「旅行」カテゴリーアーカイブ

奇祭


奇祭

 

奇祭とは
ある地域やある社会で昔から伝わっている独持の風習や習慣や風俗における祭りのこと。

今回は奇祭の紹介です。

名古屋にて開催されておりました。

田潟神社のホームページ

 

この祭り、別名ですが

「豊年祭り」と言われています。

【豊年祭りとは】

毎年3月15日に執り行われます。祭では直径60センチ、長さ2メートル余りの大男茎形(男性の性器)を毎年新しく檜で作成し、それを厄男達が御輿に担ぎ、御旅所から行列をなして田県神社に奉納し

五穀豊穣
農作物が豊かに実りをもつこと。
万物育成
宇宙存在する全ての物が育つこと。
子孫繁栄
子どもが沢山生まれ、永遠に断絶することなく続いていくこと育つこと。

の3つを祈願する神事です。

2020年は新型コロナウイルスの影響で中止となりました。

場所

愛知県小牧市田県町152

実はこの奇祭が名古屋でやっているのは

7年前から知っていましたが、

中々行けてませんでしたw

画像や動画は2018年の3月15日の物でございます。

てか、外国人が多かったですね。

一応この奇祭は子宝祈願のための物らしいですが、、、、、

 

名物ばなちん¥500です。

(あんまり食べてる人見なかったです。)

 

巫女達もコケシサイズの男根を

抱いております。

さずかり飴¥300ぐらい

(結構売れてました。)

 

ここだけの話、屋台の

チキンケバブサンドが一番旨かった!!

 

飴屋専門でも形にビビります。

 

次は、大県神社の於祖々祭(おそそ祭)に

コロナウイルスが落ち着いたらいってみたいかな。

 

てか、モザイク処理が大変ですね。

おまけ話

 

ここで食事摂る時に注意して下さい。

中々場所がないです。

一応自作の地図を載せておきますが、結構地元の方や

何度も来られている方は下のエリアで飲み食いしてました。

 

スーパー ナフコ不二屋 田県店

愛知県小牧市田県町113

 

少し見づらいかも知れませんが、常連は

この赤い 印のナフコ田県店前のパーキングで

ナフコで買ったドリンク類と屋台の食べ物を

飲み食いされていました。

簡易チェアを持参されている方も多かったです。