
  • 1993年アメリカ映画
  • 監督:クリストフ・ガンズ、金子修介、ブライアン・ユズナ
  • 製作総指揮:一瀬隆重
  • 出演:ジェフリー・コムズ、ブルース・ペイン、マリア・フォード、リチャード・リンチ、デニス・クリストファー・デイヴィッド・ワーナー、ベス・メイヤー、ミリー・パーキンス、シグニー・コールマン、オッバ・ババタンデ、ドン・カルファ、ジュディス・ドレイク

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

『ザ・ライブラリー』

【プロローグ】

1932年秋アメリカ、ある密教寺院を訪れた小説家H・P・ラヴクラフトは地下の不気味な書庫で魔導書「ネクロノミカン」を発見。僧侶の目を盗んでそれを読み始め、その悍ましい内容から浮かんだ小説の構想をメモ書きし始める。しかし、ネクロノミカンが書庫から外されたことで、少しずつ何かの封印が解かれていく。

【エピローグ】

魔導書「ネクロノミカン」を読みながら小説の構想を書き留めていたラヴクラフトだが、遂に僧侶に見つかってしまう。僧侶は「書庫のドアを開けば咎めはしない」と保証するが、ドアの鍵は既に書庫下の暗渠に落として失くしてしまっていた。激怒した僧侶は怪物じみた正体を現して書庫に侵入し、「ネクロノミカン」を元の場所へ戻すように迫る。更に暗渠の水中に潜む怪物が触手を伸ばしてラヴクラフトを襲い、それと同時に最後の封印が開いて異次元空間への扉が開く。ラヴクラフトは仕込み杖を振るって怪物を退け、僧侶を異次元空間から現れた巨大な怪物に捕食させて切り抜ける。かろうじて生き延びたラヴクラフトは「ネクロノミカン」を持って寺院を脱出した。

『ザ・ドラウンド』

ニューイングランドの海崖に建つ古いホテルを伯父ジェスロから相続したエドワードは、ジェスロの残した手紙を発見する。60年前、海難事故で妻と息子を亡くしたジェスロは、魔導書「ネクロノミカン」を使って死者蘇生の儀式を行い、妻子を甦らせていた。だが、蘇った妻子はおぞましい怪物と化しており、恐怖と後悔から彼は崖から身を投げて死んだのだった。婚約者クララを事故で失っていたエドワードも死者蘇生の儀式を行うが、蘇生したクララはやはり怪物と化していた。更にホテルの地下から巨大な怪物が現れる。蘇生したと思われた人々は怪物の触手が擬態したものに過ぎなかったのだ。エドワードはホテルのシャンデリアを落として怪物の眼球を貫き、かろうじて怪物を退け生還した。

『ザ・コールド』

この街では40年に渡り、人が髄液を抜かれて殺される猟奇殺人が11件も続いていた。新聞記者デイルは、取材のためマデン博士のアパートを訪ねる。異様に冷えた部屋に通されたデイルは、管理人のエイミーから昔話を聞く。22年前、アパートに越してきた彼女の母エミリーは上階に住むマデン博士と知り合う。マデン博士は魔導書「ネクロノミカン」から永遠の生命を維持する方法を知って実践していた。しかし、生命を維持するには冷涼な環境と人間の髄液が必要であり、マデン博士はエミリーの目を盗んで人を殺し、髄液を集めていた。やがてエミリーはマデン博士と肉体関係になり彼の子を孕むが、博士に思いを寄せるアパート管理人のリナはエミリーに嫉妬し、彼女を殺害しようとする。その結果、小競り合いの末にエミリーは銃撃を受けて重傷を負い、マデン博士は炎を浴びた為に溶け崩れて死亡したという。だがマデン博士の死後も猟奇殺人が続いていることを不審に思ったデイルは、これが娘エイミーとして生き続けるエミリー自身の話ではないかと思い至る。だが時すでに遅く、デイルはコーヒーに盛られた毒で動けなくなっていた。更に老女と化したリナに襲われ、デイルは新たな犠牲者となった。

『ウィスパーズ』

警察官のサラとポールは犯人追跡中にパトカーで事故を起こす。負傷したポールは事故現場から何者かに連れ去られ、後を追ったサラはビルの廃墟に潜入するがポールを見失ってしまう。そこにハロルドとデイジーと名乗る老夫婦が現れ、ポールをさらったのは廃墟に棲むブッチャーという魔物だと告げる。廃墟の地下は悪夢めいた迷宮になっており、探索を続けるサラを老夫婦が落とし穴に突き落とす。穴の底は、無数のバラバラ死体が転がり、空飛ぶエイのような怪物が無数に棲息する古代遺跡のような場所だった。サラは怪物に食い散らかされたポールの死体を発見し、更に彼の脳が怪物の体内に捕われているという悍ましい光景を見る。その時、サラは清潔な病室で目を覚ます。今までの出来事は全て悪夢だったかに思われたが、気が付くと周囲は再び古代遺跡の異常な光景に戻っていた。老夫婦に拘束されたサラは怪物の口吻で手足を切り落とされて髄液を啜られ、胎内の子をも奪われてしまうのだった。

登場人物

『プロローグ』

H・P・ラヴクラフト

小説家。SF物の小説内容を書くことが多いが、ある種の仮説から真実を導いて人類の歴史における暗い部分に光を当て、隠されていた事実を白日の下にさらすことを目的としている。密教寺院で密教僧が”死者の書(ネクロノミカン)”を守っていると聞き付け訪れた。持参の杖に仕込み刀を隠している。密教僧の受付より地下室に保管しているネクロノミカンの部屋の入り口の鍵をスリ、侵入して読んでいた。途中、鍵を落としている。とうとう僧侶に見つかり注意を扉の鍵を開ければ良いと言われる鍵をなくしており、同時に最後の封印が開いて異次元空間への扉が開く。仕込み杖を振るって床下の怪物を退け、僧侶を異次元空間から現れた巨大な怪物に捕食させて切り抜ける。かろうじて生き延びたラヴクラフトは「ネクロノミカン」を持って寺院を脱出した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=rGxIJF3qwIs&t=72s

『ザ・ドラウンド』

エドワード・デ・ラプア

古ホテルを相続し、叔父ジェスロの手紙を姪より渡される。遺産相続で古ホテルを姪から引き継いだが、姪からは相続したら海水の浸食で出来た洞窟が無数に地下室にあるためいつか建物ごと壊れるため取り壊すか売却した方が良いと助言された。ジェスロの手紙を読んだ後、エマの絵の壁側に隠してあったネクロノミコンを発見し、最愛の婚約者クララを復活の儀式を行い蘇らせた。だが、甦ったクララはデカイ触手のバケモノの一部であり元の人間ではなかった。襲ってきた触手のバケモノをシャンデリアを落として目を潰し撃退して逃れた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=rGxIJF3qwIs&t=72s

クララ

エドワードの婚約者。自動車事故により死亡。事故死前の車中ではシャボン玉で遊んでいた。死体として死体安置所で液体の中に浸かっているところをエドワードに確認された。エドワードが復活の儀式を行い蘇らせたが触手の先端のバケモノと化していたためエドワードに剣で切り付けられ消えた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=DBBCQzCQNcQ

ジェスロ

エドワードの叔父。ホテルの元オーナー。妻エマ・デ・ラプアと8歳の息子ヨンを海難事故で亡くし、魚人からネクロノミカンを渡される。妻子を復活の儀式で蘇らせるも蘇った妻子は生前の人間ではなくバケモノであったため希望はなくなり崖から投身自殺した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=rGxIJF3qwIs&t=72s

ザ・コールド

デイル

過去40年間で近所の住人11名が死んだ猟奇事件を追う新聞記者。過去40年間の猟奇事件の犯人をエイミーだと怪しんでいる。エイミーから当時の話を聞き、母エミリーとエイミーは同一人物だと見破った。最終、睡眠薬入りのコーヒーでフラフラになった所をエイミーとリナにより脊髄液を抜かれ殺される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=DBBCQzCQNcQ

マデン博士

故人。凍えるような部屋に住んでいた医師。特殊な皮膚病にかかっていて室温を下げないと生きていけない。当時の推定年齢は100歳以上とされていた。アパート内でエミリーを養父サムの暴行から手にメスを突き刺し救った。その後、サムをリナと一緒に脊髄液採取のため34°管理の元解体している。彼もまた、ネクロノミカンを読んで生命を生きながらえる方法を学んでいる。リナの好意を知りつつ彼女を利用している。温厚な紳士に見えるが、自らの肉体を維持する為に無数の人間の脊髄液を採取するため殺害している。エミリーと屋上庭園でちゃっかり性交渉をしている。リナよりエミリーを殺す事を迫られ拒否したときに薬液を床に落として燃え上がったため体温が低下し、最終溶けて死んだ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=DBBCQzCQNcQ

エイミー

アパートを管理する女性。正体はエミリー。アパートの登記上は80年前のマデン博士になったまま。エアコンがガンガン効いた寒い部屋でデイルにエミリーとマデン博士の物語を話す。年老いたリナを母と呼んでいる。当時からマデン博士の子どもを妊娠したまま腹の中に胎児を20年以上宿している。最終、リナと一緒にデイルの脊髄液を抜いて殺している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=DBBCQzCQNcQ

エミリー

故人。エイミーの母とされているがエイミーはエミリー当人である。22年前、実の母親が死に横暴な養父サム・リンダーから逃れるためにアパートに住み始め、やがてマデン博士に好意を抱いていく。途中アルのダイナーで生活費を稼ごうと相談に行っている。途中、屋上庭園でマデン博士をリナから寝取っている。最終、マデン博士の子どもを身籠り、性交渉の代償として同じ皮膚病になった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=iMphrKBH7HY

リナ

かつてのアパート管理人。一人暮らし。マデン博士の協力者で殺人にも協力するなど献身的に尽くすが、マデン博士をエミリーに寝取られたのを知り、やがてエミリーへの嫉妬と憎悪を募らせる。途中、エミリーの様子を見に来たダイナーの主人アルをマデン博士と襲っている。最終、マデン博士に色々と知り過ぎたエミリーを殺せと迫るも床に落ちた薬液が燃え上がりマデン博士を溶かして殺してしまった。また、エミリーを背中からショットガンで撃つも妊娠が発覚して生かしておいた。現在は年老いたため母役としてエミリーの生存に協力している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=DBBCQzCQNcQ

『ウィスパーズ』

サラ

女性警察官。ポールの子を妊娠している。自分が母親になる事が怖いと思っている。容疑者をかなりのスピードで追跡して横転事故を起こした。パトカーで気が付いた際に、ポールが連れ去られたため廃墟へ追跡したが罠にかかり自身も地下の階へ落ちて左足に怪我を負う事となる。エレベーターのストップボタンが効かなかっただけであったがすぐ発砲したガサツな女でもある。ハロルドとデイジーによりほら穴に閉じ込められた後、ポールを発見するがコウモリの様なバケモノになっているのを目撃し銃殺した。途中デイジーに赤ちゃんを捕らわれることとなった。最終、右手を切られながらダルマ状態で精神崩壊して殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=rGxIJF3qwIs

ポール

警察官。サラの相棒で恋人。容疑者をかなりのスピードで追跡しているサラを心配しており、よそ見をしたサラの運転で横転し重症を負った。失神している際にハロルドによりパトカーから連れ出されて廃墟の地下へ運ばれた。無数のブッチャーに体をあちこち食い散らかされ自身もブッチャーとなりサラに銃殺される。尚、脳はブッチャーの体内に捕らわれており自我を持っていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=DBBCQzCQNcQ

ハロルド

廃墟に住む奇妙な嘘つき老翁。ブッチャーであるかは不明。当初、サラが追跡していた容疑者であり、ポールをバケモノにした犯人でもある。サラと遭遇した際には自身をビルの管理人でブッチャーは間借りしている別の人間であると説明している。また、愛車はキャデラックと嘘を付いている。サラを地下のブッチャーらがいる遺跡へと誘っていく。居室に魔導書「ネクロノミカン」を置いている。一度、サラによりブッチャーである事がブーツを履いてしまい見破られたがデイジーによって助けられる。幻覚では医者の格好をして出てきて、「ヒドイ事故で数日間昏睡状態だった」とサラに話している。サラの悪夢に関して、臨死体験をしたら誰でも見るとなだめた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=DBBCQzCQNcQ

デイジー

廃墟に住む奇妙な老婆。ブッチャーである。両目がない。ハロルドの仲間で夫婦を装っている。匂いだけでサラが妊娠している事を当てたり、相棒が男性であると当てた不信な女。ブッチャーの起源を知っており作中で語っている。サラがハロルドに気を取られている隙に後ろから火とオイルをかけてサラをほら穴に誘導して閉じ込めた。サラを捕らえた後、両腕と両足をノコギリのような舌で切りとって骨髄を吸っている。幻覚では母親役となっている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=x6zqpabIHqc&t=164s

 




豆知識

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=rGxIJF3qwIs

エドワードの車

当時婚約者のクララと乗っていた車のナンバーは”BD65349”である。崖から転落して海に突っ込んでいる。

 

復活の儀式の代償

作中ではジェスロとエドワードが人間をネクロノミカンで復活させているが、蘇った人間はバケモノの触手であり、実際はタコの様なバケモノを召喚しただけとなっている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=DBBCQzCQNcQ

皮膚病の生存方法と代償

作中ではマデン博士がネクロノミカンより体温を下げることで老化を防ぐことが可能とされている。また、生命体の特質の維持であると萎れたバラに脊髄液を注入して語っている。こ脊髄液を注射しないと人間としての味覚や嗅覚などの感覚を失う。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=iMphrKBH7HY&t=5s

ブッチャー

かつて善良な市民が住んでいた町を支配している悪魔の名前とされている。本体はコウモリの様なバケモノ。恐竜が現れる以前からこの世にいるエイリアン。作中では地下迷宮の壁より現れてコウモリの様に飛び交っていた。元々人間だった場合は腹部に脳を保管され自我が残る。舌はノコギリの様になっており骨髄が栄養源である。一時的ではあるが迷宮を使い相手に幻覚を見せることが可能である。尚、作中での逃走車のナンバーは”YDU169”とされている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Ad6ieS_3JCc





おまけ

 

『クマムシについて』

クマムシ自体を乾燥させた後、水を与えると再び生き返る微生物であり、代謝なしで生存できるとされている(クリプトビオシス)。

興味があれば記事を用意したので

こちらへ

 

 

 




 



クマムシ

クマムシ

 

お前らクマムシって知ってる?(上からw)

今日は何となく紹介します。


【クマムシ】

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=z_wy0o5jG7c&t=507s

<分類>

緩歩動物(かんぽどうぶつ)。4対8本のずんぐりとした脚でゆっくり歩く姿から緩歩動物、また形がクマに似ていることからクマムシ(熊虫、Water bear)と呼ばれている。肉眼では確認しにくい微小な動物であり、熱帯から極地方、超深海底から高山、温泉の中まで、海洋・陸水・陸上のほとんどありとあらゆる環境に生息する。堆積物中の有機物に富む液体や、動物や植物の体液(細胞液)を吸入して食物としている。体長は50マイクロメートルから1.7ミリメートルの微小な動物である。体節制をもち、基本的には頭部1節と胴部4節からなり、キチン質のクチクラで覆われている。頭部に眼点を持つものがあるが、持たないものもある。口の近くに口縁乳頭などの小突起を持つ例もあるが、外部に出た触角や口器などはない。胴部の各体節から出る4対の脚を持ち、前の3対は体節の両腹側に備わり、最後の1対は体節の後端を占める。脚は丸く突き出て関節がなく、先端には基本的に4-10本の爪、または粘着性の円盤状組織が備わっている。

およそ1000種以上(うち海産のものは170種あまり)が知られている。



<生態>

陸上性の種の多くは蘚苔類などの隙間におり、半ば水中的な環境で生活している。樹上や枝先のコケなどにも棲んでいる。これらの乾燥しやすい環境のものは、乾燥時には後述のクリプトビオシスの状態で耐え、水分が得られたときのみ生活していると考えられる。2021年3月16日には千葉大学の研究チームにより、山形県・月山の標高750メートルの雪上で大量のクマムシの新種を発見したことが発表されている。このクマムシの体内からは雪上で繁殖している藻が確認されている。

水中では水草や藻類の表面を這い回って生活するものがおり、海産の種では間隙性の種も知られる。遊泳力はない。



<生殖と発生>

多くの種では雌雄異体だが、圧倒的に雌が多い。雌雄同体や単為発生も知られる。腸の背側に不対の卵巣又は精巣がある。産卵は単に産み落とす例もあるが、脱皮の際に脱皮殻の中に産み落とす例が知られ、脱皮殻内受精と呼ばれる。 幼生期はなく、直接発生して脱皮を繰り返して成長する。その際、体細胞の数が増加せず、個々の細胞の大きさが増すことで成長することが知られる。



<クリプトビオシス>

一部の緩歩動物は、乾眠(かんみん)によって環境に対する絶大な抵抗力を持つ。乾眠(anhydrobiosis)はクリプトビオシスの一例で、無代謝の休眠状態である。この現象が「一旦死んだものが蘇生している」のか、それとも「死んでいるように見える」だけなのかについて、長い論争があった。現在ではこのような状態を、クリプトビオシス(cryptobiosis ‘隠された生命活動’の意)と呼ぶようになり、「死んでいるように見える」だけであることが分かっている。他にも線虫、ワムシ、アルテミア(シーモンキー)、ネムリユスリカなどがクリプトビオシスを示すことが知られている。

乾眠の過程として

緩歩動物は周囲が乾燥してくると体を縮める。これを「樽(tun)」と呼び、代謝をほぼ止めて乾眠の状態に入る。乾眠個体は、後述する過酷な条件にさらされた後も、水を与えれば再び動き回ることができる。ただしこれは乾眠できる種が乾眠している時に限ることであって、全てのクマムシ類が常にこうした能力を持つわけではない。さらに動き回ることができるというだけであって、その後通常の生活に戻れるかどうかは考慮されていないことに注意が必要である。 乾眠状態には瞬間的になれるわけではなく、ゆっくりと乾燥させなければあっけなく死んでしまう。乾眠状態になるために必要な時間はクマムシの種類によって異なる。乾燥状態になると、体内のグルコースをトレハロースに作り変えて極限状態に備える。水分がトレハロースに置き換わっていくと、体液のマクロな粘度は大きくなるがミクロな流動性は失われず、生物の体組織を構成する炭水化合物が構造を破壊されること無く組織の縮退を行い、細胞内の結合水だけを残して水和水や遊離水が全て取り除かれると酸素の代謝も止まり、完全な休眠状態になる。ただし、クマムシではトレハロースの蓄積があまり見られないため、この物質の乾眠への寄与はあまり大きくないと考えられている。



<耐性>

クマムシは非常に大きな耐性強度を持つことで知られている。ただしそれは他の多細胞生物と比較した場合の話であり、単細胞生物では芽胞を作ることにより、さらに過酷な環境に耐えることができるものもいる。

  • 乾燥 : 通常は体重の85%をしめる水分を3%以下まで減らし、極度の乾燥状態にも耐える。
  • 温度 : 100 °Cの高温から、ほぼ絶対零度(0.0075ケルビン)の極低温まで耐える。
  • 圧力 : 真空から7万5000気圧の高圧まで耐える。
  • 放射線 : 高線量の紫外線、X線、ガンマ線等の放射線に耐える。X線の半致死線量は3000-5000グレイ(ヒトの半致死線量は4グレイ)。
  • 射出: 拳銃弾より速いスピードでの射出に耐える。


一応、一定の条件下なら宇宙でも生存可能らしな。

 

裸のランチ

裸のランチ

 

 

ところどころにムカデが出てくる作品。ストーリー自体は終始意味不明である。クローネンバーグ監督のクリーチャーによる世界観は楽しめるかもしれない。1959年に出版されたウィリアム・バロウズの長編小説をクローネンバーグ監督が映像化した作品として知られている。

 

タイプライター

 

作中ではこのタイプライターが虫のようなクリーチャーに変身します。

 

作品紹介
裸のランチ
  • 1991年イギリス・カナダ合作映画
  • 監督:デヴィッド・クローネンバーグ
  • 製作:ジェレミー・トーマス
  • 出演:ピーター・ウェラー、ジュディ・デイヴィス、イアン・ホルム、ジュリアン・サンズ、ロイ・シャイダー

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

1953年ニューヨークで、害虫駆除として働く小説家志望の主人公のウィリアム・リーは、かつて麻薬中毒者だった。 妻は麻薬によって廃人の一歩手前になっている。 リーは、害虫駆除用に使ってる殺虫剤の減りが早いことに気づく。 減っていたのは、彼の妻が殺虫剤を麻薬として使い続け、廃人寸前にまでなっていた。 だが、リーは妻の状態を知ってもなにもできないでいた。 駆除薬と称して麻薬を密売している容疑によって警察署へ連行されてしまう。 取調室には、人間の言葉を話す巨大なゴキブリが! 上司だと名乗るそのゴキブリは、リーに命令をする。 リーは、そのゴキブリを殺して警察署から逃げだす。 麻薬中毒を抑える薬を、友人に紹介された医師からもらい、妻のジョーンに飲ませようとする。 妻に飲ます前に、自分で試してみようと飲んでみると、幻覚作用と強い中毒性のある薬だった。 リーは、誤って妻ジョーンのこめかみを撃って射殺してしまう。 薬に溺れていたリーは、インターゾーンと呼ばれる場所へ行き、現実と幻覚が入り混じったような悪夢のような体験をする事になる。

登場人物
ビル・リー

害虫駆除業者。序盤でゴキブリ駆除中に駆除薬が切れて中断となったためオーナーにブチギレられた。10歳で作家を断念した過去を持つ。冒頭でハンクとマーティンの小説問答に対して「あらゆる理性的な思考を殺せ。」と回答した。過去に麻薬中毒者であった。害虫駆除薬で再び中毒症状に悩まされることになる。インターゾーンの世界ではゲイ&殺し屋とされている。現実では薬中の廃人として進行しており自分ではない何者かが「裸のランチ」という原稿を書き上げている。最終、警察の目の前で現実世界の妻を射殺した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=7NhNeniXCM4

ジョーン・フロスト/ジョーン・リー

ビルの妻。ゴキブリ駆除薬の中毒者。家でビルの仕事道具であるゴキブリ駆除薬を右乳房に注射している。駆除薬でラリっている状況を”文学的ハイ”と例えた(ハンクとマーティンも試している)。序盤でビルのゴキブリ駆除薬が切れた原因である。作中ではゴキブリからは”インターゾーン商会の回し者”とされている。インターゾーンではトムの妻として現れた。正体はエリートのムカデとされている。いつもビルのウィリアム・テルごっこの的。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=I6uZ473s9Yg&t=2s

トム・フロスト

アメリカ人で作家。妻のジョーン・フロストがいて、いいアパートに住んでいる。ハフィドというゲイの用心棒を雇っている。趣味はインターゾーンの若い男を家に招いての乱交。タイプライターはマルティネリを使用している。腹話術が得意。ビルの妻殺しの事を知っている。1年がかりで妻を殺そうと思い呪術の使えるファデラを雇った。妻に対しては呪術で重病にするのが目的で、自身の与えた薬と麻薬で精神をゆっくり蝕もうとしている。他のタイプライターでアラブ製のムジャハディンを持っているがあまり使用していない。ファデラがムジャハディンをベランダから落として壊したが、そのまま逃走しクビにした。ビルにマルティネリを貸したが返ってこないためハフィドと一緒にビルの所へ向かったがマルティネリの壊れた残骸を発見し、代わりにクラーク・ノヴァを無理やり回収して帰っている。後日、ビルの訪問でマグライターとクラーク・ノヴァを交換してあげた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=7NhNeniXCM4

イヴ・クローケ

ゲイ。スイス人。オールド・ヴァレイに邸宅がある。赤いオウムを飼っている。赤い車に乗っている。オリアリーのパーティでビルをゲイメンバーと一緒にいたのを目撃した事で彼をゲイと思っている。二日酔いのビルを浜辺で発見し、朝食に誘った。ビルの自身のゲイになった話とヴェントレ公爵&ボボの話を聞き興味を抱いたのか、自宅に呼んで酒を飲ませてヤろうとしたが断られた。ビルが二度目に任務で再会した際には一緒にいたキキを掘りたがっており、彼に強引なアプローチをして嫌がられていたが、ベンウェイ医師の事を聞き出され返答したためキキをやっと抱けた。その際に、デカいムカデ人間となりキキを籠の中で襲っている描写がある。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=I6uZ473s9Yg&t=2s

ベンウェイ医師

自称医者。医学部に籍を置いた形跡はない。ビルが同僚の害虫駆除薬を地下鉄で盗もうとして失敗したが、その同僚から紹介された開業医。ビルから除虫菊を辞める方法はないか問われ、ブラジルの水棲ムカデから精製した”黒い粉”を除虫菊に混ぜるように勧めた。黒幕でインターゾーン商会を運営している。組織の基盤はブラック・ミート麻薬である。ファデラに扮してインターゾーンに出入りしている。事業拡大のため今後はアネクシアにも展開していく予定であり、自分を追い詰めたビルに手を組まないか提案をした。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=I6uZ473s9Yg&t=2s

ファデラ

正体はベンウェイ医師。フロスト夫婦の家政婦として働いていた。ビルとジョーンが不倫しようとしている所を発見して止めた。トムの所持していたタイプライターのムジャハディンをベランダから落として壊したが、そのまま逃走しクビとなった。ビルの元妻ジョーンをビルと結婚するように工作した張本人。かつてベンウェイアネクシアの首相の主治医の時に、首相は女装した男を連れ歩くのを好んだためファデラの変装に行き着いたとされる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=I6uZ473s9Yg&t=2s

ハンス

事業家と芸術擁護家。実際は麻薬を密造している。インド料理やでビルにタイプライターについて話しかけてきた。自身はクルップ製のタイプライターを使用している。ベンウェイ医師を知っており、ベンウェイ医師の治療薬である水棲ムカデから精製した”黒い粉”(ブラック・ミート)に興味を持っている。ビルを水棲ムカデ工場に招待して黒い粉を料理として出した。ジョーン・フロストから嫌われている。アメリカ人事情に詳しい。途中、マジューンという麻薬の密造をしているも賄賂を払わなかったため逮捕され強制送還されたことになっていた。自身の旧麻薬工場でベンウェイ医師の管理の元、マグワンプの麻薬漬けにされていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=E6HDMVyilAY

キキ

ゲイ。ハンスの知り合い。バーで飲んでいるビルにいきなり「あんたゲイ?」と質問した。ムカデのネックレスをしている。フロスト夫婦について詳しい。ビルの持っていたマルティネリの残骸を再びタイプライターに生成できる場所を案内してくれた。ビルの事を信頼している。最終、ビルよりベンウェイ医師の事をクローケより聞き出すダシに使われ、クローケから掘られた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=I6uZ473s9Yg&t=2s

マグワンプ

人型はマグワンプ・ジッソンとされる。バーで両刀使いとしてキキより紹介された化け物。幻覚である。ビルに対しワタイプライターのクラーク・ノヴァ・ポータブルをインターゾーンからの報告書を作成するのに使えと薦めた。妻殺しの事を知っていて逃亡先としてインターゾーンの切符を渡した。途中、タイプライター(マグライター)としてマルティネリの残骸より生成された。タイプ中に気に入った文章であれば頭部の触手より2種類の麻薬の汁が出る。ビルに対してスパイ活動が順調にいけばCIAになれる風格があるとおだてた。ビルにはベンウェイに近づくためクローケを誘惑することを指示したが危険な任務であったため、帰宅したビルにクラーク・ノヴァとの交換材料とされた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=I6uZ473s9Yg&t=2s

クラーク・ノヴァ

ビルとは警察署で一度ゴキブリの姿であっており上司であると語っている。タイプライターの姿で2回目以降は現れた。ビルに”スパイの最高の隠れみのはゲイになる事である”とタイプさせた。羽が開いた腹の部分が口の様になっており、そこから話す。トムにマルティネリの代わりに回収された後は拷問されており、マグライターと交換して戻ってきた際には足が1本しか使えない状態となっていた。最後はジョーンの居場所とインターゾーン商会に潜入する鍵の女ファデラの情報を話し息絶えた。最後の言葉「ヴァイア コン ディオス」。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=I6uZ473s9Yg&t=2s

【現実世界】

ハンク

ビルの友人。現実主義者。病気の母親がいる。アメリカが舞台の小説を書いている。見た事を書き留める事を小説に求め、他の呼んだ人間らが小説を再体験するという考えを持っている。書き直しは自分の考えを裏切り相手を騙すことになるという考え。なめらかでころがすような文章は嘘を付くようで嫌で罪悪であると考えている。害虫駆除薬が足りなくなって仕事にならないビルに対して官能小説を書いてみたらどうかと薦めた。その後、害虫駆除薬で中毒者になったビルの妻の事をあざ笑った。同じく害虫駆除剤中毒でインポ。ビルの妻とビル宅でイチャついていたがビルが帰宅したため萎えて帰っていった。後半、マーティンと一緒にビルと合流して「裸のランチ」を仕上げて出版社に提出するよう促した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=4Yzy8VNehk8

マーティン

ビルの友人。完璧主義者。小説の言葉は何百回でも書き直す必要があるという考え。ハンクの言う書き直しは”罪悪”であるという言葉に対して”鍵”であり誤ちではないと答えた。小説の言葉に関してはベストで書いて全てをバランスをとるために全方位から考える事は悪でないと答えた。ハンクがビルに薦めた官能小説に関して詳しく、週120ドル金を稼げる仕事であり、その手の出版社を紹介できる人脈を持っている。害虫駆除薬で中毒者になったビルの妻の事をあざ笑った。その後、ビルの自宅でビルが妻を射殺した事を目撃している。質屋にいたビルに警察から妻殺しで追われていると報告した。後半、ハンクと一緒にビルと合流して「裸のランチ」を仕上げて出版社に提出するよう促した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=E6HDMVyilAY

オブライエン

市の麻薬課の刑事。麻薬捜査のためビルを警察署に連行して取り調べを行った。ビルに対して、害虫駆除薬が本当に害虫(ゴキブリ)に効果があるのか検証するため、あらかじめ捕獲していたゴキブリを目の前で段ボールからとり取り出した。終盤にアネクシアの検問にも出演している。ビルがジョーンの脳天を銃でブチ抜いてから「ようこそアネクシアへ。」と案内している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=E2GMgL66vfg&t=21s

 

【クローネンバーグ監督の過去作品を見る】

 

ザ・フライ  

 

スキャナーズ 

 

 



豆知識

”真実などない すべて許されている”

ハッサン・イ・サバ

”腕利きのハスラーにも当てることのできない内面の目印がある”

W・S・バロウズ

【害虫駆除薬について】

除虫菊

効果:ゴキブリはいちころ

フッ素

効果:ゴキブリは肥え太る

※作中でビルが使用した害虫駆除薬は除虫菊である。

カフカとは

フランツ・カフカの中編小説『変身』がある。カフカの代表作であり実存主義文学の一つとして知られ、また、アルベール・カミュの「ペスト」とともに代表的な不条理文学の一つとしても知られる。この「変身」における不条理は、主人公の男が、ある朝目覚めると巨大な虫になっていたことであり、男とその家族の顛末が描かれる。

 

インターゾーンとは

現実と幻覚の入り混じった世界。

インターゾーン商会とは

インターゾーン市にある北アフリカの悪名高き自由港である。西欧の下腹部に巣くった貪欲な寄生虫(人間)からなる。正に蛆虫(悪党)どもの天国とされている。

黒い粉

ブラジルの水棲ムカデから精製されている粉。駆除薬に混ぜると駆除薬への脳反応を封ずる働きがあり、駆除剤は中毒患者に効かなくなりやめる。尚、腐ったチーズの匂いがする。作中ではベンウェイ医師からビルが駆除薬と混ぜてもらった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=I6uZ473s9Yg&t=2s

エトルリア語

イタリア半島 の先住民族、 エトルリア人 が使用していた 言語 。 先印欧語 の一つ。現在は 死語 となっている。エトルリア語のアルファベット( エトルリア文字 )は 西方ギリシア文字 から派生した表音文字で読み方は分かっている。ラテン語 の ラテン文字 を派生した。エトルリア語は、ほとんどの考古学資料が 碑文 のため、言語の詳細について研究が進んでいない。

カスバ

アフリカ北部のアラブ諸国に多く見られる,城塞に囲まれた居住区域。アルジェの東部地区が有名。

マジューン

大麻の樹脂とアーモンドを混ぜたジャムの麻薬。作中ではハンクが密造していたとされている。

【小説に盛り込まれる言葉】

「エトルリア語でいたずら書きする」

「信じられない時代錯誤な商人」

「まだ合成されていない麻薬常習者」

「第三次世界大戦の闇屋たち」

「超能力をもった収税官」

「精神の整骨医」

「チェス競技者が告発した規則違反の調査員」

「言語に絶する精神毀損を告発する」

「精神分裂の速記者の手になる」

「断片的な令状を執行する者たち」

「未完成の警察国家の官僚ども」

 

 

【ビルの小話】

1.ゲイの話

俺の家は代々呪われている。リー家にはいつも倒錯者がいた。体内のリンパ液も凍りつくような言語を絶する恐怖を絶対に忘れない。有害な言葉が俺の頭脳を麻痺させた時、そう おれはれっきとしたゲイだった。ボルチモアのクラブで見た化粧をした男を思い出した。俺は人間以下になり下がっていたのか。俺はめまいの中でふらふらと街を歩き自滅へと向かっていた。だがそこへ賢い老女王ボボが現われて俺に教えてくれた。すべてを見つめ誇りを持って生きろと。かわいそうにボボは事故死した。ヴェントレ公爵のイスパノに乗ったボボの垂れ下がった痔が飛び出し後輪に絡まりボボの体は吸い取られキリン革のシートには抜け殻だけが残された。目玉と脳みそもシューという音とともに跡形もなくなった。公爵はその音を一生忘れないだろう。

2.肛門で話せる男の話

腹を動かすと屁が言葉になると言うんだ。初めて聞く音だよ。気の抜けた澱んだ音だが臭いにおいもする。男はカーニバルで新発明の腹話術である その珍芸を披露した。しばらくすると屁は勝手に喋り出した。アドリブやらギャグまでこなすようになり鉤状の歯のような物が周りに生えてきて物を食べるようになった。最初はいけると舞台で見せた。だが穴はパンツを食べ街頭で口と同等の権利を主張しだす。酔っ払って騒ぐので皆に嫌われ始めた。口と同じようにキスを要求する。最後には昼も夜もわめき続け男の「黙れ」という声が町に響く。男は殴りつけたりロウソクを突っ込んだりした。そのあげく肛門は男に言った。”結局黙るのはあんたの方さ、もうあんたなんか必要ないのさ、俺は話も食事も糞もできるんだ”と。朝 男が目を覚ますと口の周りに蛙の卵のようなゼリー状の物がついてた。男はそれを拭ったが手にガソリンのゼリーのようにこびりつき体中に拡がった。ついには口が開けなくなった。目だけ残して頭全部がすっかり覆われてしまった。肛門は見る事ができないから目が必要。神経系統に障害が起こり組織が委縮し脳の指揮系統が機能を停止した。脳は頭蓋骨の中で身動きが取れず、密閉されたままだった。しばらくは眼の奥で脳がうごめくのが見えた。遂に臨終の時が来て目の光が消えた。カニの飛び出た目玉のようにうつろな瞳…。

 










 

芽殖孤虫

芽殖孤虫

 

芽殖孤虫(がしょくこちゅう)って知ってますか?

東京慈恵会医科大学 研究内容より

 

 

 

2021年5月31日に宮崎大学の研究者たちがゲノム解析に成功したらしいですね。

 

 

関連する内容として”芽殖孤虫症”という極めてまれな寄生虫感染症であり、注目すべきは無限に分裂増殖しながら人体を食いつくしていき、搔きむしった皮膚から無数の虫が湧き出てくる異様さにより古くから奇病として恐れられていました。

 

1907年、国内2例目の患者では、筋肉片約3cm²以内に20~25もの蟲囊があり、担当した当時の東大病院の医師は解剖記録では

「無数の大小種々の条虫および囊蟲の湧き出るのを認め、一見慄然(りつぜん)たらしむ」

「全身の至るところに居りて、肺では最も著しい」

「こうなってしまったら蟲を殺すより人間を殺す方が早し」

と記録しています。

医学的にはどうにもならないというサジ投げ宣言に近いものと言えるでしょう。

さらに人体から発見された「芽殖孤虫」は全て幼虫の段階であり、現在に至るまで成虫が発見されていないとのこと。

 

そんな謎と恐怖に包まれた芽殖孤虫の正体とは、いったい何だったのでしょうか?



動物の犠牲で維持されてきた

※寄生虫「芽殖孤虫」に感染すると体内で無分別に増殖して体を喰いつくし皮膚を引っ掻くと無数の虫が湧き出ます。

致死率ほぼ100%のサナダムシの仲間

 

 

芽殖孤虫に感染した典型的な例では、幼虫が皮膚をはじめとする臓器で無分別に増殖します。

 

死後の人体は、皮膚や消化器官、骨、肺、脳など様々な組織が、まるでスポンジの様に穴が開いた状態にまで喰いつくされてしまうのです。

発症者の多くは両生類や爬虫類を食べる習慣があった他、ミジンコなどを多く含む汚染された井戸水を飲んでいたとされていますが、感染経路の詳細は不明。しかも、知られているのは幼虫のみであり、これまでにどんな動物からも成虫は発見されていません。

 

芽殖孤虫の名前の「孤虫」の部分は「孤児の虫」を意味し、成虫が不明である事を示します。

 

現在、芽殖孤虫に対する効果的な治療薬はなく、外科的に取り除く以外対処方法は存在しないのです

 

全てが謎に包まれた寄生虫でしたが、マウスに代々感染させ続けることで40年にわたり寄生体が維持されてました

しかしその症状の奇特さから研究者たちの興味を引き、1981年のベネズエラの症例から分離された虫は、40年にもわたり生きたマウスに感染させ続けることで保存されてきました。

 

そこで今回、宮崎大学・国立科学博物館・東京慈恵会医学大学らの研究者たちは、最新の設備を用いて芽殖孤虫のゲノムを分析し、その正体を探ることにしました。

 

 

結果、意外な事実が判明します。

 



研究結果

 

「芽殖孤虫」は卵を産まず体を分裂させて増える

宮崎大学のプレスリリースより

 

「芽殖孤虫」の成虫はどの動物からも未発見でしたがゲノムを解析すると幼虫状態のまま分裂増殖する可能性が判明

①何かの幼虫ではなく独立種

②現状(幼虫)のまま分裂して増える証拠

【重要度低下】

・受精卵から成長するための遺伝子

・有性生殖の遺伝子

【喪失】

・神経系を作る遺伝子

・体の前後を決める遺伝子

 

 

遺伝子解析を行うにあたり、研究チームはまず、マウス体内で維持されてきた「芽殖孤虫」と日本のシマヘビから採取した「マンソン裂頭条虫(れっとうじょうちゅう)」からDNAを抽出しました。

【マンソン裂頭条虫】

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=xrXGWZZF0lk

 

結果、芽殖孤虫のゲノムは6億5000万塩基対からなり、遺伝子総数は1万8919個であると判明。

※塩基対とは

 

これはヒトのゲノム(30億塩基対)と比べると小さいものの、エキノコックス(約1億500万塩基対)や回虫(2億7000万塩基対)など他の寄生虫よりはかなり大きな値です。

【エキノコックス】

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=J2BcIAlr7BI

【回虫】

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=o1G6DkmYDi4



 

また芽殖孤虫のゲノムはマンソン裂頭条虫(8億塩基対)と似ている部分があったものの、塩基配列およびゲノム数からも明らかに別の生物であると判明します。

 

かつて芽殖孤虫はマンソン裂頭条虫の異常個体であるとする説がありましたが、今回の研究によって完全に否定されました。

 

ですがより興味深い発見は、個々の遺伝子解析によってみえてきました。

芽殖孤虫に含まれる遺伝子を調べた結果、卵から体を作るために必要な「個体発生」にかかわる遺伝子や有性生殖に必要な10個の遺伝子について重要度(選択圧)が低下していることが判明。

 

また神経系を作る遺伝子や体の前後を決める遺伝子(Hox1)など、体の正しい形成に重要な遺伝子のいくつかが失われていることも判明します。

 

この結果は芽殖孤虫は卵を産む成虫段階が存在せず、増殖がもっぱら出芽・分裂という無性生殖に依存していることを示します。

 

そしてこの無性的な増殖が芽殖孤虫の病原性の強さに直結していると考えられます。

ただ興味深いことに芽殖孤虫の全ての虫体が終末的な増殖を起こすわけではありませんでした。


異なる2タイプ

 

 

「芽殖孤虫」は異なる2タイプがあったのです。

 

 

 

形状は2種類。「メデューサ型」と「ワサビ型」。「メデューサ型」は増殖力が強く、機能不明の未知のタンパク質を生産・分泌している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=kXK8cZIRO30

 

※感染経路は未だに不明だが爬虫類・両生類・ミジンコと推定(2021年6月現在)

 

研究チームが、マウスから取り出した虫体を観察していると、あるとき、盛んに出芽・分裂しているものと、出芽がみられない増殖度の遅いものがあることに気付きました。

 

そして増殖度が高いものを「メデューサ型」、低いものを「ワサビ型」と命名します。

 

次に研究チームは、これら2タイプでは何がどう違うかを顕微鏡レベルで調べることにしました。

結果、メデューサ型はワサビ型に比べて動きが活発で、特に発達した液胞を持っていることがわかりました。

 

さらに最新の機器で働いている遺伝子を比較した結果、メデューサ型ではタンパク質分解酵素、がん関連遺伝子の働きが大きく上昇していました。

 

特に発現量がワサビ型の200倍を超える遺伝子には、細胞外基質分解酵素(組織の侵入に使う)、神経伝達物質であるアセチルコリンの分解酵素、そして芽殖孤虫にのみ発見されている機能不明なタンパク質群が発見されました。

これら未知のタンパク質は構造的に、細胞外にて出て働く分泌性タンパク質とよく似ており宿主免疫系に影響を与えると考えられます。

 

現在、芽殖孤虫の感染に対しては有効な治療で薬が存在せず、外科的な摘出手術のみが確実な治療法となっています。

 

しかしゲノムが解析されたことにより、標的とすべき芽殖孤虫の弱点も明らかになり、新薬開発につながると期待されます。





ムカデ人間

ムカデ人間

 

人間同士の口と肛門を繋げるアホ映画。アホ過ぎてまぁまぁ好き。

 

作品紹介
ムカデ人間
  • 2010年オランダ映画
  • 監督:トム・シックス
  • 製作:トム・シックス、イローナ・シックス
  • 出演:ディーター・ラーザー、アシュリー・C・ウィリアムズ、アシュリン・イェニー、北村昭博、アンドリュー・レオポルド、ピーター・ブランケンシュタイン、ローズマリー・アナベラ

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

ヨーロッパ旅行に出かけていたリンジーとジェニーは旅の途中にレンタカーがパンクし立ち往生となった。近くの家に助けを求めに行ったが、家にいた変態医師ヨーゼフ・ハイター博士の実験体として拉致され”ムカデ人間”にされてしまう。

登場人物
ヨーゼフ・ハイター博士

支配欲の塊のような変態外科医。現役は引退したが、その後シャム双生児の分離術で知られている。半年前に3匹のロットワイラー犬を結合することに成功している。今回、人間を拉致して結合させ一つの生命体としようとしている恐ろしいドイツ人の男である。自宅の地下室は実験部屋となっており、銀のベンツに乗っている。訪問してきたターゲットに睡眠薬入りの水を常習的に飲ませている。最終、捜査令状を持って自宅に乗り込んで来たクランツ刑事により銃殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=g3ScVcD3ExA

カツロー

ムカデ人間の先頭(A体)。日本人ヤクザ。親と子供を捨てた過去がある。トラックドライバーがムカデ人間に適合しないため殺された後にスペアで用意された。反抗的な性格。隙を見てハイター博士をメスなどを用いて攻撃した。ハイター博士から”カミカゼ野郎”と言われている。ハイター博士を倒す一歩手前で割ったガラスを喉に当てて自殺してしまった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=L2tV9llAUF8

リンジー

ムカデ人間の真ん中(B体)。ニューヨーク出身。ジェニーとは友人。ドイツのホテルで友人のエイミーから電話があり、これからイタリアへレンタカーで向かおうと話していたがレンタカーの左前タイヤがパンクしてしまい立ち往生となった。早く目的地に向かいたいためハイター博士宅にジェニーと助けを求めに向かったが、ハイター博士に睡眠薬を注射され拉致された。1度逃げ出そうとするも失敗した。途中、カツローのウンコを食べている。ムカデ人間になってから最後まで生き残った。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=g3ScVcD3ExA

ジェニー

ムカデ人間の尻尾(C体)。リンジーとは友人。当初ドイツ人のウェイターの男と知り合って”バンカー”というナイトクラブのパーティーへ誘われたためレンタカーで行こうとしていた。方向音痴。犬が苦手。レンタカーの左前輪がパンクして立ち往生となったためリンジーとハイター博士宅に助けを求めたが睡眠薬で眠ってしまい拉致される。ムカデ人間として結合された後に口周りに感染を起こして化膿していた。最終、重度の感染症を起こして息絶えた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=g3ScVcD3ExA

クランツ刑事

行方不明者が続出したためフェラー刑事とハイター博士の自宅に捜査令状なしに訪問しに来た。一応、ハイター博士の乗っている銀のベンツや女性の声が近くの人々から聞き込みで訪れたが、ハイター博士が異常に怪しい行動をとったため、地下室を見るため捜査令状を一旦取りにフェラー刑事と家をあとにした。最終、再びハイター博士宅に戻るのもプール部屋に潜んでいたハイター博士に銃で撃たれて死ぬも、死ぬ直前に自らが銃で撃った弾がハイター博士の額に命中して銃殺している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=DkcspPO575k

フェラー刑事

クランツ刑事とハイター博士宅を訪れたが、怪し過ぎたのかハイター博士を無言でガン睨み。クランツ刑事と行動を共にしている。一旦、クランツ刑事と捜査令状を取りにハイター宅を後にして再び戻ってきたが、プール部屋に潜んでいたハイター博士によって銃殺された。尚、血の匂いが苦手なのか嘔吐している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=DkcspPO575k

トラックドライバー

トラックの運転手で高速近くで野グソをしている所をハイター博士の麻酔銃のえじきとなり拉致された。ムカデ人間には適合しないとしてハイター博士により薬物を注射されて殺された。ハイター博士宅の庭に埋められた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=n32rG44LDdc

 






豆知識
【ムカデ人間手術工程】

※先頭からA体、B体、C体と呼ばれる。

 

①膝蓋骨の靱帯(ヒザの皿の靱帯)を切除する。

→膝の伸縮不能となり立って歩けなくなる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=g3ScVcD3ExA

②B体とC体から中切歯と側切歯と犬歯を上下両方から引き抜く。

③B体とC体の口唇部とA体とB体の肛門部は皮膚と粘膜の境界に沿って丸く切除する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=g3ScVcD3ExA

④2つの有茎の移植片は基底組織から起こして用意する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=g3ScVcD3ExA

⑤V字切開をB体とC体のアゴから頬にかけて実施する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=g3ScVcD3ExA

⑥接合は肛門および口の粘膜と皮膚の円形部で行う。

→A体とB体及びB体とC体だ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=g3ScVcD3ExA

⑦有茎の移植片を頬の切開部に接合する。

→A体とB体、B体とC体だ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=g3ScVcD3ExA

⑧胃系統による接合がされる。(消化管による接合)

→ムカデ人間となる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=g3ScVcD3ExA

【レンタカー会社の電話番号】

TEL.219-200-806とされている。

【3匹のロットワイラー犬】

現在は、ハイター博士の家の庭に埋められ墓が作られている。





 

日本住血吸虫


日本住血吸虫

 


日本住血吸虫って知ってるか?

殺人寄生虫と言われています。

 

 

<日本住血吸虫の特徴>

紐状の形の、細長い吸虫。

雌雄異体で、雌は黒褐色で細長く、

雄は雌よりも淡い色で太くて短い。

人間を含む哺乳類の

血管(門脈)内に寄生し、

赤血球を栄養源にする。

血中が卵まみれにされます。

農作業等でミヤイリガイの

体内から出た日本住血吸虫の

幼生セルカリア

が皮膚から哺乳類の体内に侵入。

表面上は皮膚カブレが

起こったようになりますが、

その後、感染した人の手足が

ガリガリになり、

最終的にお腹が出て肝硬変などで

死にます。

 

引用元:https://www.youtube.com/user/MASAYOSHIKUMEGAWA

 


 

【寄生虫対策として】

媒介となるミヤイリ貝は

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=3Glf6GPPZ6w

繁殖力が強く、農家の村民は

火炎放射や石灰など用いたが

中々効果なかったみたい。

 

 

※発見したミヤイリ教授から

その名前をとったみたい。

ちょっと可哀そうやな。

 

ちなみに1965~1985年の間で、

貝の生息・繁殖がしずらい

環境を作るために国は山梨県に

100億円を資金援助したみたやな。

そして、用水路を

コンクリート化して

水の流れを早くした事によって

貝の生活しずらい環境整備に

成功したみたいですね。

 

 

最近話題らしいな。






ロイコクロリディウム


ロイコクロリディウム


今回は寄生虫の話。

ロイコクロリディウム

 

って知ってるか?

こいつらは カタツムリ

に寄生して、触覚に移動して

変な色で鳥に喰われるため

ウネウネアピールする

寄生虫です。

本来夜行性のカタツムリを

この寄生虫は昼間に活発に

動くことによって、

鳥のいる明るい時間に

わざわざ目立つ所に

出てきて、

喰われるのを目的に動きます。

 

キモイ。

【送料無料】【ポイント2倍!!】50枚×3袋セット 【超お得大容量150枚】カタツムリフェイスマスク

 

楽天で購入する

<ロイコクロリディウムのライフサイクル>

 

①鳥の体内 (卵を産んで糞として出す)

②糞をカタツムリに食べられる (体内で卵から幼虫が生まれる)       ↓

③カタツムリを操って 鳥に食べてもらう (鳥の体内に入って卵産むため)

を繰り返してるみたいやな。

 

キモイ。


 

あっ、そうそう間違っても

喰うなよ。

 

参考動画も挙げとこ!!キモイ。

実際寄生虫だらけの体内みたいですね。

フランスの食用カタツムリ エスカルゴと一緒にしないように。









おまけ

 

そういえば、

昔カタツムリをテーマの

「うずまき」って

日本映画あったよな。

 

うずまき
うずまき
  • 2000年日本映画
  • 監督:Higuchinsky
  • 脚本:新田隆男
  • 出演:初音映莉子(五島桐絵)、フィーファン(斎藤秀一)、大杉漣(斎藤敏夫)、高橋惠子(斎藤雪枝)、佐伯日菜子(関野恭子)、申銀京(丸山千恵)、三輪明日美(石川志穂)、阿部サダヲ(山口満)ほか


 引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

<ストーリー>

漫画が原作。黒渦町で起こるおかしな物語。女子高生桐絵の彼氏の秀一の父が最近鳴門やうずまきの形をしたものを集めていて少しおかしい。それ以降、学校の螺旋階段から転落事故が起こるなど町では不可解な事が起こっていく。

全体的に暗い描写とワザと棒読みな役者演技が映画の不気味さを引き立てる。


 

肉玉



肉玉

 

 

 

チュス!!

自分ら「肉玉」って

知ってる??

海辺にいてて

結構な数でゴソゴソ移動する

生物やわ。

UMA(未確認生物)。

コーラかけると

白い液噴射して

破裂するらしい。

誰か、目撃情報とかあったら

教えてくれ!!

投稿者 田中 恵美(仮名)が

はじめに親戚が交通事故で亡くなって

荷物整理してる時に発見したみたいだな。

 




言っとくけど、これフェイク動画やからなw

実際はCG合成と大人の玩具を加工して

このクリーチャーを作成したみたいやな。

元ネタは「封印された恐怖呪動画」より。

 

ついでに見つけた肉玉に似た物体X。

 

謎肉について

 

肉玉に続いてですが、皆さんは日清食品の


 引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

カップヌードルはご存じですよね。

あの湯を入れて3分で食べれる

インスタントラーメンで有名です。

 

日清食品とは?

【簡単概要】

1948年会社設立

1958年初の即席麺「チキンラーメン」発売

1971年カップヌードル発売 ←ここ

 

その中に入っている

謎肉

って知ってます?


 引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

↓この下の茶色で四角い肉ですね。
 引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

謎肉=通称「ダイスミンチ」

  • 豚肉と大豆、野菜由来の成分を掛け合わせてフリーズドライにし、サイコロ状にした物。

 

何食べさせられてるか一つ勉強になりましたなw

 




スナノミ

スナノミ

 

てめぇら スナノミ知ってる?

↑めちゃめちゃ唐突w

 

今回は凶悪な寄生虫の話ですわ。



<スナノミとは?>

スナノミ(日本名:ツツガムシ)は、南米起源のノミで約1ミリぐらいの大きさです。 世界中の熱帯、亜熱帯の全域に生息している。 通常は砂浜、家畜小屋、農場といった砂地に生息する。 世界保健機関(WHO)によると、「雌のスナノミは皮膚の内側、特につま先や足の裏、足やかかとの縁に潜り込んで吸血しながら陥没寄生し産卵する。スナノミはジャンプ力が弱いため、スナノミ症の症例の99%は足で発生している。 寄生したスナノミは2週間で2000倍の大きさに成長し、かゆみと患部の炎症を引き起こす」と、WHOの疾病情報には書かれている。患部の細菌感染によって、化膿、リンパ管炎を起こすこともあります。 患部が多数になり、炎症が激しいと歩行困難になります。 ネパール人の男性器にも寄生したらしい。。。。。

 



↓スナノミパラダイス

結構発展途上国の子供たちは裸足が多いので

このスナノミに寄生される率が高いらしい。

医者にナイフでイボをエグり取られた時に

中で白いのが見えるのがスナノミ本体です。

 

DEFCON アウトドアナイフ HYDRA フルタング TD005 D-2 シースナイフ ハンティングナイフ 狩猟 キャンプ 登山 フィックスブレード 刃物 キャンプナイフ 渓流ナイフ

 

楽天で購入する


スナノミ採るの楽しそう。。。

さあ通販でナイフを買え!!




これで君もスナノミマスターだ!!!






 

マゴットセラピー

マゴットセラピー

 

今回は、マゴットセラピー(蛆治療)の話です。

人が何らかの病変で循環障害(血流障害)により

壊疽を起こした場合に

本来壊疽部分を大幅に切断します。

ですが、この治療法は無菌管理された蛆を使用します。

蛆に腐っている壊疽の部分を食べてもらって、

最小限の切断及び治療・処置をし循環改善を図ります。

循環改善を図るというのは彼ら(蛆)の口から出す分泌液の

酵素の作用で腐った肉を溶かしながら

抗生剤が効かない菌も殺してくれるみたいですね。

腐っている部分を蛆が食べて

治療をしてくれるので画期的。

 

少しグロいですが、社会復帰が早く見込めるのはメリット。

デメリットは管理費がかかるみたいですね。



馬バエという害虫

 

同じ蛆虫でも間違えんな!!馬バエの幼虫は関係ないからな!!

こいつらは人間や動物に寄生します。

表皮内喰いちらかしてから表皮から口出して

呼吸する気持ち悪い害虫な!!



もう1つのマゴットセラピー

 

ちなみに蛭治療もマゴットとしてある模様。

中世からやっているみたい。

何か聞いた話だけど、癌治療で定期的な採血や献血をする事で、

一旦体内から血が抜けて造血するのが体に良いとか

何とか、、、、

 

蛭って血を吸うと結構大きくなるよな。。。

アジアでは結構やってるみたいです。

ゾンビ マスク 死者 死人 グロテスク 蛆虫 寄生虫 ホラー モンスター ハロウィン コスプレ なりきり

 

楽天で購入する

 

ハエ人間の映画を観る


おまけ

タイトル:ミキプルーン

全く関係ない動画。

ただただブルーベリー感が溢れている。

 

【ふるさと納税】ブルーベリージャム・ブルーベリーソース

 

楽天で購入する

【蛆虫による死体処理】