「奇形」カテゴリーアーカイブ

悪魔のいけにえ 7

悪魔のいけにえ 7

 

作品紹介
レザーフェイス ー悪魔のいけにえー
  • 2017年アメリカ映画
  • 監督:ジュリアン・モーリー、アレクサンドル・バスティロ
  • 製作:クリスタ・キャンベル、ラティ・グロブマン、レス・ウェルドン、カール・マッツォコーネ
  • 製作総指揮:トビー・フーパー、アヴィ・ラーナー、トレヴァー・ショート、ジョン・トンプソン、ボアズ・デヴィッドソン、マーク・ギル、ベス・ブラックナー・オブライエン、ロバート・クーン、キム・ヘンケル、ケヴィン・グルタート、ジョン・ラッセンホップ
  • 出演:サム・ストライク、リリ・テイラー、ネイサン・クーパー、デヤン・アンジェロヴ、エデュアード・パーセヒァン、ヴァネッサ・グラッセ、サム・コールマン、ジェシカ・マドセン、ジェームズ・ブルーア、クリストファー・アダムソン、スティーヴン・ドーフ、フィン・ジョーンズ、ロリナ・カンブローヴァ、ジュリアン・コストフ、イアン・フィッシャー、ニコール・アンドリューズ

引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

<ストーリー>

1955年テキサスにソーヤー家のガキどもがハートマン保安官の一人娘ベティを罠にかけ殺したため、ハートマン保安官がキレてジェディダイア・ソーヤー(ジェド)を児童保護という名目でゴーマン・ハウス青少年更生所に送られる。1965年現在ではジェドはジャクソンという名でゴーマンハウス更生所で生活していたが、まもなく18歳の誕生日を迎えようとしていた。ジェドに会いたくて弁護士を連れて面会に来た母親のイカレた行動が施設内で暴動を起こすキッカケを作り、ジェドらは施設から脱走しする。元々殺人が嫌いなジェドが殺人鬼レザーフェイスになるキッカケとなった経緯の物語。

登場人物

【ソーヤー一家】

ジェド・ソーヤー

本名はジェディダイア・ソーヤー。通称ジェド。ソーヤー一家の三男。5歳の誕生日にヴァーナからチェーンソーをプレゼントされ、農場で豚を盗もうとした泥棒を殺害しろとヴァーナに頼まれる。しかし、ソーヤー家の中では唯一、殺人を拒みチェーンソーを投げ捨てた。だが、彼が8歳の頃にハートマンの娘ベティを古い納屋まで誘い彼女を豚の格好をして罠にはめて殺害。彼女の死を知ったハートマンに厚生施設ゴーマンハウスに収監され名前をジャクソンに変えられた。それから10年後ジャクソンは親友のバドと2人で施設内で過ごしていた。しかし、そんなある夜、ヴァーナの身勝手な行動が原因で施設内がパニック状態となり、リジーと2人で逃走するが、アイクとクラリスに捕まり車で施設から逃走した。終盤ではハートマン保安官の発砲により口が裂けている。最終、母親の指示もあってハートマン保安官とリジーをチェーンソーで殺した。

幼少

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Y1wae9PtEL0&t=1s

17歳

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dGvcCuymBLg

ヴァーナ・ソーヤー

ソーヤー一家の母。娘のベティを殺されたハートマン保安官がキレてソーヤー家に乗り込んだ際に、「子供達を解放しなさい。」と訴えるも児童保護という名目でジェドと離れ離れとなった。その後、金持ちと再婚してカーソン夫人となっている。弁護士を雇ってラング医師の元に訪れてジェドに会わせるよう裁判所の令状を持って意見したがラング医師により別の令状がないと対応できないと軽くあしらわれて帰されている。その後、すぐに帰らず看護師を襲って更生所内の鍵を奪いジェドを連れ戻そうとして名前を連呼していた。ゴーマンハウス内がパニック状態となる原因を作った張本人。その後、ソレルズ副保安官からジェドの居場所の情報提供を受け金と引き換えにソーヤー一家で、ハートマン保安官よりジェドを取り戻した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Y1wae9PtEL0&t=1s

ドレイトン・ソーヤー

ソーヤー一家の長男。今作品では殺人を好むなど設定が異なる。ソーヤー農場で豚を盗もうとした泥棒にジェドのバースデーケーキを素手で掴み口に突っ込んでいる。ベティを古い納屋まで誘い、彼女を罠に落とし入れた後に別れを告げた。ベティの死を知ったハートマンに銃を突き付けるも、撃たれる事はなかった。ハートマンの話しによれば、少年時代に殺人を犯していた様で、彼もまたゴーマンハウスに収監されていた。しかし、既に成人を向かえた彼はナビンズと共に逮捕される。終盤で、ソレルズ副保安官をナイフで刺して豚の餌にしている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Y1wae9PtEL0&t=1s

ナビンズ・ソーヤー

ソーヤー一家の次男。今作品では体格が若干、肥満体になっている。ベティを罠に落とし入れとどめをさした張本人。ドレイトンと共にハートマン保安官に逮捕される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Y1wae9PtEL0&t=1s

グランパ・ソーヤー

ソーヤー一家の父。今作品では彼の会話する姿が見る事ができる。ソーヤー農場で豚を盗もうとした泥棒をハンマーで殺害する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Y1wae9PtEL0&t=1s

【更生施設ゴーマンハウス】

リジー

本名はエリザベス・ホワイト。新人看護師。逃走癖がある。患者の力になりたくてずっとゴーマンハウスで働きたいと思っていた。ラング医師より理想の話を聞いてもらった後に、現実の話として「油断するな」と助言されている。ゴーマンハウスがパニック状態の中、他の看護師と隠れていたが患者に見つかって殺されそうになったところをジャクソン(ジェド)に助けられ一緒に逃げるも途中で人質としてアイザックとクラリスに捕まっている。アイザックらと行動を共にするも逃走劇終盤に警官へ助けを求めた際にバドを殺されたため、それを目撃していたジャクソン(ジェド)から友人殺しの原因を作ったと逆恨みをされた。最終、ソーヤー家にハートマン保安官と捕って、ソーヤー家から逃走するも林でトラバサミの罠に引っ掛かり身動きが取れない所をジェドに見つかりチェーンソーで首を吹っ飛ばされ死んでいる。尚、レザーフェイスの人肉仮面として終盤にジェドにより加工されていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Y1wae9PtEL0&t=1s

バド

会話が苦手でキレると無双する無口のデブ。双極性障害。塗り絵ばかりしている。ジャクソン(ジェド)とは友人。昔、里親に犬を取り上げられたため昏睡状態になるまで殴り続けた過去を持つ。電気療法中にカーソン夫人がゴーマンハウス内で騒いでいた隙を見て看守2人を殴り倒して逃走している。逃走途中でラング医師の部屋を訪れ防弾ガラスの窓に顔面を何度も打ちつけて殺している。ダイナーでは外で見張りをしており、逃げたリジーを捕まえたがジャクソン(ジェド)らと逃走する際にデイヴより銃で撃たれている。キャンピングカーでは夜中にアイザックが逃走しようとしたリジーを捕まえようと揉み合いになった際に、見張り役であったが何も気付かなかったため、アイザックから「無価値なアホはうせろ!」という暴言を吐かれた。その後すぐにアイザックの暴言にキレて木の棒で殴り倒してから石の上で顔面を踏み潰している。最終、橋の下よりパトカーへ助けを求めたリジーにより、警察に容疑者としての居場所がバレて警察と揉み合いになり射殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Y1wae9PtEL0&t=1s

クラリス

全身ケロイドのイカレ女。ゴーマンハウスのバスルームで他の女性患者の口にネズミを突っ込んで食わせようとしていた所をリジーに発見され辞めるよう注意されている。生意気にもタバコを吸おうとしてリジーに火を貸せと睨み付けて要求している。自称:ラング医師のお気に入り。アイザックの事が好きで嫉妬深い女である。ちょっかいをかけたであろう患者の女の首を絞めて殺している。また、ゴーマンハウス内がパニック状態途中でアイザックと合流して階段廊下でしゃぶり出すアホ女でもある。アイザックと車を盗み、ジャクソン(ジェド)とリジーを人質とし逃走している。途中立ち寄った”シームバースツ・バーベキュー・レストラン”ではコックを含め3人男を殺している。その後、キャンピングカーで発見した死体とアイザックと3Pをしていた。翌朝、殺されたアイザックに気付かず林を捜索するもハートマン保安官らに見つかり、亡き娘のベティをバカにしたためハートマンにより射殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Y1wae9PtEL0&t=1s

アイザック

生意気なハゲ。攻撃的な性格である。クラリスという彼女がいるにも関わらずリジーに何度も手を出そうとするエロハゲ。当初、他の患者に対し掴みかかり「目玉をくり抜いてやる!」と息巻いていた。リジーが仲裁にはいるもセクハラを行った。バドが慌てて止めに入ってからすぐに男の看守が気付き注意された。電気療法前にゴーマンハウス内がパニックになりバドに拘束を解いてもらった後、クラリスと共に車を奪い、途中でジャクソン(ジェド)とリジーを人質として捕まえ一緒に逃走した。バドに借りがあったため一緒に車に乗せている。目的地はメキシコとし、旅の途中で金と車を調達して母親のいるオースティンに行く予定である話している。途中立ち寄った”シームバースツ・バーベキュー・レストラン”でウェイトレスのタミーの頭をショットガンで吹っ飛ばして殺している。その後、キャンピングカーを見つけ寝泊りしているが夜中にリジーが逃げ出そうとしてメンバーで揉める。その際にバドに無価値であると暴言を吐いたため、後にバドより奇襲攻撃を受けて気絶した所を石の上頭を乗せて踏みつぶされ死んでしまう事となった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Y1wae9PtEL0&t=1s

ラング

医師。リジーのゴーマンハウスで働く動機を聞き油断するなと助言している。”ラング医師の恐怖の部屋”という電気療法室で患者たちを拷問している。ジェドに会いに来た弁護士と訪れたカーソン夫人を軽くあしらい追い返している。カーソン夫人がゴーマンハウス内で騒ぎを起こしたため脱走したバドにより、防弾ガラスが割れるまで顔面を窓に叩きつけられ死んでいる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Y1wae9PtEL0&t=1s

【警察】

ハル・ハートマン保安官

テキサス州警察。すぐキレるイカレ警官。ベティをソーヤー農場の納屋で遺体として発見したと報告を受け駆け付けた。ソーヤー一家が自分の娘を殺したのは証拠がないが、何度も事件を起こしており明白だったため、長男と次男を逮捕し、三男を児童保護としてゴーマンハウス送りにした。その後、ゴーマンハウスでラング医師殺人事件が起こり駆け付け、ソレルズ副保安官に捜査網をニューメキシコまで範囲を広めろと指示した。一人娘だったベティを大切に思っており写真を大事に持っている。ソレルズに逃走しているジャクソン(ジェド)らに対し油断するなと助言している。途中、キャンピングカー周辺の林でアイザックを探しているクラリスを発見したものの挑発され容赦なく射殺している。終盤ではパトカーに乗って逃走しようとしたジャクソン(ジェド)に発砲し、口が抉れるキッカケを作っている。ソレルズ副保安官の裏切りもありソーヤー一家に拉致され最終、ジェドのチェーンソーで切り裂かれ絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Y1wae9PtEL0&t=1s

ソレルズ副保安官

裏切り者の警察。ゴーマンハウスの現場でハートマン保安官と合流し、ラング医師の死体を発見している。また、施設から30キロ圏内を検問を敷いて道路を封鎖した。途中、逃走車を385号の南で発見しておりハートマン保安官に報告している。ハートマン保安官とゴーマンハウスから脱走した子供たちを追跡しているが実はカーソン夫人へジェドの情報を横流しして金をもらっている。最終、ソーヤー家に訪れカーゾン夫人へジェドとハートマン保安官が古い納屋にいると伝えたが、ドレイトンにナイフで刺され動けなくなったところを飼っている豚の餌にされて死んだ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Y1wae9PtEL0&t=1s

【その他】

ベティ・ハートマン

ハートマン保安官の娘。彼氏とソーヤー農場近くをドライブしていたが、ソーヤー一家の罠に掛かり納屋で殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Y1wae9PtEL0&t=1s

デイヴ

ダイナーの客。アイザックとクラリスが店内で騒いでいたためキレてガン睨みしていた。逃走しようと試みたがジャクソンが立ちはだかったため、振り払おうとした際に殴り倒された。最終、店内から逃走しようとしたジャクソンらに発砲してバドに銃弾が命中するも取り逃がした。ハートマン保安官に事情聴取され協力している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Y1wae9PtEL0&t=484s

タミー

ダイナーのウェイトレス。アイザックとクラリスが店内ではしゃいでいたため、帰れと言ったがアイザックにより左脇をナイフで刺された後、店内にあったショットガンで頭を撃ち抜かれ絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Y1wae9PtEL0&t=484s




豆知識
ゴーマン・ハウス青少年更生所

1935年テキサス州で児童保護プログラムが始まった。初年度には50人近くの子供を犯罪者の家庭から保護。大半は新たな名前を与えられ里親の所へ、だが特にひどい環境で育った者はゴーマン・ハウス青少年更生所へ送られた。精神的、肉体的な治療を施すために。だが、入所者の多くは、将来刑務所か精神科病院に入っているとされる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=9EwHN1YdBfM

 

 

前回作品を見る

 

 







 

 

 

クライモリ デッド・ホテル

クライモリ デッド・ホテル

 

クライモリというシリーズの6作目です。何か悪魔のいけにえのパクリ映画なんですが、2000年初めのクソみたいな映画しかなかった時代にちょっと観ていた代物。その中でもまあまあ好き。

作品紹介
クライモリ デッド・ホテル
  • 2014年アメリカ映画
  • 監督:バレリー・ミレフ
  • 製作:ジェフリー・ビーチ、フィリップ・ロス
  • 製作総指揮:シャリース・ハニー
  • 出演:セイディー・カッツ、アンソニー・アイロット、アクィーラ・ゾール

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

アパラチアの山奥。温泉で有名な地域として知られているホッブ・スプリングス・ホテルへ遺産相続で訪れた血族のダニーは近親相姦で繁栄してきた血族の異様な雰囲気に飲み込まれ洗脳されていく。

登場人物
ニック

冒頭でアパラチアの自転車専用山道の途中にある温泉エリアにダリアと一緒に来て全裸で温泉に入りイチャついていた。帰りに矢で頭を射られ絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=c9TqCwh_RW4

ダリア

冒頭でアパラチアの自転車専用山道の途中にある温泉エリアにニックと一緒に来て全裸で温泉に入りイチャついていた。有刺鉄線を目の周りに巻き付けられて最後は首を切り落とされ絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=c9TqCwh_RW4

ダニー

都会の暮らしと仕事で精神を病んでいて精神薬を飲んでいる。ヒリッカー家の末裔。元々養子に出されていたが遺産相続のためアパラチアのホッブ・スプリングス・ホテルへ友人らと訪れた。昔の記憶がない。左腕の内側に動物の爪で引っ掻かれたような痕がある。自分のルーツを知るのが目的で2週間ホッブ・スプリングス・ホテルに滞在することを決める。祖父が弓の名手であった事を知らされジャクソンと鹿狩りを一緒にするが、その帰りにヴィクが半狂乱になって突っ込んで来たため崖から転げ落ちてカミソリの罠で両足を負傷した。ホテルを気に入り、来年夏に向けてリニューアルオープンする計画をする。その際にロッドに歴史的建物を改修する経過をウェブ配信し宣伝動画として出してもらい、ヴィクに地域に関する本を書いてもらい、ブライアンに企画書をかいてもらいたいと指示した。後半、トニーと隠れ部屋で合流したが、結局は目の前でトニーを見殺しにしてしまう。最終、完全に洗脳されてホテルを引き継ぎ経営者となる。尚、奇形集団をうまくコントロールしている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=RHwaIBAJx5A

ジャクソン

ホテルの管理人。サリーは妹。すぐキレるサイコパスマッチョイケメン。サリーとは肉体関係にある。アグネス・フィールズの首の骨をへし折った。奇形の家族らが勝手に周りの人間を殺してしまうのに手を焼いている。ダニーに彼自身の祖父が弓の名手であり鹿狩りを一緒にしようと誘って指導した。サリーが瀕死のブライアンとヤり始めたのを目撃してトドメを刺すよう指示した。終盤はトニーと揉み合いになり、奪われた鍵で顔面が潰れるまで殴られ絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=RHwaIBAJx5A

サリー

ホテルの管理人。ジャクソンは兄。6回も化粧をし直すイカれ厚化粧の顔芸ババア。ジャクソンとは肉体関係にある。鹿狩りの帰りで両足を負傷したダニーにお手製の軟膏を塗布した。欲求不満なのか隠れ部屋でジリアンとブライアンがヤっているのを見ながら自慰行為にふけっていた。ジャクソンの指示で瀕死のブライアンのトドメを刺した。終盤はトニーと揉み合いになり顔面を熱湯につけられてショットガンで両足を撃ち抜かれた。実は生きており、車椅子生活となったが隠れ部屋でダニーとヤりまくっている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=RHwaIBAJx5A

トニー

ダニーの彼女。遺産相続先で出迎えたサリーとジャクソンを不信に思っている。鹿狩りに出て行ったダニーの事が心配でヴィクに連れ戻すように指示した。サリーからダニーを奪われないか心配してよく二人になるのを邪魔している。終盤は、サリーと揉み合いになって逃げようとした所をジャクソンに捕まり一度はダニーの協力もあり解放されたが、ジャクソンに追いかけられ反撃に成功するも、最後は奇形の男から頭に斧を突き刺され絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=RHwaIBAJx5A

ロッド

トニーの弟。買ったばかりのアションカメラ(防水性能付き)で辺りを撮りまくっている。前のカメラではジリアンの裸のお尻を撮ってネットにバラまいた過去を持つ。1日/4000人視聴をジリアンの尻動画で再生された実績があるらしい。途中で、ジリアンとブライアンの部屋にチャーリーと忍び込んでディルドーを発見してトロフィー代わりにアカデミー賞をとった俳優のモノマネをしてふざけていた。最後はトニーと逃げる途中にトラバサミの罠に左足が引っ掛かり、奇形集団により頭にサバイバルナイフを突き刺され絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=UPwap_7xFlk&t=221s

ジリアン

マンハッタンに住んでいてセレブ気どりのヤリマン女。ビスコンシン出身。ダニーのコネで成功したらしい。ブライアンが彼氏。金目の物には目がなく、懸賞金など何でもあり。序盤ではブライアンにホッブ・スプリングス・ホテルがモーテルであり、屋外トイレになると間違った情報を当初聞いており、その事に不満を漏らしていた。ホテル内のヘップルホワイト様式の家具(超高級家具)を見つけテンションが上がっていた。ダニーの友人である事からジャクソンに対してもっといい部屋を案内しろと傲慢な態度を取った。昼間にホテル内の探索を行い、南北戦争時代のアンティークの銀食器を発見した。夜にブライアンと温泉プール内でイチャついている所をロッドのアクションカメラで撮影されてしまう。手癖の悪い女で、ホテルに置いているスタッフォードシャーというアンティークの置物が最低2000ドルの価値があるとしてくすねようとカバンに入れていた。その後、ブライアンと一緒にスタッフォードシャーの置かれていた部屋に行き回収するも隠し部屋を発見し、ヤり出すが奇形集団によりブライアンが襲われ、自身の足を無理やり奇形集団により開脚され、骨をへし折られて絶命する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=UPwap_7xFlk

ブライアン

ダニーの職場の同僚で、ダニーへ大変な仕事を振りまくったため、彼の精神を病ませる原因を作った張本人。ダニーとは3年の付き合いで金に汚い男。現在は金貸し(サブプライムローン)をしている。ジリアンが彼女。物語の序盤ではタイヤがパンクして修理をしていた。ダニーの相続物件を査定するのが目的と語っている。ホッブ・スプリングス・ホテルに着くなりダニーに更地にして見積りを依頼して売り払う事を提案した。ビール等を買い出しにいった際に、警官から行方不明となったアグネス・フィールズの捜索願のポスターを受け取った。ジリアンと隠れ部屋でヤっている所を奇形の男たちに襲われ頭を殴られた。脳震盪を起こしてサリーに捕まりクッションで窒息死させられる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=UPwap_7xFlk&t=221s

ヴィク

ダニーとは大学からの付き合い。車中でアパラチアは麻薬の生産国で有名ともらした。物事を調べるのが好きでホッブ・スプリングス・ホテルを療養所であると調べ上げた。歴史や民族に詳しく、ホテル内の1970年代の写真を見てダニーの一族の写真がフードを被った人々が多い理由として近親交配での奇形だと言い当てた。トニーより鹿狩りの帰りが遅いダニーを連れ戻すように言われ様子を観に森へ行ったが、死んだ鹿の内臓を食べている奇形の男を発見し半狂乱で逃げ出すも、帰りのダニーに突っ込んでいきダニーに怪我を負わせてしまう。ダニーの後を付けていた所を奇形の男に捕まり、吊るしあげられた所を首を切られ殺された。尚、血族らによって血は飲まれ、その血はダニーにも飲まれる事になった。その後、ホテルの厨房のショーケース内にてチャーリーらに発見された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=UPwap_7xFlk&t=221s

チャーリー

マリファナジャンキー。ホテル内で温泉プールを見つけ着の身着のままプールへ飛び込んだ。トニーとロッドを助けるため奇形集団にダンベルで抵抗して囮となったが、抵抗虚しく反撃された挙句ケツに消火栓を突っ込まれ大量の水が腹に溜まり爆発して絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=c9TqCwh_RW4

アグネス・フィールズ

色ボケババア。”革命の娘たち”という愛国婦人会のメンバーの1人としてホッブ・スプリングス・ホテルへ訪れた。食事中にワザとフォークを床に落とし、ジャクソンが代えのフォークを用意するため後ろを向いた隙にケツを触って喜んでいる変態。奇形の男から斧を投げられ腹部に命中した後、ジャクソンの怒りを買って首の骨を折られ殺された。のちに警察へ捜索願をメンバーから出された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=UPwap_7xFlk&t=221s

 






ちょっと豆知識
血族とは

近親相姦で繁栄した一族であり、当時(1926年)この山岳地帯に来たのはクレイトン、ボグル、ヒリッカーの3家族であるとされている。3家族は元々アーミッシュでありクエーカー教徒一族の血を引いている。作中でのジャクソンとサリーもヒリッカー家の末裔とされている。血族はその後、土地を開拓していて、よそ者から石炭や木材を横取りされそうになった過去を持つ。ホッブ温泉は一族の”証”とされており、遠方の一族が集まる場所ともされている。何世代も一族の血が弱まる(外界に出て一族以外と結婚や子どもを産む)事を嫌がっているため近親相姦を行っているが、代償として奇形で産まれる。最近は子どもが産まれてもすぐ死んでしまうらしい。尚、人間の血は長寿の秘訣らしい。秘蔵酒もある。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=UPwap_7xFlk&t=340s

アーミッシュとは?

アメリカ合衆国のオハイオ州・ペンシルベニア州・中西部などやカナダ・オンタリオ州などに居住するドイツ系移民(ペンシルベニア・ダッチも含まれる)の宗教集団。移民当時の生活様式を保持し、農耕や牧畜によって自給自足生活をしていることで知られる。原郷はスイス、アルザス、シュワーベンなど。

クエーカー教徒とは?

キリスト教プロテスタントの一派であるキリスト友会(キリストゆうかい、Religious Society of Friends, フレンド派とも)に対する一般的な呼称である[1]。友会は、17世紀にイングランドで設立された宗教団体である。

ホッブ・スプリングス・ホテルとは?

1926年に開業しているホテル。セオドア・ルーズベルト、カルビン・クーリッジ、ジェファーソン・デイビスと歴代の3人の大統領たちが泊ったホテルとされている。ダニーらの事件後、翌年の夏に”ヒリッカー・スプリングス”という名でリニューアルオープンをした。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=UPwap_7xFlk&t=340s





サランドラ

サランドラ

 

山岳地帯でのイカれ家族映画の紹介です。

作品紹介
サランドラ
  • 1977年アメリカ映画
  • 監督:ウェス・クレイヴン
  • 製作:ピーター・ロック
  • 出演:スーザン・レイニア、ロバート・ヒューストン、マーティン・スピアー、ディー・ウォレス、ヴァージニア・ヴィンセント、ラス・グリーブ、ジェームズ・ウィットワース、マイケル・ベリーマン、ジェイナス・ブライス、ランス・ゴードン、ピーター・ロック、ジョン・スティードマン

引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

<ストーリー>

かつて核実験場だったカリフォルニアの山岳地帯の土地にやって来た旅行者達が、奇形の殺人鬼達(ソニー・ビーンとその一家をモデルにしている)に襲われる。

登場人物

【ボブ一家】

カリフォルニア州のLAへ向かっていた。

ブレンダ

ボブ一家の次女。移動の車中で暑くて”人間フレンチ・フライ”とほざき母エセルの否定される。途中、プルートの襲撃に遭って犯されかけるも助かる。最終、ジュピターが襲撃してきた際にボビーと協力して罠を作り、ジュピター撃退に成功した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=4VuLnfxBujM

ボビー

ボブ一家の長男。バク転ができる。トレーラーに残った際には指揮をとることを任された。ビューティーがトレーラーから走り出して追いかけるも山岳地帯で遺体で発見する。その後、トレーラーをジュピター一家に襲撃されるも、ダグとブレンダと協力して反撃に打って出る。ブレンダとトレーラー周りに罠を仕掛け、ジュピターを銃殺した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-yxWnT3mX5M

ダグ

リンの夫。トレーラーが立ち往生となって、北の軍の施設に助けを求めに偵察に行くこととなる。トレーラーに戻ってくるもジュピター一家により襲撃を受け赤ん坊を取り戻すべく、ビーストを連れて奇襲に打って出る。最終、マーズと揉み合いになるもルビーの手助けもあり復讐をとげる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-yxWnT3mX5M

リン

ボブ一家の長女。ダグの妻。ダグとの間に生まれた赤ん坊を連れている。授乳中だがタバコをスパスパ吸っている。母エセルが「メイポール」と無線で話していたのを見て「メイデー」であると訂正した。また、無線で変な息づかいの返信を受けた。マーズの襲撃を受け反撃するも銃殺される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eyNaR1B0EVw&t=199s

エセル

ボブの妻。山岳地帯へは叔母がくれた銀鉱が近くにあったため今回寄り道して銀婚式祝いをしようと考えていたと語った。ガラガラ蛇の豆知識だけ豊富であり、ガラガラ蛇は6メートルも跳んで噛まれて8分で死ぬと語った。トレーラー内で無線を「メイポール、メイポール」と話していたのをリンに見られ「メイデー」と指摘される。マーズの襲撃を受け反撃するも銃殺される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eyNaR1B0EVw&t=199s

ボブ

一家の大黒柱。結構自己中。人に指図されるのが嫌な性格。元警察官でクリーブランドの最悪な地区で25年間勤務していた。警察としてに勤務中は黒人に矢で撃たれたり、貧しい白人に犬の死体を投げられたり、同僚に2回撃たれたりした。心臓が悪く警察を退職した。車を運転中に野ウサギに気を取られ、車道から逸れて車を破損(シャフトが折れた)させた。立ち往生しているため救助を求めにコンビニに戻る。目の前でフレッドがジュピターに襲われた後に自身も捕まり手に木の杭を打ち込まれ磔にされた後に爆破され焼死する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=eyNaR1B0EVw&t=199s

ビューティ&ビースト

ボブ一家が飼っている二頭のシェパード。ビューティーは人喰い一家に襲われすぐ死ぬが、ビーストはマーキュリーとプルートを噛み殺した。ビーストは黙って獲物に襲い掛かる性格で昔マイアミで他人の飼っているプードルを殺した過去がある。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=M5jCxTPMKqo

【人喰い一家】

ドライクリーク・ロード周辺の山岳地帯に住んで生活している。

ジュピター

フレッドの息子。鼻が割れている。変な女を捕まえて山岳地帯で子どもを増やし生活している。フレッドのコンビニからフレッドを引きずり出してバールで何度も頭を叩き殺した。その後。ボブを捕まえて爆殺した。マーキュリーを殺された復讐でボブ一家を殺しに行くもブレンダとボビーの罠にかかる。最終、ブレンダに何度も斧で背中を刺された後にボビーにより銃殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=b16bs68QDA8

プルート

ジュピター家次男。ボビーが外の犬の声に気を取られている隙にトレーラー内に侵入して食料や武器を盗んだ。ブレンダを犯そうとするもマーズに邪魔されて食器に八つ当たりした。父ジュピターとトレーラーのボブ一家に復讐に向かう道中にビーストに噛み殺される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-yxWnT3mX5M

ルビー

ジュピター家の長女。食べ物がないためアメリカの州の駐屯地に窃盗に入った。足音をたてず近づくのが得意。尚、歯は真っ黒で、体臭は馬の様に臭いし、スプーンはまともに使えない。序盤はフレッドが引っ越しする時の店に訪れウイスキーとラジオで食べ物を物々交換しようとしたが断られた。フレッドとは仲が良く、フレッドが引っ越しする際に自分も同行しようと考えていた。ビューティーを食べた。ジュピターの命令で赤ん坊を殺すのに最後まで抵抗した。最終はダグが赤ん坊と取り返しに来た際に身内のマーズを裏切りガラガラ蛇をマーズの首に噛ませてダグが反撃する隙を作った。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=pzLfsql1Yvc&t=1s

マーズ

ジュピター家長男。プルートの後にトレーラーに侵入し、エセルとリンを銃殺した後に赤ん坊を誘拐した。エセルの反撃に合い、右大腿部をナイフで刺される。最終、赤ん坊を殺す揉み合いになるも、身内のルビーに裏切られガラガラ蛇に噛まされた挙句ダグに奪われたナイフで何度も腹を刺され絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=4_z9b0wOU0w

マーキュリー

ジュピター家三男。見張り役。道化らしい。ビーストに無線が終わった後に崖に突き落とされ絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=XyycSi-Vor4&t=127s

【その他一般人】

フレッド

ジュピターの父親。山岳地帯と町の間で1929年よりコンビニ経営をしていた。豚を飼っていて酒をよく飲んでいる。亡き妻マーサと娘がいる。マーサの腹を突き破ってジュピターが生まれ、1939年8月にジュピターが家を放火して娘を焼き殺した過去がある。人喰い一家が州の駐屯地で窃盗をしたりするので頻回に州警や空軍が店に来て目を付けられてしまったため、引っ越そうとしていた。町の連中(コーン・クリーク)には縁を切られてしまっており、次期に州兵が今のいる店のエリアを隔離するのを知っている。ボブ一家が店を訪れた際にガソリンを入れてあげて、エセルの銀鉱の話に対して40年前に閉鎖しており銀はもう取れないのと空軍が現在管理していてLAへ急いで行った方がいいと助言した。トレーラーが立ち往生後にボブがコンビニへ訪れた際に拳銃を発砲してすぐ首を吊るという奇行に走る。ボブに助けられ一旦落ち着き身の上話をするも、話の途中に窓からジュピターが飛び出してきて店外に引きずり出されてバールで何度も頭を叩かれ絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=pzLfsql1Yvc&t=1s

 

エルム街の悪夢で有名になったウェス・クレイヴン監督が製作した山岳地版悪魔のいけにえのような作品。

 


リメイク版:ヒルズ ハブ アイズ(サランドラ)
  • 2006年アメリカ映画
  • 監督:アレクサンドル・アジャ
  • 製作:ウェス・クレイヴン、ピーター・ロック、マリアンヌ・マッダレーナ
  • 製作総指揮:フランク・ヒルデブランド
  • 出演:アーロン・スタンフォード、キャスリーン・クインラン、エミリー・デ・レイヴィン、ダン・バード、ヴィネッサ・ショウ、テッド・レヴィン、ロバート・ジョイ、トム・バウアー、ビリー・ドラゴ、デズモンド・アスキュー、エズラ・バジントン、マイケル・ベイリー・スミス、ラウラ・オルティス

引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

<ストーリー>

1945年~1962年までアメリカ合衆国は331回の核実験を行い遺伝子的影響を否定しているが、核実験の影響を受けたミュータントの人間がニューメキシコ州の砂漠に住みつき、人間狩りをして人肉を食って暮らしていた。銀婚式でボブ一家がカリフォルニア州サンディエゴへ向かっていたが彼らミュータントに襲われる。

登場人物

【ボブ一家】

ブレンダ・カーター

ボブ一家の次女。ガソリンスタンドで子豚を見つけ可愛がっていた。来年は親の反対を押しのけて、友達とカンクン(メキシコ)旅行に行きたいとリンに漏らしていた。両親のヒッピーな対応(祈り)に対して「ダサい」と時折苛立った態度を見せる。車が立ち往生となった際にサンディエゴでマリファナを吸うとほざいた。夜のトレーラー襲撃でリザードに顔面を殴られレイプされる。その後、母と姉を殺された復讐のためにボビーとトレーラー周りに罠を仕掛けてパパ・ジュピターを撃退した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=EoxCqNxizRA

ボビー・カーター

ボブ一家の長男。途中立ち寄ったガソリンスタンドの裏で立ちションをしようとしてブレンダに注意され、汚い簡易トイレで用を足した。ルビーに除かれ驚く。キャンピングカーで壊れていたエアコンを直した。母エセルに対してガラガラ蛇の話ばかりするため、立ち往生した際に「フロイトの夢判断におけるガラガラ蛇の解釈は?」と蛇=男性器で欲求不満であると遠まわしに指摘した。その後、母と姉を殺された復讐のためにブレンダとトレーラー周りに罠を仕掛けてパパ・ジュピターを撃退した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=EoxCqNxizRA

ダグ・ブコウスキー

リンの夫。携帯電話の店を経営している。禁煙中。当初、リンの両親の銀婚式のため、サンディエゴへの車移動に不満を漏らしていた。リンから禁煙を命じられていたが、キャンピングカー内で喫煙していた。義理の父ボブから嫌われているのを気にしている。途中、丘を散策していて、過去の犠牲者達の所有物や車の廃棄場を発見する。エセルとリンが殺害された後に、リザードらミュータントの住処に行って戻ってきたビーストと合流する。ビーストとミュータントらの住処へ行って赤ん坊を取り返そうとするも、途中で何人かミュータントを殺す。その際にプルートと格闘して打ち勝つも左手の指2本を負傷する。最終、リザードと対峙するもショットガンで応戦して、ルビーの助けもあり勝利する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=EoxCqNxizRA

リン・カーター・ブコウスキー

ボブ一家の長女。ダグとの間に赤ん坊の娘キャサリンがいる。夜のトレーラー襲撃を受けリザードに赤ん坊を人質にされて、体を触られた後に床に落ちてあったドライバーを左足に突き刺したが、銃で頭を撃ち抜かれて絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=bz8JoC9BpV0&t=8s

エセル・カーター

”ビッグ・ボブ”の妻。立ち往生になった時に苛立ってリンに母乳か哺乳瓶でのミルクか赤ん坊にはどちらかをあげろと威圧的な言動を行った。夜に夫のボブが木に磔られ火あぶりにされている所を発見しショックを受けていた。トレーラー内でリザードとプルートの襲撃を受けていたブレンダとリンを助けようとリザードに床に落ちている物を投げつけようとしたが、リザードにより気付かれ銃殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=EoxCqNxizRA

”ビッグ・ボブ”・カーター

一家の大黒柱。元刑事で退職して警備会社を設立しようとしている。リンの婿であるダグの事を民主党員と罵ってあまり良く思っていない。立ち往生となり、ガソリンスタンドに戻ってレスキューを呼ぼうとしたがパパ・ジュピターに襲われる。木に磔にされて焼かれて絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=EoxCqNxizRA

ビューティー&ビースト

ボブ一家が飼っている二頭のシェパード。ビューティーは人喰い一家に襲われすぐ死ぬが、ビーストはゴーグルを噛み殺した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=gPX8rDgij9c&t=2s

【人喰い一家】

パパ・ジュピター

ガソリンスタンドの店主の息子。当初、ガソリンスタンドの店主の車で逃げようとしていたボブの後部座席に潜んでいて何度もボブの頭をフロントガラスにぶつけて気絶させた。エセルの死体を丘に持ち出して食べていた。最後はボビーを追ってトレーラーに行くが、予め仕掛けられていた罠によって爆発に巻き込まれ、トドメにブレンダより斧で頭を叩き割られた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=_x0LHjgSxA0

プルート

冒頭で放射能汚染の研究に来た研究員3名と逃げ延びた一般人1名を斧で殺して自宅へ車で持ち帰った。夜に立ち往生しているボブ一家のトレーラをリザードと一緒に襲撃してブレンダらを襲った。その後、ダグとビーストで逆襲撃を受けた際に、斧でダグを襲って左手の指を2本切り落としたが、ダグによりドライバーで左足を突き刺されて、死体に刺さってあったアメリカ国旗を首裏に突き刺され、最後は持っていた斧で頭を割られて絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=RFjVbXNMsNk

ルビー

ガソリンスタンドでボブ一家の車より赤のパーカーを盗み出した。赤ん坊を殺されまいと自らリザードらの手から守った。最後は、リザードが落ちていたショットガンでダグに反撃しようとした所をリザードと一緒に丘から飛び降りて絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=EoxCqNxizRA&t=1163s

リザード

砂漠のど真ん中でボブ一家が立ち往生する原因を作った張本人。道路にスパイクを設置して車のタイヤをパンクさせた。夜に立ち往生しているボブ一家のトレーラをプルートと一緒に襲撃してブレンダらを襲った。トレーラーの冷蔵庫内の食品を食ったり、飼っていたインコの生き血を飲んだりした。トレーラー内でブレンダを殴り飛ばしてレイプした。戻ってきたリンとエセルを銃殺した。リンが死ぬ前に近くに落ちていたドライバーで左足を抉られ負傷した。その後、ビッグ・ブライアンより無線を受けて赤ん坊を殺そうとしたがルビーに邪魔されたために追っていた先にダグが現れ対峙した。最後はダグによりショットガンの銃弾をくらい何度も殴られたため死んだかに思われたが生きていて落ちていたショットガンで反撃しようとしていたところをルビーにタックルされて一緒に丘から飛び降りて死んだ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=EoxCqNxizRA&t=1163s

ビッグ・ブライアン

重度の水頭症で身動きがとれない。ダグが自宅に押し入った時に昔の核実験を国が行って町を追われた過去を語った。ダグが自宅から出ていく際にリザードに「赤ん坊を殺せ。」と命じたが最後は、ビーストに喰い殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=RFjVbXNMsNk

ゴーグル

偵察係。ビューティーを丘で殺して生のまま喰っていた。ビーストから偵察中に後ろから襲われ絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=gPX8rDgij9c

【その他一般人】

ガソリンスタンドの店主

”ヘブンガソリンスタンド”の店主。パパ・ジュピターの父親である。アメリカのエネルギー省の敷地近くで店を構えている。リンと犬のビューティーが店に入って、店内で失踪者の金品を入れたボストンバックの中身を見られたと思い、急遽近道と称して人喰い一家の潜んでいる道を教えた。また、店の裏側の壁に貼っている新聞から常習性があった事が伺える。ボブが立ち往生から戻ってきたときにはトイレでウイスキー片手に飲んだくれており、所持していたショットガンで自らの頭をブチ抜いて絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=EoxCqNxizRA&t=1163s












おまけ

 

君ら奇形で思い出したけど自ら奇形になる整形手術を希望した人間もいるわな、その中の1人を思い出したから紹介するわ。

ハン・ヘギョン

韓国人女性です。整形依存。若い時から顔面整形するも金がなかったため、食用油を顔面に注入して皮膚がダルダルになったため”扇風機おばさん”と呼ばれています。2018年12月15日に他界されてます。57歳でした。

【before】

【after】

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=xsmfaQHPO9U

※美容整形は自己責任でしましょう。

悪魔のいけにえ 6

悪魔のいけにえ 6

 

この映画3Dで劇場上映されたらしいな。レザーフェイスらが被害者みたいな立ち位置が笑える。

作品紹介
悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲
  • 2013年アメリカ映画
  • 監督:ジョン・ラッセンホップ
  • 製作:カール・マッツォコーネ
  • 製作指揮:マーク・バーグ、クリスタ・キャンベル、ダニー・ディムボー、ラティ・グロブマン、アディ・ラーナー
  • 出演:アレクサンドラ・ダダリオ、ダン・イェーガー、トレイ・ソングス、スコット・イーストウッド、タニア・レイモンド、ショーン・サイポス、ケラム・マレッキ=サンチェス、トム・バリー、ポール・レイ、リチャード・リール、ジェームズ・マクドナルド、ビル・モーズリー、マリリン・バーンズ、ジョン・デュガン、ガンナー・ハンセン

引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

<ストーリー>

その昔、ハートマン一家の自警団により警察の介入を退けて襲撃をうけたソーヤー一家の復讐劇を描いたオマージュ作品と言われている。1作目の続編である。

登場人物
ヘザー・ミラー

ソーヤー家の孫娘。本名はイーディス・ローズ・ソーヤー。レザーフェイスのいとこ。ミラーから赤ん坊の時に母親ロレッタを殺された後に誘拐された過去があり、過去の事情を伏せてミラー家で養子として育てられた。スーパーで精肉加工のバイトをしている。左胸にソーヤー家の紋章の刻印がある。祖母のヴァーナ・ソーヤー・カーソンから遺産相続の手紙を受け取ってからニューオリンズに当初旅行に行く予定を変更して祖母の邸宅へと立ち寄りレザーフェイスに襲われることとなる。最後はカールに食肉処理場へ連れて行かれ、バートに命を狙われるもレザーフェイスと協力して撃退し、祖母の遺言の元にレザーフェイスの面倒を見ながら遺産相続をしてソーヤー家の人間として生きていく事を選ぶ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=707s

ライアン

ヘザーの恋人。自宅でサンドバックを殴り体を鍛えながらHIPHOPを聞く黒人。ニッキーと酔った勢いで一発ヤった過去を持つ。欲求不満のニッキーに納屋に誘われた。最後はレザーフェイスから追いかけられてタイヤを切り付けられた状態で運転し横転した後に交通事故死してしまう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=707s

ニッキー

ヘザーの友人。ヘザーと一緒のスーパーでレジ打ちのバイトをしている。スーパーに途中買い出しに行った際に、隙を見てライアンの股間を触り「値段チェック!」と下品な下ネタをやってのけた。ヘザーには内緒であるがライアンが酔った時に1回ヤッている。あらかじめ酒を用意した納屋でライアンを呼んで再びヤろうとしていた。車の横転事故後にレザーフェイスにつかまり冷凍庫に掘り込まれていたところをマーヴィンに見つけてもらうもビックリされ誤射で脳天をぶち抜かれ絶命する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=707s

ダリル

ガソリンスタンドで出会った青年。出会った当初は彼女に振られて車が無くなったのでヒッチハイクをしていたが実は泥棒。ソーヤー邸に残って金属品を回収していたが、地下通路に気付き奥へ進むもレザーフェイスに見つかりカナズチで頭部を何度も殴られ絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=707s

ケニー

ライアンの高校時代の友人。シェフを目指している。ニッキーとはライアンの紹介で付き合っている。クレープが絶品らしい。ニューオリンズまでの旅の車を手配した。秘密の食糧庫を発見したと思い地下室のレザーフェイスの部屋へ辿り着くも、レザーフェイスに見つかるが、逃げ遅れて襲われる。最後はレザーフェイスにフックで吊るされチェーンソーで胴体を真っ二つに切断され絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=707s

フーパー保安官

保安官。前作(1作目)に生き延びたサリーの通報でソーヤー家に掛けつけてドレイトンにレザーフェイスを引き渡すように警告した。肉処理場で劣勢になったバートとヘザーとレザーフェイスが揉み合いになっているところを見逃す。バートが裁断機に入ってバラバラになったのを見届けソーヤー家を襲った際にバート自身が言った「目には目をだな!後の始末は任せる。」と言い返した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=707s

バート・ハートマン

ニュートの町の町長。前作(1作目)のサリーが生き延びて警察に通報してから、すぐフーパー保安官がソーヤー家に到着してレザーフェイスの身柄確保の交渉が終わる間近に町の自警団を引き連れて現れ、フーパー保安官の指示を無視してソーヤー邸に火炎瓶を投げ込んで、大勢でソーヤー一家を銃殺した。その際に「目には目を」と聖書の教えであるとフーパー保安官に言い放った。ヘザーがカーソン邸に立ち寄った際の買い出しで対面した。実際に保安官より警察官に指示するほど権力がある存在となっている。作中ではレザーフェイスを追うマーヴィンに指示した。自分の息子のカールにヘザーを拉致らせ食肉処理場へ連れて行きアリーと2人でヘザーとレザーフェイスを殺そうとするも最終、レザーフェイスに両足のアキレス腱と両手首をチェーンソーで切られ食肉裁断機に突っ込まれて絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=707s

カール

警察官。バート・ハートマンの息子。ヘザーがバーベキュー用の可燃物を買う際にアドバイスした。バートにより話の腰を折られて駐禁を見に行った。カーニバルで警備をしていたが、ヘザーがレザーフェイスに追われ逃げ込んで来たため拳銃で威嚇しヘザーを保護した。その後、警察署から逃げ出したヘザーを捕まえて食肉処理場へ父のバートの指示に従い連れて行った。バートから帰れと言われ警察署に戻った。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=707s

マーヴィン

フーパー保安官の指示で現場の捜査に出た警官。元々自警団のメンバーに関与していた。ヘザーらの乗っていた車が横転した場所へ派遣され現場報告を無線で行った。ソーヤー邸の地下までバートの指示で調査にのり出したが誤射で冷凍庫から出ようとしたニッキーの頭を撃ち抜いて殺している。屋敷を出ようとした際に階段に待ち構えていたレザーフェイスから斧で何度も切り付けられる。最終、顔の皮をレザーフェイスに切り取られ絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=707s

ファーンズワース

ヴァーナの専門弁護士。ヴァーナの遺言で家を売るなとヘザーに伝え、ヴァーナの手紙を読むようにと言いヘザーに渡した。過去の8月19日に起きた事件の真相を知っており、ヘザーに対して協力的である。ヘザーがバーで追われて連れ去られた後に警察署へ行きフーパー保安官に拉致したカールの行為を抗議した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=707s

ギャビン・ミラー

アーリンの夫。バート率いる町の自警団の1人であった。ソーヤー家襲撃事件の際に生き延びたロレッタ・ソーヤーを蹴り殺して赤ん坊(ヘザー)を奪った張本人であり育ての親。すでにテキサス州のニュートからは引っ越ししており離れて暮らしている。ヘザーが亡くなった祖母の手紙を持参して家族関係を改めて問い正した際にイラついてか「お前は肥溜めから拾った!!」と言い放った。最後は、ヘザーを追って金目的でソーヤー邸に訪問しに来たが自警団のメンバーであったのをわかっていたためレザーフェイスが出てきてチェーンソーで襲われる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=411s

アーリン・ミラー

ギャビンの妻。子どもを授からなかったため、ギャビンの「森で拾った」と言った赤ん坊(ヘザー)を育てようと申し出た。ヘザーが亡くなった祖母の手紙を持参して家族関係を改めて問い正した際にイラつきながらもニュートだけには行くなと、ギリギリまでミラーへの身の危険を心配して忠告をした。最後は、ヘザーを追って金目的でソーヤー邸に訪問しに来たが自警団のメンバーであったのをわかっていたためレザーフェイスが出てきてチェーンソーで襲われる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=411s

オリー

バートの金魚のフン。自警団に関わっていた一人で火炎瓶をソーヤー家に掘り投げた張本人。ヘザーが警察署より逃げ出した際にバートと一緒に捕まえようとしたが、左頬をヘザーにより切りつけられ取り逃がした。最後は、食肉処理場でヘザーにより農場用クワで胸を突かれ絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=411s

【ソーヤー一家】

8月19日がテキサス州ニュートの自警団よりソーヤー家の農家を焼かれて一家を銃殺された日となっている。

レザーフェイス

本名はジェディダイア・ソーヤー。通称ジェド。精神年齢8歳の障害者。身長は約2m。作中では生皮のマスクを被って直接自分の頬の肉に縫い針で縫い付ける程のイカれぶり。改築され豪邸となったソーヤー邸の地下室のワイン保管庫の奥に鉄の扉があり向こう側の部屋にいる。今までヴァーナ・カーソンから食事を与えられていたのか、まるで引きこもりニートのような生活を送っている所をダリルに発見される。ダリルをハンマーで殴り殺し、ケニーの胴体をチェーンソーで切断、マーヴィンを斧で切りつけて殺し、バートの両アキレス腱と両手を切り落として食肉裁断機に掘り込んだ。8月19日のソーヤー一家殺人事件の復讐のためか自警団の新聞記事を壁に貼りつけ、殺したら一人ずつ顔をナイフで抉っている。最後は、ヘザーの遺産相続の噂を聞きつけたミラー夫婦が自警団のメンバーとわかっており自ら出てチェーンソーで出迎えた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=707s

ドレイトン・ソーヤー

53歳。ソーヤー一家の父。息子のレザーフェイスがサリーの友人らを殺害したのを聞き掛けつけたフーパー保安官が家に来てレザーフェイスの身柄を引き渡す交渉をされ、「息子は家族を守っただけだ!」と言い放ったが検討の末に、いい弁護士をつける前提でフーパー保安官に引き渡す決断をする。レザーフェイスを引き渡す間際、すぐにバートら町の自警団が到着して銃殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=707s

ヴァーナ・ソーヤー・カーソン

ソーヤー一家の母。ヘザーからしたら祖母にあたる存在。ヘザーがソーヤー邸を遺産として引き継いだ時に邸宅内を探索していて発見する。死んでおり腐敗していた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=707s

グランパ・ソーヤー

ソーヤー一家の祖父。作中では話さないが、バート率いる町の自警団により銃殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=707s

ボス・ソーヤー

フーパー保安官が家の前に来てドレイトンへ息子を引き渡せと交渉された際に「あのバカ息子を差し出せ!」と言い放った。バート率いる町の自警団により銃殺された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=707s

ロレッタ・ソーヤー

27歳。ヴァーナの娘。バート率いる町の自警団による襲撃で生き残っていたが、ミラーに車庫で見つかり、赤ん坊(後のヘザー・ミラー)を奪われ蹴り殺された。没8月19日と墓に刻まれている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qnlbz9eWNLM&t=707s

作中でジョニー・B・レッドっていうバーがあるんやけど、天井に8月19日に全焼したソーヤー邸から見つかった物やな。あと、アレクサンドラ・ダダリオ(ヘザー・ミラー役)のくびれを見せられる作品でもあるなこれ。

前回の作品を見る

 

 

 

レザーフェイス マスク 大人用 テキサス・チェーンソー 悪魔のいけにえ ホラー 映画 恐怖 キャラクター ハロウィン コスプレ 仮装

 

楽天で購入する








 

 

悪魔のいけにえ 5

悪魔のいけにえ 5

 

作品紹介
テキサス・チェーンソー ビギニング
  • 2006年アメリカ映画
  • 監督:ジョナサン・リーベスマン
  • 製作:マイケル・ベイ、トビー・フーパー、アンドリュー・フォーム、ブラッド・フラー、マイク・フレイス、キム・ヘンケル
  • 出演:ジョーダナ・ブリュースター、マシュー・ボーマー、テイラー・ハンドリー、ディオラ・ベアード、アンドリュー・ブリニアースキー、R・リー・アーメイ、マリエッタ・マリク、テレンス・エヴァンス、サイア・バッテン、ジョン・ラロケット

引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

<ストーリー>

1939年8月に生まれたレザーフェイスの生い立ちと冷酷な殺人鬼へと変貌するレザーフェイス(トーマス)への過程を描いた作品。2003年のリメイク版テキサス・チェーンソーの序章的作品。

登場人物
クリッシー

エリックの恋人。ベトナム戦争へ行くエリックとディーンとその恋人ベイリーとドライブをしていた。ドライブの途中にバイカーのアレックに追われるが、目の前に現れた牛と衝突し、彼女は車外に放り出された。衝突した車の中でエリックの銃を探していたものの、モンティに奪われ、車はヒューイット邸まで運ばれる。捕らわれた仲間達を救う為にヒューイット邸に向かうが、ホイトに捕まってしまい、家族の異常な光景を目撃しながら彼らを侮辱した。仲間たちが次々と殺され、自力で脱出したクリッシーはレザーフェイスに追われながら精肉所の中にある主任の車の鍵を手に入れ、その途中でパトカーを見つける。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=xEouKqUXfn4

エリック

クリッシーの恋人でディーンの兄である軍人。弟のディーンと2人でベトナム戦争へ行く途中にクリッシーに指輪をプレゼントするが、それはエリックが14個食べたお菓子のおまけだった。ドライブの途中にカードを燃やそうとしたディーンと言い争いになっていた時にアレックスに追われ、銃を出して彼女に向けるも、目の前に現れた牛と衝突し、車を横転させてしまい、怪我をしながらも生き延びていた。たまたま現れたホイトに車に乗せられ、ヒューイット邸に連れ出されるものの、ディーンと二人で脱走しようとした。ベトナム戦争の経験があるからなのか、煉瓦でヒューイット邸の窓を割ったり、ベイリーと二人でティー・レディを机で塞いだり、ホイトにショットガンで額を向けられた際、恐れる事なく、彼を挑発をした。しかし、クリッシーはベトナム戦争の話をする彼の事はあまり良く思っていないらしい。ディーンの悲鳴でホイトに殴られ、レザーフェイスに悪魔の手術台に運ばれ、身体を切り刻まれる。クリッシーが地下室に行き助けようとするが、身体は固定され助ける事ができず、最後はレザーフェイスにチェーンソーで胴体を切られ、顔を切り刻まれ、レザーフェイスのマスクにされた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=xEouKqUXfn4

ディーン

エリックの弟で18歳の青年。ベイリーの恋人。ベトナム戦争へ行こうとするエリックの事をあまり良く思っていなかった。ベトナム戦争へ行く途中にカードを燃やそうとするが、エリックに気づかれてしまい、口論をしてしまう。車が横転した時に落ちたカードをホイトに拾われ、「ディーンは誰だ?」と問われるが、エリックが「ディーンは俺です」と言って彼を庇った。ヒューイット邸に連れていかれた際、自分がディーンと名乗りだし、ホイトに腕立て伏せ20回をやらされ、軍隊式制裁を受けながらも20回をやりこなした。二人でヒューイット邸から逃げようとした際に足をトラバサミで挟まれ、身動きが取れなくなり、ヒューイット邸に連れ出される。死亡したかと思われたが、実は生きており、目の前で死んだベイリーを見て涙を流した。その後は自力で脱出し、軍隊式制裁を受けたホイトの頭を掴み床で打つけたり、レザーフェイスに追われたクリッシーを助け反撃するなど兄以上に勇敢な一面を見せたが、クリッシーの目の前でレザーフェイスに後ろからチェーンソーで身体を貫かれ死亡した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=xEouKqUXfn4

ベイリー

ディーンの恋人。ディーンと二人でメキシコへ逃亡したいとクリッシーに相談していた。アレックスに追われた際、目の前に現れた牛と衝突した後は腹部に硝子の破片が刺さり、たまたまた現れたホイトに抜かれる。ヒューイット邸に連れ出された後はテーブルの脚に縛られていたものの、ディーンに救われ二人でティー・レディを身動きを取れぬ様にした。一時は車で逃走をしたが、レザーフェイスに鎌で刺され再び連れ出される。その後、彼女はベッドの下で縛られ、ヒューイット邸に侵入したクリッシーに救われるが、クリッシー共々捕まってしまう。最後は舌がない状態で悲鳴を上げる事もできず、レザーフェイスにハサミで首を切られ死亡した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=c9AhSOhKFf8

アレックス

バイカーのメンバーでホールデンの恋人。クリッシー達がドライブの途中に襲撃し、彼女達に挑発をした。ルダ・メイの店の中にも登場し、クリッシーとベイリーを睨み付けた。エリック達の車を見つけダブルショットガンを彼らに向けた。エリック達が事故を起こし、ホイトが現れた際にエリック達に「余計な事を言うと死人が出る」と忠告し、ホイトに対応するが、突然ショットガンで射殺される。遺体はホイトのパトカーに乗せられ、レザーフェイスに首を切断される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=xEouKqUXfn4

ホールデン

バイカーのリーダーでアレックスの恋人。ルダ・メイの店の中でアレックスと二人でクリッシーとベイリーを睨み付けた。クリッシーが仲間達を助ける際、一時は素通りをしようとしたももの、アレックスが連れ出されたと聞いて、クリッシーとヒューイット邸へ向かう。しかし、ホールデンはクリッシーの仲間達を助けるつもりはなく、アレックスだけを助けようとしていた。ヒューイット邸へ忍び込んだ後、モンティの脚を銃で放ち、現れたホイトに銃を突きつけ彼女はどこだと問い詰めた。ホイトを銃で射殺しようとするが、現れたレザーフェイスにチェーンソーで殴られ、身動きを取れぬ様にし、ホイトに「子供の頃、毎日学校でいじめた男」(実際にこの人物がレザーフェイスをいじめたかどうかは不明だが)と呼ばれて最後はベイリーの前でレザーフェイスにチェーンソーで八つ裂きにされた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=xEouKqUXfn4

ウィンストン・ホイト

テキサスの保安官で彼が本物のホイト保安官。テキサスで街の住人達が引っ越し、彼もまた引っ越す予定だったものの、レザーフェイスが主任を殺害し、叔父であるチャーリーに逮捕してほしいと協力をする。パトカーの中でチャーリーに卑猥な話をしていたものの、ヒューイット一家の事はあまり良く思っておらず、子供の頃のトーマスの異常な光景を目撃していた様で彼らに厳重注意をしていたらしい。その為か、トーマスの事を化け物と呼んでいた。チェーンソーを持ったレザーフェイスを発見し、銃で威嚇するが、車の中に置いてあったショットガンでチャーリーに射殺される。この事が原因でチャーリーはホイト保安官になりすます結果となる。遺体はヒューイット家の食卓に食事として出された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=xEouKqUXfn4

【レザーフェイス一家】

レザーフェイス

本名はトーマス・ブラウン・ヒューイット。ヒューイット家の長男。1939年8月スローンと主任との間にできた子でリー精肉工場に産まれたが、先天的な奇形児で生まれた為に不気味がられ、主任によって包装紙に包まれ、ゴミ箱へ捨てられた。ところがそこでゴミ漁りをしていたルダ・メイに拾われ、ヒューイット一家の長男として生きていく事になった。1969年トーマスが30歳の時に、主任が精肉所を閉鎖すると言い出した。しかし、トーマスは帰ろうとせず、一人で作業をし続けた。説得に来たラッキーから帰れと怒鳴られ道具を置いたものの、ラッキーと主任を驚かせながら精肉所から出た。だが、それでもまだ残っており、精肉所の閉鎖、主任にヒューイット一家の嫌みを言われハンマーで殴り殺した後に主任の部屋の中にあるチェーンソーを持っていった。ヒューイット邸から拉致してきたベイリーを鎌で刺したり、地下室でアレックスの首を切断したり、祖父のモンティの両足をチェーンソーで切断したりした。エリックを地下室へ運び悪魔の手術台に乗せ彼を殺し、顔を剥ぎ取った。これがレザーフェイス誕生の秘話となる。家族の異常な光景を見たクリッシーに挑発され、彼女を地下室へ運ぼうとするが、クリッシーに刃物で刺されてしまう。リー精肉所へ逃げたクリッシーを探し、彼女とディーンに刃物で反撃される。最後はクリッシーが運転する主任の車に乗り、後部座席から彼女の胴体をチェーンソーで貫いて殺害。更に目の前にいた保安官と住人を殺害した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=xEouKqUXfn4

ホイト保安官

本名はチャーリー・ヒューイット。トーマスの叔父。前作「テキサス・チェーンソー」に登場したテキサスの保安官。30年前、産まれたばかりのトーマスに対し「なんて醜いガキだ」と言っていたが、トーマスの父親代わりとなり育てていた。トーマスに精肉所へ紹介した張本人。冷酷な性格で、テキサスへ訪れたエリック達に暴力を振るったり、ディーンに軍隊式制裁したり、叔父であるモンティの両足をレザーフェイスにチェーンソーで切断させた。トーマスが主任を殺した後、ウィンストンがヒューイット邸に訪れレザーフェイスを逮捕しようとした所で車の中に置いてあったショットガンでウィンストンを射殺。彼の制服を盗み、名前をホイト・ヒューイットに変え、保安官に成り済ました。事故を起こした現場でアレックスを射殺し、更にエリック達をヒューイット邸に連れ出した。かつて朝鮮戦争へ行った経験があり、その際に捕虜された気の毒な軍人仲間を週に一人殺し、飢えをしのいだ。食事の時はお祈りをしておりそれを見たクリッシーに挑発され、激怒した一面を見せた。レザーフェイスがクリッシーを追いかけた後「少年が男になる日が来た」という意味不明な言葉を語った。家に入ろうとした所でディーンに殴られ、自分がディーンにやらせた軍隊式制裁され、頭を床に叩きつけられ、口から血を吐き前歯を折られるという末路を迎えた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=xEouKqUXfn4

ルダ・メイ

本名ルダ・メイ・ヒューイット。トーマスの育ての母。1939年8月精肉所でゴミを漁っていた時に産まれたばかりのトーマスを拾った。普段は小さな店を経営している。ホイト同様、冷酷な性格で遺体を料理したり、朦朧としていたベイリーをレザーフェイスに「楽にしろ」という一面を見せた。彼女の話によれば、子供が産めない身体で子供欲しさに拾った(あるいは誘拐した)という経歴がある。モンティの脚が撃たれた際、脚をチェーンソーで切断しようとしたレザーフェイスを止めたが、止める事ができず絶叫していた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=flmVpRcwogA

モンティ叔父さん

本名はモンティ・ヒューイット。トーマスの祖父。眼鏡をかけているのが特徴。横転した車を回収していた際にエリックの銃を拾う。エリックとディーンがヒューイット邸に捕らわれた姿を見た時は助けもせず立ち去った。家の中に侵入したホールデンに脚を撃たれ、ホイトに助けを求めるが、脚のバランスを整える為にレザーフェイスに両足をチェーンソーで切断される。これがモンティの脚が切断された原因である。食事の時に朦朧としながらも食事をしていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=flmVpRcwogA

ティー・レディー

本名は不明。ルダ・メイの娘でトーマスの姉でありヘンリエッタの妹。肥満体な身体が特徴。ルダ・メイとお茶を飲んで楽しんでいた時にエリックに煉瓦を投げつけられ、立とうとしたところ身動きが取れずエリックとベイリーに机を押され身動きを取れなくなった。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=xEouKqUXfn4

【リー精肉所】

スローン

トーマスの実の母親でアルコール中毒者。1939年8月、リー精肉所での作業中に倒れ破水し、トーマスを出産。しかし、彼女は息を引き取ってしまう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=xEouKqUXfn4

主任

リー精肉所の主任。本名は不明。スローンを妊娠させ、トーマスを産ませた張本人。1939年8月スローンがトーマスを産んだ後に死亡。トーマスが9歳の時に精肉所で働いていた時は実子だと気付かぬまま彼を罵っていた。1969年にリー精肉所を閉鎖。家に帰ろうとしなかったトーマスを説得しろとラッキーに頼んだが、再び現れたトーマスにハンマーで殴られ、両足を骨折させられた。主任が警察に通報しようとしたが、上手く言えず、彼の悲鳴で警察官に奥さんと間違えられていた。最後はトーマスに「友達だろうヒューイット!?」と言った後に殺害される。ウィンストン同様ヒューイット一家の事はあまり良く思っていなかったらしく、ヒューイット一家の悪口、精肉所の閉鎖が原因でトーマスに殺害される事となる。トーマスが初めて殺害した人物である。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=xEouKqUXfn4

ラッキー

リー精肉所の従業員。主任から頼まれ精肉所が閉鎖のためトーマスへ帰るように説得した。

 

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=HbsdD7AfPwo

前回の作品を見る
次回の作品を見る

 

 

テキサス チェーンソー 悪魔のいけにえ レザーフェイス 殺人鬼 マスク ハロウィン 小道具 用品 グッズ コスプレ ホラー 系 仮装 衣装 ハロウィーン

 

楽天で購入する

 








テキサスチェーンソー レザーフェイス 武器 チェーンソー おもちゃ 工具 ホラー 映画 悪魔のいけにえ サウンド付 ハロウィン グッズ 仮装 コスプレ 小道具

 

楽天で購入する

 

 

悪魔のいけにえ 4

悪魔のいけにえ 4

 

1作目のリメイク作品。

作品紹介
テキサス・チェーンソー
  • 2003年アメリカ映画
  • 監督:マーカス・ニスペル
  • 製作:マイケル・ベイ、マイク・フレイス
  • 製作総指揮:ジェフリー・アラード、テッド・フィールド、アンドリュー・フォーム、ブラッド・フラー
  • 出演:ジェシカ・ビール、エリック・バルフォー、ジョナサン・タッカー、エリカ・リーセン、マイク・ヴォーゲル、アンドリュー・ブリニアースキー、R・リー・アーメイ、デヴィッド・ドーフマン、マリエッタ・マリク、テレンス・エヴァンス、ローレン・ジャーマン、ヘザー・カフカ、ジョン・ラロケット

引用元:https://affiliate.amazon.co

<ストーリー>

1973年、若者5人は”スキナード”というバンドのコンサートを目的地としてテキサスの田舎道を車で走っていると、放心状態で歩く少女を発見して車に乗せた。その少女は道中、「その道に行きたくない」と叫びながら、車内にて隠し持っていた銃で自殺してしまう。その後、死体処理のため一同は警察を呼んで待っている間に古びた洋館に立ち寄ったが、そこでこの世のものとは思えない恐怖を体験することとなる。

登場人物

エリン

ケンパーと付き合って3年。ノーブラタンクトップの女。ケンパーをつまらない男と言った。酒やマリファナをやらない。当初気分不良を途中立ち寄ったメキシコの生水を飲んだのではないかとモーガンに心配された。ケンパーには本当は早くダイヤの指輪でプロポーズをしてほしくて苛立っている。兄よりピッキングを教わった元ヤン娘。昔少年院に入っており、自動車盗難の知識を有している。最後はブレア精肉所でレザーフェイスの右腕を出刃包丁を切り落として逃走し、トラックをヒッチハイクして逃げるも、元のルダ・メイらがいるガソリンスタンドに止まったため隙を見てパトカーを盗みホイト保安官を轢き殺して逃走した。尚、ヘンリエッタが誘拐したであろう赤ん坊を助け出した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=FVsN2dhWiAQ

ケンパー

エリンと3年付き合っているがプロポーズや指輪のプレゼントを先延ばしにしておりややエリンに呆れられている。モーガンが口を滑らせた事によりエリンより今回のメキシコ旅行の真の目的はマリファナの買い付けで、1キロあるマリファナを購入したと思われる。マリファナは馬の人形の中の隠していた。本当はエリンのためにダイヤの指輪をサプライズプレゼントしようとしていた。自家用車はボロボロでエアコンが壊れている。モンティ老人の家に潜り込むも後ろからレザーフェイスにカナズチで後頭部を殴り飛ばされ殺される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=FVsN2dhWiAQ

モーガン

雑学博士。車の後部座席でイチャつくペッパーとアンディを見かねて全米で性病が毎年3万3千人出ている話をして止めた。車中での会話でマリファナ嫌いのエリンに遂口を滑らせて、マリファナ1キロが車に積んでいると話してしまう。クロフォード製粉所にヒッチハイカーの女の死体を民主主義の多数決に乗っ取って遺棄しようと持ち掛けた。ホイト保安官により取り調べを車内で受けたが、歯を折られ拉致られる。最後は、エリンをレザーフェイスから助けるため手を拘束された状態で囮になるもチェーンソーで股間を切り刻まれ絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=FVsN2dhWiAQ

ペッパー

車中で昨日出会ったばかりのアンディとイチャつく尻軽女。アンディとの出会いは運命らしい。元々道中のヒッチハイカーだった。ホイト保安官がモーガンを連れて行った後にエリンと車中に取り残された後にレザーフェイスに襲われチェーンソーで切り刻まれて絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=0dXpQUMyf2s

アンディ

車中で昨日出会ったばかりのペッパーとイチャつくアホ男。ヒッチハイカーの女が自殺後に後部座席に散った脳ミソをできそこないのラザニアと例えた。エリンと一緒にモンティ老人宅にケンパー捜索に向かうもレザーフェイスにチェーンソーで襲われ左足を切り落とされ捕まる。捕獲された後は、レザーフェイスによりフックに引っかけられ左足の切断部に塩を塗りたくられ応急処置をされた。その後、エリンに見つかるも助からないと悟り、エリンにナイフで刺し殺してくれと懇願し、刺されて死んだ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=VsQ5pc8K_U0

レザーフェイス

本名はトーマス・B・ヒューイット。皮膚病で素顔は鼻がない。養子であり、元々母であるスローンの子どもであったが死んでしまい、捨てられたのをルダ・メイに拾われて育てられた過去を持つ。家に入ってきたケンパーの後頭部を隙を突いてカナズチで殴り飛ばし殺して顔の皮を剥がしてミシンで縫ってマスクを作った。また、アンディをチェーンソーで左足を切り落としてフックに吊り下げ捕獲する。モーガンをシャンデリアに引っ掛けてチェーンソーで切り刻んで殺した。ブレア精肉所に逃げ込んだエリンにより隙をつかれて右腕を出刃包丁で切り落とされた。最後は、パトカーで逃げるエリンを襲うも取り逃がす。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=aX5cRwFsnWg

ホイト保安官

ヒューイット家の長男。作中ではルダ・メイよりジュニアと呼ばれている。ルダ・メイから連絡をもらった際にクロフォード製粉所にケンパーらを誘導し、待ち構えていた。前歯のみ部分入れ歯。ラップでヒッチハイカーの女の死体を処理する。死体の処理をモーガンとアンディに指示してパトカーのトランクまで運ばせた。その後、エリンらの前に現れマリファナを吸った形跡を発見したため床に伏せさせてモーガンを取り調べし弾の入っていない銃でヒッチハイカーの女が死んだ再現を強制的にさせた。最後は、パトカーを盗んだエリンによって何度か轢かれて死んだ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=FVsN2dhWiAQ

ルダ・メイ

ヒューイット家の母。ガソリンスタンドの店員。店のショーケースの豚肉が腐っていておそらく商売はしていない。ケンパーよりヒッチハイカーの女が自殺したため警察へ連絡してくれた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=FVsN2dhWiAQ

モンティ老人

ヒューイット家の祖父。両足が切断されてない。車椅子で移動。バルーンカテーテルを留置している。犬と豚を家で飼っている。エリンとケンパーが家を訪ねてきたためエリンだけ家に入れて警察に連絡させた。ケンパーを杖で威嚇した。トイレで転倒して起こして欲しいとエリンに車椅子移乗を申し出たが尻を触りたいただのエロジジイ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=FVsN2dhWiAQ

ヘンリエッタ

ルダ・メイの長女。キャンピングカーで生活をしている。逃げ込んで来たエリンに睡眠薬入りのお茶をすすめた。レザーフェイスの事を知っていると語った。平然と嘘を付くイカレババア。電話はないと言っていたが普通に外部から電話が掛かってきてとっていた。子どもは誘拐した子(ジェシカ・クロフォードの妹)と思われる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=FVsN2dhWiAQ

ティー・レディ

ルダ・メイの次女。ヘンリエッタとキャンピングカーで生活している巨漢の女。エリンに対して睡眠薬入りのお茶をひたすらすすめた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=FVsN2dhWiAQ

ジェダイア

ヒューイット家の末男。クロフォード製粉所に潜んでいた。エリンらに発見されヒッチハイカーの女の死体を目撃される。家族のルールを破り外へ追い出された。途中、エリンとモーガンの逃走を手助けした。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=FVsN2dhWiAQ

ヒッチハイカーの女

ケンパーとエリンがキスしていて前を見ていなかったので車で轢きかけた。エリンらが道の真ん中を歩いていて「逃げなきゃ、家に帰りたい。」とぶつくさ呟いていた所を拾った。後部座席に乗って泣いていたが、”テキサス州フラー”に差し掛かったところで、「そっちは嫌、皆死ぬ。」と言い出し性器に隠していたマグナム銃を口に咥えて発砲自殺をした。エリンより名前を聞かれたが答えなかった。本名はジェシカ・クロフォードでレザーフェイスらに家族を殺されて逃げ出したが精神が崩壊していた。作中では家族写真のシーンあり。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=FVsN2dhWiAQ

 

前回の作品を見る
次回の作品を見る

 

 

テキサス チェーンソー 悪魔のいけにえ レザーフェイス 殺人鬼 マスク ハロウィン 小道具 用品 グッズ コスプレ ホラー 系 仮装 衣装 ハロウィーン

 

楽天で購入する










テキサスチェーンソー レザーフェイス 武器 チェーンソー おもちゃ 工具 ホラー 映画 悪魔のいけにえ サウンド付 ハロウィン グッズ 仮装 コスプレ 小道具

 

楽天で購入する

悪魔のいけにえ3

悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲

 

今作は監督がトビー・フーパーではなくなっており、ニューラインシネマ製作の作品となっています。また、ソーヤー一家の家族構成が大幅に設定変更しているので、2作目の続編といえばそうなんですが、所々で「はぁ?」な内容が多いです。予告動画の湖の神様がチェーンソーをレザーフェイスに渡すシーンもありません。

 

冒頭で解説されていますが、1作目のサリーは1977年に私立の療養所で死んでいます。

あと、1981年にガス室で刑死したW.Eソーヤーってだれやねん。。。

 

作品紹介
悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲
  • 1990年アメリカ映画
  • 監督:ジェフ・バー
  • 製作:ロバート・エンジェルマン
  • 出演:ケイト・ホッジ、ウィリアム・バトラー、ケン・フォリー、R.A.ミハイロフ、ヴィゴ・モーテンセン

引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

<ストーリー>

1作目に逃亡したサリーによってソーヤー一家は捕まり、チェーンソー虐殺事件はW.Eソーヤーの処刑で終わったかにみえたが、肝心のレザー・フェイスは捕まっておらず野放し状態。カリフォルニア州からフロリダ州まで旅行中のミシェルとライアンは、テキサス州のガソリンスタンドに立ち寄った。しかしそこはソーヤー 一家の住処だった。しばらくすると、行く手に人皮マスクをかぶってチェーンソーを振り回すレザー・フェイスとそのファミリーが現れた。

※今作ではソーヤー一家の家族構成が変更されています。

登場人物
ミシェル

自分が運転中にも関わらず助手席で音楽をヘッドフォンでガンガンに聴いているライアンと目的地のフロリダ州に着いたら一度独りになりたいためN.Yへ行く予定。フロリダ州に着くまでライアンと今後の事を色々と話をしたがっていたが、ライアンに拒否られる。運転中に不注意でアルマジロを轢く。途中に寄ったガソリンスタンド”ラスト・チャンス”でアルフレッドに絡まれ死にかける。その後、夜道で大型車に狐の死体をフロントガラスに投げ込まれたり、レザーフェイスに襲われるも逃げ延びたが、運転中に血まみれのテックスが道端から急に出てきたために急ハンドルを切り事故る。ベニーの協力もあり助けられる。ベニーと別れた後にライアンと山を移動中にレザーフェイスに見つかり逃げるもライアンがトラバサミに右足を挟まれ助からないと思い放置して逃げた非常な女。山から逃げて近くにあったソーヤー家に入るも罠にかかりテックスに捕まる。テックスにより椅子に縛り付けられ両手に杭を打ち込まれた固定された。目の前でライアンを処刑される。ベニーの奇襲によりソーヤー邸より脱出するも湖でレザーフェイスに捕まりかけ何度も石を顔面に打ちつけて逃れた。最後はアルフレッドから逃げるのを邪魔されるがショットガンで射殺しベニーと無事生還した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

ライアン

医大生。彼女のミシェルが運転中にも関わらず、ガンガンにヘッドフォンで音楽を聴いて空気の読めない男。運転中に不注意でミシェルがアルマジロを轢いたがトドメを刺せなかったため、石でトドメを刺した。ミシェルとガソリンスタンド”ラスト・チャンス”から逃げ延びた後に事故ってから居合わせたベニーと一緒にミシェルを車から助け出した。ベニーと別れたあと山でレザーフェイスに見つかり逃げている途中トラバサミに右足を挟まれ捕まる。最終、両足をフックに引っ掛けられ逆さ宙吊りの状態でハンマーを顔面に落とされる装置をスティーヴに操作され絶命する。カリフォルニアの派手なパンツを履いていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

ベニー

レザーフェイスに対して引けを取らない怪力のバケモノ。2年間毎週末友人と山に来てサバイバルゲームをしながらキャンプをしていた。ミシェルらが事故っていたため助けてくれた。事故でのショック状態であるライアンとミシェルに鎮痛薬を渡し話を聞いてあげて落ち着かせた。ライアンからレザー・フェイスの話をされた際に「軍隊気取りの木こりの一団」だと言った。ミシェルらと別れた後に大型車で現れたティンカーより「救助に来た」と言われたが、ミシェルらの襲われたという証言の内容と荷台に乗っていた荷物が一致したため犯人であると勘付いた。ライフルを組み立てて応戦しようとしたがティンカーに気付かれて車で轢かれそうになる。逃げ延びたがすぐにレザーフェイスに見つかり格闘し、レザーフェイスを一時的に追い詰めるも小型の電動ノコギリで左足を切りつけられ負傷する。途中、死体を始末していたアルフレッドと湖で遭遇しライフルで殴り倒し湖に沈めた。ソーヤー家にライフルで隙を見て銃撃を行い、ティンカーとママを銃殺した。その後、テックスとも格闘し焼き殺して勝利する。終盤、湖内でレザーフェイスと格闘するもチェーンソーに巻き込まれて敗北するも生きており最後はミシェルとテキサスを脱出し生き延びた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

サラ

ベニーがレザーフェイスに襲われてピンチの際に囮となって助けた。負傷しており、1週間前に山へ姉妹で訪れたが負傷した男が道に飛び出してきて車で轢いたかと思い助けるために車を降りたが、山ではレザーフェイスらが人間狩りをしており、そこら中に罠が張り巡らされている状態で姉妹のジーナが捕まって殺されてしまい自分一人になってしまったとベニーに語った。少しイカれており、聞いてもいないのに今までネズミや木の実を食べて生き延びてきたと語った。ベニーからタバコをもらい一服して落ち着きを戻す。ベニーと別れる際にはジッポを渡した。最終、レザーフェイスに見つかり腹をチェーンソーで切り刻まれ絶命する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c&t=210s

【レザーフェイス一家】

※人間狩りをして、人間の肉を食べている一家。グランパとママは性器を切り取っている。

レザーフェイス

ソーヤー家ではママより”ジュニア”と呼ばれている。ガソリンスタンド”ラスト・チャンス”の車庫に収納されていた車に乗っておりミシェルらが夜道で立ち往生している際にチェーンソーで襲った(バックされ一旦轢かれるも車のトランクのみ破壊する)。今作ではチェーンソーが新品になっており、右足に装具を着用している。途中、ミシェルとベニーらの事故現場に出現し、ベニーを襲うもチェーンソーを手放しピンチとなったため、初めて小型の電動ノコギリを使用してベニーの左足を切り付け難を逃れた。途中、サラを見つけチェーンソーで切り殺した。ライアンから奪ったラジカセが気に入っている。ティンカーよりラジカセを火のついたオーブンに掘り込まれた時はキレて強制的にティンカーに素手で取らせた。発達障害なのか音声入力機械で”food”(食べ物)を何度も入力していたところをベニーに見られている。ママ曰く女の扱いがうまいらしく口紅をミシェルの顔面に塗りたくった。最終、湖内でベニーと格闘し勝利するもミシェルより顔面に何度も石をぶつけられ気絶した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

テックス・ソーヤー

本名はエディ。本名で呼ばれる事を嫌う。初めて登場したガソリンスタンド”ラスト・チャンス”ではカウボーイの格好で、ミシェルに絡んでいたアルフレッドに対して善人ぶって「迷惑をかけるな」と注意したがグル。ミシェルを助けた貸しを作ったように見せかけてローンズデールまで便乗したいと申し出たがライアンに拒否られる。その後、アルフレッドの覗きを邪魔してアルフレッドからショットガンを発砲され死んだかに見えたが、実は生きておりミシェルがレザーフェイスから逃げ延びて運転している時に茂みから重症のフリをして出てきて事故らせる原因を作った(常習犯)。ミシェルがソーヤー家に迷い込んだ際に捕まえて椅子に縛り付け両手に杭を打ち込んで固定した。ミシェルがソーヤー家から逃げる際に台所のナイフで左肩を刺され反撃された。ミシェルを追いかけて外へ出るもベニーを発見して斧で格闘するも最後は車から漏れたガソリンに火を付けられ引火し焼死する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

アルフレッド・ソーヤー

食肉工場をクビにされてノイローゼになった。左目が白い。ガソリンスタンド”ラスト・チャンス”で働いている。お気に入りのポルノ写真をハサミで切り裂いて遊んでいる。ドクロの柄の付いたポラロイドカメラでいきなりミシェルを撮影して写真を本来5ドルで売っているが3ドル69セントで売りつけようとしたが拒否られる。車を女に例えて「たっぷりガソリンをぶっ込む。」と卑猥に話した。ミシェルがその後トイレをしている姿を覗き穴から覗いて楽しんでいたところをテックスに邪魔され悪態をつきながらショットガンを発砲した。テンションが上がると銃を発砲しながら意味不明な話をし出す。死体の後始末を任せられており、湖に投げ捨てている。ベニーに湖で対面した時はライフルを向けられ人間狩りの目的を問われた時に「遊びさ。くたばりやがれ!!」とほざいたため、ライフルで殴り飛ばされ湖に沈んだ。生きており、終盤にハンマーでベニーを殴り倒してミシェルの前に登場するも最後は車に積んでいたショットガンでミシェルに撃ち殺される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

ティンカー・ソーヤー

右手が義手。ミシェルとベニーらの事故を救助に来たと嘘を言い発炎筒をそこらに置き散らすが、本当はミシェルの車を襲った大型車に乗っていた犯人。同じ大型車にテックスとレザーフェイスも乗せていたと思われる。ベニーより車の荷台にチェーンソーがあるのを見られミシェルらの証言していた犯人と勘付かれおかしな行動をとったためにベニーを轢き殺そうとした。”テクノロジー”という言葉が好き。器用な一面があり、レザーフェイスにチェーンソーを改造して渡してあげた。ラジカセはゴミと称してオーブンに投げ込んだがレザーフェイスが気に入っていた物であったためレザーフェイスより強制的に素手で火のついたオーブンから再び取り出させられる。最後はベニーにより射殺される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

グランパ

ソーヤー家の祖父。ミイラ化してすでに死んでいる。何故かソーヤー家の人間は殺した人間の血を彼に飲ませている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

ママ

ソーヤー家の母。気管切開後で直接話せないのか電子音声が出る機械を喉に着けている。足が不自由なのか車椅子で移動している。病気でまともに食べ物を飲み込めないのかムセる場面がある。レザーフェイスを可愛がっている。最後はベニーに銃殺されるも「死ぬのはイヤだよ。」と散々人間を殺しまくっておきながら命乞いをして死んだ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

バビ・ソーヤー

ソーヤー家の孫娘。サリーというドクロの人形を持っている。ミシェルが逃げ込んで来た時に、ミシェルの隙を見て左足に杭を突き刺した(杭はサリーに仕込んでいる)。子供部屋は白骨死体だらけという異常ぶり。グランパにミシェルの手から出た血液を飲ませた。人を襲う理由はグランパに人の血液を飲ませないと養えないという訳の分からない理屈を話した。ライアンの処刑を申し出てハンマーの装置を操作してトドメを刺した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=qNNSTCuUU9c

 

 

終盤のベニーとレザーフェイスが湖内で格闘するシーンがモッサリしていてイライラする展開である。


 

前回の作品を見る
次回の作品を見る

 

 

 



 





特別枠

 

VHSのみの作品となりましたので私は観れていません。

悪魔のいけにえ4 レジェンド・オブ・レザーフェイス
  • 1995年アメリカ映画
  • 監督:キム・ヘンケル
  • 製作:デヴィッド・J・スコウ、キム・ヘンケル
  • 製作総指揮:デヴィッド・J・スコウ
  • 出演:レネー・ゼルウィガー、マシュー・マコノヒー、ロバート・ジャックス、トニー・ペレンスキー、ジョー・スティーヴェンス、リサ・ニューメイヤー、タイラー・コーン、ジョン・ハリソン、ジェームズ・ゲイル、マリリン・バーンズ

引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

<ストーリー>

卒業パーティーを抜け出したヒロイン、ジェニーと3人の高校生たちは、テキサス郊外の真っ暗な田舎道で、あの狂気の殺人鬼ファミリーに遭遇する。レザーフェイスが、次々と友人たちを惨殺する。

※実際観てないのでわからん。

 

悪魔のいけにえ2

悪魔のいけにえ2

 

作品紹介
悪魔のいけにえ2
  • 1986年アメリカ映画
  • 監督:トビー・フーパー
  • 製作:メナハム・ゴーラン、ヨーラン・グローバス
  • 製作総指揮:ヘンリー・ホームズ、ジェームズ・ジョーゲンセン
  • 出演者:デニス・ホッパー、キャロライン・ウィリアムズ、ルー・ペリーマン、ビル・ジョンソン、ビル・モーズリー、ジム・シードー、ケン・エヴァート

引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

<ストーリー>

1作目から13年の時を経ている。ある日、テキサスにあるラジオ局に悪ガキのバズがいたずら電話をDJのストレッチにかけたが、通話中にレザーフェイスに襲われ音声のみ録音されることになる。この事件がニュースで報道され、その証拠テープを証拠隠滅のため回収しようとするソーヤー一家と13年前に甥を亡くして復讐に燃えるフランクリンの叔父レフティが対峙する作品となっている。今回の舞台はソーヤー家の自宅ではなく、バトルランドという廃業した遊園地となっている。

登場人物
バズ

リックと週末をダラスで過ごすため車で向かっている最中、運転中にも関わらずストレッチのラジオ局へイタズラ電話をした(計2回)。煽り運転を対向車にかますイカレ野郎。煽り運転した対向車はレザーフェイスらが乗っていた車であり、夜に立橋で待ち伏せされており、車を横付けされてヒッチハイカーのミイラダンスを見せられた後に、レザーフェイスによりチェーンソーで襲われ頭を切り落とされ絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Km1KYAZDVPE

リック

変なサングラスをかけている。冒頭でテキサスの田舎道の看板や郵便ポストにマグナム銃を発砲しまくっているイカレ野郎。バズと週末をダラスで過ごすため車で向かっている。デカパイ好き。夜にバズに”ネオンとデカパイ”をストレッチのラジオ局へ電話させリクエストした。レザーフェイスにバズが襲われ死亡したため、運転操作ができなくなった車ごと橋から転落して絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Km1KYAZDVPE

レフティ・エンライト

前作に登場したサリーとフランクリンの叔父。13年前甥のフランクリンがレザーフェイスに殺害され、13年間1人で調査をしていた。彼の家にストレッチが入った際に協力を求めようとするが、追い返した。しかし、ストレッチのラジオ局へ足を運び再び彼女の前に現れ「テープを流してほしい」と頼んだ。そして、彼はホームセンター行きチェーンソーを3つ購入し、レザーフェイスに復讐を開始するのだった。ソーヤー一家の拠点バトルランドへ到着し、ミイラ化したフランクリンと再会してしまい半狂乱になる。様々な道を乗り越えた彼はソーヤー一家を発見し、レザーフェイスと死闘を繰り広げた。レザーフェイスをチェーンソーで倒した後、レザーフェイスが倒れた所でドレイトンが持っていた手榴弾を落としてしまい爆発し、生死不明となる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Km1KYAZDVPE

ヴァンティア・”ストレッチ”・ブロック

テキサスにあるレッド・リバー・ロックンロール局で働いているラジオDJ。バズとリックに回線を塞がれた時にチェーンソーの音を聞きレザーフェイスが現れたと気づいていた。13年前レザーフェイスに殺されたフランクリンの叔父レフティの家に訪れ協力を求めるものの追い返された。しかし、ラジオ局へ足を運んだレフティと再び再会し、テープを流してほしいと頼まれる。ところが突然ラジオ局の中に現れたチョップトップに「テープをよこせ」と頼まれ、彼を追い返そうとするが、レザーフェイスに襲撃され、彼に追われながら部屋の中に隠れた。しかし、レザーフェイスに壁を破壊され襲われそうになった際に「あなたは良い人よね?」と言って危うく殺害される所だった。車でチョップトップを尾行し彼らの拠点バトルランドへ到着した。ソーヤー一家に見つけられた際に彼らに殺されかけるが、レフティに救われる。最後はバトルランドの天辺まで逃げ切りグランマが持っていたチェーンソーでチョップトップを倒した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Km1KYAZDVPE

LG

テキサスのラジオ局レッド・リバー・ロックンロールのエンジニア担当。カウボーイハットが特徴でラジオ局やどこにでも唾を吐いている。バズとリックがレザーフェイスに襲撃された実況中継をストレッチと聴いてしまう。LGがラジオ局を出てコーヒーを買ってきた所でレザーフェイスとチョップトップに二人がかりで襲われハンマーで殴られ、更にバトルランドへ運び、レザーフェイスに顔の皮膚を剥がされてしまう。死んだと思われていたが、実はまだ生きており、ロープで縛られていたストレッチを助け、彼女に好意を伝えた後に息を引き取る。彼の皮膚は後に顔に戻され、胸の傷には帽子をかぶせられた。ラジオ局をレザーフェイスらに襲撃される前は、ストレッチの事を”ダーリン”と呼んでいるが、ストレッチからは嫌がられている。また、ダラスでチリソースのコンテストのパーティーが行なわれておりビュッフェのポテトフライで小屋を作る幼稚な一面も見られる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Km1KYAZDVPE

レザーフェイス

本名はババ・ソーヤー。ソーヤー一家の四男で人間の死体の皮を被った殺人鬼。13年前サリーの仲間達を殺害し、サリーが逃げた後に行方を眩ます。13年後再び現れバズとリックが乗った車をチョップトップと襲撃し、殺害した。前作とは異なり、ラジオ局を襲撃した時にストレッチに「あなたは良い人」と言われ一目惚れし彼女だけ襲わずにラジオ局をチェーンソーで破壊したり、ストレッチがバトルランドに隠れた時にLGの顔の皮を被せてダンスをしたりコミカルな一面を見せた。しかし、最後はソーヤー一家と共にストレッチを襲った。突如、現れたレフティとチェーンソーで死闘を繰り広げられるが、最後はチェーンソーで腹部を斬られ、自らが倒れた所でドレイトンが持っていた手榴弾を落としてしまい爆発し、生死不明となる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Km1KYAZDVPE

チョップトップ

本名はロバート・ソーヤー。ソーヤー一家の次男で前作『悪魔のいけにえ』のヒッチハイカーの双子の兄。前作では登場しておらず、彼はベトナムにいた模様。サングラスをかけ長髪が特徴だが、実はかつらを被っており、薄毛で何らかの怪我で頭蓋骨にプレートを埋め込んでいる。ドレイトンにレザーフェイスがバズとリックを殺害した犯行が電波に乗っていると知り、チョップトップに連絡を取りレザーフェイスとラジオ局へ襲撃しに行く。ラジオ収録終了後、ストレッチがくつろいでいた所チョップトップがラジオ局の受付にいて「あの(犯行現場の)テープが欲しい」と言い出す。しかし、レコード室からチェーンソーを持ったレザーフェイスが誤ってチョップトップの頭を切ってしまい、チョップトップのカツラが取れてしまいレザーフェイスに説教した。そこへラジオ局へ戻ってきたLGとはち合わせ2人がかりでLGを襲い、彼をハンマーで殴り、2人でLGをひきずりバトルランドへ帰った。弟のヒッチハイカー同様、支離滅裂な言動を繰り返している。その為か、終盤にストレッチの前で自分の首を切ったりしていた。ハンガーの針金の先をライターであぶり、頭をかき取れた頭皮を口に入れているという異常な行為を見せた。終盤には逃げたストレッチに電飾の電気を頭蓋骨のプレートに当てられ、感電した。バトルランドの屋上部分まで追い詰めストレッチにグランマが持っているチェーンソーを取り上げ「ばあちゃんを殺しやがって!」と激怒し、彼女にナイフで切りつけるが、最後はチェーンソーで切られ下へと転落した。彼の結末はチョップトップの最期で明らかとなる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Km1KYAZDVPE

コック

本名はドレイトン・ソーヤー。ソーヤー一家の長男。テキサスでバトルランドという遊園地を経営していたものの廃園した。ダラスでチリソースのコンテストが行なわれており、2年連続でドレイトンが優勝した。帰る車中でラジオを聴きストレッチが流したレザーフェイスがバズとリックを殺害した犯行が電波に乗っていると知り、チョップトップに連絡を取りラジオ局へ襲撃しろと言った張本人。バトルランドに訪れたストレッチが生きている事に気づき、ババに説教した。そして、前作と同じ家族でストレッチをハンマーで撲殺しようとした所レフティが現れ、彼にチェーンソーで尻を斬られてしまう。テーブルの下に隠れ、死体の中に隠してある手榴弾を使って自爆しようとするが、ババが倒れた衝撃で手榴弾を落としてしまい、爆破してしまい死亡したと思われる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=GhOqEHNIATo

グランパ

137歳。ソーヤー一家の父。握力がほとんど失われており、ろくにハンマーも握れなかった。しかし、ハンマーでレフティに向けて投げつけようとするが、誤ってレザーフェイスに投げつけてしまう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Km1KYAZDVPE

グランマ

ソーヤー一家の母。既に死亡しており、ミイラになっている。バトルランドの屋上部分で蜘蛛の巣が張られた状態でチェーンソーを持っている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Km1KYAZDVPE

ヒッチハイカー

本名はナビンズ・ソーヤー。ソーヤー一家の三男でチョップトップの双子の弟。今回はミイラ化した死体として登場。レザーフェイスとチョップトップにパペットの様な扱いをされる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Km1KYAZDVPE

フランクリン・ハーデスティ

前作『悪魔のいけにえ』に登場したサリーの兄でレフティの甥。今回はミイラ化した死体として登場。レフティがソーヤー一家を探して侵入したバトルランドでミイラ化したフランクリンを発見。その時、彼はミイラ化した後も懐中電灯を手放しておらず、懐中電灯は切れていなかった。この無残な姿を見たレフティは怒りを爆発させチェーンソーでバトルランドを破壊する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Km1KYAZDVPE

 

 

 

 






テキサス チェーンソー 悪魔のいけにえ レザーフェイス 殺人鬼 マスク ハロウィン 小道具 用品 グッズ コスプレ ホラー 系 仮装 衣装 ハロウィーン

 

楽天で購入する
前の作品紹介を見る


次回の作品を見る

 



 

 



悪魔のいけにえ

悪魔のいけにえ

 

この映画、トビー・フーパー監督のイカれ一家の映画ですね。

有名なスプラッターもの。

作品紹介
悪魔のいけにえ
  • 1974年アメリカ映画
  • 監督:トビー・フーパー
  • 製作:トビー・フーパー、ルー・ペレイノ
  • 製作総指揮:ジェイ・パースレイ
  • 出演:マリリン・バーンズ、アレン・ダンジガー、ポール・A・パーテイン、ウィリアム・ヴェイル、テリー・マクミン、エドウィン・ニール、ジム・シードウ、ガンナー・ハンセン、ジョン・ドゥガン、ジェリー・グリーン、エド・グイン

引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/

<ストーリー>

1973年8月18日最近、墓荒らしが頻発しているテキサス州へサリー率いる5人の若者たちが祖父の墓が無事かどうか確認するために田舎へ車で向かっていた。途中、変なヒッチハイカーを拾ったり異様な街の雰囲気の中、無事祖父の家に辿り着くが、レザーフェイス一家からの襲撃を受け一人また一人とサリー達は血祭りにあげられていく。墓荒らしの犯人はレザーフェイス一家の仕業だった。

 

登場人物
サリー・ハーデスティ

フランクリンの妹でジェリーの恋人。

墓荒らしが頻発していたことから、祖父の墓の無事を確かめるために帰郷を兼ねてテキサス州を訪れる。自分以外の仲間達がレザーフェイスに全員殺害され、自身も追われる中でレイトンの営むガソリンスタンドへ逃げ込むものの、ソーヤー一家に拉致されてグランパに1発だけ金槌で頭を殴られた。隙をみてガラス窓から飛び出す。逃げている途中に追いかけてきたナビンズ・ソーヤーによってカミソリで背中を何度も切り刻まれたがトラックの運転手がたまたま通りかかり助かるも、レザーフェイスによって必要に追いかけられた。たまたま別の車が通り荷台に乗って何とかその場を逃げ切り生き延びた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

フランクリン・ハーデスティ

サリーの兄。

車椅子の障害者。道中でヒッチハイクして車中に招いたナビンズ・ソーヤーのナビンズ・ソーヤーによってカミソリで左腕に切り傷を付けられる。ナビンズ・ソーヤーがつけた血の跡を辿ろうとしたり、サリー達が廃墟へ入った際一人だけ置いてけぼりにされて機嫌を損ねたり、仲間達を探す際に懐中電灯を手放さずサリーと言い争いになったりするなど、精神的に不安定な様子が垣間見える。サリーと共に仲間達を捜索している最中、レザーフェイスに見つかりその場でチェーンソーで切り刻まれる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

ジェリー

サリーの恋人。

ドライブでは運転手を務める。暗くなっても戻って来ないカークとパムを探しにソーヤー邸に足を踏み入れ、冷蔵庫内で凍死したパムを発見し、その直後にレザーフェイスにハンマーで頭を殴り倒され殺害される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

カーク

パムの恋人。

車椅子のフランクリンの世話をしている。車のガソリンが無くなり、たまたま見つけたソーヤー邸でガソリンを分けてもらおうとするが、レザーフェイスにハンマーで撲殺され、最初の犠牲者となる。その後、遺体はパムの目の前でチェーンソーにて切り刻まれる。レザーフェイスがカークをハンマーで撲殺してすぐに扉を強く閉めるシーンが有名。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

パム

カークの恋人。

占い好きで占星術ができる。彼女の占星術は後に起きる災厄を予感してしまった。戻って来ないカークの様子を見にソーヤー邸の中に入ったところ、レザーフェイスが作った不気味な家具などを目撃してしまう。脱走しようとしたところをレザーフェイスに見つかり、フックで吊るされた後、冷蔵庫の中に閉じ込める。一度冷蔵庫より這い出るも、最後はレザーフェイスにより再び冷蔵庫に掘り込まれ死亡。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

レザーフェイス

本名はババ・ソーヤー。ソーヤー一家の四男。

顔に人間の顔面の皮膚を被っている小太りの男。先天性の皮膚病と梅毒を患っており、病気により醜くなった自身の素顔を隠すため人皮のマスクを被っている。チェーンソーやハンマーで侵入者を惨殺し、殺した人間や動物を解剖して家具の材料に利用している。知的障害を患っているため精神年齢は8歳児程度しかなく、家のドアをチェーンソーで破壊してコックに怒られた時は彼に怯えてうずくまるなど、子どものような一面も垣間見える。夕食の支度など一家の家事を担っている。サリーの仲間たちを次々と殺害し、終盤逃げ出したサリーをチェーンソーで追いかけるが、たまたま通りがかったトラックの運転手に反撃(レンチを頭に投げられた)され、右脚をチェーンソーで負傷してしまう。結局サリーを取り逃がしてしまい、最後は朝焼けに照らされ、踊り狂うようにチェーンソーを振り回していた。中でもチェーンソーがお気に入りでモーター音を立てながら人間を切り刻む。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

ヒッチハイカー

本名:ナビンズ・ソーヤー。ソーヤー家の三男。

サリー達が同中ヒッチハイクをしていて拾った男。顔に血の跡のような大きなシミがある。落ち着きがなく、支離滅裂な言動を繰り返している。内容は自身が屠殺場で撮った牛の写真を披露したり、牛の脳ミソでチーズを作るというもの。テキサス州で頻発していた一連の墓荒らしの張本人。ヒッチハイクで通り掛かったサリー達の車に乗せてもらうが、フランクリンが愛用しているナイフで自身の手を切り刻んだり、フランクリンに向けて撮った写真を車内で燃やす等の異常な行動を取ったため、耐えられなくなった一行に無理矢理下車させられた。その際に自身で持っていたカミソリでフランクリンの左手を切り付けた。彼等の車が発進する際、車体に自分の血でメッセージを残していった。最終トラックに轢かれて死ぬ。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

コック

本名:レントン・ソーヤー。ソーヤー家の長男。

普段は小さなガソリンスタンドとバーベキュー店を経営している。店の戸締りをして電気代を気にする、レザーフェイスがチェーンソーで家の扉を破壊してしまったことに激怒し説教するなど、他のソーヤー家のメンバーよりも人間くさい描写が存在するものの、彼の店にはバーベキューにされた人間の焼死体があり、それを目撃したサリーは彼も常人ではないことを悟った。レザーフェイスに追われ、自身のガソリンスタンドに逃げ込んだサリーを匿うふりをして彼女をホウキで気絶させた後、ソーヤー邸に拉致した。「どうも殺しは楽しめない」と発言するも、グランパがハンマーでサリーを殴った際には嬉々として囃し立てていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

グランパ

ソーヤー家の父。

124歳。一見するとミイラのように見えるが、ちゃんと生きており口も聞ける。しかし自力では全く動けず、移動の際はソーヤー兄弟に椅子ごと運ばれている。かつては牛を一撃で仕留めるほどの屠殺の名人だったらしく、過去には5分間で60頭もの牛を仕留めたとされる(コック曰く、もっと牛が届いていれば60頭を越していたとのこと)が、現在は異常な高齢のせいで握力がほとんど失われており、ろくにハンマーも握れない。サリーの右手の人差し指をナビンズがカミソリで切って血を吸わせるシーンがある。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

グランマ

ソーヤー家の母。

すでに死んでおりミイラ化している。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=PYIg8wNKymw

 





レザーフェイス フルマスク 大人用 テキサスチェーンソー 悪魔のいけにえ ホラー映画 コスプレ

 

楽天で購入する

 

テキサスチェーンソー レザーフェイス 武器 チェーンソー おもちゃ 工具 ホラー 映画 悪魔のいけにえ サウンド付 ハロウィン グッズ 仮装 コスプレ 小道具

 

楽天で購入する
次の作品紹介を見る

 

ファンハウス 惨劇の館

ファンハウス 惨劇の館

 

作品紹介
ファンハウス 惨劇の館
  • 1981年アメリカ映画
  • 監督:トビー・フーパー
  • 製作:デレク・パワー、スティーヴン・バーンハード
  • 製作総指揮:メイス・ニューフェルド、マーク・L・レスター
  • 出演:エリザベス・ベリッジ、クーパー・ハッカビー、マイルズ・チャピン、ラルゴ・ウッドラフ、ショーン・カーソン、ケヴィン・コンウェイ、ジャック・マクダーモット、ジーン・オースティン

引用元:https://affiliate.rakuten.co.jp/

<ストーリー>

エイミーたち4人が町のカーニバルへ行き、その夜を過ごそうとするも、ファンハウス(お化け屋敷)の楽屋を覗くと奇形の化け物が占い師のジーナを感電させ絞め殺しているのを目撃する。その際に一緒にいた呼び込みの男に除かれている事がバレてしまい、一同は施錠されて出れないファンハウス内で隠れているが一人また一人と奇形の化け物の餌食となっていく。

登場人物
エイミー・ハーパー

処女。彼氏のバズとデートにカーニバルへ行くが、当初両親より昨年カーニバルで殺人事件があったので行くなと言われ映画に行くと嘘をついた。一応、バズを映画に行先を変更しないかと説得するも出来ず。また、バズと二人でのデートと思っていたが、バズがリッチーとリズを呼んでいたため少し初めは不機嫌であった。カーニバルをそれなりに楽しむも、都度客引きの男をガン見する。最終まわりのメンバーが奇形の化け物に襲われ一人また一人と死んでいき、化け物と対峙する事となる。運良く生き延びることが出来た。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dJeEgB-FPPw

バズ・ドーソン

エイミーの彼氏。ガソリンスタンドの給油係をしている。エイミーに何度も熱したホットプレートの上に置いたアヒルの踊りの話をしてウザがられる。ハンマーゲームでエイミーにパンダのぬいぐるみを景品として取ってあげた。エイミーが処女とわかっていたためか中々セックスを誘わなかった。最終、ファンハウス内に閉じ込められて客引きの男と格闘し勝利したのも束の間、奇形の化け物に殺されピエロの人形の腕に乗せられているのをエイミーに発見された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dJeEgB-FPPw

リッチー・アタベリー

あと1年で大学進学を考えている。マリファナばかり吸ってラリっている。叔父は魔術師とほざく。ファンハウスに一晩泊まろうと最悪な提案をする。天井からライターを落としたため、客引きの男に存在がバレる。ファンハウスの売上金をクスね取ったため客引きの男に狙われる事になる。最終、奇形の化け物にロープで首を吊られて絶命。囮として死体をコースターに乗せられて移動しているところにバズが斧を脳天に突き刺した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dJeEgB-FPPw

リズ・ダンカン

リッチーの彼女。途中女子トイレでエイミーとバズについての話になるが「あの男はヤることしか考えてないわよ。」とエイミーに話した。最終、リッチーの死体を見てパニックになり駆け出したところ落とし穴に落っこちてダクトに追い詰められる。奇形の化け物の隙を突いて持っていたナイフで背中を突き刺したが反撃され顔面を何度も殴り倒されて絶命。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dJeEgB-FPPw

ジョーイ・ハーパー

エイミーの弟。いたずら好きのクソガキ。冒頭でシャワー中のエイミーにマスク姿でおもちゃのヘナヘナなナイフを腹部に当ててガチで怒られる。カーニバルへは一緒に連れて行かないとキツく怒られる。エイミーたちを追いかけてカーニバルへ行く途中に車に乗ってる変なオッサンからオモチャの銃でおどかされた。カーニバルへエイミー達の後を追って侵入し、ポップコーンを食べたりしながらちゃっかりファンハウスのコースターに乗っている。エイミー達を見つけるが、ファンハウスのコースターに乗って出て来ないので、外で隠れて待っていたがエイミー達が出て来ないのでファンハウスに潜り込もうとするも、カーニバルの職員に見つかり保護される。両親を呼び出され連れ帰られる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dJeEgB-FPPw

エイミーの父

カーニバルへのデート直前に、エイミーに対してデートはいいが、昨年カーニバルで女の子が2人殺されたのでカーニバルへデートに行くなと忠告する。エイミーからは映画を観に行くと返事された。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dJeEgB-FPPw

エイミーの母

カーニバルへのデート直前にエイミーに対してデートとしては時間も遅いし、ガソリンの給油係の彼氏と初デートかと嫌味を言った。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dJeEgB-FPPw

ジーナ

マダム・ジーナで働いている占い師のおばさん。手相占いをエイミーにする。エイミーには「生まれつき霊感が強く、勘が鋭くよく予感が当たったりしない?」と占ったが否定され、バズ達に失笑された。その後、続けて「強運であるが、運命線が切れていて、その理由としては背の高い男に人生を変えられる」と占った。昔、王様を占ったことがあるという。続けてバズ達にバカにされ怒って水晶玉を落とし「今度来たら体中の骨をへし折ってやる」と捨て台詞を吐いた。巨乳。楽屋で奇形の化け物から酒でご機嫌をとられ、金(100ドル)で買おうとされる。実際金で買われるもすぐに済んだため帰ろうとすると奇形の化け物が物足りないのかキレて配電盤に頭を突っ込まれ、感電しながら首を絞め殺される。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dJeEgB-FPPw

客引き

奇形の化け物の父親。一応、奇形の化け物である息子を神からの思し召しと言っており、それなりに愛している。最終、バズと格闘となり、オブジェの剣に突き刺された後に銃弾を4発腹に打ち込まれ絶命した。もう一人奇形の子ども(奇形の化け物の弟)がいたが見世物部屋の試験管にホルマリン漬けで保管していると語っている。作中で詳細は語られていないが、妻も何らかの理由で亡くしている。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dJeEgB-FPPw

客引きの息子(奇形の化け物)

奇形で殺人鬼。普段はフランケンシュタインの人造人間のマスクを被っている。ダラスとメンフィスの地区ですでに殺人を犯しており、今回カーニバルの身内である占い師のジーナを絞め殺した事で父親から怒られ暴れ回った。早漏。一応話せるが後半は「ギャーやキェー」と叫ぶことが多い。エイミー以外のメンバーを殺害した。最後は、ファンハウスの裏側の設備室で、エイミーからバールで頭を何度か殴られバールを取り上げるも、その際に配電盤にバールが当たり感電し、そのままレールのフックに引っ掛かり歯車に巻き込まれて絶命した。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dJeEgB-FPPw

浮浪者のババア

「神は見ている」「全部聞いている」と連呼して、落ちているゴミクズを拾う謎のババア。序盤に女子トイレで出没し、中盤にジョーイをファンハウスの外でおどかし、終盤にファンハウスから出たエイミーと遭遇する。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dJeEgB-FPPw

 






奇形
テルマー

1975年アイオア生まれ。口蓋裂という奇形。リッチーからは学校の体育教師のラットナーに似ているとバカにされた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dJeEgB-FPPw

双頭の牛

エイミーが横顔が哀しそうであるとして撫でようとするも正面から見て触るのをやめた牛。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dJeEgB-FPPw

ラットナー夫妻の子ども

アイオワ生まれの奇形児。作中では客引きの男の子どもであることが後の話でわかる事となる。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=dJeEgB-FPPw

 

上記以外に足が6本の羊がいると客引きの男が作中で語っている。